日本経済

2018年10月12日

【三橋貴明】官も民も等しく良くもあり、ダメでもある

From 三橋貴明@ブログ

三橋TVが始まりました。

本コンテンツは、
「映像系のコンテンツを!」
という声に応え、毎週、
三本の動画を配信するものです。

今回は「初回」ということで、
一気に二本を公開します。

ちなみに、オープニングは
チャンネル桜のA君に
作ってもらったのですが、わたくしが、

「1〇PMのオープニングの
ノリでお願いします」

と依頼したところ、

「11〇Mって何ですか?」

と言われたのは軽くショックでした。

まあ、それはともあれ。

三橋TV 第1回
【安倍政権は嘘つき内閣である】
https://youtu.be/NG4M12vQJ6w

三橋TV 第2回
【消費税はなぜ国民に残酷なのか?】
https://youtu.be/2irWBZasRZw

上記動画コンテンツは、
チャンネル登録や視聴者数が伸びないと、
普通に終わってしまいますので、
是非ともご支援お願いいたします。

ちなみに、今後しばらく、
映像系のコンテンツが
(三橋TV以外にも)
立て続けにリリースされると思います。

しかも、なぜか全て女性との対談系です。

最近の男性とのお仕事は、
安藤裕衆議院議員と対談が最後でした。

官、いわゆる公務員と、
民間の「ビジネスマン」
との能力の差は何でしょうか。

そんなもの、パーソナル(個人)の
能力に依存するに決まっています。

「官はダメ、民間が正しい」

などと、固定観念を
持っている人は多いでしょうが、
それ嘘だから。

民間の企業
(主に外資系IT企業)を転々とし、
十社以上の職場を経験し、
かつ診断士として様々な企業を
この目で見てきたわたくしが
断言します。

官もダメだし、民もダメだから。

あるいは、官にもまともな人がいれば、
民にもまともな人がいる。

そんなこと、当たり前でしょ。

特に、「投資」に至っては、
官も民もほとんどダメ。

ほぼ、失敗します。

「いやいや、報道では成功した
民間のプロジェクトが
紹介されているではないか」

と、思われたかも知れませんが、
それは「万の失敗」の中で、唯一、
成功したプロジェクトが
記事になっているだけですから。

一つの成功の背後には、
数えきれないほどの失敗
「投資」があるのです。

てかな、

「官はダメだ! 民がいい!」

などといった低劣な
レトリックを使う人は、
わたくしのように十社以上の
民間企業勤めを経験してから
言ってください。

実際に十社以上に勤めると、
ミクロはともかく、マクロで見れば
「民も官もダメ。民も官も良い」
という現実を理解できます。

『ノーベル賞受賞・本庶教授
「ばらまき」発言のウラ
官僚が研究資金の「選択と集中」
できるなんてウソ
https://www.zakzak.co.jp/soc/news/181010/soc1810100002-n1.html?ownedref=rensai_not%20set_newsList

ノーベル医学・生物学賞の
受賞が決まった本庶佑(ほんじょ・たすく)
京都大学特別教授が、研究資金について
「もうちょっとばらまくべきだと思う」
と発言したことが話題になっている。

研究資金はなぜ増えていないのか。

それは誰のせいか。

本庶教授といえば、
「オプジーボ」というがんの薬の
開発につながった研究で有名だ。

人の体が本来持っている免疫で
がん細胞を攻撃させる治療薬で、
そのおかげでがんになっても
長く生きる人が増えている。

自然科学の基礎研究への
財政資金や人材の投入に関しては、
現状では本庶教授が主張する
「ばらまき」ではなく、
「選択と集中」が実施されている。

だが、そもそも官僚が研究資金の
「選択と集中」をできるというのは
ハッキリ言えばウソである。

官僚に限らず、
誰もそんなことはできない。

本庶教授も記者会見の中で、

「何が正しいのか。

何が重要なのかわからないところで、

『この山に向かってみんなで攻めよう』

ということはナンセンスで、
多くの人にできるだけ、
たくさんの山を踏破して、
そこに何があるかをまず理解したうえで、
どの山が本当に重要な山か、
ということを調べる」

