政治

日本経済

2021年9月7日

【藤井聡】我々は今、多少の思想信条の相違を超えて「経済衰退(デフレ)が終わるまでPB凍結(=国債発行)」を主張する政治家を徹底支援すべきである。

From 藤井聡@京都大学大学院教授

菅総理の退陣表明を受けて、世間は今、自民党総裁選の話題で持ちきりです。

名前が挙がっているのが、岸田文雄氏、河野太郎氏、そして高市早苗氏。

私は、政治家や政党の誰を支援するかを考える時、

「経済衰退(デフレ)が終わるまでPB凍結(=国債発行)」
(例えば、「インフレ率2%が達成できるまでPB凍結」

を主張するか否かを最も重視し、これを主張する政治家ならば(余程の事が無い限り)兎に角徹底支援する事にしています。

なぜなら、「大局的」な視点から見れば明らかに、我が国の経済衰退(デフレ)は、あらゆる問題の根源にある、極めて深刻な病だからです。つまり、現下の日本の経済衰退(デフレ)さえ終わらせることができるなら、

貧困と格差の問題は緩和・解消し、
各業界のブラック企業問題も緩和・解消し、
結婚したくても結婚出来ない若者問題は大幅に緩和し、
少子化問題も大幅に改善すると同時に、

各国内産業の衰退を防いで、発展を導き、
科学技術力の衰退を防いで、発展を導き、
国際競争力を増進させることができ、

国力・国勢の衰退を防いで、それを増進させ、
防災力、国防力の衰退を防いで、それを増進させ、
外交力の激しい凋落を防いで、それを増進させ
諸外国からの経済的・軍事的な侵略的圧力を大幅に緩和でき、

これらを通して人々の絶望的、陰鬱な気分を解消し、
全ての人々に希望をもたらすことができる様になるからです。

しかし、多くの国民も政治家も、こうした「大局的」なものの見方が出来ず、経済衰退(デフレ)問題について全く頓着せず、貧困、格差、少子化、産業衰退、防災力衰退、国防力衰退……といったあらゆる個別問題についての行き当たりばったりの対処療法ばかりに意識・関心を向け、無駄な議論と努力を繰り返す、という悪夢の様な状況が四半世紀以上続いているのです。

そして、この諸悪の根源である経済衰退(デフレ)を現実的に終わらせるには、「経済衰退(デフレ)が終わるまでPB凍結(=国債発行)」という方法しか存在していないのです。

だから、思想信条が少々異なろうとも「経済衰退(デフレ)が終わるまでPB凍結(=国債発行)」という方針を打ち出す政治家を、当方は徹底的に支援すべきだと考えます。

こうした視点から考えたとき、現在の自民党総裁候補の中で最も支援すべきだと考えるのは高市早苗氏であると考えます(もちろん、許容し難い思想信条の相違があれば話は別です)。

なぜなら彼女は、
「インフレ率2%が達成できるまでPB凍結」
を明確に打ち出しているからです。
https://twitter.com/SF_SatoshiFujii/status/1434993756202176513

なお、インフレ率2%を達成する為のアプローチについては、様々な施策の検討が必要であると考えられますが、PB凍結を掲げていない人間とはそういう議論すら成立しないのです。その意味において、PB凍結を明確に掲げているという姿勢こそが支援にあたって必須条件であり、彼女はその基準をクリアしていると言いうるわけです。

一方、岸田氏は、この方針を明確には打ち出していません。コロナ危機への対応について国債発行を許容している点は評価できますが、デフレ不況対策については、全く言及していません。したがって、大幅な意見変更をしない限り、岸田氏ではデフレ脱却は絶対に無理だと判断せざるを得ません。

さらに河野氏に至っては論外。デフレが危機であるという認識を全くもっておらず、ひたすらにプライマリーバランス規律の遵守を主張し続ける不合理な態度に終始しています。したがって彼は総裁候補の中でもダントツで最悪の主張であると判断できます。

にもかかわらず、誠に遺憾な事に今、河野氏が世論では一番人気があると報道されています。

これは偏に、国民が、「デフレ」あるいは「経済衰退」というものの深刻かつ甚大な悪影響について過小評価ないしは無視しているからに他なりません。

つまり、今の世論は、日本の現状の大局観について、無知極まりない状況に置かれているのです。

こうした哀しい現状を踏まえ、当方はこの総裁選の機会を活用し、巨視的な視座から眺めた場合の日本の状況についての正しい現状認識、そしてそれを踏まえた「デフレ脱却までのPB凍結」の必要不可欠性が世論において幅広く認識される事を目指したいと考えています。

