日本経済

2018年9月20日

【小浜逸郎】泊原発を再稼働すべき理由

From 小浜逸郎@評論家/国士舘大学客員教授

北海道胆振東部地震から二週間経ちました。
ライフラインはだいぶ復旧してきたようです。
でも依然として断水が続いている地域があり
ます。
しかし、北海道最大の火力発電所である苫東
厚真発電所の復旧は意外に早く、すでに一部
の供給は始まろうとしています(このメルマ
ガがお手元に届くころは、もう供給されてい
る可能性が高いですね)。
そういえば、関空の復旧もハイスピードで進
んでいますね。
このあたりの日本の技術者、作業員の協力体
制はさすが、まだまだ捨てたもんじゃないな
と思いました。

それはいいのですが、問題は、ハード面に関
するこれからの対応です。

このたびの地震によって生じた全道ブラック
アウトの問題を考えてみましょう。

筆者は、泊原発をすぐにでも再稼働すべきだ
と考えています。
これは、政府が決断しさえすれば、一か月で
こぎつけることができます。

以下に、再稼働すべき理由を述べます。
これは、単純な数字の問題なのです。

苫東厚真の最大出力は165万kW。
地震時(9月6日)、の全道の電力需要は380
万kW。
苫東厚真が担っていた電力は全道の総電力需
要の半分以下でした。
しかし、苫東厚真が損傷を起こしただけで、
全道295万戸が停電してしまいました。
それには、二つの原因があります。
第一に、このような大幅な供給バランスの崩
れによって、他の発電所からの送電の周波数
を一定に保つことができなかったこと。
第二に、もともと北海道電力は、一部の電力
を本州からの供給に頼っていた(はずでした)。
これが機能しなかったのですね。
この本州からの供給を北本連携線といいます。

海底ケーブルのように長距離で絶縁が重要な
ポイントになる送電では、直流が有利ですか
ら、本州から北海道に送電されてくる電機は
直流です。
家庭での電機は交流ですね。
これは発電所から家庭に至るまでに、交流だ
と変圧が容易だからです。
すると北本連携線では、直流を交流に変換し
なくてはなりません。
ところが今回の場合、この変換がうまく行き
ませんでした。

しかし、この北本連携線が仮にうまく作動し
たとしてもその最大出力はわずか60万kW。
ということは、仮に第一の周波数の問題がな
く、かつ第二の北本連携線をうまく利用でき
た場合でも、
380-165+60=275(万kW)
しか確保できなかった計算になります。
残りの105万kWは、不足したわけです。
部分的な停電は避けられなかったでしょう。

ちなみに苫東厚真発電所は、初稼働以来33
年以上を経ていて、かなり老朽化しています。
さらに、不足分を慌てて補った五つの発電所
の年齢はこれよりも古く、38歳から48歳で
す。
一般に火力発電の耐用年数は40年とされて
います。
最大の危機に対応すべく、青息吐息のお年寄
りに頑張ってもらったわけですね。

こんな状態を続けていていいのでしょうか。
何か肝心なことを忘れていませんか。

今回、テレビのニュースを見ていて、初めの
うち、政府筋から原発の「ゲ」の字も出ない
のに驚きました。
10日になってようやく政府見解が出ましたが、
何と泊原発の再稼働は「考えていない」とい
うものでした。
常識的に考えて、こんな大緊急時には、政府
は直ちに泊原発再稼働の議論を開始すべきで
しょう。
原子力規制委員会の審査などを待っている場
合ではありません。

その審査とは、例によって、数十万年前の活
断層の安全性を確かめるという悠長極まるも
のです。
活断層の存在が地震に結びつくかどうかは、
個々の場合で異なります。
ふつう数千年から数万年規模のサイクルで地
震が起きるとして、たとえば5000年周期の
活断層で、2000年前に地震が起きたとした
ら、あと3000年は大丈夫ということになり
ます。
いずれにしても、100年単位くらいの精密さ
で活断層地震の発生確率を計算することはき
わめて困難だということになります。

しかし、もし今回のような地震によるブラッ
クアウトが厳冬の北海道で起きていたら、寒
さのために何人の人が凍死するでしょうか。
ライフラインも途絶え、物流も滞り、道内の
産業は停止し、回復に何か月もかかり、その
間に餓死する人も出るかもしれません。
これらの確率の方がずっと高いことは確実で
す。

