日本経済

2017年7月2日

【三橋貴明】交通インフラが「市場」を拡大する

From 三橋貴明

【近況】
最近、ますます「地方」講演が増え、新幹線や特急、飛行機に乗りまくっています(現在は、長門市にいます)。

金曜日には長野県(茅野市)で講演をしたのですが、ある意味で長野は日本の縮図です。
つまりは、過激な公共投資削減により、地域が統合されておらず、市場が分断されてしまっています。

面積が大きい上に、交通インフラが貧弱であるため、
経済圏が長野市、松本市、佐久市、茅野市、飯田市など、エリア毎にバラバラなままです。

以前、「亡国の農協改革」を書いた際に、長野市、飯田市、茅野市と一日で回ったのですが、大変でした。

さらに、長野県は「日本の中心」に位置する割に、
他県との間の交通インフラも不十分な箇所が多く(何しろ、広いので)、「市場」に制限がかけられてしまっています。

現在、静岡市から甲斐市を経由し、
佐久市に至る中部横断自動車道の工事が進んでいます(2019年、開通予定)。

中部横断自動車道が開通すると、
例えば佐久の農家の「取れたてレタス」の市場規模が、現在の1700万人から、
3500万人へと倍増することになるのです。

現在は、首都圏の中心部しか「市場」にできていないのが、静岡県及び名古屋圏などの人口密集地へと広がるためです。

無論、逆も真なりで、名古屋圏や静岡、
山梨の製品やサービスの市場が、長野県の佐久市や軽井沢へと広がっていくでしょう。

交通インフラで地域同士を結び付けることで、日本は全体として経済成長することが可能です。

インフラ未整備であるため、地方の交通インフラ整備のストック効果は、
むしろ「大きい」と表現できるのかも知れません。地方のインフラが脆弱なことを、
「だからダメなんだ~(ダメなのですが)」
と嘆くのみではなく、
「だからこそ、むしろ地方のインフラ整備によるフロー(所得)創出効果やストック(資産)効果は、大きい」
と、認識する「発想の転換」が、現在の我が国には必要だと思うのです。

◆メディアソフトから三橋貴明監修「図解 今が地政学でわかる! リアルな新世界地図 」が刊行になりました。
http://amzn.to/2txyWLU

◆採図社「生産性向上だけを考えれば日本経済は大復活する  シンギュラリティの時代へ」が刊行になりました。
http://amzn.to/2qf0rck

◆徳間書店「今や世界5位 「移民受け入れ大国」日本の末路: 「移民政策のトリレンマ」が自由と安全を破壊する」が刊行になりました。
http://amzn.to/2r2hj9K

◆「月刊WiLL (ウィル) 2017年 8月号 」に、連載「反撃の経済学 デフレ型経済成長」が掲載されました。
http://amzn.to/2swtdF7

◆週刊アサヒ芸能 連載 列島報告書 第123回「メディアにあふれる「プロパガンダ手法」をまとめてみた‼」
http://www.asagei.com/

◆週刊実話 連載「三橋貴明の『マスコミに騙されるな!』」 第228回「PB黒字化目標で「小国化」する日本」
なお、週刊実話の連載は、以下で(二週遅れで)お読み頂くことが可能です。
http://wjn.jp/article/category/4/

◆有料メルマガ 週刊三橋貴明 Vol423 なぜ日本は技術小国化したのか
http://www.mag2.com/m/P0007991.html
プライマリーバランス黒字化目標は、日本を技術小国化させていっています。

◆メディア出演

7月5日(水) 6時から文化放送「おはよう寺ちゃん活動中」に出演します。
http://www.joqr.co.jp/tera/

7月6日(木) 7時からTOKYO MX「モーニングCROSS」に出演します。
http://s.mxtv.jp/morning_cross/

7月8日(土) チャンネル桜「日本よ、今…「闘論!倒論!討論!」 に出演します。
http://www.ch-sakura.jp/programs/program-info.html?id=1655

◆三橋経済塾
7月15日(土)三橋経済塾第六期第七回講義のお申し込み受付を開始しました。
http://members6.mitsuhashi-keizaijuku.jp/?p=2037
ゲスト講師は鈴木宣弘先生(東京大学大学院農学生命科学研究科教授)!

◆チャンネルAJER 更新しました。
『デフレを深刻化させる竹中指標①』三橋貴明 AJER2017.6.27
https://youtu.be/EUoVu73TIEY

関連記事

日本経済

【藤井聡】GDP600兆円のために、今必要な景気刺激策の「規模」とは?

日本経済

【三橋貴明】道州制

日本経済

【三橋貴明】寒波来る

日本経済

【藤井聡】デフレからの「脱出速度」は、「一ヶ月で1兆円強」の需要拡大

日本経済

【三橋貴明】次なる「目くらまし」は・・・?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

週間ランキング

  1. 1

    1

    【三橋貴明】民主主義国「日本」最悪の問題

  2. 2

    2

    【三橋貴明】おカネとは何なのか?

  3. 3

    3

    【小浜逸郎】技術文明との向き合い方

  4. 4

    4

    【三橋貴明】またもや「デフレ型」経済成長

  5. 5

    5

    【三橋貴明】実質消費の四年連続減少が意味するもの

  6. 6

    6

    【三橋貴明】イタリアの「国の借金」問題

  7. 7

    7

    【藤井聡】危機と対峙する保守思想誌、『表現者クライテリオン』...

  8. 8

    8

    【竹村公太郎】西部邁先生の教え

  9. 9

    9

    【三橋貴明】人手不足のリスクとチャンス(前編)

  10. 10

    10

    【三橋貴明】移民問題の「国民 対 国民」

MORE

累計ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】大阪都構想:知っていてほしい7つの事実

  2. 2

    2

    【藤井聡】「公明党・大阪市議団が日本を破壊する」というリスク...

  3. 3

    3

    【藤井聡】「橋下入閣」は、日本に巨大被害をもたらします。

  4. 4

    4

    【藤井聡】「日本が再び、被爆国となる」という、今そこに在る危...

  5. 5

    5

    【三橋貴明】人間の屑たち

最新記事

  1. 日本経済

    【上島嘉郎】「移民立国」こそ時代に逆行

  2. 日本経済

    【三橋貴明】人手不足のリスクとチャンス(前編)

  3. 日本経済

    【三橋貴明】実質消費の四年連続減少が意味するもの

  4. 欧州

    【三橋貴明】イタリアの「国の借金」問題

  5. 日本経済

    【三橋貴明】民主主義国「日本」最悪の問題

  6. 日本経済

    【三橋貴明】おカネとは何なのか?

  7. 欧州

    【三橋貴明】移民問題の「国民 対 国民」

  8. 日本経済

    【三橋貴明】またもや「デフレ型」経済成長

  9. コラム

    【小浜逸郎】技術文明との向き合い方

  10. 日本経済

    【三橋貴明】日本国の縮図

MORE

タグクラウド