そして、総裁選後には、総選挙の機会を活用し、野党も含めてさらに幅広い議論を喚起し、「正しい世論」の形成を企図したいと考えています(その意味で、野党の経済政策にも大いに注目しています)。

そのためにもまず、現時点の総裁選においては、ただ一人「デフレ脱却までのPB凍結」を主張されている高市氏を徹底支援し、それとは正反対の主張をされている河野氏らの主張を徹底批判することを通して、適正世論形成に一言論人、一学者として貢献したいと心から祈念しています。

ついてはまずは総裁選に向けて、デフレとPBの問題について是非とも、しっかりとお考えいただきたいと思います。それができれば、今度は、「PB凍結論者のAさん」と「PB凍結論者のBさん」との間の「選択」が出来るようになるでしょう。そうして我が国の世論と政策内容が改善されていく事になるのです。

何卒、よろしく御願い申し上げます。

追伸:この総裁選で論ずべきは「デフレ脱却までのPB凍結」の不可欠性に加えて、緊縮・改革論の新自由主義者が如何に最悪であるかという点。是非、ご一読ください。
『河野太郎氏は緊縮主義・構造改革主義・移民主義者であり、しかも平然とデマを拡散する菅氏と同等以上に酷い総裁候補である。』
https://foomii.com/00178/2021090412462284486

関連記事

政治

日本経済

【藤井聡】「消費増税解散」を考える。

政治

日本経済

【藤井聡】10%消費税増税の「凍結」:風は少しずつ、しかし「確実」に変わりつつある。

政治

日本経済

【佐藤健志】「コモン・センス」の現代的意義

政治

日本経済

【施 光恒】英語化は虚弱化?

政治

日本経済

【施 光恒】先祖の遺産で食いつなぐ「没落国家」でいいのか

【藤井聡】我々は今、多少の思想信条の相違を超えて「経済衰退(デフレ)が終わるまでPB凍結(=国債発行)」を主張する政治家を徹底支援すべきである。への15件のコメント

  1. 大和魂 より

    やっとこさ取り込み中の仕事と気温の暑さから一段落がつきまして体力的にも精神的にも山場を過ぎることが出来ました。

    ところで私には国際社会からの利権や利害関係も無ければしがらみすら一切合切ないので、社会や誰それと忖度する必要も関係なく際どい指摘も出来るし一般論での非難も可能なんですが、やはり常に緊張感だけは格別に意識していますし、不確実性の世の中だから私自身の出来うる可能性を最大限に引き出すことを思考しているところですね。

    とりあえず国際社会は五極化が基本で思考しなければとも思いますし、先行き不透明のコロナ禍だけでも今後の予測が不透明な上、アフガン問題まで加わったので今後の政権も荒波の船出が決定的になりそうですが、所詮は人間が構築した社会システムなので、その人間が課題に向けた取り組みを急ぐこと無く地に足をつけて果たせばよいだけの事ですね。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  2. この世は既にあの世 より

    水島によると総裁選は単なる利権争い。

    まあそうだろう。

    藤井は土建利権とバレちゃってる。以上。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  3. 高市氏を支持する人たちを支持しないことに決めました より

    「モリカケなんかどうでもいい問題だ」と言ったり書いたりした人に政治を語る資格はないです。それから政治的な人間と政治に強い関心を持つ人間とは意味がまったく違います。

    総裁選候補者に小泉行革以降の自民党を総括させず、将来のビジョンのみ語らせようとするメディアや評論家は等しく煽り商売とみて差し支えないと思います。竹中やアトキンソンその他亜流を切れるのか。候補者に正面から問わない政治的人間もまた、政治を評論する資格はないです。

    政治に阿る政治的な言論人たちが、小泉以降の政治に批判的なポーズを取りつつ小泉以降の自民党を実はしっかり支えてきました。ガス抜き弁の役目を存分に果たして来ました。ポーズのposeがpauseになると休止・停止になります。あたかも「この道しかない」かのような思考停止に陥らせてきたのが実は構造改革、新自由主義批判のポーズを取り「自民党に投票するな」とまで大芝居を打ってきた人たちです(ぼくのことは嫌いでも大阪都構想を実現させてくれと訴えた維新橋下の悪魔的猿芝居に何と酷似していることか)。

