政治

日本経済

2021年9月17日

【藤井聡】日本再生のためには『プライマリーバランス規律の凍結』が“絶対必要”である理由を分かり易く解説します。

From 藤井聡@京都大学大学院教授

当方が安倍内閣の参与で勤務し始める前後あたりからこの10年間、ことある毎に紹介しているのがコチラのグラフ。

これは、世界中の各国・各地域の名目GDPの推移のグラフです。

ご覧の様に、90年代までの日本は世界各国と同じように「成長」していたのですが、90年代後半から全く成長出来なくなっています。

その結果、かつて我が国は、アメリカの経済規模の7割にも達する、輝かしい「世界第二の経済大国」だったのですが、今やもう中国の半分以下、アメリカの四分の一に過ぎない衰退国家となってしまいました。

その結果、格差と貧困は拡大し、国防力も外交力も技術力も文化力も軒並み衰弱してしまいました。しかも、今後もさらに我が国は衰退し続け、早晩我が国はアメリカのみならず、中国の属国的位置づけに堕落していくのではないかという漠然とした不安が世間を覆い始めています。結果、若者を中心とした国民は皆、将来に明るい展望を見いだせず、無気力感と絶望感に支配されつつあるのが、哀しき令和日本の姿です。

こうした絶望的な状況は、なぜもたらされたのか……その直接的な「経済学」上の原因が1997年の消費増税であることはよく知られた事実なのですが、「政治学」上の原因は、1997年に橋本龍太郎総理が法的に制定した「赤字国債削減」目標だったのです!

橋本内閣は、「六大改革」の一つとして財政改革を打ち上げ、いわゆる「財政構造改革法」を制定するのですが、その「改革」の目玉が2003年度までに「赤字国債の発行額をゼロにする」という財政規律の導入だったのです。

これは要するに(定義上の少々の違いはありますが)、現在の「プライマリーバランス規律」と基本的に同じものです。プライマリーバランス(PB)赤字額とは要するに国債発行額のことであり、PB黒字化目標とは「国債発行額ゼロ」目標に他ならないからです。

この規律を念頭においていた橋本内閣は(法律制定より数ヶ月早く)、「消費増税」を敢行するのですが、この「赤字国債削減」目標の存在故に、消費増税によって生じた様々な経済ショックに対して殆ど何も対策を行わなかったのです。

その結果、日本経済は、バブル崩壊以上の大打撃を受けたのです。

その惨状を見るに見かねた橋本総理の次の小渕総理は、その翌年の1998年、「国債発行額」削減目標を、法的に停止し、経済対策を始めるのですが、もはや後の祭り日本経済に対する消費増税インパクトは癒える事無く、今日に至るまで、四半世紀にわたって世界中で唯一、全く成長出来ない国になってしまったのです。

こう考えれば、日本経済に深刻なダメージを与えたのは、消費増税と「国債削減」規律だったと言うことができるでしょう。そして実態上は、その消費増税は「国債削減目標」を念頭において実施されたわけですから、日本をダメにした最大の犯人は、「国債削減目標」という財政規律だったと言うことができるでしょう。

そんな中、2001年に誕生した小泉政権は、一旦小渕内閣によって休止されていた「財政構造改革法」の理念を、「2002年骨太の方針」から再び再起動させるのです。

小泉総理は「聖域無き歳出削減」なる構造改革のキーワードの下、徹底的な国債発行額の削減を政策目標に掲げ、文字通り、徹底的な政府支出の削減を始めてしまったのです。

小泉政権と言えば「構造改革」の政権として有名ですが、政府の論理としてその構造改革が一体何の目的で行われたのかというと、実は国債発行額の削減のためだったのです!

つまり、財政規律が小泉政権に構造改革を断行させたのです!

そしてついに、第三次小泉内閣がはじまった翌年の2006年から、一旦「廃止」された「国債削減」目標という財政規律が、

「プライマリーバランス規律」(PB規律)


という新たな装いで「正式に復活」する事になります。

2011年までの5年間でPB黒字化を達成する、つまり、2011年までに(政策に関する)国債発行額をゼロにするという目標を立ててしまったのです。そして、5カ年にわたる歳出削減額が、閣議決定される「骨太の方針」に明記される事になったのです。そして、この目標を達成するために、様々な民営化や構造改革が断行されていったのです。

この結果、日本はまた、成長のための政府支出が全く出来ない国になり、その結果、先のグラフに示したように、全く成長出来なくなってしまったのです。

この復活を実現したのは小泉純一郎首相、そしてそれをプロデュースしたのが竹中平蔵教授でした。


・・・

そもそも橋本内閣期の「赤字国債ゼロ」目標は、誰が聞いても分かり易いものでした。国債を刷らないのだなという事が直感的に分かり、だったら政府はいろんな事業を縮小させるのだな、というネガティブな側面にスグに思い至ることが可能でした。

しかし、プライマリーバランス規律と聞いても、プライマリーバランス黒字化目標と聞いても、誰もそれが何なのかが分かりません。

しかも、PBとは厳密にいえば「国債費(利払い費・償還費)以外の国債発行額」という、専門的には、ますますややこしい定義が必要になってきてしまうので、ますます一般の方は混乱して、PBについて「思考停止」してしまう事になります。

だから、「赤字国債ゼロ」目標と聞けば反発する人も、PB規律と聞いても誰も反発しなくなってしまったのです!


