コラム

2016年10月22日

【平松禎史】霧につつまれたハリネズミのつぶやき:第廿七話

From 平松禎史(アニメーター/演出家)

——————————————————-

【PR】

月刊三橋10月号
「2016アメリカ大決戦〜グローバリズムと反グローバリズム、勝つのはどっちだ?」
http://www.keieikagakupub.com/sp/CPK_38NEWS_C_D_1980/index_mag.php

——————————————————-

 ◯オープニング

10月からテレビアニメ『ユーリ!!! on ICE』が始まりました。
男子フィギュアスケートのものがたりです。

ボクはキャラクターデザインと総作画監督を担当しています。

こちらは今まで知らなかった分野への挑戦。
戸惑いもありますが、知らないことを勉強しながら吸収し
表現するのは楽しいことです。

10月からのお仕事はもうひとつ。

三浦しをん原作の『舟を編む』です。
こちらは絵コンテを一本担当しています。
広辞苑や大辞林のような中型辞書を編纂する人々のものがたり。

数年前からことばに興味を持っていたので、
こちらも改めて勉強しながら楽しみました。

第廿七話:「日本のことば」

 ◯Aパート

ここ数年、「古事記」についていろいろと調べていました。
「古事記」と言えば「日本書紀」と同時期に編纂されたとされる
日本で初めての歴史書で数々の神話が収められた日本文化の基礎と言えるものです。

長いことそんなイメージで捉えていたのですが、
一石を投じたのは岡田英弘氏の著書でした。

岡田氏は「古事記」を偽書であると断じています。

その理由は、太安万侶の子孫が平安期に先祖の名誉のためという
個人的な理由で編んだもので歴史書とは言い難い、
つまり偽書である、ということ。

これは聖徳太子不在説のようなものだろうか?と驚きました。

その後、紆余曲折を経て、三浦佑之氏の
「現代語訳 古事記」と「古事記講義」を読みました。

三浦氏の著作には惹かれるものがありまして、
これの他、編者としてまとめた「古事記を読む」
(他の執筆者は関和彦、岡部隆志、平林章仁など)や、「古事記再発見」、
関連して「昔話にみる悪と欲望-継子・少年英雄・隣のじい-」などを読んでいます。
(現在読書中含む)

三浦氏は、政治的見解を慎重に避けながら
「古事記」をこのように位置づけています。(ボクの意訳です。)
「日本書紀」編纂を命じた天武天皇の時代以前から
口伝による逸話や神話、当時の書式による文書が存在した。
それをまとめて序文をつけたのが「古事記」で、
書物としてまとめられたのは平安期のことだろう。

岡田英弘氏は歴史家として偽書と評価していますが、
三浦氏は文学の見地から、国家的な事業としての編纂ではない
口伝を中心とした日本古来の文化をまとめたものが
「古事記」なのではないか、と考えているのだろうと思われます。

序文をふくめた書物化は平安期だとしても、
おさめられた逸話や神話は七世紀より前にさかのぼるものだ、と。
この考え方には賛同できました。

聖徳太子不在説というのは、単に「いなかった」ということではなくて、
聖徳太子の事績と言われているものは複数の人物によるもので、
後年、聖徳太子という人物を設定して(あるいはそのうちの一人を代表として)
事績としてまとめた、ということだと理解しています。

「古事記」が「日本書紀」より後にまとめられたとして、
あつかわれている逸話・神話が否定されるものではないのと同様、
事績は史実だろうと思います。

国家事業として作られた「日本書紀」と各国の風土記、
その思惑とは別に存在した「古事記」。
両者の比較はとても興味深いものです。

「日本書紀」が国家建設、つまり白村江の戦いに敗れ、
大陸の文字文化を積極導入し律令や戸籍を輸入し、
天子に代わる天皇を中心とする国づくりを
肯定するものにしぼられているのに対して、
「古事記」には国家の枠を外れたもの、
天皇の威厳を示すにはいささ不都合な逸話までも収録されていることなど、
もっと前(天皇が記される前)の時代から政治的思惑とは
別に生まれているものだということが、両氏の主張から浮かび上がりました。

そこから導かれるのは「古事記」を国家の概念や政治の方向性で論じることは
その出自、性格にそぐわないのでないか、ということ。

たとえば、本居宣長のように…といえば当たらないかもしれないが…
そこかから明治維新という革命に活用されたことを軸とし
日本文化の基礎と見ることは、「古事記」への理解を歪めているのではないか、
ということも浮かび上がってきます。

