日本経済

2019年6月3日

【三橋貴明】MMT対主流派経済学

From 三橋貴明

【今週のNewsピックアップ】
続 MMTといわゆるリフレ派
https://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12464898071.html
MMT 対 主流派経済学(前編)
https://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12465396728.html

2012年総選挙で自民党が勝利し、
第二次安倍政権が発足しました。

安倍自民党は「デフレ脱却」を掲げて勝利したわけですが、
「総需要(名目GDP)を供給能力(潜在GDP)が上回り、
デフレギャップ(総需要の不足)が拡大している」

というデフレ現象の解決にあたり、
なぜか「政府による需要創出」ではなく、
おカネの発行(いわゆるリフレ派政策)に走ります。

当時、竹中平蔵氏をはじめ、
多くの識者、評論家、学者、エコノミスト、政治家が、
「デフレは貨幣現象」(竹中氏は「マネーの不足」と表現していましたが)、
という出鱈目を流布していたのを覚えていると思います。

デフレーションとは、総需要の不足です。
総需要とは、消費や投資の合計です。

なぜ、総需要が不足するのかといえば、
「バブルが崩壊し、国民が消費や投資を減らし、
預金や借金返済を増やしている状況で、
政府が緊縮財政で、自らの消費や投資を減らした」ためです。

バブル崩壊後に、国民が消費や投資という
「需要」を減らしているという問題を、
政府が緊縮で加速させるわけです。

デフレ発生のプロセスに、抽象性はありません。
全ては合理的であり、かつ数値・データで説明可能なのです。

というわけで、デフレ脱却のためには
「政府が総需要を拡大する政策を採ればいい」という話になります。

具体的には、減税(※特に消費減税)で
国民の消費を増やし、自らも社会保障、
公共投資、国防、科学技術振興、教育充実、
地方経済発展のためにおカネを使うのです。

ちなみに、税制で言えば、
法人税は「過剰な利益に対する罰金」になります。
法人税は、むしろ増税した方が
「企業の費用=需要」を拡大する効果があり、総需要を拡大します。

ところが、現実の安倍政権は
「消費税増税+法人税減税(これはデフレ脱却に際した最悪の組み合わせ)」を強行し、
政府自らも支出(需要)を削減するデフレ化政策を推進。

日本はGDPデフレータが17年、
18年と二年連続でマイナスになり、
再デフレ化しました。まさに「安倍デフレ」。

なぜ、安倍政権は正しいデフレ対策である
「政府の財政による需要創出」に乗り出さなかったのでしょうか。
理由は単に、

「(現在の)主流派経済学が、財政政策を毛嫌いしているため」
なのでございます。

もちろん、緊縮財政の主犯は財務省ですが、
財務省内の経済学は、新古典派です。

財政均衡こそが善であり、
政府も予算制約式に縛られるという
「頭のおかしい」経済学に、財務官僚も染まっているのです。

というわけで、財務官僚はむしろ「正義感」「使命感」に溢れ、
「政府の財政拡大など許した日には、
財政規模が膨張し、ハイパーインフレーションになる!」

と、本気で信じて緊縮財政、
プライマリーバランス黒字化路線を
突き進んでいるのかも知れません。

いずれにせよ、大本の経済学が間違えており、
正しい経済学として「MMT」が勃興している
という現実を理解しなければなりません。

インフレを巨悪認定し、デフレについては
悪と考えない新古典派が”主流派”であり続ける限り、
我が国に繁栄の未来は訪れないのです。

◆ビジネス社「米中覇権戦争 残酷な未来透視図」が刊行になりました。
https://amzn.to/2UEWkYK

◆彩図社「亡国のメガロポリス」が刊行になりました。
https://amzn.to/2F5nqi3

◆週刊実話 連載「三橋貴明の『マスコミに騙されるな!』」
第322 グロテスクな喜劇の国
なお、週刊実話の連載は、以下で(二週遅れで)お読み頂くことが可能です。
http://wjn.jp/article/category/4/

◆メルマガ 週刊三橋貴明 Vol523 主流派経済学とデフレーション
http://www.mag2.com/m/P0007991.html
実は、主流派経済学はデフレを悪だとは思っていません。何故なのでしょうか

