アーカイブス

2012年11月21日

【東田剛】改革派の無茶ぶり

FROM 東田剛

同じネタで恐縮ですが、國賣(ああっ、遠隔操作が!)新聞は、
11月13日、「TPP解散、首相は交渉参加の旗を掲げよ」と、
毅然とした社説を掲載しました。

櫻井よしこ先生が書いているのかと思いました。

それによると、
「TPP参加によってアジアの活力を取り込み、
日本の成長加速を目指す姿勢を鮮明にする意味は大きい」
のだそうです。

それで、TPPに慎重な姿勢を示す自民党に対しては、
「自民党が政権奪還を目指すなら、
通商国家・日本がいかに貿易を拡大し、経済を活性化させるか、
具体的な道筋を示すことが不可欠である」と注文を付けています。

さあ、困りました。

世界の構造はリーマン・ショックを契機に激変し、
グローバル経済は停滞しています。

輸出依存度が高く、
欧米への輸出で成長してきた中国などのアジア諸国は、
欧米の不況が長期化・深刻化する状況の中で、
もはや輸出主導の成長ができなくなりました。

かといって、中国は、
経済全体に占める国内消費の比率が極端に低く、
他のアジア諸国も国内市場の規模が小さいため、
内需主導で成長することはできません。

アジア諸国は、高度成長の時代が終わりましたが、
内需主導で安定成長する高所得国への移行は難しいので、
当分、停滞が続くものと思われます。

ところが、國賣(また遠隔操作だ!)新聞は、
国内総生産に占める輸出の割合が一割程度しかない
内需大国日本を強引に「通商国家」と名付け、

こんな厳しい世界経済情勢の中で、
貿易を拡大することで経済を活性化させる具体的な道筋を示さないと、
自民党は政権奪還を目指してはならないというのです。

これは無茶ぶりというものでしょう。

日本経済の活性化は、内需主導でないと無理です。

まして、世界は大不況なのですよ。

仕方ないので、自民党に代わって、
不肖ペンネーム「東田剛」が、
どうやったらアジアの活力を取り込めるか、考えてみました。

そして、ついに見つけたのです。

アジアで成長している次世代産業を!

しかも、将来の成長産業と期待される
医療分野ではありませんか。

これこそ、まさに、アジアの活力!
それが、このブルームバーグのニュースです。

http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MDPJMM6JIJVH01.html

ちなみにマレーシアはTPP交渉参加国ですが、
これがあるならば、「交渉」に参加してみて、
駄目だったら抜ければいいじゃないですか。

え、少子化が進んでしまうって?

だから、内需に期待できないって、言ってるでしょう。

最近の若者は元気がない。
もっと、強壮力を強化しろ!

PS
TPPを推進する「改革派官僚」に騙されるな!

TPP問題をめぐり「外圧を使って日本を変える」と公言する元官僚たち。

政治主導と称して公務員制度の破壊を訴える行政改革。

国民はこれら「改革派官僚」の言動を喝采するが、
その本質は、さらなる官僚制の支配と政治の弱体化である。

本来、政治家や利害関係者と粘り強く調整することこそ
官僚の役割である。

それなくして、問題が複雑に錯綜する現代、
自由な民主国家は成立しない。

日本を国力低下の危機に陥れる官僚たちの反逆を許してはならない

日本を蝕む官僚制の病理に警鐘を鳴らす、
中野剛志さんの新刊が間もなく発売になります。

http://amzn.to/UPCohv

PPS
TPP問題については、中野剛志さんの評論集
『反官反民:中野剛志評論集』の中で詳しく解説されています。
『TPP亡国論』出版以後の最新情報が収められています。
より詳しく知りたい方は、こちらをクリック
http://amzn.to/TbD1P2

関連記事

アーカイブス

【柴山桂太】最後のバブル

アーカイブス

【柴山桂太】金融危機の第三幕が、、

アーカイブス

【藤井聡】重要な論点

アーカイブス

【三橋貴明】アメリカの「財政」論争

アーカイブス

[三橋実況中継]デフレマインド

【東田剛】改革派の無茶ぶりへの2件のコメント

  1. ジータ より

    中、、じゃなくて大島でもなくて、東田剛様!>もっと、強壮力を強化しろ!了解しました!

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  2. コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

週間ランキング

  1. 1

    1

    【三橋貴明】民主主義国「日本」最悪の問題

  2. 2

    2

    【三橋貴明】おカネとは何なのか?

  3. 3

    3

    【三橋貴明】実質消費の四年連続減少が意味するもの

  4. 4

    4

    【三橋貴明】イタリアの「国の借金」問題

  5. 5

    5

    【上島嘉郎】「移民立国」こそ時代に逆行

  6. 6

    6

    【三橋貴明】人手不足のリスクとチャンス(前編)

  7. 7

    7

    【藤井聡】危機と対峙する保守思想誌、『表現者クライテリオン』...

  8. 8

    8

    【小浜逸郎】技術文明との向き合い方

  9. 9

    9

    【竹村公太郎】西部邁先生の教え

  10. 10

    10

    【三橋貴明】自動運転タクシーと技術大国への道

MORE

累計ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】大阪都構想:知っていてほしい7つの事実

  2. 2

    2

    【藤井聡】「公明党・大阪市議団が日本を破壊する」というリスク...

  3. 3

    3

    【藤井聡】「橋下入閣」は、日本に巨大被害をもたらします。

  4. 4

    4

    【藤井聡】「日本が再び、被爆国となる」という、今そこに在る危...

  5. 5

    5

    【三橋貴明】人間の屑たち

最新記事

  1. 日本経済

    【三橋貴明】自動運転タクシーと技術大国への道

  2. 日本経済

    【上島嘉郎】「移民立国」こそ時代に逆行

  3. 日本経済

    【三橋貴明】人手不足のリスクとチャンス(前編)

  4. 日本経済

    【三橋貴明】実質消費の四年連続減少が意味するもの

  5. 欧州

    【三橋貴明】イタリアの「国の借金」問題

  6. 日本経済

    【三橋貴明】民主主義国「日本」最悪の問題

  7. 日本経済

    【三橋貴明】おカネとは何なのか?

  8. 欧州

    【三橋貴明】移民問題の「国民 対 国民」

  9. 日本経済

    【三橋貴明】またもや「デフレ型」経済成長

  10. コラム

    【小浜逸郎】技術文明との向き合い方

MORE

タグクラウド