日本経済

2019年9月15日

【三橋貴明】我々はなぜ銀行預金を貨幣と認識するのか?

From 三橋貴明

【近況】
貨幣(おカネ)は、本当に面白い。
知れば知るほど、「現実」が見えてきます。

MMTの租税貨幣論では、我々は
「税金という債務を弁済するため」に、
日本国内で日本円を使わざるを
得ないとされています。

何しろ、政府は日本円以外での
納税を認めてくれないため、
租税貨幣論はかなり説得力があります。

とはいえ、租税貨幣論は
「なぜ、我々が銀行預金を
 日本円として使っているのか?」
については説明してくれません。

「週刊三橋貴明 Vol537 貨幣ピラミッド」
及び「週刊三橋貴明 Vol538 
銀行預金とゴールドスミス」で詳細は
解説していますが、
https://www.mag2.com/m/P0007991.html
実は、我々が銀行預金を普通に
支払い手段に使っている理由は、
「ゴールドスミスが金貨を預かる際に
 発行した預かり証(金匠手形)が、
 普通に決済手段として使われていた」
のと、ほぼ同じ理由です。

16世紀のロンドンでは、
商人たちは金匠手形について
「いつでも金貨に替えられる」からこそ、
支払いのたびに、わざわざ手形の
「金貨化」などはしませんでした。

支払う方も、支払いを受ける方も、
管理が面倒な金貨など持ちたくないので、
金匠手形で決済をしました。
どうしても金貨化したいならば、
手形をゴールドスミスの下に
持ち込めばいいわけです。

同じように、現代の我々は、
「いつでも現金紙幣に替えられる」
からこそ、わざわざ支払いのたびに
銀行預金の「現金化」など
していないのです。何しろ、面倒くさい。

我々は無意識に、
「自分の銀行預金の数字は望めば
 いつでも現金紙幣に替えられる」ことを
知っているのです。いつでも現金化できる
ならば、数字(預金残高)を動かすだけで
決済をした方がはるかに楽です。

銀行預金の「裏」には、現金紙幣がある。
それでは、統合政府(政府+中央銀行)が
発行している現金紙幣の「裏」にあるのは?

答えは、供給能力、です。
物理的に量の限界がある、
貴金属ではありません。
まさに、ここに現代の貨幣制度の
本質があるのです。

政府は、供給能力が許す限り、
単に「決断」するだけで貨幣を発行できる。
何しろ、貨幣は「貸借関係」に
過ぎないため、物理的な限界はありません。

限界は物理的な量ではなく、供給能力。
つまりは、インフレ率。

この点だけでも、
多くの国民や政治家が共有できれば、
我が国の財政破綻論は粉微塵に
打ち砕くことができるのでございますが。

この手の細かい話は、
「週刊三橋貴明 ~新世紀のビッグ
 ブラザーへ~」でやっておりますので、
ご興味がある方はご登録下さいませ。
https://www.mag2.com/m/P0007991.html

◆【歴史音声コンテンツ 経世史論】
http://keiseiron-kenkyujo.jp/apply/
※12月上旬、邪馬台国視察ツアー「歴史に魅せられて、マイと辿る邪馬台国への道」開催決定!(三橋貴明、長浜浩明先生、高家望愛さんも同行します)
取材の光景は、映像で記録し、特別コンテンツとして配信したいと思います。

◆ビジネス社「国民を豊かにする令和の政策大転換」が刊行になりました。
https://amzn.to/2ZadNvr

◆経営科学出版「知識ゼロから分かるMMT入門」が刊行になりました。
https://38news.jp/38MMT/MT_TV/

◆週刊実話 連載「三橋貴明の『マスコミに騙されるな!』」 第336回 アベ・ショックの”後”
なお、週刊実話の連載は、以下で(二週遅れで)お読み頂くことが可能です。
http://wjn.jp/

◆メルマガ 週刊三橋貴明 Vol538 銀行預金とゴールドスミス
http://www.mag2.com/m/P0007991.html
なぜ、我々は銀行預金の「数字」を普通に決済手段として使っているのか。実は、ゴールドスミスの時代に金匠手形が流通したのと全く同じ理由だったりするのです。

◆メディア出演

三橋TV、続々リリースされています。

三橋TV第135回【ドケチではなく太っ腹な国家を目指そうぜ!】
https://youtu.be/_FgBMsTAPac
三橋TV第136回【アベ・ショック後の政治動乱に備えろ!】
https://youtu.be/QkJEA0rCEaY
三橋TV第137回【MMTの教科書が日本で出版されたよ!】
https://youtu.be/U39Sh6Zfq5E

9月20日(金) チャンネル桜「Front Japan 桜」に出演します。
http://www.ch-sakura.jp/programs/program-info.html?id=1651

◆三橋経済塾

令和元年9月21日(土)三橋経済塾第八期、第九回対面講義申込受付を開始致しました。
https://members8.mitsuhashi-keizaijuku.jp/?p=674
ゲスト講師は安藤裕先生(衆議院議員)でございます。

◆チャンネルAJER 
今週の更新はありません。

【今週のNewsピックアップ】
余裕という名の「ムダ」を削った日本国
https://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12524347287.html
日本の発展途上国化を食い止める
https://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12525072889.html

関連記事

日本経済

【三橋貴明】裏切りの国民

日本経済

【藤井聡】MMT理解のコツ(実践編):「政府が貨幣の供給者だ」という一点を知るべし

日本経済

【三橋貴明】ステファニー・ケルトン教授の出演

日本経済

【三橋貴明】「おカネのプールは存在しない」という恐怖

日本経済

【三橋貴明】ケルトン教授の「おカネのプール論」

【三橋貴明】我々はなぜ銀行預金を貨幣と認識するのか?への2件のコメント

  1. たかゆき より

    貨幣とは 二次元情報

    そして
    紙媒体(紙幣)としても 使用可能

    なんのバイアスも掛かっていなければ
    子供でも 理解可能です

    が、、、

    インフレ率という ヒネリを
    理解できない バカには

    死んでも 理解不能 と

    アホな小生は 確信している のだ ♪

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  2. 大和魂 より

    もう安倍政権は末期ですよね。なぜなら安倍政権の新たな環境大臣の親父は台風被災者の気づかいすら出来ないで、親バカ全開する倅一辺倒の愚劣のコメントに終始する振る舞いも結局のところ、トップの安倍がアホなんでしょう。なので、これ以上安倍政権を延命しても一利もなしは、もはや退陣させるべきです。ところで辻政信って、一体どうなったのでしょうか不思議ですよね安倍さん、これも正当なんですかネ!

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

まだデータがありません。

まだデータがありません。

最新記事

  1. 日本経済

    【小浜逸郎】エリートたちの思考停止

  2. メディア

    【藤井聡】『防災対策、行政頼み限界』(日本経済新聞20...

  3. 日本経済

    【室伏謙一】実情を無視した消費税軽減税率はかえって消費...

  4. 日本経済

    【三橋貴明】最も少子化を推進した内閣総理大臣

  5. 日本経済

    【三橋貴明】電力は生命維持装置

  6. 日本経済

    【竹村公太郎】不思議な日本共同体(その5)東京の消費を...

  7. 未分類

    【施 光恒】公開シンポジウムのお知らせ(中野剛志氏来る...

  8. 政治

    【藤井聡】保守の、保守による、保守のための「安倍晋三総...

  9. 日本経済

    【三橋貴明】裏切りの国民

  10. 未分類

    【三橋貴明】日本人はどこから来たのか?

MORE

タグクラウド