メディア

未分類

2019年4月29日

【三橋貴明】古代史分野の三橋貴明

From 三橋貴明

【今週のNewsピックアップ】

令和ピボットへの道 その3
https://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12456681920.html
令和ピボットへの道 その4
https://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12456909033.html
令和ピボットへの道 その5
https://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12457113027.html

三橋は別に経済学者でも経済評論家でも
エコノミストでも官僚でも政治家でもない、
ただの経営者です。

が、なぜか日本国に蔓延する「経済の嘘」を暴き、
正しい情報を広めることが仕事の一部になってしまっています。

理由はもちろん、財政破綻論をはじめ、
日本で蔓延している経済関連の情報が
「嘘だらけ」であるためです。

「日本は財政破綻する」
「日本は公共事業をやり過ぎて、借金が膨れ上がった」
「日本は輸出依存国。日本経済は中国に依存している」
「日本は人口減少で衰退する。人口減少している国の経済は成長しない」
「日本の公務員は多すぎる」

などなど、国内では嘘八百の情報が流通していましたが、
誰も「根拠」「ソース」「データ」を示さなかった。

というわけで、三橋がデータに基づき、
上記の嘘を暴いていったところ、
やたら受けてしまったのです。

恐ろしいことに、三橋以前の日本では、
データに基づき経済を論評するというスタイル
そのものが存在しないに等しかったのです。

まあ、理由は分かるのです。
何しろ、インターネットが発展し、
官公庁がWEBにアップし始める前は、

そもそも一般人が
データにアクセスすること自体が難しかったのです。

というわけで、一般人がデータに基づき発言する際には、
新聞の切り抜きを持ち歩かなければならなかった。

もっとも、新聞の記事やグラフにしても、
一時データではないため、何らかの情報操作が
なされている可能性はありました。

ちなみに、三橋が作成する膨大なグラフについて、
ある高齢の方が「一体何人のスタッフを雇っているんですか!」
と驚嘆していましたが、一人でやっています。

正直、インターネット以前の「グラフ作成業務」と、
三橋の作業では、生産性が数百倍は違うと思います。

ところで、同じく
嘘情報が蔓延してしまっているのが、歴史分野です。

特に、古代史の分野については、
歴史学者の嘘が目を覆いたくなるほど
凄まじいレベルに達しています。

昨日も書きましたが、
日本の歴史学者は古代史の基本資料である
古事記や日本書紀を無視するというか、
根拠なく否定するのです。
(その割に、中国の史書はやたら妄信する)

日本国の情報を正すために、
歴史分野においても「嘘を暴き、拡散する」
必要があると考えていたのですが、
実はこの分野には先駆者がいらっしゃいます。

「日本人ルーツの謎を解く」などの著作を出されている、長浜浩明氏です。
https://amzn.to/2L6LozM

長浜氏のスタイルは、
経済分野における三橋と酷似しています。

一次ソースから素直に「歴史」を読み解き、
現代の自虐歴史学者たちの欺瞞を次々に暴いていく。

何しろ、単にソースデータを読み解いているに過ぎないため、
長浜氏が発する「情報」は、誰も否定できません。
しかも、インターネットにより、
誰でもソースデータを確認出来てしまうのです。

自分とスタイルが似ているためというわけではないですが、
三橋は以前から長浜氏の大ファンです。

というわけで、三橋経済塾第八期第八回講義(19年8月)
のゲスト講師として、長浜氏にお願いし、
快くお引き受け頂きました(超嬉しかった!)。

それはともかく、三橋は長浜氏の後追いの形で、
ソースデータに基づき古代史を
「正す」お仕事を増やしていきます。

第一弾として、三橋初の本格的な歴史的なコンテンツ「経世史論」をリリースしました。

【経世史論~「正しい祖国の歴史」を学び、「現代」を読み解く~】
http://keiseiron-kenkyujo.jp/apply/
※5月15日(水)までに新規お申込み頂いたお客様に、三橋貴明:著「99%の日本人が知らない明治維新の大嘘」のサイン本をプレゼント致します。(送料も不要です。また、サイン本にはお名前が入ります)

