政治

2019年10月3日

【小浜逸郎】リベラリズムの退廃

From 小浜逸郎@評論家/国士舘大学客員教授

 

9月27日、「チャンネル桜」放送、我那覇真子氏の「おおきなわ」で、ジェイソン・モーガン氏が「アメリカン・バカデミズム」(育鵬社、9月2日発売)という自著について紹介していました。
https://www.youtube.com/watch?v=HNITQkAwlis&t=136s
筆者はこの本は未読ですが、内容を聞いてびっくりしました。
いまアメリカのリベラル系の大学では(すべてではないでしょうが)、アイデンティティ・ポリティクスが大流行で、氏によれば、個人のアイデンティティが100以上あるそうです。
アリゾナ州立大学大学院の博士課程の院生が「私はカバです」とか「私は犬です」などと大真面目に主張していて、犬を自分のアイデンティティにしている人は、実際にお椀で食べたり犬のベッドで寝たりしているとか。
木と結婚するとか、石と関係するなどということも実践されているらしい。
メンタルの病にかかっているとしか考えられません。
「そりやいくら何でもバカバカしいよ」などと言おうものなら、直ちに差別として告発されます。
代名詞もheとshe以外にいくつもあり、ニューヨーク州では、ある人を間違った代名詞で呼ぶと罰金を取られるという法律が堂々と成立しているそうです。

モーガン氏は、リベラル色濃厚なウィスコンシン州立大学に論戦を挑むべく、あえて歴史学部に入学したのですが、まったくこちらの議論に耳を貸してくれませんでした。
ある時、全学生に州知事に反対するデモに参加せよとのメーリングリストが回ってきて、そのスローガンが「州知事は皇帝ネロだ」というものでした。
氏は、学問の府を政治の舞台にするのはどうかと思い、一人で全員に反論メールを出しましたが、無視されました。
また氏は、慰安婦問題について秦郁彦氏や平川祐弘氏に学び、韓国が間違っているとの確信を得て、それを歴史学会のニューズレターに投稿したところ、反論者はたったの一人でした。
しかしその背後で、500人もの人が「日本が悪い、安倍(首相)は韓国に謝れ」といったお祭り騒ぎを演じました。
氏の指導教授は、他教授と「モーガンが大騒ぎの張本人だ」というメール交換をする一方、氏に対しては、「超多忙」を理由に何にも取り合ってくれなかったそうです。
どうやら韓国からの裏金が動いていたらしい。
そうした事実をもっと日本人に知ってもらいたくて、『アメリカン・バカデミズム』を書いたと、モーガン氏は述べていました。

この話を詳しく紹介したのには、2つの理由があります。

一つは、徴用工問題、韓国への輸出規制、韓国のGSOMIA破棄など、最近の一連の日韓関係の悪化について、日本の一部保守派の反応を見ていると、対韓国との関係で「ざまあみろ、自業自得だ、日本の勝ちだ」といった感情的な炎上が少なからず見られる点に疑問を持つからです。
といっても、筆者は、この関係の悪化はまずいことだから、何とか仲直りする道を探すべきだなどと言いたいのではありません。
問題は、日本の一部保守派が、韓国一国との関係だけで一喜一憂している点です。
周知のように、現代の戦争は、ドンパチだけではなく(むしろそれは少なくなっており)、情報戦、経済戦の様相が色濃くなっています。
日本は、韓国および中国とは、すでに長いこと情報戦と経済戦を戦っているのです。
そしてことに情報戦において、日本は中韓に大差をつけられています。
それは、国連や欧米諸国で、中国のいわゆる「南京大虐殺」や韓国のいわゆる「従軍慰安婦」などの問題が当たり前のこととして受け取られている事実を見ればわかります。
彼らは、国際的な情報戦に勝つために、膨大なエネルギーを注いできました。
しかし日本は、一部有志の努力があったものの、外務省をはじめとして、この問題を、国連や欧米諸国で日本がどう受け止められるかという地球規模の問題として扱ってきませんでした。
現在のところ、勝敗は決したも同然で、このままほうっておけば、「日本の悪」が国際的な正史として定着してしまうでしょう。
覇権戦争のさなかにある米中は、日本の主張の正当性をけっして認めないという意味では、皮肉なことに、かつての「戦勝国」として連携していると言えるのです。
モーガン氏の話は、そのことを象徴しています。