    高市早苗氏。高市氏がアベノミクスを評価し、安倍に総裁選に出ろと絶えず求めていたのは事実でした。そして高市氏はアベノミクスの継承者として名乗りを上げています。ではアベノミクスによりどれだけ国家が潤い、国民の所得が増えたのか。高市氏を熱く推挙する評論家学者先生方は、推挙する理由としてお得意のデータなるものでアベノミクスの総括を示すのが筋です。

    言うまでもなく、菅義偉は安倍の政治の継承者として総理総裁となりました。安倍の政治とは何か。それは、保守のポーズ、財政拡大のポーズをそれぞれ戦後レジームからの脱却、瑞穂の国の資本主義と称して清新な印象を支持者に与え、支持する評論家に「泥をかき分けてでも足掻け」と言わさしめながら、その結果はposeであり、取り返しのつかないpauseでした。地方政治においては大阪都構想に反対する大阪自民を悉く妨害し続けました。安倍・菅が大阪維新とは言ってみれば異床同夢。そしていずれも竹中平蔵がセットについています。完全に新自由主義です。

    この根幹を問わずに担ぎ上げられた高市氏もおそらく同じ轍を踏むだろうと、本当に自民党を保守政党と信じ、国が大事だと思う人なら、普通ならそう考えます。安倍や新自由主義に怖気を震う人なら高市氏の名前など真っ先に拒否するはずです。あり得ないと。

    そもそも誰が総裁にふさわしいかなどという話題で盛り上がるほうがどうかしています。総裁選に関心を持つなという意味ではありません。いままで自民党がやってきたことをどう落とし前をつけてくれるのかと問い質さなければ、国民にとって総裁選の意味がありませんし、赤木氏をはじめこの20年で無辜の死を遂げた日本国民が浮かばれないです。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  4. オーケストラ団員 より

    文化、芸術も凋落ですか?それにデフレが影響している? 藤井さんはどんな視点で凋落と決めつけていますか?
    今、日本のオーケストラ文化は円熟期に入りました。少子化にもかかわらず優れた若手演奏家が次々に生まれオーケストラレベルを向上させています。若い指揮者も同じく優秀です。 
     
    ただ経済的な主張を通すために、一人で勝手に盛り上がっている姿は滑稽だと思います 

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

      1. うたか より

        金があるのとないのではある方が有利に決まっているでしょう。
        どの分野でもデフレの影響はある、デフレでもこんだけのことができました、衰退なんてしてないと言ったところでデフレじゃなければもっと儲かってその金でもっと発展できているでしょう。この考え方おかしいと思いますか。

        返信

        コメントに返信する

        メールアドレスが公開されることはありません。
        * が付いている欄は必須項目です

  5. この世は既にあの世 より

    今さ、ネット社会でさ、財務省は「財政破綻しない」言うとるやんけ。

    要は米国の圧力ちゃうんか?

    お前は2012年にPB黒字化目標を掲げたアヘを応援したろうもん。何で?

    アヘは「デフレの状況にない」という発言までしたよな?

    高市なら河野で十分。貧乏人を増やして藤井、三橋などを引きずり降ろすのが正解。要はお前正しいようで間違いなんよね。

    成長とかデフレ脱却とか土建仕事とかではなく、派遣の廃止、減税、給付金、賃上げ政府保証、独立国家なんよね。

    ここを理解せん限りお前らもじきに終わるわな。今日、明日の生活、飯代やねんな。仕事ってのは採用されなきゃ意味が無い。派遣でも意味は無い。

    藤井スシ太郎は自分の研究、思想言論しときゃいい。コロナの個人的見解も要らない。マスクとか要らんことは個人的に好きにやればいいだけ。自粛したい人間も個人的に自粛すればいいだけ。キリがないんで。

    いちいちスシ太郎が増えただの減っただの言っても無意味。

    「アベノミクスは財政政策が足らなかった」じゃなくて、売国、民営化が目的だからいわゆる騙し。中抜き竹中残したまま財政出動してどう意味があるんや?

    凍結w

    お前みたいな人間を百害あって一利なしって言うんじゃないのか?お前オッさんデビューしても仕方ないぜ。こっちは小学生でデビューしとるんやから。スシ太郎は虐められっこやったんちゃうか?