何とも巧妙な話ですが、その結果、国債発行額は、2002年以降、下記のグラフに示すように年々削減されていく事になります。
 

ただし、このPB規律は、今度は2008~2009年に起こったリーマンショックによって、再び撤回されることになります。

時の総理大臣は麻生太郎氏。彼は、そんな非常事態時に、PB規律なぞと言いつつ国債発行をしなければ、日本はメチャクチャになる、と言うことを理解し、PB規律を撤廃し、徹底的な財政出動を図ろうとしたのです。

その結果、国債発行額は上記のグラフに示したように一気に拡大します。

しかし……麻生太郎政権期に政権交代が起こり、民主党政権が成立。

そして、2010年、元財務大臣であった菅直人氏が総理大臣時に、折角撤廃されたPB規律が再び導入されることになります。

2020年までにPB黒字化を果たすことが閣議決定されてしまったのです。

その後、政権交代が起こり安倍内閣が成立しますが、このPB規律は法的に残存していました。安倍内閣は、その目標年次を2025年にまで五年間延期するのですが、PB規律が存在していることには変化が無く、上の図の様に、年々国債発行額は削減され続けていくことになります…。

そして、安倍内閣末期の2018年、国債発行額は約10兆円にまで削減されてしまったのです。

その結果、安倍内閣がどれだけアベノミクスの黒田バズーカを撃とうが何をしようが、日本は再び、全く成長出来なくなってしまったのです……。

ただし、ここで再び、リーマンショックを上回る経済ショックである「コロナショック」が日本を襲います。その結果、再びPB規律は事実上撤廃され、政府は約60兆円の国債発行に踏み切るのですが……政府は未だ、PB規律を堅持する姿勢を崩していません。

その結果、これから国債発行額は、これまでの経緯と同様、徹底的に国債は削減され続けることが予定される状況になっています。

……

以上の経緯の情報を追記した上で改めてGDPの推移グラフを描いたのが、下記グラフです。
1997年の「赤字国債削減」目標の設定以来、大規模経済ショック(消費増税ショック、リーマンショック、コロナショック)の度に一時的に凍結されるものの、PB規律が何度も何度も堅持され続け、四半世紀にわたって国債発行額が抑圧され、その結果として「日本だけ」が成長出来ず、衰退し続けてきたのです。

 

ちなみに、日本以外の国々で、長期にわたってPB規律を導入している国家など一つもなく、国債発行額を削減しようとし続けた国はありません。


したがって、97年に(赤字国債削減目標規律を含めた)PB規律さえ導入されなければ、諸外国と同様に、成長していたであろうことは、このグラフからだけでも強烈に示唆されていると言えます。

(そしてもちろん、デフレ脱却のメカニズムに関するマクロ経済論を踏まえても、PB規律が無ければデフレギャップを埋める十分な政府支出が実現され、停滞せず、成長し続けることが可能であったことは間違いないと言うこともできます)。

したがって……「プラマリーバランス規律」の凍結がなければ、少々の経済対策が行われても、「成長」するに足る十分な国債が発行出来ず、これまで同様日本経済が低迷し続けることになることは、確実なのです。

だからこそ、日本国民の事を本当に考える賢明な政治家ならば、思想信条の多少の相違に拘わらず、誰もが「PB規律の凍結」を主張する事にならざるを得ないのです。

万一、その「PB規律の凍結」を主張しない政治家がいるとすれば、それは賢明でないか、あるいは日本国民の事を慮る動機を持たないか、あるいはその双方に当てはまる政治家であると考えざるを得ないのです。

この総裁選の機会に、「プライマリーバランス規律」という分かりづらいものの、その内実は単なる「国債削減規律」であるということ、そしてそれがある以上、日本の再生はあり得ないという「真実」をしっかりとご認識いただきたいと思います。

どうぞ、よろしく御願い致します。

追伸:
本稿の内容については当方が、かつて「プライマリーバランス某国論」という書籍を出版致しました。PB問題は日本にとって最も枢要な問題ですので、現在データを踏まえた改訂版を改めて準備しているところです。本書既に絶版になっておりKindle版しかないのですが、ご関心の方は是非、ご一読下さい!

「プライマリーバランス某国論」

https://www.amazon.co.jp/dp/B0719C4T3F/

関連記事

政治

日本経済

【三橋貴明】日本のデフレ脱却議論の論点

政治

日本経済

【三橋貴明】これは詭弁なのか?経済学の3つの「仮説」

政治

日本経済

【三宅隆介】[特別寄稿]「外国人向け医療ツーリズム病院」に異議あり

政治

日本経済

【古谷経衡】”監視対象”としての安倍首相と政治家

政治

日本経済

【平松禎史】霧につつまれたハリネズミのつぶやき:第四十四話

【藤井聡】日本再生のためには『プライマリーバランス規律の凍結』が“絶対必要”である理由を分かり易く解説します。への17件のコメント

  1. この世は既にあの世 より

    お前アホか、2年凍結後に増税やろ?

