日本経済

2016年5月12日

【三橋貴明】「いわゆる国の借金」のプロパガンダを潰す

From 三橋貴明

毎度、お馴染みの「いわゆる国の借金」正しくは「政府の負債」でございます。

『「国の借金」15年度末で1049兆円 国民1人当たり826万円
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFL10HHJ_Q6A510C1000000/

 財務省は10日、国債や借入金、政府短期証券をあわせた「国の借金」の残高が2015年度末時点で1049兆3661億円になったと発表した。政府短期証券の発行が一時的に抑えられたことで、14年度末から3兆9911億円減少した。15年12月末との比較では、国債残高の増加により4兆7757億円増えた。
 今年4月1日時点の総務省の人口推計(1億2698万人、概算値)で単純計算すると、国民1人当たり約826万円の借金を抱えていることになる。
 内訳は国債が910兆8097億円となり、14年度末から29兆3250億円増えた。一時的な資金不足を穴埋めする政府短期証券は33兆1395億円減の83兆7489億円だった。借入金は1766億円減の54兆8075億円だった。』

 ざっと調べてみたところ、日経新聞だけではなく、読売新聞、朝日新聞、毎日新聞、共同通信、NHKなど、主要メディアのほとんどが同じタイミングで「国の借金 1049兆円」のニュースを報じ、全てのマスコミが、記事内で「国民一人当たり借金」の表現を用いていました。また、日経、毎日、共同通信は、見出しで「国民1人当たり826万円」という言葉を使っています。

 相も変わらず、財務省の洗脳プロパガンダが続いているわけでございます。(むしろ、攻勢を強めているという印象)

 さて、わたくしは「いわゆる国の借金」の「国」という言葉を問題視していますが、そもそも「国の借金」などと言う勘定科目は存在しません。英語で言う、Government Debt、日本語に訳すと「政府の負債」という勘定項目はあります。

 日本銀行により、我が国の経済主体は「政府」「家計」「金融機関」「非金融法人企業(一般企業)」「NPO」の五つに分類されています。無論、例えば政府は「中央政府」「地方自治体」に分かれるなど、さらなる細分化がなされていますが、大分類は五つです。

 というわけで、わたくしは国家のバランスイートを五つの経済主体ごとに整理し、グラフを作っているわけです。

【日本国家のバランスシート(15年12月末速報値、単位:兆円)】
http://members3.jcom.home.ne.jp/takaaki.mitsuhashi/data_52.html#BS15Q4

 図の「政府の負債」は1212兆円で、財務省の言う「いわゆる国の借金」よりも大きくなっていますが、これは地方自治体分が含まれているためです。

 いわゆる国の借金というプロパガンダ用語ではなく、「政府の負債」として認識することは、極めて重要です。何しろ、「政府」の負債であるため、借りているのは「政府」であることが誰にでも分かります。

 ところが「国の借金」と呼ばれてしまうと、我々国民はあたかも「債務者」が自分達であるかのごとく誤解してしまいます。しかも、「政府の負債」を人口で割り、「国民一人当たり826万円の借金」などと報じらるわけですから、猶更です。

 実際におカネを借りているのは、政府であり、国民ではありません。国民はむしろ、おカネの貸し手、つまりは債権者なのです。

【日本国債所有者別内訳(15年12月末速報値、単位:兆円)】
http://members3.jcom.home.ne.jp/takaaki.mitsuhashi/data_52.html#Kokusai

 図の通り、日本国債の主な所有者は国内の金融機関です。とはいえ、例えば預金取扱機関(銀行など)は、別に自前のおカネを政府に貸しているわけではありません。

 銀行は、我々の「債権」である銀行預金を、政府にまた貸ししているわけです。すなわち、政府の負債の「債権者」が日本国民になります。

 しかも、政府の子会社である日本銀行が量的緩和政策で国債を大量に買い取っているため、政府の実質的な負債が現在、猛烈な勢いで減っていっています。

【日銀保有国債等と日銀以外が保有する国債等(単位:億円)】
http://members3.jcom.home.ne.jp/takaaki.mitsuhashi/data_52.html#Nichigin

