アーカイブス

2015年1月14日

【佐藤健志】「国民を見捨てない国」の大事さ

From 佐藤健志

——————————————————-

●月刊三橋最新号のテーマは「フランス経済」。

「ユーロという罠」に落ちた大国の選択とは?
フランスに今が分かれば、日本が見える!

https://www.youtube.com/watch?v=eQUSqYvie2s

——————————————————-

個人でも企業でも国家でも、信用の有無は大きなポイントです。
これを(逆説的に)裏付けているのが、本紙1月12日の記事「新たなデマ情報」。
冒頭、三橋貴明さんは次のように断じました。

「通貨の信認」「国債の信認」「外需依存国」「国際的な信用」「岩盤規制」などなど、定義不明確な言葉を用い、特定の目的を達成するために情報を歪めることほど、(私が)嫌いな行為はありません。

まったく賛成ですが、例として挙げられている5つの「定義不明確な言葉」のうち、「信」がらみのものが3つもあるのにご注目。
信用の有無は、実際に重要な意味合いを持ちうるからこそ、情報を歪める際のキーワードにしばしば使われるのです。

しかし信用をうんぬんするなら、通貨や国債、あるいは日本経済にたいする諸外国の評価などより、いっそう根本的なものがあることを忘れてはいけません。
つまり、国や政府にたいする国民の信頼です。

選挙を実施することが「国民の信を問う」とも形容される通り、この信頼こそが政治の基盤。
だとしても、国や政府にたいする信頼とは、具体的に何を意味するのか?

ここでご紹介したいのが、岩手県の達増拓也知事の発言。
昨年、復興をテーマに対談させていただいたのですが(「超復興の実務と理想」、『Voice』2014年4月号)、その中で知事はこうおっしゃったのです。

復興の仕事をしていて思うのは、国の外交や防衛というのはある程度、犠牲を払ってでも国益を追求し、目的を達成しなければならない。最も極端な例は戦争です。国家には戦争の勝利という目的のため、ある程度の人的犠牲は厭(いと)わない、という側面があります。
しかし、地方自治というのは取りこぼしが許されない。地方自治法にある「住民の福祉の増進」は、すべての住民の方が一人残らず享受すべきものです。(中略)大事なのは、一人ひとりに事情とニーズがあり、その人ごとの復興があるということです。「一人一復興計画」の総体が、県の復興計画です。
(132ページ)

取りこぼしが許されない。
裏を返せば、これは「誰一人として見捨てない」ことを意味します。
だから県民一人ひとりの復興計画を積み重ねていったものが、県全体の復興計画ということになる。

知事は国政と地方自治を対比させる形で語っておられますが、国政においても「取りこぼしは許されない」という姿勢は大事だと思います。
というか、むしろ国政においてこそ大事。
なぜか?

発言にある通り、政府は時として、国民に犠牲を求めねばならないからです。
それは国家の宿命とも言うべきもの。
だとしても「宿命なんだから、国民は犠牲を受け入れて当たり前」などと構えたら最後、大変なことになります。
遅かれ早かれ、そんな政府は国民に愛想を尽かされるでしょうし、国そのものが崩壊の道をたどるでしょう。

国民が(必要とあらば)犠牲を受け入れるのは、国や政府にたいする信頼が保たれているときだけ。
当の信頼の基盤となるのは、「たとえ犠牲を求めてくることがあっても、国や政府は結局のところ、あらゆる国民を見捨てない」という心情ではないでしょうか。

自分が死んでも、残された家族は国が守ってくれる。
いざとなれば、国家が最終的に責任を持ってくれる。
そう信じられるかどうか。

『戦場のメリークリスマス』などで知られる映画監督の大島渚さんは、1966年に発表した「<パパ> この健気な英雄」というエッセイの中で、戦前の日本にはそんな信頼感が確かにあったと語っています。
だからこそ、日本人は徴兵にも応じたし、戦場にも向かった。
しかるに戦後は、国家への信頼感がなくなってしまい、それに代わる新たな連帯感も生じていないのだと。

ご存じの方も多いでしょうが、大島さんは思想的には左翼です。
つまり戦前の日本には批判的。
それでも、こう書いたのです。

ならば日本を取り戻すためにも、「国家は国民を見捨てない」「犠牲を求めることがあったとしても、結局は取りこぼしを出さない」という信頼感を確立することは、きわめて重要となります。
「戦後からの脱却」はもとより、景気回復にしたところで、この感覚に裏打ちされていなければ、そもそも達成できないか、達成できたとしても不安定、かつ脆弱なものにすぎないでしょう。

