政治

日本経済

2019年6月17日

【三橋貴明】ピボット(軸)のモーメント

From 三橋貴明

【今週のNewsピックアップ】

自国や自国民は、自分たちで守る
https://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12479997729.html
将来のために「投資」をしよう
https://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12480566000.html

始まりは、恐らく3月19日に公開された下記の動画でした。

【三橋貴明×山本太郎】
Part1 絶対にTVでカットされる国債の真実
https://youtu.be/ynVn-3tLhj4

そして、
4月1日に「令和の政策ピボット」立ち上げ。
https://reiwapivot.jp/

5月1日に、令和への御代替わり。

令和の政策ピボットでは、
いわゆる「右だ、左だ」にはこだわらず、
全方位的に
「反・緊縮財政、
反・グローバリズム、
反・構造改革」
を求める論客に「呼びかけ人」として
参加して頂きました。

中野剛志氏の
https://reiwapivot.jp/library/
に掲載した図の通り、
反・グローバリズム/国民主義に、
右も左もありません。

と言いますか、左側の方が好む、
「弱者を助ける」
も、右側の方が好む、
「安全保障を強化する」
も、いずれも大事です。
当たり前です。

そして、平成日本では
「弱者を救う。安全保障を強化する」
と政治家が提言しても、
即座に「財政が~」というわけで、
何もできないまま三十年が経過しました。

令和ピボットの呼びかけ人のお一人、
大石久和先生のメッセージ、

「少子化、高齢化、東京一極集中、
切迫する南海トラフ型地震など、
この国が直面する国難級の問題に、
財政が厳しいからなどと議論ばかりで
何もしてこなかった平成時代が終わりました。」

まさに、その通りなのでございます。

平成から令和に御代替わりし、
同じタイミングで「MMT(現代貨幣理論)」という、
「財政が~」を粉砕する考え方がアメリカから到来した。

これは、果たして偶然なのでしょうか。

もちろん、我々は十年以上も昔から、
日本の「財政破綻論の嘘」を暴き、
真実を国民に伝える努力を続けてきました。

とはいえ、日本の政治家、官僚、学者の多くは、
同じ日本人の正しい意見にはあまり耳を傾けない。

過去三十年、日本国が進めた緊縮財政、
グローバリズム、構造改革路線は、
全て「外からやってきた」考え方です。

同じ日本人が叫ぶ正しい処方箋には目もくれず、
日本とは環境が異なる「外国産」の
グローバリズムは全面的に受け入れ、
「グローバル化は歴史の必然」など
と言ってのける。

知的貧困というやつでございます。

もっとも、
同じ「外国」から、今度はMMTという
「正しい処方箋」が入ってきた。

結果的に、
財務省などは我々の想像を超えるほどに
パニック状態になっています。

正直、これほどまでにMMTについて
(99%批判的ですが)
メディアが取り上げる日が来るとは
思ってもみませんでした。

MMTは純粋理論であり、
単なる「現代の貨幣の説明」です。
つまりは、政治色はありません。

逆に言えば、MMTを活用し、
右も左も「国民のため」「国家のため」に
動いても構わないわけです。

「MMTで、弱者を救い、
安全保障を強化しよう!」

これで、いいのです。

というわけで、
日本において右左関係なくMMTを
取り入れようとする動きが出始めました
(※政治家含む)。

ちなみに、
「政治家含む」とは、
別に山本太郎参議院議員や
安藤裕衆議院議員、
西田昌司参議院議員
には限らないのでございますよ(いずれ、分かる)。

デフレ促進の平成時代から、
繁栄の令和時代へと
ピボット(転換)できるのか。

決定的な
「ピボット(軸)のモーメント」が
近づいています。

◆一般参加可能な講演会のお知らせ。
2019年6月18日(火) 17:30~ ワールドフォーラム40周年記念講演会
対談:三橋貴明 x 山本太郎
http://mtdata.jp/data_64.html#2019618

