アーカイブス

2013年9月14日

【浅野久美】中韓の「五輪」妨害を撃破

From 浅野久美(チャンネル桜キャスター)

————————————————————

●月刊三橋最新号のテーマは「尖閣沸騰」。

無料音声「尖閣“侵略”問題」を公開中。
http://www.keieikagakupub.com/sp/38NEWS_SAMPLE_SENKAKU/index_mag_sl.php

・対日強硬姿勢で中国が陥ったジレンマとは?
・なぜ、日本は優位なカードを手に入れたのか?
・武力衝突の可能性は?
・自衛隊は人民解放軍に勝てるのか?ー他

————————————————————

まずは『招致ましておめでとうございます』・・・
いや、『ゴリンまして・・・』ですか。いやあるいは『あっしょ(圧勝)まして』・・・
ん?つまんないですか・・・・とにかく、日本中が歓喜に湧いた日曜の朝からすでに数日・・・あれこれ想い巡らせては、後からじわじわと湧き上がる五輪の夢にふと空を見上げたり、
一方では冷静な現実ウォッチの声などもキリキリと響き、ほお・・と足を止め、弱った蝉の声やらコオロギの羽音に聴き入ってみたり・・・と、
それなりにメリハリのある小さな秋を楽しんでいる浅野です。とりあえず『消費税増して・・・』とはならないように今は祈るばかり。

とはいえ興奮状態は収まりつつあっても、やはりスポーツファンとしては『七年後』という、近くもなく、そんなに遠い先でもない、手の届くちょうどいい頃合いにビッグイベントがあることは素直に嬉しいです。七年って・・・生まれた子供がご入学となるくらいの年月なのですよね。大丈夫。なんとかなりますって!(ざっくり感が鼻に突いたらすみません)

猛暑続きだった夏、しばらくは『ま、それなり』レベルからなかなか脱却出来なかったわたくしの『happy指数』のグラフも、
この喜びで、まだまだ上機嫌マックスを打ったままでございます。

東京の積年の夢だった招致が叶い、さらにその先の大きな夢を日本人全体で持つことができる。それも確実に実現できるはずの夢・・・ってことはですよ、七年後の本番で、我が国らしい立派な『お・も・て・な・し』が出来るように、国土の強さだけでなく、我々国民も『さっすが日本人』『やるやるとは聞いていたけど、まさかここまでとは!』と高く評価していただけるよう、『日本力』アップの準備をしてその日を迎えたいものですね。
語学や各国事情のお勉強などもストレートに有用ですが、何よりも、日本のことを自分たちがよく理解しておかなければ、自信をもってアピールなど出来やしません。まずは我が国の歴史や伝統を、子供だけではなく、オトナが勉強することはすごく大切だと思います。
これを機会に、長年に渡って刷り込まれた誤った歴史観はしっかりと糺し、日本人の正確な認識として共有することは何より必須ですね!!
忌まわしい嘘八百の南京事件や強制連行の歴史などは、今こそ根こそぎ消滅させるべきなのです!!

・・・・
すみません。またハナイキが荒くなってしまいました。

ところで、
高円宮妃久子さまや滝川クリステルさん、パラリンピックの佐藤真海さんのスピーチの美しさ、しなやかさはどうでしょう。頼もしい姿があまりにまぶしくて誇らしくて、私は禁断の結果発表前なのに、朝からシャンパンを開けてしまいました(結局そうなります)。
『花を添える』どころか、彼女たち自身が大輪の花そのものの風格でしたね。とにかく日本のプレゼンテーシションは図抜けていました。

あの時点ですでに、もはや結果はどうあれ、我が国が今まで失っていた大きな心の遺失物を取り返したような気持ちになったのは、私だけではないと思いますよ。そして、
委員やスタッフのみなさんが涙で喜ぶ姿からは、この結果を出すまでにどれほどの厳しい道のりがあったのか存分に伝わってきました。
石原前都知事のこれまでの御尽力にも、大いに敬意を表し感謝するべきですね。

それにしても、
知性とエレガンスを身につけている大和撫子からは、日本語だけでなく、フランス語や英語でスピーチしてもやはりそのたおやかさはきちんと伝わるものなのですね。
もちろん、笑顔や所作含め、普段から自然に美しい日本語を話しているがゆえのことだと思います。

決めました。私もこれからはきちんとした美しい日本語を心がけることにいたします。
『ざまみろぱーか』なんてはしたない言葉はもってのほか、もう口にはいたしません。
何しろ、世界で最も注目される国民になったのです。品格優先。品性第一。
まずは、言動や身のこなしを磨き上げ、和服だってその頃にはササっと素早く着られるようにしておきたい、なんてことも宣言してしまいましょう。

ところで、ロゲ会長の発表があった瞬間の、現地や日本各地の揺れるような喜びを、テレビでは日曜の朝らしく、終始明るいお祭りムードで伝えていました。
そうそう、テレビとはこういうものじゃん・・・と、さらに盛り上がりたい気持ちでうるうるしながらチャンネルを換えてみると、
なんと! そこには鎮魂歌が聴こえてきそうな、むやみやたらに沈んだ空気の番組が出現!!
おおっ、日曜名物、赤のサカス(我ながらうまい!)こと『サンデーモーニング』じゃないですか。
日本中が大喜びなのに、コメンテーターたちがため息ついたり怒っていたりするのは何故でしょう。(冗談抜きで、失礼ながら、一瞬どなたかが亡くなったのかと思ってしまいました)
関口宏の総理への中継のやりとりでは、あまりの無礼で尊大な態度に思わず爆笑してしまったくらいです。

