アメリカ

2018年1月14日

【三橋貴明】所得の誤謬

From 三橋貴明

【近況】

現在のアメリカ紙幣(100ドル札)に
肖像が載っているのは、アメリカ建国初期の
政治家ベンジャミン・フランクリンです。

フランクリンは実に多才な人物で、
政治のみならず物理学者、
気象学者としても成功しています。

さらに、印刷業も経営し、
ビジネスマンとしても立派に成功を収めました。

多才だけあって、フランクリンは様々な名言を
現在にまで残しているのですが、
その中に以下のものがあります。

「1セントを節約することは、1セントを稼ぐことと同じである」

フランクリンは倹約や節約という
思想が好きだったようで、「お金を貯める」ことに
関して複数の格言を残しています。

個人にとってみれば、1セントを節約すれば、
後の人生において1セントを使うことができるため、
「未来の1セント」を稼ぐことと同じなのかも知れません。

とはいえ、国民経済的に見れば、
フランクリンの言葉は明確な間違いになります。

なぜならば、

「誰かが1セントを節約したとき、
誰かが1セントの所得を得られなくなってしまう」

が真実であるためです。

フランクリンほどの天才ですら、
「節約=(誰かの)所得が生まれない」という
現実に気が付かず(気が付いていたのかも知れませんが)、
貯蓄を推奨しているわけです。

現在の日本において、緊縮財政が
「常に善」と認識され、政府の節約や、
公共インフラの民間への売却が
支持されるのも、無理もない話なのかも知れません。

「所得の誤謬」は、人類の病なのです。

◆1月20日 三橋経済塾第七期第一回講義が開催されます。
http://members7.mitsuhashi-keizaijuku.jp/?p=2249

◆人手不足解消合宿 ~人手不足は利益拡大の絶好のチャンスだ!~
http://www.38news.jp/sp/mituhashisemi/2018_02.php#top

◆11月30日 徳間書店から「2018年 戦争へ向かう世界 日本経済のラストチャンス」を刊行しました。
http://amzn.to/2A4LgKi

◆時局2月号に、連載「三橋貴明の経世論 念願の人手不足をもたらす少子高齢化という幸運」が掲載されました。
http://amzn.to/2mtRqf6

◆SAPIO(サピオ) 2018年 02 月号に「財務省の「国民貧困化計画」を暴く」が掲載されました。
http://amzn.to/2ExjkgL

◆週刊実話 連載「三橋貴明の『マスコミに騙されるな!』」 第254回「人手不足のチャンスとリスク」
なお、週刊実話の連載は、以下で(二週遅れで)お読み頂くことが可能です。
http://wjn.jp/article/category/4/

◆メルマガ 週刊三橋貴明 Vol451 公共インフラ・ビジネス
http://www.mag2.com/m/P0007991.html
今週は、なぜ公共インフラの民間への売却が支持されてしまうかについて考察しました。

◆メディア出演

今週のメディア出演はありません。

◆三橋経済塾

1月20日 三橋経済塾第七期第一回講義が開催されます。
http://members7.mitsuhashi-keizaijuku.jp/?p=2249

◆チャンネルAJER
今週の更新はありません。

関連記事

アメリカ

【三橋貴明】動乱の時代

アメリカ

【島倉原】グローバリズムの軌道修正?(その2)

アメリカ

【藤井聡】「デフレ」こそ「労働生産性」低下の元凶。生産性向上のためにも「PB制約」撤廃を!

アメリカ

【三橋貴明】目隠したまま交差点を渡る日本国民

アメリカ

【三橋貴明】経済力はおカネの量ではない

【三橋貴明】所得の誤謬への3件のコメント

  1. 拓三 より

    己が今やるべき事は、己主導で家族と決別し、独り身になる事。

    次にやるべき事は、醜い己を己の口から公表し謝罪並び今後の再発防止をどの様にかつ具体的に行うかを述べよ。
    これは、これまで己みたいな者に信頼をおき、一緒に戦ってきた他の先生方、並び支援、支持された皆様の名誉回復の為である。