 ◯中CM

「古事記講義」などの著者三浦佑之氏は
『舟を編む』の三浦しをんさんのお父様だとあとで知り驚きました。

ネタバレになりそうなんで書きませんが、
お父様の基本的なお考えとの関連で「なるほど!」
と腑に落ちるものがありました。

世代を超えて継承されているのだなと胸に迫るものがありまして、
しっかり描こうと思いました。

『舟を編む』の仕事を機に、
これまでネットに頼ってた辞書検索を改めて、
中型辞書を買いました。

いくつか調べて「大辞林」を。
「あ」から「ん」の辞書部分だけで二七五四ページ、
厚みは7.5センチほどあります。
片手で持ち上げるにはちょっとコツを要する重みです。

物語の中で登場人物が辞書を手にとる場面が何度も出てきます。
同じような辞書で実際にその重みや手触りを感じなければ
正確な描写ができないと思ったのも買った理由です。

『舟を編む』の制作スタジオには数社の中型辞書や
まるでコンクリブロックのような大型辞書もそろえられていました。

 ◯Bパート

ことばの問題に関連して読んだ本に以前も
当メルマガで書いた高島俊男氏の著作があります。

「漢字と日本人」です。

いまは、氏の旧著から「お言葉ですが…」のシリーズを買ってポチポチ読んでいます。
軽めのエッセイ集ですが、これはおもしろいですよ。
ことばに対する先入観がはがれ落ちます。

まず、漢字をたくさん使えば頭良さそうに見える、
というイメージがガラガラと崩れます。
やまとことばにはそもそも漢字はありません。
日本語は元々声であらわす言語で文字を持たなかったからです。
漢語を輸入して漢字に当てはめていったところから日本語は変質していった。
やまとことばが停止したのです。
その代わり「かな・カナ」が発明されました。
声であらわすことを基準にすれば、
漢字を使わないと意味がわからないことば以外は
「かな・カナ」で表現すれば十分なのです。

「日本語の乱れ」なんてものは見方次第で
千数百年前からあったと言えるわけですね。

特に、明治時代に作られた何万という熟語は
多くの同音異義語を生み出してしまい、
漢字を見なければ意味がわからないという不都合が生じてしまいました。

声であらわす日本語の基本からすれば「乱れ」です。

一方で、熟語の開発で科学や医学、哲学など
外来文化を日本語で思考することが可能になった利点がありますが、
事程左様に「功・罪」があるものなんですよね。

ですから、若い人が日本語を開発していくことを
いちいちとがめないほうが良いのかな?なんて思います。

しかしながら、そこには守らないといけない境界があると思います。

英語化も避けられないのでしょうが、
唯々諾々と流されて良いはずはありません。

日本文化とは何か、その基準、はじまりまでさかのぼり、
取り入れて良いもの良くないものの判断をする必要があるでしょう。

しかして、基準ってどこにあるんでしょう?

 ◯エンディング

「古事記」の問題にしても、ことばの問題にしても、
「これ」といった基準を定めにくいのが日本の伝統文化です。

その核心は、中空になっている。
中空だからこそ、保たれてきたのではないか。
平安期からともいわれる象徴天皇のように。

さながら、豊洲の地下ピットにまつわる社会現象のように、
評価の定めにくい、定めるのにめんどうなノイズが
まとわりついてしまうもの、なのでしょうね。

おそらく古来から不毛な議論がくりかえされてきたのです。
だからこそ
以和爲貴(やわらぎをもってとうとしとなし)…
広ク会議ヲ興シ万機公論ニ決スベシ…
と、くりかえし戒められたのでしょう。

 ◯後CM

『ユーリ!!! on ICE』 テレビ朝日などで放送中。
http://yurionice.com/

ボクの初めての画集が出ます。
発売時期は追ってお知らせします。

平松禎史のブログ
http://ameblo.jp/tadashi-hiramatz/

ーーー発行者よりーーー

【PR】

★★★★★:高永隆次様のレビュー

奴隷制度に関わる考え方・分類、秀吉の伴天連禁止の意味等、
今まで考えても居なかった考え方で斬新だった。

秀吉の政策・行動基準等、再度、書籍での検討をしてみようと思う。

堤さんのアメリカに関する書籍は4〜5冊読んでいたので、
「アメリカの現状」に関しては、特別に目新しさは無かったが、
反グローバリズムと言う程の明確な動きでは無いにしても
「グローバリズム」へのブレーキと言う点で、
今度の米大統領選は注目している。