もう一つは、モーガン氏の話が、アメリカのリベラル左翼がいかに硬直したイデオロギーに染まっているかを示しているという点です。
個人のアイデンティティを当の個人が勝手に決めて、それを笑ったりバカにしたりしたら差別だというのは、リベラリズムが行きつく退廃の極をあらわしています。
その点で、日本の左翼のほうがまだしも健全な常識の範囲内にあると言えますが、しかしここには、左翼がたどる、笑うだけでは済まされない一つの道筋がくっきりと示されています。
日本の左翼も、現在、LGBT、アイヌ、女性、障害者など、特殊性を持った「記号としての弱者」のカテゴリーをあらかじめ決めておく傾向が顕著です。
そしてその傾向に少しでも違和をあらわす言動がなされると、すぐ差別とか人権蹂躙とか排外主義と言ったレッテルを貼りつける風潮が目立ちます。
これは、左翼が本来の任務を放棄している証拠なのです。

左翼の本来の任務とは、中央政府が一般国民の生活の豊かさと安定を保証せず、かえってないがしろにする方向に走っている時に、その事実を指摘して改めさせるような政治行動を起こすことです。
その基盤にあるのが、ふつうの労働者のための組合運動ですが、80年代くらいからそれがすっかり鳴りを潜めてしまいました。
しかし現実には、いまの日本の政権は、グローバリズムに完全にいかれてしまった結果、ふつうの国民生活をさんざんに苦しめています。
日本国民が貧困化している証拠は山ほどあります。
つまり労働組合や左翼政党が活躍すべき条件が十分に復活しているのです。
にもかかわらず、一部の突出した人気政治家を除いて、その条件を活かす兆候は見られません。

このところ、行き過ぎた金融資本の自由化を是正し、政府の財政政策を積極的に肯定しようとする新しい経済学の理論が盛り上がっています。
その潮流の担い手の一人である経済学者を日本に招聘しようと努力していた人(Aさんとしましょう)が、思わぬ苦労を経験しました。
Aさんは一応保守派を標榜しているのですが、現政権の経済政策のとんでもない誤りを少しでも日本国民に知らしめるべくその経済学者を呼ぼうとしたのです。
ところが一部の左翼勢力が、彼の主宰するメルマガに掲載されたある人の論考を探り出して内容をその経済学者に知らせたそうです。
その論考は、モーガン氏が論戦を挑んだのと同じように、いわゆる「従軍慰安婦」問題や「徴用工」問題や「南京大虐殺」問題についての日本の主張の正しさに触れたものでした。
同時にこれらの情報戦における、日本の対応のふがいなさにも触れています。
これを知った経済学者は、その論考を削除しなければ訪日しない旨を伝えてきたそうです。
Aさんは、イデオロギーで人を入れたり切ったりすることを嫌うプラグマティストですから、粘り強く経済学者を説得して、訪日OKにまでこぎつけました。
もちろん、削除要求に対しては拒否しました。
左右イデオロギーを超えて、正しい理論を少しでも広めることができるのですから、それはそれで大変よいことだったと思います。