    ダサいのう。格好悪いのう。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  6. この世は既にあの世 より

    水島の政治家支持の最大のポイントは男系維持だそうな。昨日そう言ってたな。

    その後、河野太郎はアヘと面会し、転換、つまりピポットしました。

    「自分は女系容認論者ではない」

    「男系で続いてきているというのが、日本の天皇の一つのあり方なんだと思う」

    「安全が確認された原子力発電所は当面は使っていくということはある」

    はい、

    正しい、つか、お望み通りの発言しました。

    正しいんでしょ?

    ねえ?

    正しいよね?

    水島や国柄がどうこう言ってる輩はナイーブに河野太郎支持にならなければおかしい。

    ww

    河野太郎は保守に転換しましたw

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

      1. この世は既にあの世 より

        高市は「巷では30兆円と言われてますけども、今、本当に困っている方に絞り込んで支出して行く」「支出は皆様の血税、場合によっては国債発行と必要なものを積み上げていく」

        「緊急時に支出していくのは問題ない」

        「コロナが終わればとてつもない消費拡大期がやってくる、なぜなら皆んな旅行、買い物等々我慢しているからである、しかし供給側が潰れていては買い物出来ないからお支えしていく」

        「血税とか必要な場所とか消費マインド」とか特に今までの総理と変わらんけどな。

        権力側は麻生と同じ様に国民は金持ってると思っとるんやろな。消費マインドとか国民の気持ちの問題と思っとるんやろ。

        お支えも何もないだろう。

        血税を使う限りにおいて、「困っている国民側は困っていることの証明をしなければならない」

        「あなたは困ってはいない」

        「皆んなやってます、我慢している、あなたより困った人はたくさんいる」

        あさましい政治家が言葉や言い方を変えてもムダ。

        ナイーブに河野太郎は転換しました。転換しましたw

        水島よ、三橋藤井理論だと河野太郎は転換したので河野太郎断固支持になるはずたよね?

        男系が最大ポイントでしょう?

        転換した。転換した。転換した。

        口先じゃダメ?

        でも三橋藤井理論だと口先で転換を判別できるそうだから、河野太郎は転換したよね?

        河野太郎は転換したのであります。驚きました、感動しました、涙が出て来ましたw

        競争の結果ですw

        返信

        コメントに返信する

        メールアドレスが公開されることはありません。
        * が付いている欄は必須項目です

  7. 田中さん より

    また今回も「高市早苗氏を支持する人、しない人の違い」とかやる気ですか?
    ttps://38news.jp/archives/00713

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  8. この世は既にあの世 より

    高市は「消費税は全世代型社会福祉に使われてる」「血税」「必要な場所へ投資」などと言って、「プール論」やろ?

    高市は消費税増税分は社会保障に使われているなどと嘘を言っている。

    おや?口先で判断すると間違いでは?転換してないよね?

    なあ?

    保守のフリをしたネオリベ高市でややこしいことをするなら、同じく保守のフリをした分かりやすいネオリベ河野で終わらせようぜ。

    政治家は除くが、言論人もどきは正々堂々と戦うことすら忘れたか?

    政治家の過去の発言は関係無いんだろ?なら河野太郎は男系維持で保守に転換した。転換したよね?なあ?おい、転換したよな?保守に。ねえ?

    まとも、真面目、僅かに可能性があるのは岸田。

    岸田にしないのなら保守に転換した河野太郎でOK。

    転換したねえ、転換した、はい、転換した、転換転換、保守に転換した。

    高市だけは疑わないという理屈は通らない。皆んな選挙が近付くと保守に転換する。

    選挙が近付くと保守をやる。

    素人から見ても高市は「プール論」だわな。これを言論人もどきが知らないはずはないわな。

    これを俺はアヘの件から言っとるんだよ、「お前ら知ってただろ?」と。

    アヘは?「PB黒字化目標を掲げた」お前ら知りながら断固支持したよね?

    はい、ね、我欲が入るとバレちゃうんだよ、馬鹿ではない日本人の洞察力や気の短さを舐めたらアカンで。

    舐めとるから臭い物に蓋をしたり、スルーするんやろ?

