日本経済

2019年5月26日

【三橋貴明】ルサンチマンのはけ口

From 三橋貴明

【近況】
小浜逸男先生が、
【小浜逸郎】なぜ経済問題は敬遠されるのか
https://38news.jp/economy/13639
において、
『私たちは一般に、政治的な事象、
たとえば、国政選挙とか、日韓問題とか、
米朝首脳会談とかに対しては、
妙に熱くなる傾向があります。

マスメディアもそういう問題には
時間をかけて鳴り物入りで報道しますね。

しかし、たとえば消費増税や移民受け入れ政策や
水道民営化や発送電分離などは、私たちの身近な生活圏、

つまり家政に直接かかわってくる問題であるにもかかわらず、
メディアもあまり報じません。』

と、書いていらっしゃいましたが、
実はインターネットの動画サイトの視聴者数に
はっきりと「傾向」が出ているのです。

要するに、中国・韓国叩きの動画の方が
視聴が確実に伸びるのです。

特に、タイトルを「トランプ政権で中国崩壊」
といった煽りにすると、ものすごく伸びる。

この傾向は、チャンネル桜のPも認めていらっしゃいます。

逆に、身近な問題、例えば「子育て」
といったテーマになると、まるで伸びない。

現在の日本のインターネットのユーザーは、
「身近な問題」に興味を持たず、
「中韓叩き」に熱中してる傾向が間違いなくあるのです。

小浜先生の言う
「私生活からの遊離度・超越度が高い問題」の方が、
身近な私生活の問題よりも重視されている。何故なのでしょう。

デフレで国民にルサンチマンが蓄積され、
さらに「身近な所得の問題」が一向に解決しない中、
憂さ晴らしということで「超越度」が高い
外交への興味が高まっていると考えるべきです。

つまりは、政治家は反日色が強い
中国、韓国、北朝鮮を叩けば、
国民を貧困化に陥らせたとしても、
それなりの支持率は稼げる。

さらに、国民のルサンチマンのはけ口を、
「農協」「公務員」「土木・建設業」といった、
構造改革主義者の言う「既得権益」に向かわせ、
安全保障を犠牲に、特定のビジネス(政商)の
利益拡大のための規制緩和、民営化、自由化、国境引き下げを推進する。

デフレが続く限り、国民は自らの首を絞める構造改革に、
むしろ熱狂的に賛同し(「既得権益の農協を解体しろ!」
「大阪市役所を潰せ!」とか叫ぶ)、
さらに政治家が中韓朝に強気に出る限り、支持率が下がらない。

デフレによるルサンチマンが、
1.(日本の場合)中国、韓国、北朝鮮という反日国家への敵対意識の煽り
2.農協など日本の安全保障を担う特定産業の規制への破壊意欲の煽り

という方向に国民を向かわせ、
中野剛志氏のいう「右寄りグローバリズム」
の路線が継続することになるわけです。

要するに、デフレから脱却しない限り、
我が国は国民のルサンチマンのはけ口を誘導するだけで、
国家を破壊する方向に政治が向かってしまうという話でございますね。

◆ビジネス社「米中覇権戦争 残酷な未来透視図」が刊行になりました。
https://amzn.to/2UEWkYK

◆彩図社「亡国のメガロポリス」が刊行になりました。
https://amzn.to/2F5nqi3

◆週刊実話 連載「三橋貴明の『マスコミに騙されるな!』」 第321 スペンディング・ファースト
なお、週刊実話の連載は、以下で(二週遅れで)お読み頂くことが可能です。
http://wjn.jp/article/category/4/

◆メルマガ 週刊三橋貴明 Vol522 日銀当座預金と銀行間決済
http://www.mag2.com/m/P0007991.html
そもそも、日銀当座預金は何のためにあるのか。今回は、意外に知られていない「銀行間決済」について取り上げました。まあ、超マニアックな話ではあります。

◆メディア出演

三橋TV、続々リリースされています。

三橋TV第93回【財政破綻論者は”人殺し”という残酷な真実】
https://youtu.be/5yiJq75HXaw
三橋TV第94回 【財務省の決定的な嘘(ミス)】
https://youtu.be/wVS2yI5KKt0
三橋TV第95回 【MMTで弱者救済、国防強化、ILC建設を!】
https://youtu.be/0myQ-ERFRvo

5月24日(金) チャンネル桜「Front Japan 桜」に出演しました。キャスターは三橋と藤井聡先生!
【Front Japan 桜】日本経済が落第生の理由 / 今の消費増税は「害」しかない[桜R1/5/24]
https://youtu.be/4POHZ97qB8Q

5月25日(土) チャンネル桜「日本よ、今…「闘論!倒論!討論!」 」に出演しました。
http://www.ch-sakura.jp/programs/program-info.html?id=1655

◆三橋経済塾

5月18日 三橋経済塾第八期 第五回対面講義を配信致しました。
https://members8.mitsuhashi-keizaijuku.jp/?p=551
ゲスト講師は中野剛志先生でした。インターネット受講の皆さま、お待たせいたしました。

◆チャンネルAJER
今週の更新はありません。

—発行者より—
【三橋TV公開収録のお知らせ】

三橋TV『【三橋貴明×山本太郎】Part1 絶対にTVでカットされる国債の真実』
の視聴回数が10万回を超えたことを記念し、
7月5日(金)18:00より三橋TVの公開収録を行います!
(@TKP品川ガーデンシティ)

20分の収録を3回行うのですが、
3本目は「質問コーナー」とさせていただきます。
ぜひ奮ってご質問くださいませ。

収録後は懇親会も行いますので、
美味しいお食事と飲み物を囲みつつ、
みなさんで親睦を深めましょう!

https://ws.formzu.net/fgen/S89609061/?_ga=2.267583627.446367592.1557356883-1053275738.1557356883

関連記事

日本経済

【三橋貴明】移民と国民の分裂

日本経済

【三橋貴明】蘇る国境

日本経済

【三橋貴明】イギリスのEU離脱の是非を問う国民投票

日本経済

【三橋貴明】グローバリズム対民主主義

日本経済

【三橋貴明】グローバリズムとの戦い(前編)

【三橋貴明】ルサンチマンのはけ口への4件のコメント

  1. ぬこ より

    前から思ってましたよ。
    韓国・中国だけ叩いてる保守に。

    韓国にも竹中平蔵がいるでしょ?
    なんで、米韓FTAで傷ついた韓国から学ばないのか?
    なんで英米ユダヤの得意な分断統治に載せられてるのか?