と述べている。(後略)』

高橋洋一氏が、

「官僚に選択と集中など
(正しくは)できない」

という正論を述べています。

本寄稿について、
特に文句をつけたい
わけではないのですが、
高橋氏が書いていないことが
一つあります。それは、

「官は正しい選択と集中はできず、
民も正しい選択と集中はできない」

という話です。

「いや、民間は利益のために頑張るので、
正しい選択と集中はできる!」

と、反駁したい人はいるでしょうが、
もしそうだったとしても、
そんなもの「誤差レベル」ですから。

利益目的で無謀な投資に邁進し、
倒産した企業をいくつも
見てきたわたくしが保障します。

官はできない。

でも、民間は「常に」
正しく選択と集中ができる
というならば、倒産する企業は
なくなるでしょう。

というか、「確実に成果(利益)が出る」と
100%保証できる投資があるなら、
是非とも教えて下さい。

わたくしが投資します。

もっとも、100%儲かる、
は無理でも、
「100%に近いほど儲かる」
投資はあるわけです。

すなわち、公共サービスの
コンセッションやPFIです。

何しろ、公共サービスは
確実に需要があります。

かつ、デフレであっても、
さすがに需要の縮小は低減されます。

人間は、例えば水を飲まない
わけにはいきませんので。

デフレで実質賃金が下がっているから、
水を飲まない。

という人間はいません。

その「確実に需要がある公共サービス」に、
公共サービスの継続性を
担保しない民間企業を
「新規参入」させるって、
それってただのレントシーキングだろ。

利益にならなければ
「撤退」する株式会社を、
公共サービスに入れるなよ。

というわけで、
この件ではわたくしと
高橋氏は常に対立するわけですが、
本記事における氏の
主張は正しいです。

結局のところ、
緊縮財政の路線が続く限り、
日本は科学技術に正しい支出ができず、
科学技術劣等国化
していくことになります。

高橋氏の主張通り、
数十年後の日本人の
ノーベル賞受賞者は「ゼロ」でしょう。

間違いありません。

科学技術劣等国化を回避したいならば、
緊縮財政路線と
決別しなければなりません。

まさに「緊縮財政」こそが、
日本を現在進行形で
亡ぼしつつあるのです。

関連記事

日本経済

【三橋貴明】どうでもいい目標が亡国をもたらす

日本経済

【施光恒】「多国籍企業中心主義化」と称すべき

日本経済

【三橋貴明】イギリスのEU離脱の是非を問う国民投票

日本経済

【三橋貴明】アメリカ・ファースト(前編)

日本経済

【三橋貴明】移民と国民の分裂

【三橋貴明】官も民も等しく良くもあり、ダメでもあるへの1件のコメント

  1. たかゆき より

    お前(日本)はもう 既に死んでいる。。

    現行憲法という毒を喰らったときから、、、

    毒を吐き出そうという意志は皆無のようですので

    あとは 死が訪れるまで 面白可笑しく

    土人の暮らしを楽しめば よろしい 鴨 ♪

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

週間ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】「10%消費税」が日本経済を破壊する―――そのメカ...

  2. 2

    2

    【小浜逸郎】消費税制度そのものが金融資本主義の歪んだ姿

  3. 3

    3

    【三橋貴明】残酷な消費税を本当に増税するのか

  4. 4

    4

    【三橋貴明】三橋TV始動(前編)

  5. 5

    5

    【三橋貴明】三橋TV始動(後編)

  6. 6

    6

    【三橋貴明】消費税のもう一つの「重大な問題」について

  7. 7

    7

    【上島嘉郎】ごまめの歯軋りでも

  8. 8

    8

    【藤井聡】「消費増税」すれば、「税収」が減ってしまいます。

  9. 9

    9

    【藤井聡】「反緊縮」は「反グローバリズム」と共に進めよ ~第...

  10. 10

    10

    【藤井聡】消費税は、「10%はもうしようがない」と諦めれば、...

MORE

月間ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】10%消費税増税の「凍結」:風は少しずつ、しかし「...

  2. 2

    2

    【藤井聡】「10%消費税」が日本経済を破壊する―――そのメカ...

  3. 3

    3

    【藤井聡】国土強靱化2.0:「財政」でなく「安心」のための防...

  4. 4

    4

    【藤井聡】「反緊縮」は「反グローバリズム」と共に進めよ ~第...

  5. 5

    5

    【藤井聡】消費税は、「10%はもうしようがない」と諦めれば、...

MORE

最新記事

  1. アジア

    【三橋貴明】帝国と民主国家の最終戦争が始まる

  2. 日本経済

    【三橋貴明】食の安全

  3. 日本経済

    【三橋貴明】消費税のもう一つの「重大な問題」について

  4. 政治

    【上島嘉郎】ごまめの歯軋りでも

  5. 日本経済

    【小浜逸郎】消費税制度そのものが金融資本主義の歪んだ姿

  6. 日本経済

    【藤井聡】「10%消費税」が日本経済を破壊する―――そ...

  7. 日本経済

    【三橋貴明】残酷な消費税を本当に増税するのか

  8. 日本経済

    【三橋貴明】三橋TV始動(後編)

  9. 日本経済

    【三橋貴明】三橋TV始動(前編)

  10. 日本経済

    【三橋貴明】官も民も等しく良くもあり、ダメでもある

MORE

タグクラウド