 本来、財務省は日本銀行保有の国債・財投債・国庫短期証券分は、「いわゆる国の借金」から控除しなければなりません。理由は、政府が「子会社(日本銀行)」から借りているためです。親会社と子会社の間のおカネの貸し借りは、連結決算で相殺されてしまいます。

 そうすると、いきなり「いわゆる国の借金」が1000兆円から600兆円台に激減することになります。というわけで、「いわゆる国の借金」を過大に見せ、国民を煽りたい財務省は、子会社分の国債までをも「シャッキーン」に含めてしまっています。返済不要な負債までをも、「いわゆる国の借金」に加算してまで国民を脅し、自身の省是である緊縮財政を実現しようとするわけです。
 そして、伊藤元重や吉川洋に代表される御用学者たち、財務省の記者クラブ(財政研究会)に操作される全国各紙、テレビ局が、
「国の借金1049兆円! 国民一人当たり826万円の借金」
 と、国民を煽ります。

 結果的に、財務省の望み通りの緊縮財政をが強行され、我が国はデフレから脱却できず、国民の貧困化と経済力(モノやサービスを生産する力)の弱体化が継続しているわけです。

「また、クニノシャッキーン問題かよ・・・」
 と、思われた読者の方がいるかも知れませんが、とにもかくにも上記「いわゆる国の借金」プロパガンダが、大げさでも何でもなく我が国を「亡国」へと追いやりつつあるのです。

 というわけで、今後も財務省の「いわゆる国の借金」プロパガンダについては継続的に取り上げ、グラフ等で「見える化」した形の批判を続けています。わたくしは作成したグラフについて著作権を主張しておりませんので、皆様も「いわゆる国の借金」プロパガンダ潰しのために、ご協力の程なにとぞよろしくお願いいたします。

「いわゆる国の借金プロパガンダを潰す」に、ご賛同下さる方は、↓このリンクをクリックを!
http://www.keieikagakupub.com/sp/38DEBT/index_mag2.php

関連記事

日本経済

【上島嘉郎】「慢心した坊ちゃん」の時代

日本経済

【佐藤健志】朝日新聞の〈ヤーコフ化〉

日本経済

【柴山桂太】新聞の正しい読み方

日本経済

【藤井聡】なぜ、デマやウソが世論を席巻してしまうのか? 〜豊洲市場「空洞」騒動の真実〜

日本経済

【三橋実況中継】「国(くに)」という言葉

【三橋貴明】「いわゆる国の借金」のプロパガンダを潰すへの4件のコメント

  1. 學天測 より

    与太話ですが中世のノストラダムスがペストに対応したという話を思い出しました。中世ヨーロッパは衛生的に不潔だったという話がありますが、入浴すれば毛穴から水の中の毒が入って体に良くないなんて迷信があったとかなかったとか。それと同じで、これは魔女裁判と同じく迷信なのですよ。21世紀になって、先進国の一角を占める政府の代表的役所である財務省が率先して、悪い迷信をばらまいている。根拠に乏しい血液型による性格分類を正しいと宣わっているのです。悪い迷信に対する正しい対応をしなければなりません。迷信と言えばキツネ付きでありますが、その代表的なのが九尾のキツネでありましょう。九尾のキツネとは私なりに何かと申しますとやはりそれはええ加減な事を大きな声で通してしまう事をする嘘つきなのであります。今の日本には政府に巣食っている国を滅ぼさんとする九尾のキツネを倒す、天地の理を理解し、魔を払う。安倍総理ではなく現代版の安倍清明が必要なのでしょうね。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  2. たかゆき より

    ムンテラ 噛ます ♪悪徳医師は 患者の無知につけこみ患者に恐怖心を植え付け不安を煽り そして患者を意のままに 操る。。。借金病とかいう 悪性疾患を創造なさった財務医も 同じ手口を使ってますね物騒な世の中になったもんです詐欺師どもは なぜハッタリを 噛ますのか??理由は ひとつ己の財布を 重くするため なのだ ♪