以上の経緯が示していることは何でしょうか。
筆者は、正直なところ、この経済学者の対応に驚きました。
英語圏では、学者までもが、かくも特定イデオロギーに染まってしまっているのですね。
日本の憲法学者や御用学者などを見ると、人のことは言えた義理ではありませんが、学問や言論の自由を最大限尊重する英語圏の学者なら、まさかそんなことはないだろうという幻想を筆者も持っていたのです。
筆者はそこに、モーガン氏が経験したのと同じリベラリズム全体の政治的偏向と退廃を見る思いがしました。
もう一つ、残念なのは、やはり先に述べたように、英語圏の人たちの多くは、東アジアのもつれた関係についてよく知らないのに、「悪いのは日本だ」と信じ込んでいるらしいことです。
ここにも中韓の情報戦の圧倒的な勝利の証拠を見ることができます。
韓国のほうだけを見て一喜一憂している場合ではないのです。
筆者もモーガン氏にならって、世界では「悪いのは日本」が常識になってしまっているという事実を知ってもらいたくて、これを書きました。
くだんの経済学者個人を批判したくて書いたのではないことをお断りしておきます。

 

【小浜逸郎からのお知らせ】

●精神科医・滝川一廣氏との公開対談を開催します

テーマ:「病む心・病む社会」
日程:11月2日(土) 14:00~16:30
会場:きゅりあん5階(JR大井町駅隣)
参加費:2,000円

貧困家庭のみならず中流家庭でも虐待やDVが起き、引きこもりによる殺人事件や、それを恐れて息子を殺害する事件などが世間を騒がせています。それは、ひとりひとりの「こころ」の問題としても現れ、同時に「社会」全体の解決困難な課題としても現れています。

日本人の病むこころから、それを生み出している社会病理に至るまで、広い視野のもとにその背景を探り、適切な処方箋を見出していきます。

お申し込み等、詳細はこちらからご確認ください。

https://kohamaitsuo.wixsite.com/mysite-3

●私と由紀草一氏が主宰する「思想塾・日曜会」の体制がかなり充実したものとなりました。
一度、以下のURLにアクセスしてみてください。
https://kohamaitsuo.wixsite.com/mysite-3

『倫理の起源』(ポット出版)好評発売中。
画像
https://www.amazon.co.jp/dp/486642009X/

●『日本語は哲学する言語である』(徳間書店)好評発売中。
画像
https://www.amazon.co.jp/dp/486642009X/

●『福沢諭吉 しなやかな日本精神』(PHP新書)好評発売中。
画像
http://amzn.asia/dtn4VCr

長編小説の連載が完結しました!
社会批判小説ですがロマンスもありますよ。
https://ameblo.jp/comikot/

●ブログ「小浜逸郎・ことばの闘い」
https://blog.goo.ne.jp/kohamaitsuo

関連記事

政治

【佐藤健志】「日本の防衛は万全だ」と閣議決定せよ!

政治

【三橋貴明】国難の時代、来たれり

政治

【三橋貴明】緊縮財政という鎖に縛られて

政治

【佐藤健志】戦後ニッポン三原則とは何か

政治

【三橋貴明】未知の世界

【小浜逸郎】リベラリズムの退廃への10件のコメント

  1. たかゆき より

    諸外国による評価 と デワノカミ

    諸外国からの 評判って
    そんなに 気になります??