ヒラリーの勝利となるのだろうが、
今回のブレーキ発想の提示は
今後大きな変革へと繋がる予感がする。

いずれにしても、今回の「10月号」は今までの内容と比較して最も面白かった。

月刊三橋10月号
「2016アメリカ大決戦〜グローバリズムと反グローバリズム、勝つのはどっちだ?」
http://www.keieikagakupub.com/sp/CPK_38NEWS_C_D_1980/index_mag.php

関連記事

コラム

【施光恒】伝統の意義と謙虚さ

コラム

【上島嘉郎】慰安婦20万人の虚構

コラム

【三橋貴明】儲けどきを逃すな!

コラム

【藤井聡】危機と対峙する保守思想誌、『表現者クライテリオン』を創刊します。

コラム

【佐藤健志】フォースか、理力か、原力か PART2

【平松禎史】霧につつまれたハリネズミのつぶやき:第廿七話への1件のコメント

  1. 學天測 より

    聖書が偽書であるかどうか、論じる事に意味があるでしょうかねw実践的に物事を考えられない無知を知らない、物知りオタクの蛸壺の自称、歴史の為の歴史家には何が真実かすら解りもしないでしょうね。なんで人類が真実が永遠にわからない無知を前提に自明な事と経験的な事を事実としているのか?他者を尊重する為、思考能力が鍛えられている人なら少しは頭を使って考えればわかる事です。意思決定たる決断を大事にするのは優れた人格に基づく物ですよ。歴史はその主要な材料ですねwコピペでそれが正しいか解らない癖に適当な事をいってそうやって他者を下に見て差別し、蔑んでいる嘘つきのデマゴーグでなければね。かのエドモントバークは言います、私的な理性より(長い時間に耐えて来た)共通の偏見=優良な嘘の方が良いってね。問題はそこで思考停止せず、なぜ彼がそういったかですね。そりゃメイフラワー号上の成文の契約から始まるからではなく、それ以前の本源的契約を強固にした方が社会契約の言う自然権が守られるからではないですかね?ここで投げるw忙しい、ししんどいから以前みたいに長文で書くのはご勘弁をw

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

週間ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】吉川洋東京大学名誉教授が『詭弁』を弄して、『防災を...

  2. 2

    2

    【三橋貴明】安藤提言

  3. 3

    3

    【三橋貴明】デフレ完全脱却による財政再建に向けた提言(後編)

  4. 4

    4

    【小浜逸郎】角栄の政治家魂を復権させよう

  5. 5

    5

    【三橋貴明】平成30年7月豪雨〜不作為の殺人者たち〜

  6. 6

    6

    【三橋貴明】頻発する自然災害

  7. 7

    7

    【竹村公太郎】見えないインフラ

  8. 8

    8

    【saya】「10分いくら?」の世界

  9. 9

    9

    【施光恒】朝顔と日本人

  10. 10

    10

    【藤井聡】「目標成長率シーリング」を実現せよ 〜骨太2018...

MORE

月間ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】吉川洋東京大学名誉教授が『詭弁』を弄して、『防災を...

  2. 2

    2

    【施光恒】園芸からみえる日本

  3. 3

    3

    【藤井聡】大阪北部地震が導く「巨大地震」 〜速やかな対策に向...

  4. 4

    4

    【小浜逸郎】安倍政権20の愚策(その1)

  5. 5

    5

    【藤井聡】なぜ、南海トラフ地震の被害が1400兆円を超えるの...

MORE

最新記事

  1. 日本経済

    【三橋貴明】マッチポンプ

  2. 日本経済

    【三橋貴明】技能継承

  3. コラム

    【竹村公太郎】見えないインフラ

  4. 政治

    【三橋貴明】平成30年7月豪雨〜不作為の殺人者たち〜

  5. 政治

    【小浜逸郎】角栄の政治家魂を復権させよう

  6. 日本経済

    【藤井聡】吉川洋東京大学名誉教授が『詭弁』を弄して、『...

  7. 政治

    【三橋貴明】デフレ完全脱却による財政再建に向けた提言(...

  8. 政治

    【三橋貴明】安藤提言

  9. 日本経済

    【三橋貴明】頻発する自然災害

  10. 日本経済

    【saya】「10分いくら?」の世界

MORE

タグクラウド