アーカイブス

2014年11月19日

【佐藤健志】米農務省のスゴい報告書

From 佐藤健志@評論家・作家

——————————————————

●三橋貴明公式チャンネルに最新Videoが登場
https://www.youtube.com/user/mitsuhashipress/videos

——————————————————-

11月13日、日本農業新聞が興味深い記事を配信しました。
TPP合意で2025年までに関税が完全撤廃された場合、参加12ヶ国の農産物貿易がどう変わるかについて、アメリカ農務省が予測をまとめ、報告書を出したそうです。

農産物貿易全体の伸びは85億ドル(記事によれば、これは1ドル=116円のレートで計算されています)。
そのうち28億ドルはアメリカの輸出増加分になるとか。

で、日本の輸出増加分は?
わずか8300万ドル。
1億ドルにも達しないのです!

逆に日本の輸入増加分は58億ドル。
全体の7割に達します。
良いこと何もなし、という感じの結論ですが、注目すべき点はここから。

こんな予測を展開しているにもかかわらず、同報告書は、TPPによる関税撤廃が日本農業にもたらす影響について、非常に低く見積もっているのです。
コメの生産額減少は3%、砂糖で2%。
ちなみに日本政府の予測では、前者は32%、後者は100%(すなわち全滅)となっています。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141113-00010003-agrinews-pol&p=1

要するに「関税撤廃しても大した影響はないのだから、TPPに合意しろ」という話。
ツジツマが合っていないというか、かなり無理矢理なものを感じるのは、私だけではないでしょう。

当該の記事には、鈴木宣弘・東京大学大学院教授のコメントも添えられていますが、鈴木さんも「域内の農産物輸入増加分の7割を日本が負担する『一人負け』なのに、国内生産はほとんど減らないという試算は極めて恣意(しい)的である」と語っていました。

しかしここに、アメリカのアメリカたるゆえんがある。
つまりあの国は、「フロンティアの無法者」なんですね。

無法者とは「法律を破る存在」と思われがちですが、それは安定した法秩序が確立されているときの話。
これから開拓される未開の地、つまりフロンティアには、安定した法秩序がそもそも存在しないのです。

ならば、そこで無法者はどう振る舞うか?
お分かりでしょう。
自分の都合に合わせて、法秩序(のごときもの)を構築しようとするのです。

フロンティアにおいて、これは必ずしも悪いこととは限らない。
何もルールがないよりは、とりあえずルールがあったほうがマシ、ということは十分ありえます。

そしてアメリカは、移民がフロンティアを開拓することでつくった国。
同国の作家ノーマン・メイラーは、フロンティア開拓の教訓として「無法者のほうが保安官より大きな価値を持つ」を挙げていますが、アメリカの行動を理解するうえで、これは非常に参考になります。

アメリカとは、
「既成の法秩序をよりどころにして、周囲に影響を及ぼそうとする存在」(=保安官)のようにではなく、
「新しい法秩序(のごときもの)をつくることで、周囲に影響を及ぼそうとする存在」(=無法者)のように振る舞いやすい国なのです。
TPPのような経済的グローバリズムの追求も、こう考えると本質が見えてくるのではないでしょうか。

ただしアメリカ人に「フロンティア」と見えるものが、本当に「未開の地」とは限らない。
西部開拓にしても、同国の先住民、いわゆるインディアンを滅ぼしてゆく過程だったのです。
とはいえ「無法者のほうが保安官より大きな価値を持つ」と考える人々にとり、こちらの側面は(なかなか)目に入りません。
目に入ったとしても、「望ましい秩序をつくるうえでの必要なコスト」として片付けられる恐れが強い。

農務省報告書にうかがわれる無理矢理ぶりは、その意味でアメリカの本質をよく表しています。
アメリカはフロンティアの無法者。
TPPに限らず、同国との関わり方を考えるうえで、この点を踏まえておくことは重要な意味を持つはずです。

アメリカの本質について、さらに知りたい方はこちらをどうぞ。
http://amzn.to/1lXtL07

現在の同国がどうなっているかはこちらをどうぞ。
http://chokumaga.com/magazine/free/152/9/

ではでは♪(^_^)♪

佐藤健志ブログ「DANCING WRITER」はこちら!
http://kenjisato1966.com

ツイッターはこちら!
http://twitter.com/kenjisato1966

PS
消費増税が日本に与えた本当のダメージとは?
http://youtu.be/FYzYGcCtZpI

関連記事

アーカイブス

【平松禎史】霧につつまれたハリネズミのつぶやき:第廿話

アーカイブス

【三橋貴明】未知の世界

アーカイブス

【佐藤健志】黒星二つは白星ならず

アーカイブス

【三橋貴明】ルンバと議会制民主主義は似ている

アーカイブス

【三橋号外】続・大失態

メルマガ会員登録はこちら

週間ランキング

  1. 1

    1

    【saya】日本屈指のブラジルタウン大泉町の現状を見よ

  2. 2

    2

    【藤井聡】政府の消費増税対策は、残念ながら「全く不十分」であ...

  3. 3

    3

    【藤井聡】安倍内閣は、「コンクリートから人へ」継続内閣である...

  4. 4

    4

    【竹村公太郎】海面上昇は本当か?

  5. 5

    5

    【三橋貴明】政府が食の安全を守らないならば

  6. 6

    6

    【三橋貴明】政府の統計操作の三大手法

  7. 7

    7

    【上島嘉郎】西郷隆盛が語る「国の本体」

  8. 8

    8

    【三橋貴明】結論が決まった世界

  9. 9

    9

    【三橋貴明】国内外の「嘘」という問題について

  10. 10

    10

    【小浜逸郎】給料が上がらない理由

MORE

月間ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】安倍内閣は、「コンクリートから人へ」継続内閣である...

  2. 2

    2

    【藤井聡】新しい御代をお迎えする2019年、最大の争点は「消...

  3. 3

    3

    【saya】日本屈指のブラジルタウン大泉町の現状を見よ

  4. 4

    4

    【小浜逸郎】急激な格差社会化が進んだ平成時代

  5. 5

    5

    【藤井聡】「トリプル」リーマンショック・リスク~「年末株価の...

MORE

最新記事

  1. 政治

    日本経済

    【三橋貴明】国内外の「嘘」という問題について

  2. 日本経済

    【三橋貴明】結論が決まった世界

  3. 日本経済

    【藤井聡】政府の消費増税対策は、残念ながら「全く不十分...

  4. 政治

    【saya】日本屈指のブラジルタウン大泉町の現状を見よ

  5. 政治

    日本経済

    【三橋貴明】政府の統計操作の三大手法

  6. 政治

    日本経済

    【三橋貴明】政府が食の安全を守らないならば

  7. 未分類

    【竹村公太郎】海面上昇は本当か?

  8. メディア

    政治

    未分類

    【上島嘉郎】西郷隆盛が語る「国の本体」

  9. 日本経済

    【小浜逸郎】給料が上がらない理由

  10. 政治

    日本経済

    未分類

    【藤井聡】安倍内閣は、「コンクリートから人へ」継続内閣...

MORE

タグクラウド