    それ以来、桜含めてあほらしくて見てられませんでしたね。

    アメリカっていうフィルターを通すと、本当に日本の言論人が歪んで見えてくるんですよね(笑)

    信用創造も、天野統康氏が随分以前から指摘してましたよね。
    三橋さんより前からその辺を大々的に主張していたように思えます。
    彼はいわゆる市民派左翼ですけど。
    赤い楯を書いた広瀬隆士さんや、元

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

      1. コメントに返信する

        メールアドレスが公開されることはありません。
        * が付いている欄は必須項目です

  2. ぬこ より

    前から思ってましたよ。
    韓国・中国だけ叩いてる保守に。

    韓国にも竹中平蔵がいるでしょ?
    なんで、米韓FTAで傷ついた韓国から学ばないのか?
    なんで英米ユダヤの得意な分断統治に載せられてるのか?

    それ以来、桜含めてあほらしくて見てられませんでしたね。

    アメリカっていうフィルターを通すと、本当に日本の言論人が歪んで見えてくるんですよね(笑)

    信用創造も、天野統康氏が随分以前から指摘してましたよね。
    三橋さんより前からその辺を大々的に主張していたように思えます。
    彼はいわゆる市民派左翼ですけど。
    赤い楯を書いた広瀬隆さんら、リベラルと言われる人の方が、欧米大資本の事を精緻に分析してましたよね。
    それに比べて保守系雑誌のうっすいことうっすいこと(笑)

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  3. N/K より

    日韓問題やら米朝首脳会談といった外交問題については国民がどうこうすることはできず、外務省や日本政府を含む当事者に任せるしかない。
    つまり何の責任も負わず高見の見物を決め込むことが出来ます。

    しかし、内政問題に関しては話が変わってきます。
    自国内の問題であれば国の主権者たる国民が声を上げれば、あるいは選挙権を行使すれば間接的に影響を及ぼすことはできる。
    しかし、選挙権はさておき、声を上げるということは自分の意見に責任を持つ必要が出てくる。
    周りや後世の人々に対して責任を背負う必要がある。

    つまり、自分が無責任な立場に立てる話なら元気に意見を言うが責任を負わなければいけない話からは途端に逃げる、といったところでしょうか。

    世の中を良くしたい、良くなって欲しいけど自分が責任を背負うのは嫌、周りや後世の人々から批判されるのは嫌、いい人・八方美人でいたい、という気持ちはわからんでもないですが、真似はしたくないものです。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

週間ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】吉川洋氏の「地震に備えて消費増税を」論を完全撃破し...

  2. 2

    2

    【三橋貴明】思想の対立

  3. 3

    3

    【小浜逸郎】令和元年6月10日経済罪政諮問会議議事録

  4. 4

    4

    【室伏謙一】「増税の前にやるべきことがある」、「身を切る改革...

  5. 5

    5

    【三橋貴明】MMTと政府の選択と集中

  6. 6

    6

    MMT(現代貨幣理論)とは、「現代社会の実態に即した、貨幣に...

  7. 7

    7

    【藤井聡】近い将来、リーマンショック級の危機が「絶対」起こる

  8. 8

    8

    【三橋貴明】財政民主主義派 対 非・財政民主主義派

  9. 9

    9

    【藤井聡】財務省が紹介した「有識者のMMT批判」の「間違い」...

  10. 10

    10

    【藤井聡】「インフラ・イノベーション」が日本を救う。

MORE

月間ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】近い将来、リーマンショック級の危機が「絶対」起こる

  2. 2

    2

    【藤井聡】<号外速報>「内需冷え込み」による輸入急落が無けれ...

  3. 3

    3

    MMT(現代貨幣理論)とは、「現代社会の実態に即した、貨幣に...

  4. 4

    4

    【藤井聡】吉川洋氏の「地震に備えて消費増税を」論を完全撃破し...

  5. 5

    5

    【藤井聡】「財政悪化」を導く消費増税が生み出すのは、「害のみ...

MORE

最新記事

  1. 日本経済

    【角谷快彦】ドラッグ・ラグで岐路に立つ国民皆保険制度(...

  2. 政治

    日本経済

    【三橋貴明】ピボット(軸)のモーメント

  3. 日本経済

    【三橋貴明】思想の対立

  4. 日本経済

    【小浜逸郎】令和元年6月10日経済罪政諮問会議議事録

  5. 日本経済

    【藤井聡】吉川洋氏の「地震に備えて消費増税を」論を完全...

  6. 日本経済

    【室伏謙一】「増税の前にやるべきことがある」、「身を切...

  7. 日本経済

    【三橋貴明】MMTと政府の選択と集中

  8. 日本経済

    【三橋貴明】財政民主主義派 対 非・財政民主主義派

  9. 未分類

    【竹村公太郎】不思議な日本共同体(その2)流域封建から...

  10. メディア

    政治

    【施 光恒】天安門事件30年――日中それぞれの国柄を考...

MORE

タグクラウド