    岸田じゃないなら河野太郎でOK、つまらぬネトウヨ商売も終わらせ、日本を一気に終わらそうぜぃ。

    今って言論人もどきばっかでろくなヤツおらへんし、そいつら要らんと思うで。

    俺は言論人もどきの本やコンテンツなんか一回も買ったことがないね。そんなもん読んでも所詮は俺ごときに突っ込まれて終わりやんけ。

    程度が低いんよ。

    西部先生の本を一冊だけ買ったかな。

    転換、転換、保守に転換、河野太郎も口先で正しかろう転換したので保守だろ?保守だよね?

    転換したよね?何が違うの?口先で転換すれば良いわけでしょ?だから河野太郎は保守に転換しました。

    河野太郎は国民にも人気があり、アヘと面会し保守に転換したわけだから。

    高市もアヘの子分だろ?

    ホシュ、ホシュ、ホシュ、転換した、ホシュ、ホシュ、口先で変われば転換した、ホシュ、

    過去にああ言ったこう言ったはナイーブな意見だそうですから、河野太郎はホシュに転換した。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  9. 拓三 より

    高市早苗でいいんじゃね。

    所詮、保守は騙されやすい生きモンよ…(私は左翼でナショナリストです)

    私が高市早苗を支持する理由は、この人、昔から自分の言葉で喋っている所かな。だれかサン(安倍)みたいに、目キョロキョロせんし、嘘付き顔ではないよ。政策が実行出来る力が有るかどうかは別やけど…所詮自民党(飼い犬)やからね。
    まっ、国民自体が家畜やけどw

    なんか「安倍に騙され、こんどは高市に騙されるのか!」と言う声があるけど、何処まで政治家に依存しとんねんwww (私は最初から安倍支持者ではありません)

    素直な感情で支持、不支持を決めたらエエんとちゃう? 「違う」と思ったら引きずり降ろしたらエエやん。
    依存はアカンで依存は! 依存は思考を鈍らせる! そして己の判断を正当化しようと思考が働く様になるから気を付けて。
    支持と依存は違うからね!

    そこさえ解っていたら「騙された!」と言う言葉は出ない。仮に出たとて、思考は正常! そのうちエエこと有るやろ…か?

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

      1. テイノーは下がりなさい より

        依存? は? おまえマジ意味わかんね。

        高市がダメなら引きずりおろせばいい? ならなんで安倍は8年も続いたんだ?

        なーにが左翼のナショナリストだ。気取りやがって。単に藤井の嫁のひとりであり続けたいだけだろ。

        藤井でしか孤独を埋め合わせられないようなテイノーは下がりなさい。

        返信

        コメントに返信する

        メールアドレスが公開されることはありません。
        * が付いている欄は必須項目です

        1. 拓三 より

          安倍が8年続いたのは国民の支持があったから。

          これが現実。

          で、お前なんで、このメルマガみてるの?

          潰したいんやったら内容書けよ。

          お前、気持ち悪いぞ…

          返信

          コメントに返信する

          メールアドレスが公開されることはありません。
          * が付いている欄は必須項目です

          1. 藤井に依存しているおっさんのほうがキモい より

            自分の言葉で説明出来たらアベノミクスの継承も是なのか?この度し難い情弱のテイノーが。

            藤井に依存しているテイノーが何を偉そうに。

            返信

            コメントに返信する

            メールアドレスが公開されることはありません。
            * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

最新記事

  1. 政治

    日本経済

    【藤井聡】日本再生のためには『プライマリーバランス規律...

  2. 政治

    日本経済

    【藤井聡】政治家・河野太郎氏を客観的に評価する:緊縮・...

  3. 政治

    日本経済

    【室伏謙一】自民党総裁選―大手メディアの「河野推し」に...

  4. 日本経済

    【三橋貴明】日本の潜在成長率を高める第一歩

  5. 日本経済

    【三橋貴明】「財政出動への競争」への王道

  6. コラム

    【竹村公太郎】江戸湾、東京湾の謎―利根川の地下水の奇跡...

  7. 政治

    日本経済

    【小浜逸郎】ワクチンによる世界制覇 その2

  8. 政治

    日本経済

    【藤井聡】我々は今、多少の思想信条の相違を超えて「経済...

  9. 日本経済

    【三橋貴明】財政出動への競争「高市 対 岸田」(後編)

  10. 日本経済

    【三橋貴明】財政出動への競争「高市 対 岸田」(前編)

MORE

タグクラウド