◆ビジネス社「米中覇権戦争 残酷な未来透視図」が刊行になりました。
https://amzn.to/2UEWkYK

◆彩図社「亡国のメガロポリス」が刊行になりました。
https://amzn.to/2F5nqi3

◆週刊実話 連載「三橋貴明の『マスコミに騙されるな!』」 第324回 MMT対主流派経済学
なお、週刊実話の連載は、以下で(二週遅れで)お読み頂くことが可能です。
http://wjn.jp/

◆メルマガ 週刊三橋貴明 Vol525 主流派経済学と商品貨幣論
http://www.mag2.com/m/P0007991.html
主流派経済学は、なぜ頻繁に「インフレ率をコントロールできなくなる」などと叫ぶのか。実は、商品貨幣論という間違った貨幣観に根源があるのです。

◆メディア出演

三橋TV、続々リリースされています。

三橋TV第102回【延々と繰り返される“人類の戦い“】
https://youtu.be/9WYvgsndJMQ
三橋TV第103回【主流派経済学は財政支出を憎悪する】
https://youtu.be/yDBsbOJ1Egc
三橋TV第104回【結局、リフレ派って何だったの?】
https://youtu.be/Gw4MoxSL5Pw

超人大陸【「日本の未来を考える勉強会」ーMMTポリティクス~現代貨幣理論と日本経済~】
https://youtu.be/CMLYpWlQp1E

6月17日(月) チャンネル桜「Front Japan 桜」に出演します。
http://www.ch-sakura.jp/programs/program-info.html?id=1651

◆三橋経済塾

6月15日(土)三橋経済塾第八期、第六回対面講義が開催されました。
https://members8.mitsuhashi-keizaijuku.jp/?page_id=75
ゲスト講師は小浜逸郎先生(評論家/国士舘大学客員教授)でございました。
インターネット受講の皆さまは、しばらくお待ちくださいませ。

◆チャンネルAJER
『MMTと銀行の信用創造(前半)』三橋貴明 AJER2019.6.11
https://youtu.be/hBMpmAGPh48

—発行者より—
【ケルトン教授日本招聘プロジェクトへの寄付のお願い】

MMT(現代貨幣理論)の筆頭格、
ステファニー・ケルトン教授を日本にお呼びして、
MMTを日本に広げようとプロジェクトを立ち上げました。

MMTのような正しい経済学が脚光を浴び、
まっとうな財政政策を行うことができるように…

本プロジェクトをさらに盛り上げるために、
皆様からの寄付をお願いしています。

皆様のお力をお貸しください。

https://in.38news.jp/38KELTON_Project_fn

関連記事

政治

日本経済

【三橋貴明】民主主義とナショナリズム

政治

日本経済

【小浜逸郎】誰が実権を握り、日本を亡国に導いているか

政治

日本経済

【藤井聡】「リーマンショック級」の経済下落 ~2019年には消費増税の延期・凍結が「当前」の状況となる~

政治

日本経済

【三橋貴明】日本を破壊する種子法廃止とグローバリズム(後編)

政治

日本経済

【平松禎史】「霧につつまれたハリネズミのつぶやき」第丗八話

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

まだデータがありません。

まだデータがありません。

最新記事

  1. 日本経済

    【三橋貴明】アベ・ショックの「その後」

  2. 日本経済

    【三橋貴明】「振込」とは何だろう?

  3. 政治

    日本経済

    【藤井聡】レイ教授、ミッチェル教授のMMTシンポジウム...

  4. 日本経済

    【小浜逸郎】MMTの就業保障プログラム VS ベーシッ...

  5. 日本経済

    【室伏謙一】足して合わせれば良くなるという考え方が日本...

  6. 日本経済

    【三橋貴明】豊かで安全な国家を取り戻すために

  7. 日本経済

    【三橋貴明】我々はなぜ銀行預金を貨幣と認識するのか?

  8. 政治

    【施 光恒】「英語入試改革」で教育現場は大混乱

  9. 政治

    日本経済

    【藤井聡】『ホントに国土は強靱化できるのか』・・・につ...

  10. 日本経済

    【三橋貴明】国民を豊かにする令和の政策大転換

MORE

タグクラウド