    しつこいぞ藤井お前。

    お前らって宗教団体か何かか?

    高市の具体的良い経済政策を文字起こしを一切せず、「高市が断然いい」とか言ってるけども、信者じゃあるまいしそれじゃあ人は騙せないぜ。

    ネット界隈じゃ今更さ、財政出動がいいってことは誰でも知っとるわけだから、お前から改めて同じこと聞く必要ないと思うで。

    アヘの時に防衛だの何だの放置して、一足飛びに敵基地攻撃だの言ってネトウヨを利用すんなよ。

    ホシュ、ホシュ、をやりたがるな。

    水島がまた高市を応援したくなって来て、害しかないホシュ、ホシュ、をやりたがっとるやんけ。

    水島は今は我慢汁の段階、団塊やけど、水島高齢者がフル勃起したら藤井お前のせいやからな。

    高齢者に高市というバイアグラを渡して何がしたいんや?ホシュ、ホシュ、ホシュ、ホシュ、お腹いっぱいなんだよね。

    TPPに中国参加したしアヘ応援団は自業自得なわけよ。お前らが引きずり下ろされる番。誰も助けないよ。本もコンテンツも買わない、便所論程度の公演にも行かない。水島にも寄付などしない。

    ホシュは馬鹿だから誰かを応援すると批判出来ないだろうって。

    アヘちゃんは韓国と戦ってるニダ。アヘちゃんは世界でも稀に見る優秀な首相。

    藤井、お前の土建利権に予算なんか渡せへんで。あれこれ並べたててもムダや。

    藤井お前に課せられた使命の優先順位は「お前がコロナを飲むこと」や。

    何もかんも忘れて「あー、そうなんだ、さすがアヘちゃん」とかならへんで。お前に対しても同じ。知能が普通程度あるヤツらはね。

    国民舐めるな、言うとるやろ。ただのゴミが。

    大型免許持っとるもんで、保守面ぶら下げたアホ共が勝手に「国民の総意です」みたいにして、日の丸国民大行進なんかしやがったら街宣車で轢き殺したろか、と思うもんね。

    ふざけやがって。

    藤井、お前はネット界隈では既に用無しなんだよ。気が狂った落ち着きの無いヤク中、ポン中のオッさんか、虐められっこが50にしてデビューした勘違いオッさんにしか見えへんで。

    藤井お前ネット界隈では既に「馬鹿」認定されとるで。

    アヘで殺された日本は今は嘆きの段階な。どれだけ延命するかという段階。ワクワクした未来とかキラキラした未来とか、そういうのは国民の懐を十分に暖め、一歩一歩進んで行くしかないんだよ。

    国民側が撃沈しろとか言っても構わないが、総理は慎重にならなければならない。高市など暴走するヤツはダメだ。

    中国脅威論を煽って馬鹿に都合の良い憲法改正をさせてならない。

    法を強権的に変更したりする前に、国民の議論を熟成させなければならない。それが言論人のつとめ。

    ネトウヨと一緒になって駄々っ子みたいにワーワーやってるんじゃない。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

      1. この世は既にあの世 より

        高市の推薦人がなかなか香ばしいね。

        男連中はむせび泣くブルマンと山田か。藤井、お前と同じでこいつら自分に感動して泣くんだわ。

        偽装保守と弱者が大嫌いな片山さつきか。これもお前と同じな。

        最悪の面子だな。で、勉強しちゃってます議員も応援か。

        山谷えり子(細田派、比例)、片山さつき(二階派、比例)、青山繁晴(無派閥、比例)、山田宏(細田派、比例)

        返信

        コメントに返信する

        メールアドレスが公開されることはありません。
        * が付いている欄は必須項目です

  2. ここのコメント欄はめったにお邪魔しませんが、
    ↑とんでもない人がいますね。

    「街宣車で轢き殺したろか」って、通報もんですね。

    後ほど、拙ブログにて、グラフをお借りしたいと思います。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  3. この世は既にあの世 より

    藤井くんは、もしかしてモリカケ問題とかそういうの絡んどるのかね?

    何か必死過ぎるやろ。

    自民党は国民生活を破壊したんで自民党が破壊されてもいいわけよ。お前の研究や人脈、利権なんか木っ端微塵にバラバラにしても無問題なんだよね。

    20年来、新自由主義なんで慣れてるちゃあ、慣れとるわけ。慣れてない藤井のお前は怖いのか?ああ、ま、自業自得やな。

    今更ギャーギャー騒ぐなよ、ね、お前らが堕ちようがどうなろうが知らんわけ。

    人ってのは他人の不幸が大好きなんですよね。「他人の不幸が大好きさ、他人の不幸が大好きさ、アイツが自殺したって時も俺はニヤっと笑っちまった♪」ね、

    まあ、悪人が破壊されるのは正しいんちゃうか?

    お前は自分が可愛いから全部逆だけどな。コロナ飲む前にワクチン打ったの?アヘで美味しい思いしたの?勉強議員と何か企んでるの?高市に土建の予算確約されたの?お前ネトサポ?

    元プロレスラーの前田はどうしたの?ちょくちょく会ってたらしいじゃん。前田がコロナになったの隠してた?

    お前はただの世間知らずの馬鹿じゃないのか?