    そして、さかき連氏の名誉回復にもなる。
    これ以上、女性を傷つけるな。

    このままでは関わった人間がすべて腐っていく。

    さっさとやれ ! 憎しみで言っているのでは無い。
    財務省よりバカではないはず。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  2. たかゆき より

    語録

    ほとんどが ゴタクの類いかと、、

    例えば
    「児孫のために 美田を買わず 」

    生まれたときよりも 豊かな国家を
    次世代に遺すのが 小生の務めと
    確信しておりますけど、、、

    しかるに 現政権
    ご先祖様の遺産を 二束三文で売り払い
    美田どころか 「児孫のために 国家を残さず」

    彼等はきっと 
    日本人ではない(小生と同じ想いの)
    のでございませう
    。。

    では どうするか?
    吉田松陰先生の 仰せの通りに
    心ゆくまで狂いたく 存じます。。。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  3. 雪之丞 より

    三橋さんが気にしていなくても、

    周りが余計に騒ぎ出します。

    逮捕の報道の事、とても心配しています。

    人間は妄想する生き物です。

    しばらくは、落ち着かないかと・・・

    嫁が10代とか腕にかみついたなどの報道は、

    全部嘘だと思います。

    こんな事で、

    メディアへの出演ができなくなるのが、一番、心配です。

    報道の事を気にして、離れていく人間もいると思います。

    私、個人としては、女にだらしがないとか、ロリコンだとか

    それが本当だとしても、そんなこと、どうでもよく、

    三橋さんの分かりやすい核心をついたユーモアのある、

    語り口が好きです。

    どこか、チャンネル桜でも、冗談まじりに、笑って、

    嫁とのケンカの事をしゃべれればいいのですが、

    ビートたけしさんのように、なれるといいのですが・・・

    坂本竜馬も女には超絶女にはだらしのない男でしたしね。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

週間ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】「骨太の方針2018」で、デフレ脱却は出来るのか?

  2. 2

    2

    【藤井聡】なぜ、南海トラフ地震の被害が1400兆円を超えるの...

  3. 3

    3

    【三橋貴明】ルサンチマン国民(後編)

  4. 4

    4

    【三橋貴明】歴史上最大の危機

  5. 5

    5

    【小浜逸郎】所有者不明の土地対策は、爆買いを誘発する

  6. 6

    6

    【三橋貴明】ルサンチマン国民(前編)

  7. 7

    7

    【三橋貴明】イタリアの転舵と日本の「最悪の世代」

  8. 8

    8

    【三橋貴明】長崎新幹線 フル規格軸に検討を!

  9. 9

    9

    【竹村公太郎】不可解な直立二足歩行への進化

  10. 10

    10

    【三橋貴明】凋落する科学技術力を食い止める

MORE

月間ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】「骨太の方針2018」で、デフレ脱却は出来るのか?

  2. 2

    2

    【藤井聡】「財政健全化投資」こそが、財政再建のために必要であ...

  3. 3

    3

    【藤井聡】「『歴史の謎はインフラで解ける』 〜政府投資こそが...

  4. 4

    4

    【小浜逸郎】「骨太の方針」をどう評価するか

  5. 5

    5

    【藤井聡】なぜ、南海トラフ地震の被害が1400兆円を超えるの...

MORE

最新記事

  1. 日本経済

    【三橋貴明】どうでもいい目標が亡国をもたらす

  2. 日本経済

    【三橋貴明】歴史上最大の危機

  3. 日本経済

    【三橋貴明】凋落する科学技術力を食い止める

  4. 欧州

    【三橋貴明】イタリアの転舵と日本の「最悪の世代」

  5. 政治

    【小浜逸郎】所有者不明の土地対策は、爆買いを誘発する

  6. 日本経済

    【藤井聡】なぜ、南海トラフ地震の被害が1400兆円を超...

  7. 日本経済

    【三橋貴明】長崎新幹線 フル規格軸に検討を!

  8. 日本経済

    【三橋貴明】ルサンチマン国民(後編)

  9. 日本経済

    【三橋貴明】ルサンチマン国民(前編)

  10. コラム

    【竹村公太郎】不可解な直立二足歩行への進化

MORE

タグクラウド