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  3. 拓三 より

    財務省は偽りの真実を作り上げてまで一体何がしたいねん。私は相手を理解し、そして自分の考えと照らし合わせ是非を考えますが、財務省の考えている事が、全く理解できん! それも約20年も….。もともと小さな政府論から来た嘘話やけど、小さな政府を実現する為の手段として使われていた物が20年も経ったら目的に変わっただけの話やな。あの小さな政府論者の洋ちゃんさえ匙投げたのに(違う方向から攻めとるけど)いつまで型遅れの手法使っとんねん。まあ、それでも政府も表立って文句言えんわな。この嘘話散々利用してきたからな。考え様に因ったら財務省の方が梯子外された被害者かも。可哀想…。そんな事よりも、コラッ!政府!お前らこれからの日本の姿を考えてんのか!まだ型遅れの嘘話に頼って日本を壊す気か!まずお前らは嘘話を使って国民を騙してきた加害者と言う事を自覚し、そして反省し、そっから新たな道を考えろ!反省せんと誤魔化しながら世間の顔色を伺い、八方美人の器の小さいヘタレが国を動かす職務に就くな!まず、『日本を知れ』

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  4. 神奈川県skatou より

    昨今のお話から考えるに、思考停止に陥る理由は、もしかすると感情なのかもしれないと思えてきました。クニノシャッキンでも、バイコクドでも、なんでもいいですが。ただ、某氏が言ったとされる名言にもあるように、 ソ連が恋しくないものには心臓が無い。 ソ連に戻りたいものには脳が無い。というわけで、人の「いとおしい」ところでしょうか。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

週間ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】元経済学会会長と元日銀副総裁による「フェイクレポー...

  2. 2

    2

    【三橋貴明】2018年 戦争へ向かう世界(前編)

  3. 3

    3

    【施光恒】伝統の意義と謙虚さ

  4. 4

    4

    【小浜逸郎】歴史用語削減に断固反対する

  5. 5

    5

    【佐藤健志】「痩せ太り」の経済、デフレ型の幸福

  6. 6

    6

    【三橋貴明】ルンバと議会制民主主義は似ている

  7. 7

    7

    【青木泰樹】濫用される経済論理

  8. 8

    8

    【藤井聡】日本経済は3年以内に「どん底」に落ちる ~日本経済...

  9. 9

    9

    【三橋貴明】存在しない問題

  10. 10

    10

    【三橋貴明】2018年 戦争へ向かう世界

MORE

累計ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】大阪都構想:知っていてほしい7つの事実

  2. 2

    2

    【藤井聡】「公明党・大阪市議団が日本を破壊する」というリスク...

  3. 3

    3

    【藤井聡】「橋下入閣」は、日本に巨大被害をもたらします。

  4. 4

    4

    【藤井聡】「日本が再び、被爆国となる」という、今そこに在る危...

  5. 5

    5

    【三橋貴明】人間の屑たち

最新記事

  1. 日本経済

    【三橋貴明】存在しない問題

  2. 日本経済

    未分類

    【三橋貴明】経済学の効用

  3. 日本経済

    【青木泰樹】濫用される経済論理

  4. メディア

    【施光恒】伝統の意義と謙虚さ

  5. 政治

    【小浜逸郎】歴史用語削減に断固反対する

  6. 日本経済

    【佐藤健志】「痩せ太り」の経済、デフレ型の幸福

  7. 日本経済

    【藤井聡】元経済学会会長と元日銀副総裁による「フェイク...

  8. 日本経済

    【三橋貴明】2018年 戦争へ向かう世界

  9. 政治

    【三橋貴明】ルンバと議会制民主主義は似ている

  10. アジア

    【三橋貴明】2018年 戦争へ向かう世界(中編)

MORE

タグクラウド