日本経済

2019年6月2日

【三橋貴明】経済学の“主流派”

From 三橋貴明

【近況】
現在の”主流派”経済学は、新古典派経済学など、
新自由主義、グローバリズムの基盤になっている経済学ですが、
以前は”ケインズ”的な考え方が主流派でした。

ケインズ的とは、簡単に書くと、
経済において「政治」の役割を重視する発想になります。

新古典派(昔は古典派)の
「経済は市場に任せておけばいい。
政治が関与するとインフレ率が上がる」では、
1929年に始まった世界大恐慌を解決できなかった。

しかも、第二次世界大戦も勃発。

経済において政治の関与を強める必要性が、
ケインズ的な経済学を”主流派”に押し上げ、
西側先進国は前代未聞の
高度成長期を迎えることになったのでした。

当時の新古典派の経済学者たち
(フリードマンやブキャナンなど)の本を読むと、
傍流に追いやられた「ルサンチマン」の思いが、
ひしひしと感じ取れます。

特に、ブキャナンは
政治の経済への関与を「敵視」していました。理由は、
「政治家は有権者の票で動く。
有権者は我が儘だ。我が儘な有権者の声に従い、
政治家が財政を拡大すると、インフレ率高騰を止められなくなる!」

というわけでございまして、ブキャナンは
「財政を政治家に任せてはダメだ。財政均衡を憲法に書け!」
とまで主張したのです。財政民主主義、全否定でございますね。

お分かりでしょうが、現代において、
MMT(現代貨幣理論)と主流派経済学の対立は、
まさに過去の「新古典派(古典派) 対 ケインズ派」の延長線上にあるのです。

MMTは「異端」扱いされていますが、
かつては主流派だったケインズ、
さらにはラーナー、シュンペーター、
ハイマン・ミンスキー、ガルブレイスといった
「知の巨人」たちの後継者です。
ぽっと出の経済学ではないのでございますよ。

かつて、大恐慌期に古典派は
ケインズ派によって「傍流」に追いやられました。
その後、70年代のスタグフレーション期、
今度はケインズ派が追い落とされ、
新古典派が「主流派」になりました。

上記の対立を理解すると、
なぜ(現在の)主流派経済学者たちが、
MMTを血眼になって批判しているのか、
その根本が分かると思います。

◆ビジネス社「米中覇権戦争 残酷な未来透視図」が刊行になりました。
https://amzn.to/2UEWkYK

◆彩図社「亡国のメガロポリス」が刊行になりました。
https://amzn.to/2F5nqi3

◆週刊実話 連載「三橋貴明の『マスコミに騙されるな!』」
第322 グロテスクな喜劇の国
なお、週刊実話の連載は、以下で(二週遅れで)お読み頂くことが可能です。
http://wjn.jp/article/category/4/

◆メルマガ 週刊三橋貴明 Vol523 主流派経済学とデフレーション
http://www.mag2.com/m/P0007991.html
実は、主流派経済学はデフレを悪だとは思っていません。何故なのでしょうか

◆メディア出演

三橋TV、続々リリースされています。

三橋TV第96回 【御代替わりのタイミングで消費税増税!?】
https://youtu.be/QzU8ByY578c
三橋TV第97回【財務省への宣戦布告】
https://youtu.be/WWYog9XJfYQ
三橋TV第98回【私の政局予想は必ず外れるんだからね!!】
https://youtu.be/2CFpwo_4KLw

超人大陸【「日本の未来を考える勉強会」ーMMTポリティクス〜現代貨幣理論と日本経済〜】
https://youtu.be/CMLYpWlQp1E

5月25日(月) チャンネル桜「日本よ、今…「闘論!倒論!討論!」 」に出演しました。

【経済討論】最終警告!亡国の消費増税[桜R1/5/25]
https://youtu.be/BcbuxUBgJTY

6月7日(金) チャンネル桜「Front Japan 桜」に出演します。
http://www.ch-sakura.jp/programs/program-info.html?id=1651

◆三橋経済塾

5月18日 三橋経済塾第八期 第五回対面講義を配信致しました。
https://members8.mitsuhashi-keizaijuku.jp/?p=551
ゲスト講師は中野剛志先生でした。インターネット受講の皆さま、お待たせいたしました。