是非、ご入会下さいませ。

◆ビジネス社「米中覇権戦争 残酷な未来透視図」が刊行になりました。
https://amzn.to/2UEWkYK

◆彩図社「亡国のメガロポリス」が刊行になりました。
https://amzn.to/2F5nqi3

◆週刊実話 連載「三橋貴明の『マスコミに騙されるな!』」 第318 MMTとインフレ率
なお、週刊実話の連載は、以下で(二週遅れで)お読み頂くことが可能です。
http://wjn.jp/article/category/4/

◆メルマガ 週刊三橋貴明 Vol518 MMTの歴史的な意義(後編)
http://www.mag2.com/m/P0007991.html
MMTが政府に受け入れられた場合、国家は予算制約なしで「経済力(モノやサービスの生産能力)の強化」や「国民の所得拡大」「安全保障の強化」に乗り出せることになります。詳しくはメルマガで!

◆メディア出演

三橋TV、続々リリースされています。

三橋TV第81回【MMTへの藁人形プロパガンダを打破せよ!】
https://youtu.be/rAPl-gF6ZyY
三橋TV第82回【MMTの国会議論を取り上げたら、とんでもない展開に!】
https://youtu.be/EQnqFcU8kzk
三橋TV第83回【財務官僚や御用学者についてぶっちゃけてみた!】
https://youtu.be/SDbvIB7_ylU

4月22日(月) チャンネル桜「Front Japan 桜」」に出演しました。
1/2【Front Japan 桜】続 MMT(現代貨幣理論)税金の真実を知ろう (他)
https://youtu.be/VW8krqEC2Is

5月4日 チャンネル桜「闘論!倒論!討論!2019 日本よ、今... 希望の未来・子供を産み育てること」に出演します。
http://www.ch-sakura.jp/programs/program-info.html?id=1655

◆三橋経済塾

三橋経済塾第八期 第四回対面講義を配信致しました。
https://members8.mitsuhashi-keizaijuku.jp/?p=468
ゲスト講師は 佐藤健志先生(作家・評論家)でした。インターネット受講の皆さま、お待たせしました。

第五回のゲスト講師は、いよいいよ「中野剛志」先生! 第五回対面講義の申込受付を開始しました。
https://members8.mitsuhashi-keizaijuku.jp/?p=463

対面講義のゲスト講師がアップデートされました。
https://members8.mitsuhashi-keizaijuku.jp/?p=210
8月のゲスト講師が長浜浩明先生に決定し、全スケジュールが確定しました。

◆チャンネルAJER
『修正エンゲル係数(前半)』三橋貴明 AJER2019.4.23
https://youtu.be/RPV2H_AOStY

—発行者より—
御代替わりを迎え、新たなる時代において
日本人が正しい「歴史」を知ることのできるよう、
『経世史論』を開設しました。
「現代」を読み解くには、過去の歴史を
正しく理解する必要があります。
正しい歴史を子どもたちやその先の世代に語り継ぐために、
まずは私たち自身が正しい歴史を学びませんか?
こちらから詳しい内容をご覧ください。
http://keiseiron-kenkyujo.jp/apply/

関連記事

メディア

未分類

【平松禎史】「霧につつまれたハリネズミのつぶやき」第丗七話

メディア

未分類

[三橋実況中継] 途轍もないクライマックスシーン

メディア

未分類

【三橋貴明】帝国対民主国家の最終戦争が始まる(後編)