    お前の末はブルマン、百田、高須のその辺りやないか?

    不自然に必死過ぎるぞ。何か隠しとる?吐けよ。なあ?

    自民党はどうか知らんけど、普通の人はアヘの操り人形を支持出来るわけなかろうて、馬鹿じゃないのか?

    弱い者虐めで国民だけをしばく片山さつきや高市より、お前らもしばかれる河野がいいに決まってるだろうに。自分だけ助かろうとすんなや。

    てか、藤井さんは言論人としては終了しました。人としてとっくに終了してたとは思うけど。

    サヨナラ、藤井と言う英霊の聲が聞こえる。

    サ、ような〜ら、サヨナ〜ラ〜元気でいてね〜♪

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  4. 大和魂 より

    あの世とか名乗るお前のバカさ加減な、高市やら藤井先生いじってる合じゃないやろが、な!お前明後日の方向むいてなにがやりたいんや、ハァ。

    それよりか、その前に非難すべきは元暴力団の亭主を持つアホ丸出しで女性や子供が日本社会を牽引してる錯覚で自民党総裁選に出馬したバカの野田聖子だろうがよ!

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  5. この世は既にあの世 より

    藤井さんよ、何でネット人気の実況中継するの?そんなの各自ネットニュース見れば分かることちゃうか?

    本日のコロナ陽性者数を毎日ネットに貼り付ける老人みたいやな。

    どうせなら花金なら少しは面白く行かないと。

    「自民山脈」「1人藤井大移動」
    「藤井のワクチン旅行記」
    「人間サンドバッグ」
    「コロナの起き上がりこぼし」
    「藤井七転び八起き」

    「戦う久米宏」
    「掟破りの高市支持」
    「ネット人気の一位誰だ作戦」
    「腕ひしぎ逆強靭化」
    「釣りキチのテトラポット」
    「戦うコンパクトフジイプレイヤー」
    「青春のクライテリオン」
    「現代に甦った女装したアヘ」
    「朝生からの帰還兵」
    「第二の田原総一郎」

    「サトちゃん」
    「アドレナリン走法」
    「暴走荒法師」
    「オレは藤井だと思ってるんだ走法」
    「人間チワワ」
    「懲りない藤井」
    「自民支持の皆勤賞男」
    「二百戦練磨」
    「史上最強の脇役」
    「忘れたころのアヘ支持」

    「自民に優しく、風邪と仲良し」
    「チェックメイト理論」
    「腕前は奈良鹿せんべいレストラン」

    「藤井も申し込めばワクチンにあたる」
    「言論界の通り魔」
    「喋る解体屋」
    「チョビ髭のセクハラ男」

    「納豆走法」「刻み高市走法」

    「言論一寸法師」「しゃかりき聡」

    「自民日本大使館、喋る毒マーク」

    「言論ネオリベジャパネスク」
    「国土エキゾチック・ジャパン」
    「男セーラームーン」
    「喋る一人ウィーン少年合唱団」
    「高市の褒め殺し屋」

    「まさに人間凶器!支持の24時間営業!」

    「言論の軽業師」

    「信者の大群」

    「歌うOH イェーイ摩擦」

    「狂乱の藤井死生観」

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  6. この世は既にあの世 より

    ネトウヨが得意の朝鮮人レッテル貼りをして野田を批判。

    色々と思惑を見てみると河野がズバ抜けていいんですよ。

    嫌ですか?悪が1番嫌がってるのが1番いいということです。

    テレビ、世論共にダントツで河野1番人気。

    たしかに河野が政策的にズバ抜けていい。河野の発信力、これ大事。

    竹中は自民党なら誰でもそうですよ、馬鹿でも分かることですが。よって竹中と河野を結び付けようと竹中を持って来てもムダ。

    小泉、アヘ、菅、岸田、高市、すべて竹中。

    幼稚園児みたいな藤井の反応。もはや言論とは呼ばない程に劣化した、いうか、元々そのレベル。

    「僕ちん正しいの!」という勘違いしたガキ。

    河野最高。河野断固支持。

    アヘの日韓合意も河野も変わらへん。河野、河野。

    頑張れ河野。日本の神様河野様。

    河野しかいないでしょ?

    河野を応援しないってことはパヨクですか?

    アヘ高市ラインで飯を食ってる馬鹿から飯代を取り上げる。

    キムチいいねぇ。楽しみだねぇ。河野一番搾り。

    テレビ、世論調査ではダントツで河野一位という結果が出ています。

    選挙の顔は河野しか有り得ません。

    言うてもきかん輩には河野断固支持、竹中断固支持で対抗。ガキを叩き潰す。

    頑張れ頑張れ河野!

    河野の経済政策こそ経世済民とお話し差し上げました。お話し差し上げました。

    田原も河野!

    はい、河野!

