日本経済

2016年9月12日

【三橋貴明】あなたの常識を論破する経済学

From 三橋貴明

———————————————

【PR】

日本を第二の韓国にしたくないあなたへ…

月刊三橋最新号
「韓国の研究〜なぜ、日本は翻弄され続けるのか?」
http://www.keieikagakupub.com/sp/CPK_38NEWS_C_D_1980/index_mag.php

———————————————

【今週のNewsピックアップ】

日本銀行は「政府の責任」を追及せよ!
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12197560210.html

あなたの常識を論破する経済学
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12198182321.html

真剣に考えれば、誰にでも分かるはずです。
お金を発行するだけで、インフレになるとは限らないという事実が。

インフレとは、物価の上昇です。
物価とは、皆さんが生産者として働き、
生産したモノやサービスの価格のことです。
モノやサービスの価格が上がることを「インフレ」と呼ぶのです。

モノやサービスの価格が上がる、あるいは「上げられる」のは、どんな時でしょうか。
もちろん、モノやサービスが沢山買われたときです。

モノやサービスの購入のことを、消費・投資と呼びます。
そして、消費と投資の合計が「需要」です。
インフレとは、供給能力に比して、
需要が十分に拡大したときにのみ発生する経済現象なのです。

人類史上初の不換紙幣を発行したのは、フビライ・ハンと言われています。
フビライ(というか、モンゴル帝国)が発行した不換紙幣「至元鈔」は、インフレーションを引き起こしました。

とはいえ、落ち着いて考えてみてください。フビライが至元鈔を発行し、
モンゴルの草原に積み上げておくだけで、果たしてインフレになったでしょうか。

なるわけがありません。

デフレとは決して「貨幣現象」とやらではないのです。総需要の不足です。
どれだけ莫大な日銀当座預金を日本銀行が積み増したとしても、
お金がモノやサービスの購入、消費・投資、需要、全部同じ意味ですが、
需要として使われない限り、物価は上がるはずがないのです。
(注:日銀当座預金そのものでモノやサービスを買うことはできません)

さらに、消費税増税。デフレについて「総需要の不足」という認識が
政治家に広まっていれば、14年の消費税増税はなかったはずです。
もしかしたら、12年の三党合意も回避できたかも知れません。

ところが、「デフレは貨幣現象」という嘘(厳密には嘘というよりは、正確ではない)の
レトリックが広まってしまい、結局、安倍政権は消費税率を引き上げ、デフレ脱却のチャンスを潰しました。

2014年度の民間最終消費支出は、3%減りました。
何しろ、母数が300兆円ですから、約9兆円の需要喪失です。

直近のデフレギャップ(総需要の不足)について、内閣府は5兆円前後と試算しています。
内閣府の数字が正しいとは思いませんが、正しいと仮定すると、
消費税増税がなければ、我が国はとっくにデフレから脱却していたことになります。

要するに、安倍政権は間違えたのです。間違えた最大の理由は、
「お金を発行すれば、物価が上がるに決まっているでしょ?」
といった、これまた間違えた「常識」なのでございます。

というわけで、このたび経済界から「あなたの常識を論破する経済学」を刊行いたしました。

http://amzn.to/2cLXVXm

是非、ご一読を!

ーーー発行者よりーーー

【PR】

日本を第二の韓国にしたくないあなたへ…

月刊三橋最新号
「韓国の研究〜なぜ、日本は翻弄され続けるのか?」
http://www.keieikagakupub.com/sp/CPK_38NEWS_C_D_1980/index_mag.php

関連記事

日本経済

[三橋貴明]「「経済対策」という言葉」

日本経済

[三橋実況中継]魔法の時間は終わった

日本経済

【三橋貴明】雇用の問題 前編

日本経済

【藤井聡】 市場の「脱ブラック化」が、「人手不足」を解消させる

日本経済

【藤井聡】なぜ、浜田参与はスティグリッツ・クルーグマンでなく、「シムズ」に説得されたのか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

週間ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】吉川洋氏の「地震に備えて消費増税を」論を完全撃破し...

  2. 2

    2

    【三橋貴明】思想の対立

  3. 3

    3

    【小浜逸郎】令和元年6月10日経済罪政諮問会議議事録

  4. 4

    4

    【角谷快彦】ドラッグ・ラグで岐路に立つ国民皆保険制度(前編)

  5. 5

    5

    【三橋貴明】ピボット(軸)のモーメント

  6. 6

    6

    【三橋貴明】MMTと政府の選択と集中

  7. 7

    7

    MMT(現代貨幣理論)とは、「現代社会の実態に即した、貨幣に...

  8. 8

    8

    【室伏謙一】「増税の前にやるべきことがある」、「身を切る改革...

  9. 9

    9

    【藤井聡】近い将来、リーマンショック級の危機が「絶対」起こる

  10. 10

    10

    【藤井聡】財務省が紹介した「有識者のMMT批判」の「間違い」...

MORE

月間ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】近い将来、リーマンショック級の危機が「絶対」起こる

  2. 2

    2

    【藤井聡】<号外速報>「内需冷え込み」による輸入急落が無けれ...

  3. 3

    3

    MMT(現代貨幣理論)とは、「現代社会の実態に即した、貨幣に...

  4. 4

    4

    【藤井聡】吉川洋氏の「地震に備えて消費増税を」論を完全撃破し...

  5. 5

    5

    【藤井聡】「財政悪化」を導く消費増税が生み出すのは、「害のみ...

MORE

最新記事

  1. 政治

    日本経済

    【藤井聡】元内閣官房参与として、「令和日本・再生計画」...

  2. 日本経済

    【角谷快彦】ドラッグ・ラグで岐路に立つ国民皆保険制度(...

  3. 政治

    日本経済

    【三橋貴明】ピボット(軸)のモーメント

  4. 日本経済

    【三橋貴明】思想の対立

  5. 日本経済

    【小浜逸郎】令和元年6月10日経済罪政諮問会議議事録

  6. 日本経済

    【藤井聡】吉川洋氏の「地震に備えて消費増税を」論を完全...

  7. 日本経済

    【室伏謙一】「増税の前にやるべきことがある」、「身を切...

  8. 日本経済

    【三橋貴明】MMTと政府の選択と集中

  9. 日本経済

    【三橋貴明】財政民主主義派 対 非・財政民主主義派

  10. 未分類

    【竹村公太郎】不思議な日本共同体(その2)流域封建から...

MORE

タグクラウド