◆メディア出演

三橋TV、続々リリースされています。

三橋TV第96回 【御代替わりのタイミングで消費税増税!?】
https://youtu.be/QzU8ByY578c
三橋TV第97回【財務省への宣戦布告】
https://youtu.be/WWYog9XJfYQ
三橋TV第98回【私の政局予想は必ず外れるんだからね!!】
https://youtu.be/2CFpwo_4KLw

超人大陸【「日本の未来を考える勉強会」ーMMTポリティクス〜現代貨幣理論と日本経済〜】
https://youtu.be/CMLYpWlQp1E

5月25日(月) チャンネル桜「日本よ、今…「闘論!倒論!討論!」 」に出演しました。

【経済討論】最終警告!亡国の消費増税[桜R1/5/25]
https://youtu.be/BcbuxUBgJTY

6月7日(金) チャンネル桜「Front Japan 桜」に出演します。
http://www.ch-sakura.jp/programs/program-info.html?id=1651

◆三橋経済塾

5月18日 三橋経済塾第八期 第五回対面講義を配信致しました。
https://members8.mitsuhashi-keizaijuku.jp/?p=551
ゲスト講師は中野剛志先生でした。インターネット受講の皆さま、お待たせいたしました。

6月15日(土)三橋経済塾第八期、第六回対面講義申込受付を開始致しました。
https://members8.mitsuhashi-keizaijuku.jp/?p=562
ゲスト講師は小浜逸郎先生(評論家/国士舘大学客員教授)でございます

◆チャンネルAJER
今週の更新はありません。

—発行者より—
【三橋TV公開収録のお知らせ】

三橋TV『【三橋貴明×山本太郎】Part1 絶対にTVでカットされる国債の真実』
の視聴回数が10万回を超えたことを記念し、
7月5日(金)18:00より三橋TVの公開収録を行います!
(@TKP品川ガーデンシティ)

20分の収録を3回行うのですが、
3本目は「質問コーナー」とさせていただきます。
ぜひ奮ってご質問くださいませ。

収録後は懇親会も行いますので、
美味しいお食事と飲み物を囲みつつ、
みなさんで親睦を深めましょう!

https://ws.formzu.net/fgen/S89609061/?_ga=2.267583627.446367592.1557356883-1053275738.1557356883

関連記事

日本経済

【藤井聡】MMT理解のコツ(理論編):「政府が貨幣の供給者だ」という一点を知るべし

日本経済

【藤井聡】2017年、我が国は「緊縮」を脱却できるのか?

日本経済

【三橋貴明】マスコミはスティグリッツ教授の提言をどう報道したか

日本経済

【青木泰樹】マイナス金利で得する人、損する人

日本経済

[三橋実況中継]指標の定義

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

まだデータがありません。

月間ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】MMT理解のコツ(実践編):「政府が貨幣の供給者だ...

  2. 2

    2

    【三橋貴明】ジョンソン新首相とバックストップ条項

  3. 3

    3

    【三橋貴明】「債務」に関する正しい理解を!

  4. 4

    4

    【藤井聡】我々はこの選挙結果を受けて、「消費増税」に対して如...

  5. 5

    5

    【室伏謙一】「大きな政府」はダメで、「小さな政府」を目指すべ...

MORE

最新記事

  1. 日本経済

    【平松禎史】「霧につつまれたハリネズミのつぶやき」第六...

  2. アジア

    政治

    【三宅隆介】[特別寄稿]川崎市「(仮称)川崎市差別のな...

  3. 日本経済

    【小浜逸郎】MMTの服用を拒否する〇〇病患者を診断する...

  4. 日本経済

    【藤井聡】MMT理解のコツ(理論編):「政府が貨幣の供...

  5. 日本経済

    【室伏謙一】シェアリングエコノミーなるもののお寒い実態...

  6. 日本経済

    【三橋貴明】国家の店じまい

  7. 日本経済

    【三橋貴明】MMTの新たなレンズ

  8. 日本経済

    【施 光恒】カジノと大麻と緊縮主義

  9. 日本経済

    【藤井聡】オリラジ中田のナイスプレー。令和の政策転換(...

  10. メディア

    日本経済

    【小浜逸郎】MMTの服用を拒否する〇〇病患者を診断する...

MORE

タグクラウド