冬期の北海道の電力需要は約500万kW超。
今回、青息吐息の老兵たちをかき集めること
と、北本連携線の修復と、相当無理をした節
電によって、ようやく380万kWの需要の9
割を確保したのです。
しかしこんな状況では、とうてい冬の電力需
要を満たすことはできないでしょう。

泊原発の総出力は、207万kW。
苫東厚真が全面回復すれば(11月までには可
能とされています)、苫東厚真プラス泊で、
165+207=342(万kW)
ですから、残り160万kWを他の発電で確保
すればよいことになります。
しかも泊の年齢は1号機29歳、2号機27歳、
4号機9歳です。
若い彼らに頑張ってもらえば、楽々厳しい冬
場をしのげるでしょう。

ちなみに原発の耐用年数は、国際的にも法的
な基準がありませんが、原発を最も活用して
いるフランスでは40年を目途にしようとい
う動きが有力です。

泊原発ではまた(どこの原発でも事情はだい
たい同じですが)、福島事故の教訓を活かして、
16.5メートルの防潮堤、建屋への水の浸入を
防ぐ水密扉、免震重要棟、フィルター付きベ
ントなどの設置・建設をすでに終えています。
できる限りの備えがすでにできているのです。

反原発派は何を言っても100%の安心を求め
ますが、そんなことは神でもない限り不可能
です。
交通事故で毎年4000人以上の人が死ぬのに、
車をなくせという声が盛り上がらないのは、
車の効用が大多数の人に受け入れられている
ためと、交通事故を可能な限り少なくする努
力が現に多方面で行われているためです。
文明の利器にはリスクがつきものですが、私
たちは、便利さや快適さの度合いとリスクの
大きさとを、広い視野と正しい情報をたより
にしながら、常に天秤にかけて生きていくほ
かはないのです。

本当は、北海道電力は、もっと発電設備を増
やさないと危ないのです。
泊も含めた北海道の総発電設備による出力は、
一応780万kWありますが、泊はまったく稼
働していませんから、それ以外の発電所の出
力は、フル稼働して573万kW。
設備利用率は、ここ数年、ピーク時で9割に
達しています。
8%以上は余剰電力としてキープしておくの
がこの業界の常識ですから、
573×(1.00-0.08)=527
となって、ぎりぎりなわけです。

電力は私たちの生活と産業の源です。
悲惨な結果がこれ以上広がらないように、
政府はもっとエネルギー行政にお金をかけ、
知恵をはたらかせなくてはなりません。

【小浜逸郎からのお知らせ】
●新著『日本語は哲学する言語である』が
徳間書店より発売になりました!


http://amzn.asia/1Hzw5lL
●『福沢諭吉 しなやかな日本精神』
(PHP新書)好評発売中。


http://amzn.asia/dtn4VCr
●『正論』9月号(8月1日発売)
「戦後リベラル砦の三悪人・丸山眞男、
柄谷行人、中沢新一」
●『表現者クライテリオン』9月号特集
「ポピュリズム肯定論」の座談会に出席しました。
●『表現者クライテリオン』11月号(10月16日発売予定)
「安倍政権の『新自由主義』をどう超えるか」
●ブログ「小浜逸郎・ことばの闘い」
http://blog.goo.ne.jp/kohamaitsuo

関連記事

【小浜逸郎】泊原発を再稼働すべき理由への14件のコメント

  1. OK より

    いまだに原発稼働させるという発言は信じられません。福島はいまだに復帰の目処がたっていません。大変な事態ですよ。国土を失ったのと同じです。というか、今後元のどれだけの姿になるまで、どれだけの費用と年月がかかるかキチンとお答えになつてから、原発稼働問題を言うべきです。日本人として恥ずかしいです。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

      1. YUJI WADA より

        全く同感です、ただの数合わせで電力が足りないとかの話では無い。小浜氏には失望致しました。

        返信

        コメントに返信する

        メールアドレスが公開されることはありません。
        * が付いている欄は必須項目です

  2. T.O より

    核の放射能は存在する最悪の毒と言えます。何十万年も消えません。人類の生存の問題です。本来原発は存在すべきものではなかったものです。現在の地球の環境異変も核の実験や原発、原発事故による放射能の影響が大きいのです。経済で考えること自体が誤りなのではと思います。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

      1. 神奈川県skatou より

        >現在の地球の環境異変も核の実験や原発、原発事故による放射能の影響が大きいのです。

        断言されていますが、根拠を添えて頂けると、できればサイエンスなもの、ご発言の真意が分かりそうです。

        原発事故での放射能漏れは地球環境を変えるほどたくさんありましたでしょうか。核実験は北朝鮮のような後進国以外では、急速に減っているようです(シミュレーション化)。

        返信

        コメントに返信する

        メールアドレスが公開されることはありません。
        * が付いている欄は必須項目です

  3. 広田裕彦 より

    論理的な説得が虚しく聞こえます。
    原発、万が一に事故がおこれば、
    取り返しがつかないことくらい
    わからないのですか?