    お話し差し上げましたあ。

    河野は自民党だから河野でいいでしょう。河野、河野、河野。

    石破、石破、アヘと麻生から嫌われてるヤツの方がいいに決まっている。

    平蔵のこれキヨ、麻生への恋文。

    キヨといったら清原和博。

    ね、河野。

    挙動不審になるくらい河野が嫌だということは河野が正解だろう。

    頑張れ河野さん、応援してます。

    君たちアヘの操り人形、軍靴の音が聞こえる高市支持ですか?私は平和主義の河野支持です。

    口先だけ右翼の高市支持なんか偽善と欺瞞の最たるもの。

    河野でハッキリさせよう。河野だ。地球は1つ、新たな日韓合意締結。アヘ政治からの脱却。

    長期政権の小泉アヘで何かいいことありましたか?ないですよね?

    日本を叩き壊したのは?高市の親玉、アヘです。

    だから河野一択。

    真正ジャパン会議は河野推し。河野、河野、かっ飛ばせー、河野、河野、河野!

    河野はオンライン出馬式、いやあコロナ禍にしっかり対応してますね。石破がいるのも心強い。

    石破で松田学を睨みつけろ!石破、石破、石破、イシバ、イシバ、イシバ。

    楽しいねぇ、衆院選を睨むと国民1番人気の河野を外し高市がいいか?でも高市と維新が組むだろうから、ややこしいことはせずに河野。

    河野、河野、河野、

    室伏なんて誰も知らないし。三橋藤井も世の中の人は殆ど知らへんよ。竹中さえ知らない人多いもんね。

    発信力と知名度で選挙の顔は河野だろうねぇ。河野、河野。河野が最高。

    経済理論とかMMTとかを国民にインプットとか絶対に無理だからね。諦めるとか諦めないという話しではなくて、現実を見れるか見れないか?という話し。

    アヘ政治で引き返せない場所に来た、という現状認識が大事。だから河野。

    粗治療で河野。ドM島に象徴されるようにドMな国民性は河野が嬉しいはず。河野。

    今更ファッション的な靖国神社だの放置された島だの、女系だのは何の腹の足しにもなんない。

    厨二病的な高市の軍事的見解はあくまでそれ以上なものではない。ただの素人やガキの妄想。

    小泉、アヘを応援したんでしょ?

    そういうことなんです。自分達がしてきたことの集大成、河野を真正面から受け止め抱きしめるのが大人。

    断固アヘ支持、自民党支持と長年に渡り転換出来ないとこまでやっといて、ボケ老人連れてきて「転換、転換」などとやってる滑稽さは新手のお笑い芸人そのもの。

    だから河野。いよいよ、河野。ザマみろ河野。悔しいかろう、悲しかろう、俺は現実を見て未来を予測してたから河野ウイルスへの予防接種済み。

    俺は免疫獲得してますので河野でOK。

    河野にならないかなあ、河野は神様。河野が日本。河野は稀に見る優秀な首相になる。河野救国内閣。河野しかいない。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

      1. 金丸 英之 より

        この世は既にあの世さん
        ネットでああだこうだ言うのうんざりなので
        ぜひ会ってみたいです
        金丸英之と申します
        ぜひ生身で会ってみたいですね

        返信

        コメントに返信する

        メールアドレスが公開されることはありません。
        * が付いている欄は必須項目です

  7. 金丸 英之 より

    この世は既にあの世さん
    ネットでああだこうだ言うのうんざりなので
    ぜひ会ってみたいです
    金丸英之と申します
    ぜひ生身で会ってみたいですね

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  8. この世は既にあの世 より

    もう茶番的なことはやめましょうよ。

    水島と林千勝氏の対談動画を見てたら大筋で合意するよね。あまりロスチャイルドとかDSとかという言葉を使うのは好きではないが、日本の支配者は他にいることに違いは無い。

    だから誰がなっても同じ。

    総裁選はガス抜き。カリスマ性、話題性が欲しいだけの理由で高市、アヘ三次政権への布石。

    高市の菅評価は90点。

    日本は主権国家ではなくて、鳥籠、コップの中で餌の取り合いをしてるだけ。

    日本は既に草刈り場。靖国神社へ行こうが女系天皇反対にこだわろうが、既に外国はそんなことには痛くも痒くもないし、日本人の胃袋の何の足しにもならない。

    プライマリーバランスを2年間凍結し、日本国内に道路を数本ひこうが何の根本的解決にはならない。

    消費税減税、カーボンニュートラル等々に候補者は誰も触れない。竹中は誰が総裁になっても消えない。

    世界の枠組みの中の日本、改革による日本国内の構造、中小企業買収等々の路線からの転換は誰も触れない。

    以上のことから、高市支持者の中でアヘ三次政権を予測した上で自分だけは少し長生きできると考えた上で高市支持を熱狂的に支持している連中がいるのは明らかであるし、このことを予測することは難しくはない。

    防衛費拡大でも軍事関係は米国から武器を買うだけになる。

    私は10年前から個人的に構造改革について危惧をし、「戦後レジームからの脱却」「属国からの脱却」「自主独立」「軍を持つこと」などを訴え、それこそが日本のねじれ、経済的発展をもたらすと主張してきたのだが、殆どの輩が経済理論に特化するばかりか、或いは目先の安全の為に危険と思われることを排除しようとする運動に邁進する人々ばかりだった。