まるでどこかの反日国の地団駄番組のようですね。そういえば、中国は祝意も伝えず、ということですし、お祝い?に、国籍不明の飛行機までも領空をうろついているそう。
『ボイコットも辞さない』などと叫んでいる韓国の新聞もあるそうです(無理に来なくていいですから・・・てか、絶対来るな!・・ぢゃなくて、えと・・どうぞおいでにおなりにならないでくださいませ)

日本に対し執拗なまでの招致妨害を仕掛けていた二国には、その卑屈なマイナス思考っぷりに改めて呆れました。パククネ大統領に至っては、日本のプレゼン直前のタイミングに合わせたかのようなネガティブアタック活動・・・。そうそう、いつも思うのですが、あの方って、本来はにこやかでいればそこそこ美熟女だと思うのですよ。お肌もなかなか。でも、しわ取りプチ注射か何かしていらっしゃるせいでしょうか・・・

目が笑わない無表情なお顔で、千年先まで『うらめしや〜』だの『認識や〜』と言われてはね。寝ても醒めても反日反日。でもね、失敗してますよあなた。そんな卑屈な大統領が尊敬されるほど、世界では韓国方式は通用しません。ロビー活動が苦手とされていた日本が今回成功をおさめたことはますます悔しくて恨めしくて仕方ないのでしょうか・・・

2020年。東京オリンピックは、必ず成功して、日本は改めて世界に認められるとびきり素敵な国になるのです。
日本愛を取り戻した日本国民をナメん・・・・ぢゃなくて、おナメになられてはいけませんでございますよ。
(ばーかばーか)

あ、
『尖閣にて その2』は次回に

PS
追い込まれた中国共産党。尖閣開戦の可能性は?
http://www.keieikagakupub.com/sp/38NEWS_SAMPLE_SENKAKU/index_mag_sl.php

PPS
よいこのみなさんに、チャンネル桜の視聴を薦めよう
http://www.ch-sakura.jp/1012.html

関連記事

アーカイブス

【東田剛】スティグリッツと安倍総理との会談

アーカイブス

[三橋実況中継]日本には凄い「技術」があります

アーカイブス

【佐藤健志】国家百年の機能不全

アーカイブス

【三橋貴明】続 快適な日常生活の「大黒柱」である運送サービスについて考える

アーカイブス

【東田剛】絶滅への道

【浅野久美】中韓の「五輪」妨害を撃破への2件のコメント

  1. 日本財布論、改め、日本連帯保証人論 より

    >学校の授業では記憶に残りにくかったあくまでも個人の経験です。バッチリ頭に入っている人も結構いるかも知れません。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  2. 日本財布論、改め、日本連帯保証人論 より

    >これを機会に、長年に渡って刷り込まれた誤った歴史観はしっかりと糺し、日本人の正確な認識として共有することは何より必須ですね!!そうですね。これを機会に、学校の授業では記憶に残りにくかった「ビザンツ帝国」(通称)についても、きちんと勉強しなおさなくては。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

週間ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】スラムに消えた情けない男の話

  2. 2

    2

    【三橋貴明】財務省主権国家

  3. 3

    3

    【三橋貴明】続 財務省が日本を滅ぼす

  4. 4

    4

    【島倉原】インドブームに思うこと

  5. 5

    5

    【三橋貴明】共犯者育成プロパガンダ

  6. 6

    6

    【青木泰樹】単位労働コストの見方

  7. 7

    7

    【佐藤健志】若者が政治に求めているのは「結果」だ

  8. 8

    8

    【藤井聡】「日本が再び、被爆国となる」という、今そこに在る危...

  9. 9

    9

    【上島嘉郎】〈朝日新聞、死ね〉はただの暴言か

  10. 10

    10

    【三橋貴明】なぜ実質賃金が低迷しているのか?

MORE

累計ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】大阪都構想:知っていてほしい7つの事実

  2. 2

    2

    【藤井聡】「公明党・大阪市議団が日本を破壊する」というリスク...

  3. 3

    3

    【藤井聡】「橋下入閣」は、日本に巨大被害をもたらします。

  4. 4

    4

    【藤井聡】「日本が再び、被爆国となる」という、今そこに在る危...

  5. 5

    5

    【三橋貴明】人間の屑たち

最新記事

  1. コラム

    【浅野久美】君のいない場所

  2. メディア

    【上島嘉郎】〈朝日新聞、死ね〉はただの暴言か

  3. 日本経済

    【島倉原】インドブームに思うこと

  4. 政治

    【佐藤健志】若者が政治に求めているのは「結果」だ

  5. 政治

    【藤井聡】スラムに消えた情けない男の話

  6. 日本経済

    【三橋貴明】共犯者育成プロパガンダ

  7. 日本経済

    【三橋貴明】財務省主権国家

  8. 日本経済

    【青木泰樹】単位労働コストの見方

  9. 日本経済

    【三橋貴明】続 財務省が日本を滅ぼす

  10. 日本経済

    【小浜逸郎】98%の絶望と2%の希望(その1)

MORE

タグクラウド