    100万分の一の確率でも、
    起これば100%、
    それが福島の非常用電源の
    上に起こったのです。

    あの安全率の計算が、
    専門の科学者の”算数”的な
    計算の上に立てられて事を
    、、あきれてしまいました。

    原発以外の方法を敢えて
    避けてきた国の不作為も
    見逃せません、、
    戦前からも変わっていない
    ようですが、

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

      1. 神奈川県skatou より

        >原発以外の方法を敢えて避けてきた国の不作為も
        見逃せません、、戦前からも変わっていないようですが

        「戦前」というバズワードを使って蔑視に用いている論法だと、文章すべてが感傷としてしか映らないのでもったいないです。感傷で安全率の批判をしているとなると、誰も聞いてくれないのではないでしょうか。

        返信

        コメントに返信する

        メールアドレスが公開されることはありません。
        * が付いている欄は必須項目です

  4. たかゆき より

    原発反対論 素敵

    ただし、、

    ご自分が 北海道の厳冬期に 電力も供給されずに 

    凍死寸前の状態に陥っても 泊原発再稼働反対と 言えるなら、、、

    日本は自由と民主主義の国

    当然 凍死する自由を行使する権利もございます

    が、、、

    小生 無理心中につき合わされる 義務はございません ♪

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  5. とすくん より

    相変わらず原子力、科学技術に対する無能無知無理解ぶりをさらして自虐に陥る輩が後を絶たないことに驚きです。「原発推進固執が他の電力供給網によるバックアップ電源の配備を妨げた。北電の罪は重い。」とかこじつけも甚だしい検討違いの批判、とか。民主主義ってのも本当に一番マシな制度なのかどうか疑わしく感じる今日この頃です。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  6. 赤城 より

    どこでも
    反原子力原理主義の狂信者が
    大声でわめきたてるから話にならない。
    放射脳を大量に生み出すこの国の
    工作状況は完璧です。
    そこには科学も論理も届かない。
    エネルギー安全保障の重要さを本当に思い知るには
    厳冬期にブラックアウトするほか無かったでしょうね。
    それでも馬鹿は死ななきゃ治らないでしょうが。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  7. 緑のたぬき より

    ・原発推進委員会ですら、再稼働を認めていない。
    ・たった震度2で、外部電源喪失。

    このような状況で、泊原発再稼働を推奨する理由が理解出来ません。

    北海道に来て、道民が再稼働を望んでいるか、ヒアリングしては、いかがでしょうか?

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

      1. 他の反原発信者の方たちには何を言っても無駄だと思うので、返信しませんが、「緑のたぬき」さんのコメントに書かれた明確な誤りだけは指摘しておきます。
        泊原発は、「たった震度2で、外部電源喪失」したのではありません。全道がブラックアウト(停電)したのだから、泊も外部電源が切れるのは当然でしょう?
        泊における震度は、停電と関係ありませんよ。

        返信

        コメントに返信する

        メールアドレスが公開されることはありません。
        * が付いている欄は必須項目です

      1. あまき より

        頭では理解しながら、7年前に被災した1人として、自分はまだ原発と易く和解できる心境になれない。

        けれども、外部電源喪失の原因については、小浜さんの認識が正しいと思う。原子力「規制」委員会も「停電が原因」との見解を公表しています。

        委員会の見解が事実としても、科学的にも誤りであるとの指摘が存在するなら、きちんと示したうえで、小浜さんに反論してほしいです。そうでなければ、消極派の私を含む原発と和解できない派が十把一絡げにある種に見られかねません。