    野党第一党には経済問題を争点にしろ、と何度も問うたが今ではオカマ問題とか未だ馬鹿丸出し。

    そこに希望は無かった。

    アヘ政権でもはや草刈り場への改革は8割9割完成し、今は総仕上げの段階。何でその対処法がPB黒字化目標2年凍結のそれだけなんだ。みみっちぃ希望でしかない。

    保守思想的より何より人として、或いは共同体と叫ぶならば一番弱い者を救うべきである。その点で岸田が口先だけだとしても貧困層を引き上げることによって経済を循環させる、格差是正と言うのは正しいのである。

    嘘でも期待外れでもいい、上に立つ者はそういうことを真っ先に言わなければならない。

    他者がいるから自分がいる、例え行動で示せなくても日本国民は一心同体であるということを忘れてはならない。

    残念ながら、構造が変わらない限り、決められた配分を国内で分け合って生き延びて行くことしかないのだ。それが現実だ。分配することを避けたいが為だけに、成長だの労働だの美徳だの言って分配を先送りしてみても、巡り巡って自分か自分の子孫にツケがまわるだけである。

    今のうちに子供達に言っておいた方がいい。日本に未来は無いのだと。運が良ければ個人的に成功する人はいるだろうが、と。

    「財務省が」ではない。「財務省の意思によってPBが」でもない。アヘは2012年の当選前からPB黒字化目標を掲げてたでしょって。知ってて応援しましたよね。って。

    アベノミクス、機動的な財政出動は機動的ですから、高市の緊急時の財政出動と同じでしょって。

    ネトウヨは「高市は天皇の生まれ変わり」とか、低レベル過ぎますが、全部が茶番に見えるんですよね。

    ついでに近年驚いたこと。

    コロナが始まり保守寄りの人々が闇雲な自粛やロックダウンを主張し、補償や給付金を否定したこと。オリンピックを開催したこと。高市を一斉に支持したこと。減税しないこと。要望書を提出しました、提案書を提出しましたとガス抜きにならないガス抜きをししれーッとしていること。ブルマンが2期目を宣言したこと。

    アヘ信者の小川榮太郎が「私の性的嗜好も曝け出せば、おぞましく変態性に溢れ、倒錯的かつ異常な興奮に血走り、それどころか犯罪そのものでさえあるのかもしれない」などと自称伝統的保守が発言したこと。

    有本香に「読者です」と言われ「舞い上がってちまいます、ならば極右の高市断固支持だ」と宣う馬鹿がいたこと。

    アヘや当の本人の高市は極左である為、自身の右派を否定しているのにだ。

    アヘ信者が復活したこと。

    全体主義に唖然とし、

    馬鹿丸出しを見て呆れ果ててしまった。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

      1. この世は既にあの世 より

        カリスマ性、話題性が欲しいだけで高市支持してるだけ。の間違いでした。

        返信

        コメントに返信する

        メールアドレスが公開されることはありません。
        * が付いている欄は必須項目です

  9. この世は既にあの世 より

    藤井くん、サナエノミクスはアベノミクスの全く同じですよ。ここをもう少しああすれば良かった、とか言う問題じゃありませんよ。10年経過したから愚民共は忘れただろうじゃないよ。

    インフレ目標2%も同じでしょ。

    機動的な=緊急時の、言い方を変えただけ。

    どうせ嘘をつかれるなら違う嘘がいいし、どうせダメなら違うことをした方が良い。馬鹿じゃないんだから、また同じ事をして「失敗しました、騙された」は違うでしょうって。

    清和会、アヘ、そこにぶら下がってる輩の生活なんかどうでもいいんだよ。

    よって岸田にするか何をするか分からない河野石破連合がいい。

    消費税は誰が最も上げる可能性が高いか?高市でしょう。アヘは2回上げましたよね?だから高市です。

    つか、4人の誰でも上げます。

    案外野田氏がGOTO再開、行動制限解除、一律給付金でいいんじゃないか。旦那も反社なら尚いい。野田市じゃないよ野田氏。京大の藤井くん。

    サナエノミクスはアベノミクスでダメな政策、騙し、と結果出てますので却下です。アベノミクスと同じサナエノミクスだと2回の消費税増税が待っている。

    持論ではないんで通用しませんよ。通用しないねぇ、通用はしない。

    普通の人は「過去を点検し修正する」のに、同じ「政策が正しいんだ正しいんだ」ってガキかよ。

    過去を点検すればサナエノミクスは「正しくない」となります。

    「高市は天皇の生まれ変わり」「高市こそ日本だ」とか、アホなことを言ってる連中と同じことを言ってもムダ。ネトウヨに「救世主はいない」と洗脳した方がいいんじゃない?

    あべぴょん人形、サナエタオル、やめてくれる?

