アメリカ

2017年1月23日

【三橋貴明】目隠したまま交差点を渡る日本国民

From 三橋貴明

———————————————

【オススメ】

月刊三橋最新号
「2017年の世界と日本『政治的タブーの罠』を見破れ!」
http://www.keieikagakupub.com/sp/CPK_38NEWS_C_D_1980/index_mag.php

———————————————

【今週のNewsピックアップ】
新時代が始まる
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12239774822.html
ドナルド・トランプ その1「バイ・アメリカン、ハイヤー・アメリカン」
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12240060339.html

アメリカ第45代大統領に、ドナルド・トランプが就任しました。
トランプ大統領は、ワシントンのエスタブリッシュメントが、
「自らは守ったが、国民は守らなかった」
と、指摘し、さらにグローバリズム
(globalism)という言葉こそ使わなかったものの、
「何十年もの間、我々は米国産業を犠牲にして他国の
産業を豊かにしてきた。我々の軍事力が衰退するのを
許してしまう一方で他国の軍隊を補助してきた。
我々は他国を守ってきたが自国を守らなかった。
そして海外で何兆ドルも使ったが、米国の
インフラは荒れ果ててしまった。(訳はWSJ)」
と、過去のアメリカのグローバリズム路線を
猛烈に批判したのです。そもそも、
「it’s going to be only America first, America first.(これからはアメリカ第一だ、アメリカ第一だ)」
「We will follow two simple rules; buy American and hire American.(我々は二つの単純な方針を採用する。米国製品を買え、米国人を雇えだ)」
と語った以上、トランプの反グローバリズム、
「アメリカ国民を」保護する姿勢は明白です。

それにも関わらず、
日本のマスコミや財界、それに政治家も、
「行き過ぎたグローバリズムの是正」という
世界的な潮流に逆らおうとするのでしょう。

昨日、取り上げましたが、NHKは
トランプ大統領の就任演説の全訳の際に、
『We must protect our borders from the ravages of other countries making our products, stealing our companies and destroying our jobs.
Protection will lead to great prosperity and strength. I will fight for you with every breath in my body and I will never ever let you down.』
上記の部分について、
『ほかの国々が、われわれの製品を作り、われわれの
企業を奪い取り、われわれの雇用を破壊するという
略奪から、われわれの国を守らなければなりません。
わたしは全力で皆さんのために戦います。』
と訳し、最も重要な発言である、
「Protection will lead to great prosperity and strength.(保護主義は繁栄と強さに結びつく。)」
を省略しました。
NHKがこんな露骨な偏向報道をする有様では、
日本国民は新時代において「目隠しをして交差点を
渡らされる」ようなものです。世界的に行き過ぎた
グローバリズムの是正が始まっているにも関わらず、
その事実を知らせない。

TPPにしても、正式にアメリカが離脱表明した
ため、発効しないことが確定しましたが、政治家や
財界はしつこくしがみつこうとするのでしょう。

実際、日本商工会議所の三村明夫会頭は、
アメリカがTPPにしばらく批准しなくても
TPPは消滅しないとの考えを示し、
辛抱強く待つべきと発言しました。

何たる周回遅れ!

柴山桂太先生が、昨年、三橋経済塾で語った、
「世界の歴史はイギリスから動くが、
最後まで取り残されるのが日本(とドイツ)」
という指摘を思い出しました。

日本でTPPやグローバリズムを思考停止的に
妄信していた皆さん、このままでは「バスに
乗り遅れる!」ことになりますよ(皮肉)。

—発行者より—

【オススメ】

2016年は激動とも言える一年だった。

イギリスのEU離脱(ブレグジット)、
アメリカ大統領選挙のトランプ氏の勝利、
さらにはフランスやドイツでテロが多発した。

これから世界はどうなっていくのか。
その中で、日本はどう動くべきなのか。

三橋貴明が思考停止の世界と日本を目覚めさせる。

月刊三橋最新号
「2017年の世界と日本『政治的タブーの罠』を見破れ!」
http://www.keieikagakupub.com/sp/CPK_38NEWS_C_D_1980/index_mag.php

関連記事

アメリカ

【三橋貴明】経済力はおカネの量ではない

アメリカ

【藤井聡】「デフレ」こそ「労働生産性」低下の元凶。生産性向上のためにも「PB制約」撤廃を!

アメリカ

【施 光恒】日本国民の一人負け?

アメリカ

【三橋貴明】敵基地反撃能力の保有を!

アメリカ

【三橋貴明】お花畑的平和主義の強制終焉

【三橋貴明】目隠したまま交差点を渡る日本国民への6件のコメント

  1. たろう より

    とてつもなく立派で美しい日本家屋にシロアリをしつこくバラマキに来る厄介な隣人ユダヤ君の存在を住人の私達は気づかなければなりません。知らなければ対処できませんから。。。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  2. しろくまアイス食べ過ぎてお腹を壊す人 より

    ゴールドマンサックスで固めてるのが気になりますね。今後の動向に注目です。なんて日本人がいった所で何ができるわけでもないですがね。誰か個人に妙な期待を託して、酷い目にあうってのはもう見飽きたんで。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  3. 學天則 より