メディア

未分類

【平松禎史】霧につつまれたハリネズミのつぶやき:第四十四話

メディア

未分類

【浅野久美】「ダメ、絶対」

【三橋貴明】古代史分野の三橋貴明への6件のコメント

  1. ぬこ より

    藤原不比等が色々とやらかしたみたいですね。

    縄文人からそのまま列島に残った日本人と、中東に旅してシナ大陸と半島を経由して帰還した日本人が居るみたいですね。
    縄文文明を教科書で教えなかったり、大陸から稲作が来ただの、漢字以前に文字はなかっただの、嘘歴史を日本人に教えてるのは、何も米国の占領政策だけではないそうですね。
    都合の悪い連中が国内にも居るそうです。

    古事記も古代の古事記と、不比等の編纂した古事記は、違うものみたいですね。
    竹取翁博物館の動画で神武天皇の子孫と言われるおばちゃんが語ってました。
    是非、そうした方々の意見も見てほしいです。

    ま、ミッツさんは、日本の偉い側のお歴々とのお付き合いもありそうなので、僕の様な素人では知らない事をご存知でしょうけど。

    以前、MXテレビでベンジャミンと一緒に共演されてたかと思いますので、(おカラスさま)、ともご交流があるのでせうかね?
    ベンジャミンはおカラスさまとの出会いで日本に対する見方が変わったと言ってました。
    欧米や中東やアジアの王族貴族と、日本の奥の院は古代から関係あるのでしょうね。陰謀云々関係なくも。

    丁度、イスラエルにおける二級市民のセム系血統ユダヤ人と、支配層の白人系(ヤペテ?)ユダヤ教徒の関係と似てるんでしょうかね?

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  2. 天鳥船 より

    最近は聖徳太子も「実在しなかった」ことになっているらしいですね。また、我々が仁徳天皇陵として子供時代に教わった墳墓は「大仙陵古墳」などと、仁徳天皇(=大雀命)をお祀りしていることを隠すかのような表現が今では一般的になっているようです。
    この度、その仁徳天皇陵をはじめとする百舌鳥古墳群が世界遺産に登録されることが内定したそうですが、マスコミのお祝いムードに、私個人としては少々違和感を感じています。
    仁徳天皇陵は、決して「遺産」などではありません。そこは、エジプトのピラミッドなどと決定的に違う点です。古代エジプト人もエジプト王朝もとっくに滅びていますから、ピラミッドは間違いなく遺産でしょう。
    しかし、我が国には万世一系のご皇室が厳然として存在し、仁徳天皇陵はそのご先祖様が埋葬されている現役のお墓です。お墓を観光名所にして外国人観光客を招き入れる?気は確かですか?
    みなさん、ご自分の家のお墓に外国人が大挙して押し寄せてきて、馬鹿騒ぎして変なポーズで自撮りしてゴミをポイ捨てしていったら、どんな気分になりますか?
    その点を全く無視し、観光拠点としての経済効果しか触れないマスコミ報道に、ただただ情けなくなります。
    そういえば、松井知事(当時)は、「世界遺産登録を進めるために、仁徳天皇陵を電飾で飾ってライトアップしよう」と息巻いていたとか。
    歴史学者も教育者も政治家も阿呆しかいないということでしょうか。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

まだデータがありません。

まだデータがありません。

最新記事

  1. 歴史

    【三橋貴明】石の文明、木の文明

  2. 日本経済

    【三橋貴明】安倍政権のインバウンド観光戦略のおぞましさ

  3. 日本経済

    【小浜逸郎】災害対策、防災対策にMMTを!

  4. 日本経済

    【藤井聡】消費増税に対して「万全を期す」という政府答弁...

  5. 日本経済

    【室伏謙一】公務員叩きは日本の土台の破壊につながる

  6. 政治

    【三橋貴明】正当な政策を、正統に実現する

  7. 政治

    【三橋貴明】日本の民主制と皇統

  8. コラム

    【竹村公太郎】宿命の治水:湿地の日本文明

  9. 政治

    【施 光恒】ビジネスと政治の癒着に厳しい目を

  10. 日本経済

    【藤井聡】「麻生大臣のMMT批判はまるで『喜劇』である...

MORE

タグクラウド