    ネットサーフィンすると、高市という気色悪いおばさんの顔があっちにもこっちにも出てきて迷惑しとるんやけど。

    高市は声と喋り方が嫌ですわな。

    癇癪持ちのようで教育ママみたいな高市は生理的に受け付けない。

    「僕ちん正しいんだ、正しいんだ」じゃないっての。

    アヘは辞めた後に「デフレ時に増税してはならない」とか言ってるが、高市なら「増税しない」という予測は成り立たない。

    こっちはガキじゃないんだから。

    岸田か河野石破連合、それか最悪で野田氏。

    お前ら勉強議員のことについて触れんけど何で?不倫したとかしないとかじゃなくてさ。

    だから臭いもの、都合の悪いことに蓋をしてれば愚民は忘れるだろう、考えないだろう、じゃないんだよ。

    馬鹿じゃなければ蓋をするヤツを疑うんだよね、社会に出たことがない50歳過ぎたニートには分からないだろうけど。

    アヘ、高市、片山さつき、ブルマン、山田宏、山谷えり子、百田に有本香、チャンネル桜連中、上念、渡辺哲也、KAZUYA、、、汚物そのものやん。

    自分達が汚物の中でも一番の汚物と気がついてない?泥舟からの逃げ足だけは早いんよね。

    B層戦略。

    藤井くん、君はそんなに高市がいいのなら自民党議員や党員にメールした方が良くないか?

    ある日突然、可愛げもなさそうで不細工なぺいぺいのおばちゃん持って来られて、ごし推しされても普通の人は迷惑なだけでしょう。

    「コロナは飲んでも大丈夫」とか「高市」とか「田原」とか嫌がることばかりしたがるね君は。肝心な粗利補償や一律給付金は一切言わないクセに、急に高市が出てきて財政政策にムキになるって変だろう。

    自分に酔い、自分のことしか考えていない証左である。

    「藤井は終わった輩だ」という認識が正しいだろうね。藤井くんはもはやB層相手、くだらないウヨ芸人として残りの人生を生きる他あるまい。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

      1. この世は既にあの世 より

        藤井くん、どうせなら無害なら三原ズン子の方がいい。

        ズン子じゃないとプレイにすらならない。

        細江ズン子でもいい。スナックに行かなきゃなんわけよ、高市じゃダメだよ、ズン子ママにしてもらわないと通えない。

        最近どう?ママのお尻の形から言って、もしかしてもしかして、アーッ!やっぱり!とか、泣き笑い、エロスのそういうことを言って社交しなきゃなんない。

        藤井くん君は社交を知らないガキかね?

        男同士飲みに行くなら岸田だろうね。

        爬虫類顔の高市と飲みに行ったって、飲み屋のママが高市だってつまらんだろう。何目的で飲みに行くの?

        ネタにもならんじゃないか。

        靖国神社だの電磁パルスだの給付より仕事をだの、顔が大きいだけの飲み屋のママから真面目な顔して言われても仕方ないだろうに。

        返信

        コメントに返信する

        メールアドレスが公開されることはありません。
        * が付いている欄は必須項目です

  10. この世は既にあの世 より

    藤井くん、三島由紀夫や全共闘を出してきてもムダだよ。

    ガキなのは藤井くんの方。

    だった子な藤井くんが、日本の仕組みをぶっ壊したアヘを保守だと思ってるんだ?爆笑やな。

    低レベルな誘導をして楽しいか?

    アヘ、自民党はガキっぽい極左政党ね。だから藤井くんとアヘとは波長が合うわけよ。

    もしもある程度教養のある人々を相手に発信しているとしたら、馬鹿にされ四面楚歌状態になるだけやで。

    アベノミクスは嘘っぱち、「財政拡大すれば自然現象で豊かになる」は誤魔化し。

    真実は岸田の方にある、「経済成長すれば市場原理で人々が勝手に豊かになるというのは違う」

    岸田は藤井とかゴミ連中と違って「誠実」「聞く力」「国民の一体感」を重視している姿勢が見れる。

    甘やかされたボンボンみたいな勘違いした馬鹿の藤井はとっ散らかった高市がお似合いかもしれへんな。

    悪いが、お前みたいな輩を力で蹴り上げて来たもんで、タイマン喧嘩なら負けへんで。

    喧嘩の仕方は何万通りもあるもんで、結果の出なかったアベノミクスを「正しい正しい」と言って巻き込むなよな。

    三橋さんもそろそろ違うネタ考えないと飽きられてると思うよ。

    システムとして中抜きばかりなんだから、財政拡大したところで普通の人には何もメリットあらへんがや。

    だから岸田。

    でも衆院選では自民には入れないけどね。しかし国会で誠実に議論しようとする姿勢が見えるのは岸田。

    ネオリベよりネトウヨが下衆の極み。まるで宗教。勝共連合か統一教会か日本会議か知らんけど、普通の日本人は興味無しや。

    三橋事件の時もTwitter界にサンバのリズムで行進する謎の三橋擁護軍団が発生したわけですが、あれは何?

    そういうのは気持ち悪いだけですんでね。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  11. この世は既にあの世 より

    藤井、お前俺より情報だいぶ遅いねぇ。俺がブルームバーグの記事読んだの確か2日前やで。

    はい、株主資本主義にしたのは誰ですか?河野ですか?

    違いますよね?

    小泉、安倍路線ですよね?頭大丈夫?

    で、その路線を引き継ぎます言うとるのは?

    高市ですよね?

    2012年のアヘ応援団に水島が多少引いてるだけで、応援団メンバーはほとんど同じちゃうか?

    ネトウヨなんて馬鹿ばっかりで軽蔑されてる応援団やで?知らないのか?

    三橋藤井のマクロ経済学な主な主張は「財政出動さえすれば、後は市場原理で皆んなが豊かになる」だが、

    岸田がキッパリと否定?