    グローバリズムガー!ナショナリズムガ―!トランプガ―!シュウキンペーガー!ではなく自分達が主体的にやる気が無いのではどうにもならない。巷では米国の要求に応じて、日本が自主独立再軍備だってさ日本語が明らかにおかしいだろう。要求に応じて何が自主独立だか?日本人は誇りを失った?はなから大半の日本人は誇りなど持っていない。大半が誇りも含めあらゆる定義を誤っている自己中のクズなだけだ。深山幽谷の山の上から真理の眼で見下ろしていればすべてお見通し、真に誇りがあれば実力の裏付けがあるから、今後どうするかは人さまに言われる事ではない。それが独立と言う物の姿でもある。タレスから始まる古代の賢者がなぜコスモロジーを大事にしたうえで人間を問うたのか?世界から己の在り方を問わず、己から問えば自己中の小市民になるからだ。自己中の小市民=ペンギンが飛ばないというまず己から考えるから鳥が飛ばないのだ。出来ない理由を並べるのは自己中なのである。自分以外の広い世界を考えれば出来る方法を語らねばならない。世界では今日も幼い子供が学校にも通えずレンガを運ぶ重労働をやらされている。そういう人物と言う者は鳥=組織から語るのである。視点が広く大きいから己のより遠くの他を尊重できるのだ。社会が認識できるのだ、世界が認識できるのだ。ペンギンは羽ばたけないが、鳥は羽ばたける。わが国の古代の政府の名は大和朝廷也。大きな和である。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  4. 拓三 より

    トランプちゃんの演説もさることながら、どっかの総理大臣も最初の就任演説だけは素晴らしかったな〜とデジャブを見ている今日この頃ですが….。皮肉はさておき、今回のトランプちゃん就任後、世界中で反ナショナリズムデモが行われたそうですが、このグローバルvsナショナリズムの対立を主流派経済学者(日本の主流派経済学者ではありません)はどの様に考えているのでしょうか?いつもの様に政治(分配)の問題と責任転換するのでしょうか? ナショナリズムは負け犬の遠吠えと労働者の責任に押し付けるのでしょうか? カネの移動だけを考え人間の本質を考えない経済学が学問なのでしょうか? 本来!国(共同体)とは一部の権力者に支配されない為に庶民が作り上げたものです。その国が一部の権力者を有利になる様働き、その大きくなった一部の権力者が国を動かせる力を持った社会に国は存在しません。絵に描いた餅であり、ただの先祖返りで御座います。これぞ本末転倒! 戦前の日本(グローバリスト)だけにならない様、お祈りいたします。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  5. robin より

    「タダより高いモノは無い」と云うが日頃テレビで目にする情報はタダだ、つまりこれに依存すると気づかず内に得より損をしてるのでは、せめて日本国民の受信料で放送してるNHKには事実を報道して欲しいところだが。指摘されなかったらそのままだったのかな、さすがに誰かが指摘することは見越してるだろうし株価操作の時間稼ぎで日本人に1秒でも情報を遅らせて伝えるため、とか。訳した人に渡された原稿の時点で既に削除済みとか。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  6. たかゆき より

    目隠しをして、、高速道路を 逆走する バス。。。暴走は止めませう と 申し上げても聞く耳を持たない、、みざる きかざる とどのつまりは 負けざるを 得ない。。敗戦国の はぐれざる はいつまでたっても ボス猿になど なれないのだ ♪

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

週間ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】吉川洋東京大学名誉教授が『詭弁』を弄して、『防災を...

  2. 2

    2

    【藤井聡】防災に「国債」を発行しない政治家は、馬鹿の誹りを免...

  3. 3

    3

    【三橋貴明】マッチポンプ

  4. 4

    4

    【三橋貴明】日本の治水事業等関係費の真実

  5. 5

    5

    【竹村公太郎】見えないインフラ

  6. 6

    6

    【三橋貴明】技能継承

  7. 7

    7

    【三橋貴明】安藤提言

  8. 8

    8

    【三橋貴明】平成30年7月豪雨〜不作為の殺人者たち〜

  9. 9

    9

    【三橋貴明】トランプ大統領の「豊かになる」認識

  10. 10

    10

    【小浜逸郎】角栄の政治家魂を復権させよう

MORE

月間ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】吉川洋東京大学名誉教授が『詭弁』を弄して、『防災を...

  2. 2

    2

    【施光恒】園芸からみえる日本

  3. 3

    3

    【藤井聡】大阪北部地震が導く「巨大地震」 〜速やかな対策に向...

  4. 4

    4

    【小浜逸郎】安倍政権20の愚策(その1)

  5. 5

    5

    【三橋貴明】安藤提言

MORE

最新記事

  1. 日本経済

    【三橋貴明】現代の奴隷国家

  2. アメリカ

    【三橋貴明】トランプ大統領の「豊かになる」認識

  3. 日本経済

    【藤井聡】防災に「国債」を発行しない政治家は、馬鹿の誹...

  4. 政治

    【三橋貴明】日本の治水事業等関係費の真実

  5. 日本経済

    【三橋貴明】マッチポンプ

  6. 日本経済

    【三橋貴明】技能継承

  7. コラム

    【竹村公太郎】見えないインフラ

  8. 政治

    【三橋貴明】平成30年7月豪雨〜不作為の殺人者たち〜

  9. 政治

    【小浜逸郎】角栄の政治家魂を復権させよう

  10. 日本経済

    【藤井聡】吉川洋東京大学名誉教授が『詭弁』を弄して、『...

MORE

タグクラウド