        返信

        コメントに返信する

        メールアドレスが公開されることはありません。
        * が付いている欄は必須項目です

  8. 神奈川県skatou より

    原発問題、沖縄問題と同様、感傷的プロパガンダをつかった極左ファシズムの牙城であり、その問題に避けずに提起された小浜先生に拍手喝采です。

    北海道のみならず、日本と原発については、自分は多様性を信じているので、急激な気候変動を起こすといわれる二酸化炭素の増加を防ぐのならば、原発は次世代エネルギーまでの橋渡しとして必要悪だと感じますし、そもそも国策としては、エネルギーで他国に支配され日本という文明を守れなくなるぐらいならば原発にも一時的に手を出すべきだと思います。
    リスクがない主力たりうる発電が別にあればいいのですが。
    (理想主義だけでは生きていけない、子孫も文化も残せない)

    戦後日本が原発にまい進したのは、エネルギーを他国に依存して主権を揺るがされ、アメリカの気に入る日本に塗り替えられたという過去の認識によるものだと考えており(大東亜戦争開戦の経緯については上島先生らの最新の議論があると思いますが)、今後中国が東アジアの覇権をにぎるようなことがあれば、日本において民主主義が霧散する可能性があるわけで、そんな俗悪な未来は子孫に残したくないと思っています。

    もっとも、自分さえ良ければよい、他人は知らない、とか、あるいは理屈で他人を打ち負かしてあとは知らない、というような価値観が増えれば、その日本とその文明というのも、輝きが疑わしくなります。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  9. F-NAK より

    アメリカの著名なコンサルタントの言葉。
    「混乱期には、リスクに立ち向かう意思がぜひとも必要である。これは効率などよりよっぽど重要なことだ。」

    そして、リスクを避けることは致命的であるとも述べています。
    リスクを避けるということは「何もしない」ということです。
    何もしなければ、将来に得るものは何もありません。

    原発稼働に反対している人は、何もしなければ、将来の安心・安全さえ得られないということに、まだ気づいてないのです。

    手術しなければ助からない子供を目の前に、手術の失敗が怖いので
    「もし手術が失敗したら、この子は死んでしまうんですよ!」
    と言って反対し、その瞬間だけ安心しているに等しい。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

週間ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】「消費増税を凍結せよ」運動は、日本の「黄色いベスト...

  2. 2

    2

    【三橋貴明】経済の問題。

  3. 3

    3

    【 小浜逸郎】みぎひだりで政治を判断する時代の終わり

  4. 4

    4

    【小浜逸郎】水道民営化に見る安倍政権の正体

  5. 5

    5

    【三橋貴明】唯物史観

  6. 6

    6

    【藤井聡】「リーマンショック級」の経済下落 ~2019年には...

  7. 7

    7

    【三橋貴明】詐欺師に騙され、喜劇を演じる日本国民

  8. 8

    8

    【藤井聡】貞観地震後に「減税」を決断した清和天皇 ~天災が多...

  9. 9

    9

    【三橋貴明】水を売り飛ばした日本政府

  10. 10

    10

    【saya】70年ぶり漁業法の抜本改正 理由は“あー、まあ、...

MORE

月間ランキング

  1. 1

    1

    【小浜逸郎】水道民営化に見る安倍政権の正体

  2. 2

    2

    【藤井聡】壊れかけた日本 今一番大切なのは、当たり前のことを...

  3. 3

    3

    【藤井聡】「リーマンショック級」の経済下落 ~2019年には...

  4. 4

    4

    【藤井聡】「消費増税と緊縮」で日本経済は最悪「ミャンマー級」...

  5. 5

    5

    【藤井聡】「消費増税を凍結せよ」運動は、日本の「黄色いベスト...

MORE

最新記事

  1. 政治

    日本経済

    【藤井聡】貞観地震後に「減税」を決断した清和天皇 ~天...

  2. 日本経済

    【三橋貴明】経済の問題。

  3. 政治

    【三橋貴明】唯物史観

  4. 日本経済

    【三橋貴明】詐欺師に騙され、喜劇を演じる日本国民

  5. 政治

    未分類

    【 小浜逸郎】みぎひだりで政治を判断する時代の終わり

  6. 日本経済

    【藤井聡】「消費増税を凍結せよ」運動は、日本の「黄色い...

  7. 日本経済

    【三橋貴明】水を売り飛ばした日本政府

  8. 日本経済

    【三橋貴明】第二国土軸の建設を

  9. 政治

    日本経済

    【三橋貴明】水を売った日本政府

  10. 日本経済

    【藤井聡】「リーマンショック級」の経済下落 ~2019...

MORE

タグクラウド