    あと

    諸外国デワ デワと 仰る

    デワノカミの 方々

    外国から講師を 招聘とか って

    明治の ご時世でもありませんで せうに、、

    ご自分に そんなに 自信が もてないのか しら。。

    「悪いのは日本」上等

    正恩の爪の垢でも 煎じて 

    飲みませう ♪

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  2. たかゆき より

    Black Mint Company

    森友 森山

    そして 立憲 自民の 重鎮

    日本の闇は深い。。。

    攻めるべきは 対外
    かつ 対内 
    ぶらっく みん と
    だ べ ♪

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

      1. たかゆき より

        ぶらっく みん と なかまたち

        安 倍某 やら 菅 義某 も

        そうかと、、

        二階だったか 三階だったかは
        真っ黒ですけど ね ♪

        返信

        コメントに返信する

        メールアドレスが公開されることはありません。
        * が付いている欄は必須項目です

        1. ぬこ より

          ぶらっく と言えば、出世女魚の イナダも

          それを支持しつづけるチョンネル削除も怪しさ満点

          在日を妙に攻撃するのも歴史的には同族賀茂寝

          返信

          コメントに返信する

          メールアドレスが公開されることはありません。
          * が付いている欄は必須項目です

          1. たかゆき より

            福井の イナダ

            定置網に 掛かっているのに
            いけ しゃあしゃと

            今朝の NHK 日曜討論の
            生簀で はしゃいでましたね ♪

            返信

            コメントに返信する

            メールアドレスが公開されることはありません。
            * が付いている欄は必須項目です

  3. 日本晴れ より

    LGBTの権利とか少数派の権利ばっか言うリベラルや左翼は
    所詮富裕層リベラルグローバリズムリベラルでしょう
    彼ら彼女らは庶民や普通の人の暮らしなんて目がいかずに気にしないで少数派の権利ばっか言ってます。増税大賛成派だし
    日本では本当の意味でのリベラルや左翼が居なくなって
    ただ単にグローバリストしかいなくなった。だからこそ日本の野党は弱いし自民党の一強になってるんでしょう。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  4. 大和魂 より

    リベラリズムの代表格こそ関西の馬鹿げた地域政党です。そもそも自民党すら、手詰まり政策を小学レベルのアゴ維新の会が、何ひとつも出来る訳ありません。それはある意味消費税増税よりタチが悪すぎます。よって何はともあれ関西の単細胞のお馬鹿有権者から改めるべこと。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  5. ぬこ より

    相変わらず冗長どすわね。

    日本が

    国際社会(藤井・三橋ラインが死んでも批判しないビルダバーグ等)

    から責めつづけられるのも、日本の古代史を知らないと。

    セム系ユダヤに成り済ましたハム系カナン人が、白人ヤペテのユダヤ教徒アシュケナージの多い英米メディアを使って反日の種を撒いてる毎度の構図。

    高等生命体⇒アーリャ人⇒ムー⇒大陸沈没⇒マヤ⇒日本列島移動⇒縄文人⇒大陸移動⇒中東移動⇒シュメール人⇒イスラエル人(北イスラエル10と南ユダ2とレビ)⇒迫害されて世界中に離散

    その内、数部族が日本に渡来(というより里帰り)

    ガド、エフライム、レビ等で王朝交代の皇統

    では、真正ユダヤを迫害してたのは誰?
    って事かと。

    それが今の反日に繋がるんじゃないんすかぁ??

    英国漬けの表現者の連中では語れない真相があったりして(笑)

    信じるも信じないもご勝手に。

    そ~す、竹取翁博物館、神武天皇子孫のおばちゃんd

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

      1. ぬこ より

        アメそ~り~、が、イスラエルのネタニヤフに、日本が隠し持ってる三種の神器を渡せと言われて、総理婦人共々断ったそうな。

        311の時に福島原発管理してたのもマグナBSPで、菅総理もネタニヤフに脅されたんでしょ?

        なんでもやるな。
        偽物は。

        ビビってないでここ叩けば?

        返信

        コメントに返信する

        メールアドレスが公開されることはありません。
        * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

最新記事

  1. 日本経済

    【藤井聡】景気指数が浮き彫りにする、安倍内閣の「スーサ...

  2. 政治

    【室伏謙一】レントシーカーの手口 ― 国有財産を狙え!

  3. 日本経済

    【三橋貴明】最悪の政府「三冠王」

  4. コラム

    【三橋貴明】地形やエネルギーという「レンズ」から歴史を...

  5. 日本経済

    【施 光恒】40年前の『ジャパン アズ ナンバーワン』...

  6. 日本経済

    【藤井聡】「15兆円のマイナス財政政策」を毎年続ける安...

  7. 日本経済

    【三橋貴明】PB黒字化目標という悪夢から目覚めるために

  8. 歴史

    【三橋貴明】不屈のポーランド

  9. コラム

    【平松禎史】「霧につつまれたハリネズミのつぶやき」第六...

  10. 日本経済

    【小浜逸郎】貧困化した日本

MORE

タグクラウド