コラム

2016年10月23日

[三橋実況中継]新幹線の贅沢

From 三橋貴明

———————————————

【PR】

月刊三橋10月号
「2016アメリカ大決戦〜グローバリズムと反グローバリズム、勝つのはどっちだ?」
http://www.keieikagakupub.com/sp/CPK_38NEWS_C_D_1980/index_mag.php

———————————————

【近況】

来週は火曜日から日曜日まで、連続で地方講演です。

特に、火曜が射水市(富山県)、水曜が金沢市なので、
さすがに「おはよう寺ちゃん活動中」はお休みになります。
ご了承下さいませ。

射水市の講演が終わったら、そのまま金沢に入り、
色々と見てこようと思っています。
久しぶりの金沢なので、楽しみです。

金沢で仕事が終われば、北陸新幹線に乗り、
2時間は30分で東京です。
う〜む、改めて考えてみると凄い。

新幹線の良いところは、三橋の場合は
「社内でも仕事ができる」点です。

しかも、自宅やオフィスで仕事をするよりも集中できます。
何しろ、他にやることがありません。

本来であれば、仕事ではなく観光で富山、
金沢と回りたいのですが、講演の仕事が増えすぎ、
さすがに機会が見つけられないでいます。

新幹線といえば、北海道新幹線が
新函館北斗まで開通したことで、
東京から一本で津軽地方、
すなわち「奥津軽いまべつ」に
行くことができるようになりました。

東京駅−奥津軽いまべつ駅間は、最短で206分。
つまりは3時間26分です。

東京駅から乗り換えなしで、
ビールを飲みながら津軽に赴く。

これこそ「贅沢」というものですが、
残念ながら今の三橋は時間が十分に取れないため、
仕事(講演・取材)以外で津軽に行ける機会はまずないでしょう。

早く、観光で津軽に行けるような、
贅沢な身分になりたいものです。

◆ヒカルランド「日本人が本当は知らないお金の話」予約開始しました。
http://amzn.to/2ef2NEl

◆経済界「あなたの常識を論破する経済学」が増刷になりました! ありがとうございます!
http://amzn.to/2c03LnZ

◆週刊アサヒ芸能 連載 列島報告書第89回「ドイツでナショナリズムが暴走した原因は、大恐慌というデフレだ」
http://www.asagei.com/

◆週刊実話 連載「三橋貴明の『マスコミに騙されるな!』」 第194回「新幹線整備と経済効果」
なお、週刊実話の連載は、以下で(二週遅れで)お読み頂くことが可能です。
http://wjn.jp/article/category/4/

◆有料メルマガ 週刊三橋貴明 Vol387 経済の成熟と成長
http://www.mag2.com/m/P0007991.html
わが国には「日本は経済が成熟したから、もう成長しない」という負け犬根性に染まった成長否定論者が少なくありません。
上記が「嘘」であることは、「ある国とある国の事例」を見れば、一発で分かるのです。

◆メディア出演

10月19日(水) チャンネル桜「Front Japan」に出演しました。
【Front Japan 桜】豊洲問題・財政問題・人口問題〜恐怖プロパガンダ / サムスン爆発? / 靖国神社秋季例大祭[桜H28/10/19]
https://youtu.be/TgZNcMI2FCU
http://www.nicovideo.jp/watch/1476861653

◆三橋経済塾

10月15日(土)に開催された、三橋経済塾第五期 第十回講義をアップ致しました。
http://members5.mitsuhashi-keizaijuku.jp/?p=1719
ゲスト講師は島倉原先生でした。インターネット受講の皆様、お待たせいたしました。

◆チャンネルAJER 
『日銀総括検証を検証する?』三橋貴明 AJER2016.10.18
https://youtu.be/hZui036Rvxg

ーーー発行者よりーーー

【PR】

★★★★★:高永隆次様のレビュー

奴隷制度に関わる考え方・分類、秀吉の伴天連禁止の意味等、
今まで考えても居なかった考え方で斬新だった。

秀吉の政策・行動基準等、再度、書籍での検討をしてみようと思う。

堤さんのアメリカに関する書籍は4〜5冊読んでいたので、
「アメリカの現状」に関しては、特別に目新しさは無かったが、
反グローバリズムと言う程の明確な動きでは無いにしても
「グローバリズム」へのブレーキと言う点で、
今度の米大統領選は注目している。

ヒラリーの勝利となるのだろうが、
今回のブレーキ発想の提示は
今後大きな変革へと繋がる予感がする。

いずれにしても、今回の「10月号」は今までの内容と比較して最も面白かった。

月刊三橋10月号
「2016アメリカ大決戦〜グローバリズムと反グローバリズム、勝つのはどっちだ?」
http://www.keieikagakupub.com/sp/CPK_38NEWS_C_D_1980/index_mag.php

関連記事

コラム

【小浜逸郎】北海道というエアポケット

コラム

【藤井聡】今、「良いROE主義」は「悪いROE主義」に駆逐され続けている。

コラム

【三橋貴明】運送サービスと防災安全保障

コラム

【三橋貴明】トリニティに支配された安倍政権

コラム

【三橋貴明】ルサンチマン国民(後編)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

最新記事

  1. 日本経済

    【藤井聡】「事業規模」という言葉に騙されるな! コロナ...

  2. 日本経済

    【小浜逸郎】自粛要請するなら損害補償をせよ!

  3. 日本経済

    【室伏謙一】今必要なのは冷静さ、過剰ではない適度な「自...

  4. 日本経済

    【三橋貴明】生き延びるための戦い

  5. 日本経済

    【三橋貴明】疫病恐慌曲線との戦争

  6. 政治

    【平松禎史】「霧につつまれたハリネズミのつぶやき」第六...

  7. コラム

    【施 光恒】カタカナ語氾濫の背後にあるもの

  8. 政治

    【藤井聡】「首都封鎖」が令和大恐慌を激化させる ~目指...

  9. 日本経済

    【三橋貴明】第二次世界恐慌

  10. 日本経済

    【三橋貴明】ノーウェア族

MORE

タグクラウド