    どう?悔しい?悔しい?悔しい?悔しい?

    自然現象で分配されるわけないじゃん、アホかいな。だから岸田がまともなわけよ。

    俺は前から言ってるけど、無視してたって貧乏人が増えていく現実には勝てないんだよね。

    論理が「正しい正しい」といくらほざいたって、多くの人々の現実が豊かにならなければその論理は間違ってるか欠点があるか?という結論に至るわけだよね?

    河野、高市が株主資本主義路線なら岸田だろう。

    高市ならば大博打で石破に賭け河野石破がいいだろう。

    アベノミクスは間違いというか誤魔化しや。同じメンバーが高市高市連呼して、「コイツら馬鹿じゃないの、売国奴確定や」が正しい見解。

    何かね、おかしいんだよ、需要不足なんだが、なぜか「供給力こそ」と言い出すじゃん。

    頭がおかしい人だと思うで。需要不足を認めること、分配政策を認めることですね。

    インフラ整備は供給力だわな。アヘがやった移民政策も供給力。

    人流抑制の観点からは岸田でしょう。コロナは飲んでも大丈夫と考える藤井くんと高市はどうかしらんけど。

    一気に汚物ネトウヨ層に転落したね、中野くんの言う通り元から陳腐なプライドだけが高いそうだったのかもしれないけど、ね、藤井くん、君は「あの人は今」というテレビに20年後くらいに出てるんちゃうか?

    何か胡散臭い行動をしきりにする輩は、何かやってんだよ、病気かヤク中か弱みを握られてるか個人的な欲望に突き動かされてるか、のそんなとこ。

    そういう人間をゴミと言うんだわな。

    藤井くんはろくな教育も受けて来なかったし、一度も社会に出たことのないニートだから解らないだろうけど。

    そうじゃなきゃ、もっとまともなツイートや意見を言うはずや。

    てか、お前、職業何?

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

      1. この世は既にあの世 より

        悔しい悔しい藤井くん。

        これで河野が当選して藤井くんや勉強議員が干されたらおもろいね。

        保守面、愛国面して惑わす輩が一番胡散臭いわな。

        「こうすれば良くなる」はい、それってお前の生活が、やろ?

        多数の人はお前がどうなろうが知らんがや。

        議員さん勝ち馬に乗るなら高市じゃありませんよ。

        極右と思われてる高市なら衆院選落ちますよ。落ちて構わないんだけどw

        さあ、追い込まれましたね藤井くん、中野も誰も君を相手にしませんよ。クライテリオンメンバーも藤井くんの暴走にきっと考えてますよ。

        コイツと一緒にいたらヤバいなと。

        楽しいねぇ。実に楽しい。ゴミはこうなってボロが出てさ、やがて淘汰されて行くわけよ。

        キャラ的にちょいワル親父も似合わないし、百田や高須にはなりきれないから、藤井くんの未来は大学を追い出され離婚されアルバイト生活かな。

        オウム信者の末路もろくなもんじゃないでしょうが、信者の末路はそんなもんや。

        「麻原尊師は正しいのだあ」と入信した高学歴信者幹部もいたが、それと藤井くんは同じね「アヘさんは正しいのだあ、一緒に写真撮ったのだあ」

        国民にしてみりゃ大迷惑。

        藤井くんを擁護する教養ある人物なんか1人もいないんじゃない?

        マジで。

        返信

        コメントに返信する

        メールアドレスが公開されることはありません。
        * が付いている欄は必須項目です

  12. プライマリバランス黒字化目標こそ日本の害悪 より

    普段はこのコメント残しませんが、あくどい方がいらしていましたので、藤井先生へ感謝を込めて。
    もう24年も「日本はデフレ」世界でも類を見ない結果が出ている日本。誰が理由でこの様に国民GDP生産も支出も所得も「成長率」世界最低のままなのでしょう。理由は過去を反省もしてない事が明らかです。誰が。その反省材料を藤井先生は唯一何年も提唱し続けてくれました。(決して諦めてはいないのです)この「成長しない国」から「国民多数が生きやすい国へ」この反省を生かし以前の「皆が余裕持った暮らし」出来ます様に。(決して、僻み妬みからは何も変わらず日本が落ちるだけ)

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

最新記事

  1. 日本経済

    【三橋貴明】財務官僚は「この程度」の連中

  2. 日本経済

    【三橋貴明】自民党の公約

  3. 政治

    日本経済

    【藤井聡】総選挙だからこそ、是非、じっくり考えてみて下...

  4. 政治

    日本経済

    【室伏謙一】岸田政権の脱「改革」は意外といい方向に進む...

  5. 日本経済

    【三橋貴明】財務事務次官、矢野康治の暴走

  6. 日本経済

    【三橋貴明】岸田内閣の色が見えてきた

  7. コラム

    【竹村公太郎】人類の奇跡の正倉院-なぜ、奪われなかった...

  8. 政治

    日本経済

    【小浜逸郎】ワクチン戦争の現在

  9. 政治

    日本経済

    【藤井聡】岸田新総理には是非、『財務主導の財政健全化が...

  10. 日本経済

    【三橋貴明】岸田内閣はPB目標をどうするのか

MORE

タグクラウド