達増知事の言葉をもじれば、国家の真の強靱性とは、国民一人ひとりが国にたいして抱く信頼感の総体なのです。
ずばり「これに代わるものなし」(There Is No Alternative)。
グローバリズムにとことんハマるのならともかく、日本を取り戻すというのなら、この道しかありません。
ではでは♪

<お知らせ>
1)KADOKAWAちょくマガ「踊る天下国家」が更新されました。
1/14の8:00配信開始。
今回のテーマは「石原慎太郎から安倍晋三まで〜2015年はどんな年になるか」です。
この二人をつなぐものが見えれば、今年のポイントが何かも分かる!
http://ch.nicovideo.jp/k-chokuron/blomaga/ar706735

2)『愛国のパラドックス 「右か左か」の時代は終わった』、アスペクト社より1月27日発売!
アマゾンでは予約を受け付けています。
http://amzn.to/1A9Ezve

3)国家にたいする信頼感の喪失について、さらに知りたい方はこちらをどうぞ。
http://amzn.to/1lXtYQM

4)そして、ブログとツイッターはこちらです。
ブログ http://kenjisato1966.com
ツイッター http://twitter.com/kenjisato1966

PS
三橋経済塾に入会するには、こちらをクリック
http://www.mitsuhashi-keizaijuku.jp/

※月刊三橋会員の方には、数千円の会員限定割引が適用されます。

PPS
三橋経済塾の前に月刊三橋の会員になるには、こちらをクリック!
http://www.keieikagakupub.com/sp/CPK_38NEWS_C_D_1980/index_sv2.php

関連記事

アーカイブス

【三橋貴明】スイスの教訓

アーカイブス

【藤井聡】大阪都構想(2):「大阪市民に,自分たちの市を解体して5つに分割してもよいですか?」を問う投票

アーカイブス

【柴山桂太】電力インフラが危ない?

アーカイブス

【藤井聡】「リニア大阪同時開業」できなければ、大阪、名古屋、日本に大ダメージが生じます。

アーカイブス

【三橋貴明】2018年 戦争へ向かう世界(中編)

メルマガ会員登録はこちら

週間ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】終戦記念日に考える、「戦後レジームからの脱却」と「...

  2. 2

    2

    【三橋貴明】安藤裕衆議院議員と対談しました

  3. 3

    3

    【三橋貴明】「国の借金」プロパガンダを打破せよ!

  4. 4

    4

    【三橋貴明】黄金の氏族の婿たち

  5. 5

    5

    【三橋貴明】スウェーデン・ショック

  6. 6

    6

    【三橋貴明】民主主義の国民であるならば。

  7. 7

    7

    【竹村公太郎】都市の下に住む大蛇 ―なぜ「決壊」と書くのか―

  8. 8

    8

    【三橋貴明】治水の後れは国家の怠慢

  9. 9

    9

    【三橋貴明】“人間の屑”がいるとするならば

  10. 10

    10

    【三橋貴明】巨費

MORE

月間ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】防災に「国債」を発行しない政治家は、馬鹿の誹りを免...

  2. 2

    2

    【藤井聡】政府は「異常気象緊急対策」を速やかに推進せよ。

  3. 3

    3

    【三橋貴明】“人間の屑”がいるとするならば

  4. 4

    4

    【藤井聡】政府の「東京一極集中」対策、未だ成果まったく見られ...

  5. 5

    5

    【藤井聡】吉川洋東京大学名誉教授が『詭弁』を弄して、『防災を...

MORE

最新記事

  1. 日本経済

    【三橋貴明】巨費

  2. 政治

    【三橋貴明】民主主義の国民であるならば。

  3. 日本経済

    【三橋貴明】粒子加速器、なるか産業ビッグバン

  4. 欧州

    【三橋貴明】スウェーデン・ショック

  5. 日本経済

    【三橋貴明】治水の後れは国家の怠慢

  6. 日本経済

    未分類

    【藤井聡】終戦記念日に考える、「戦後レジームからの脱却...

  7. 日本経済

    【三橋貴明】「国の借金」プロパガンダを打破せよ!

  8. 政治

    【三橋貴明】安藤裕衆議院議員と対談しました

  9. アジア

    【三橋貴明】黄金の氏族の婿たち

  10. 日本経済

    【竹村公太郎】都市の下に住む大蛇 ―なぜ「決壊」と書く...

MORE

タグクラウド