日本経済

2019年12月9日

【三橋貴明】最悪の政府「三冠王」

From 三橋貴明

【今週のNewsピックアップ】

「事業規模26兆円の経済対策!」の罠
https://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12553360789.html
実質消費対前年比マイナス5.1%を受けて
https://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12553783588.html

12月7日のブログで取り上げた
「実質消費 対前年比マイナス5.1%減」
に加え、もう一つ、
厳しいデータが6日に発表されています。

10月の景気動向指数
(速報値、2015年=100)が、
一致指数で前月比5.6ポイント低下し、
94.8。
何と、2013年2月以来の
低水準だったのです。

第二次安倍政権初期に
戻ってしまったことになります。

さらには、やはり6日に、厚生労働省の
研究機関が、今年生まれた赤ちゃんの数が、
1899年の統計開始来、
初めて90万人を割った(割る)のが確実と
見込んでいるとの報道が流れました。

今から一か月弱で、いきなり出生数が
増えるとは思えませんので、
19年の90万人割れは確定的でしょう。

ジュネーブ共和国出身の政治哲学者
ジャン・ジャック・ルソーは、

「人民が減り、衰微してゆく政府が
 最悪の政府である。」

と、
著作「社会契約論」に書いているのですが、
まさに安倍政権です。

安倍総理大臣は、

「日本の憲政史上、最も国民の
 実質賃金を引き下げた総理大臣」

「日本の憲政史上、最も国民の
 実質消費を減らした総理大臣」

であり、同時に、

「日本の憲政史上、最も出生数を
 減らした総理大臣」

という、誠に名誉あるメダルを三つも
手に入れることになったのです。
最悪の政府「三冠王」でございますね。

怖いのは、この状況にありながら、
政府や自民党に「危機感」が皆無
という点です。

一応、骨太の方針に従い、
補正予算は組みますが、所詮は
小規模の短期、というより一発限り。

小規模な一度きりの補正予算を打ち、
結果的にデフレ脱却や投資拡大は果たせず、
それどころか供給能力不足(人手不足)で
入札不調が相次ぎ、

「ほら見ろ! 13.2兆円「も」
 財政を拡大したにも関わらず、
 デフレ脱却できなかったどころか、
 人手不足で消化すらできなかった
 じゃないか。財政拡大はムダ!」

といった論調で、
財務省や飼い犬たちが「財政拡大無効論」を
叫び始めるのが目に見えているのです。

結果、緊縮財政という
日本亡国路線は終わらない。

終わらせなければなりません。
そのためには、民主制の国においては、
正しい貨幣観、財政認識を持つ政府を誕生させ、
路線転換を図る以外に方法がないのです。

つまりは、反・緊縮財政を「多数派」に
しない限り、勝ち目がないという話です。

もっとも、長引く緊縮により、さすがに
与野党含めた多くの政治家が「揺らいで」
来ています。
過去の財務省主導の財政均衡主義、
緊縮財政路線に疑問を持ち始めているのです。

この機を逃してはなりません。

◆月刊日本2019年12月号に、
インタビュー記事
「アメリカ資本に奉仕し続けた安倍政権」
が掲載されました。
https://amzn.to/33FEYM0

◆週刊実話 連載
「三橋貴明の『マスコミに騙されるな!』」
第348回 補正予算と総定員法
なお、週刊実話の連載は、以下で
(二週遅れで)お読み頂くことが可能です。
http://wjn.jp/article/category/4/

◆メルマガ 週刊三橋貴明
Vol550 マネタリズムの敗北
http://www.mag2.com/m/P0007991.html
「マネーストック(MS)増加
 ⇒マネタリーベース(MB)増加」
という現実が、なぜ
「MB増加⇒MS増加」の認識に
なってしまったのか。
マネタリズムが犯した決定的な過ちの
根源を探ります。

◆メディア出演

三橋TV、続々公開中です。

三橋TV第168回
【民主制に国民国家は必須で、
 民主制と皇統は矛盾しない!】
https://youtu.be/ccKDHZsRDSA
三橋TV第169回
【必見!誰が日本に水田稲作を伝えたのか?】
https://youtu.be/IBWfe1M5rrQ

12月2日(月) チャンネル桜
「Front Japan 桜」に出演しました。

1/2【Front Japan 桜】
緊縮の王国から脱出せよ!
/ 新国立競技場の完成に思う[桜R1/12/2]
https://youtu.be/0rk6ZpVFItI
2/2【Front Japan 桜・映画】
名ばかり業務委託・残酷物語
~映画『家族を想うとき』[桜R1/12/2]
https://youtu.be/mFnyDh24zMk

12月7日(月) チャンネル桜
「Front Japan 桜」に出演します。
http://www.ch-sakura.jp/programs/program-info.html?id=1651

◆三橋経済塾

令和元年11月28日(木)三橋経済塾
第八期 第十二回対面講義申込の受付を
開始致しました。
https://members8.mitsuhashi-keizaijuku.jp/?p=790

今回の第八期最終回も、昨年同様に、
塾生の皆様に持ち時間10分でプレゼンを
して頂く機会を設けたいと思います
(最大五名ほど)。
テーマは自由で、
パワーポイントを使って頂きます。
「我こそは!」と思われる方、是非とも
以下のアドレスに「プレゼン希望」の
タイトルでメールして下さいませ。
keizaijuku@mitsuhashi-takaaki.jp
※残り一名です。

◆チャンネルAJER 

『歴史という国民のメモリーを守り伝える
ー後編(1)』三橋貴明 AJER2019.12.3
https://youtu.be/YzRqOqbHGVc

関連記事

【三橋貴明】最悪の政府「三冠王」への2件のコメント

  1. たかゆき より

    バカでもなれる 日本の総理

    あるいは

    バカしかなれない 日本の総理

    そして

    安倍某を 神と崇める信者さま、、

    これは

    悲劇でせうか 喜劇でせうか。。。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  2. 令和維新の歌 より

    日本国民が不幸なのは、
    安倍定食というクソまずい料理しか出さない定食屋で食べるのが嫌でも、他の飯屋なら腹を壊すから、消去法で選ぶしかないこと。

    与党どころか、野党も
    少子化対策もしない。
    世界一危機的な状況なのにも関わらず。

    社会保障政策も結局、何もしない。

    北方領土も北朝鮮の拉致被害者も、
    支那に拉致された日本人を「返せ」という言葉すら言わず
    国賓待遇でもてなす、腰抜けを通り越して非国民どころが
    もはや非人(差別的な意味はない)

    家族を拉致する犯人が取引先のえらい方だったので
    ヘコヘコして、わざわざ高級料亭で接待する愚か者。

    昭和維新の歌が、令和の今、胸をうつ。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

最新記事

  1. 日本経済

    【三橋貴明】貨幣観を正し、日本国を救おう

  2. 日本経済

    【三橋貴明】これは、本当にまずいことになっている

  3. 日本経済

    【藤井聡】「事業規模」という言葉に騙されるな! コロナ...

  4. 日本経済

    【小浜逸郎】自粛要請するなら損害補償をせよ!

  5. 日本経済

    【室伏謙一】今必要なのは冷静さ、過剰ではない適度な「自...

  6. 日本経済

    【三橋貴明】生き延びるための戦い

  7. 日本経済

    【三橋貴明】疫病恐慌曲線との戦争

  8. 政治

    【平松禎史】「霧につつまれたハリネズミのつぶやき」第六...

  9. コラム

    【施 光恒】カタカナ語氾濫の背後にあるもの

  10. 政治

    【藤井聡】「首都封鎖」が令和大恐慌を激化させる ~目指...

MORE

タグクラウド