6月15日(土)三橋経済塾第八期、第六回対面講義申込受付を開始致しました。
https://members8.mitsuhashi-keizaijuku.jp/?p=562
ゲスト講師は小浜逸郎先生(評論家/国士舘大学客員教授)でございます

◆チャンネルAJER
今週の更新はありません。

—発行者より—
【三橋TV公開収録のお知らせ】

三橋TV『【三橋貴明×山本太郎】Part1 絶対にTVでカットされる国債の真実』
の視聴回数が10万回を超えたことを記念し、
7月5日(金)18:00より三橋TVの公開収録を行います!
(@TKP品川ガーデンシティ)

20分の収録を3回行うのですが、
3本目は「質問コーナー」とさせていただきます。
ぜひ奮ってご質問くださいませ。

収録後は懇親会も行いますので、
美味しいお食事と飲み物を囲みつつ、
みなさんで親睦を深めましょう!

https://ws.formzu.net/fgen/S89609061/?_ga=2.267583627.446367592.1557356883-1053275738.1557356883

関連記事

日本経済

【三橋貴明】お金の話

日本経済

【三橋貴明】政府負債の最終解決

日本経済

【青木泰樹】安倍総理の三つの誤算

日本経済

【藤井聡】「財政均衡乗数」から考えれば、「税の増収分」の全額支出は当然である

日本経済

【三橋貴明】「間違い」を「間違い」として認めること

【三橋貴明】経済学の“主流派”への1件のコメント

  1. たかゆき より

    ケイザイガクって なんだらう

    一言で もうせば
    稚拙

    チセツなガクモンの 社会実験に
    供される 小生

    小生の職種で 同じことしたら、、

    間違いなく 懲役刑

    何の罪に問われることもなく
    国民を 殺しまくれる

    上級実験者って
    ほんとに ほんとに
    素敵 ♪

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

週間ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】吉川洋氏の「地震に備えて消費増税を」論を完全撃破し...

  2. 2

    2

    【三橋貴明】思想の対立

  3. 3

    3

    【小浜逸郎】令和元年6月10日経済罪政諮問会議議事録

  4. 4

    4

    【室伏謙一】「増税の前にやるべきことがある」、「身を切る改革...

  5. 5

    5

    【三橋貴明】MMTと政府の選択と集中

  6. 6

    6

    MMT(現代貨幣理論)とは、「現代社会の実態に即した、貨幣に...

  7. 7

    7

    【藤井聡】近い将来、リーマンショック級の危機が「絶対」起こる

  8. 8

    8

    【三橋貴明】財政民主主義派 対 非・財政民主主義派

  9. 9

    9

    【藤井聡】財務省が紹介した「有識者のMMT批判」の「間違い」...

  10. 10

    10

    【藤井聡】「インフラ・イノベーション」が日本を救う。

MORE

月間ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】近い将来、リーマンショック級の危機が「絶対」起こる

  2. 2

    2

    【藤井聡】<号外速報>「内需冷え込み」による輸入急落が無けれ...

  3. 3

    3

    MMT(現代貨幣理論)とは、「現代社会の実態に即した、貨幣に...

  4. 4

    4

    【藤井聡】吉川洋氏の「地震に備えて消費増税を」論を完全撃破し...

  5. 5

    5

    【藤井聡】「財政悪化」を導く消費増税が生み出すのは、「害のみ...

MORE

最新記事

  1. 日本経済

    【角谷快彦】ドラッグ・ラグで岐路に立つ国民皆保険制度(...

  2. 政治

    日本経済

    【三橋貴明】ピボット(軸)のモーメント

  3. 日本経済

    【三橋貴明】思想の対立

  4. 日本経済

    【小浜逸郎】令和元年6月10日経済罪政諮問会議議事録

  5. 日本経済

    【藤井聡】吉川洋氏の「地震に備えて消費増税を」論を完全...

  6. 日本経済

    【室伏謙一】「増税の前にやるべきことがある」、「身を切...

  7. 日本経済

    【三橋貴明】MMTと政府の選択と集中

  8. 日本経済

    【三橋貴明】財政民主主義派 対 非・財政民主主義派

  9. 未分類

    【竹村公太郎】不思議な日本共同体(その2)流域封建から...

  10. メディア

    政治

    【施 光恒】天安門事件30年――日中それぞれの国柄を考...

MORE

タグクラウド