アジア

2016年8月18日

【三橋貴明】尖閣諸島のリスク

From 三橋貴明@ブログ

———————————————

【PR】

2016年7月12日、
南シナ海に対する中国の領有権主張や人工島の建設などが国際法に反するとして、
フィリピンが中国を相手に提訴した裁判で、オランダのハーグにある常設仲裁裁判所は、
中国の主張に法的根拠がないとの判断を示した。

これに対して、中国は強く反発し、強硬な姿勢を崩していない。

また、8月6日には、日本の尖閣諸島周辺に中国の漁船約230隻が侵入し、
同日、中国の爆撃機が南シナ海を飛行するなど、挑発的な行為を続けている。

この先、中国の国際的立場はどうなっていくのか。それによって、日中関係はどうなるのか。

三橋貴明が、まずは現状を冷静に分析し、日本の強みと中国の弱点を炙り出し、日本が取るべき道を探っていく。

月刊三橋最新号
「日中冷戦〜誰が日本を追い詰めたのか?」
http://www.keieikagakupub.com/sp/CPK_38NEWS_C_D_1980/index_mag.php

———————————————

【今週のNewsピックアップ】

 昨年、刊行した「繁栄の絶対法則 」で、日米安全保障条約について、
『具体的な手法としては、たとえば、中国が、
「漁民に扮した軍人(等)を一万人、漁船千隻に乗せ、尖閣諸島に『緊急避難』させる」
 といったケースになる。この種の「グレーゾーン」な事態は、日米安保条約第五条でいう「武力攻撃」に該当するのだろうか』
 と書きました。

 現実に、中国は8月6日に漁船230隻を尖閣諸島周辺海域に送り込み、それ以降も中国の公船数隻の接続水域・領海への侵入が繰り返されています。

『尖閣沖の領海に中国当局船4隻が一時侵入
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160817/k10010639381000.html
 17日午前、沖縄県の尖閣諸島の沖合で、中国当局の船4隻が、2時間近くにわたって日本の領海に侵入しました。その後4隻とも領海を出ましたが、このうち3隻はすぐ外側の接続水域を航行しているということで、海上保安本部が警戒と監視を続けています。
 第11管区海上保安本部によりますと、日本の領海のすぐ外側にある接続水域に入っていた中国海警局の船4隻が、17日午前10時すぎに久場島の北から相次いで領海に侵入しました。
 海上保安本部が領海から出るよう警告しましたが、4隻はおよそ1時間40分にわたって領海内を航行したあと、正午ごろまでにいずれも領海から出ました。
 午後3時現在、4隻のうち3隻は魚釣島の西南西およそ31キロから32キロにかけての、日本の接続水域を航行しているということです。
 中国当局の船が領海に侵入したのは今月9日以来8日ぶりで、海上保安本部は、再び領海に入らないよう警戒と監視を続けています。(後略)』

 産経新聞の報道によると、8月上旬に尖閣周辺に集まった漁船に、少なくとも100名以上の海上民兵が乗り込んでいたとのことです。漁船に乗っている「漁民」といえども、中国共産党の手先というわけです。

 彼ら海上民兵は、軍事訓練を受けているのに加え、我が国への憎しみを増幅させるための思想教育も受けているとのことでございます。「反日」の洗脳を受けた民兵が、漁民のふりをして尖閣諸島という我が国固有の領土に押し寄せている。これが、日本国の現実です。

 よくよく考えてみると当たり前で、福建省などの港から尖閣に到達するには、約20時間かかります。しかも、大量の燃料を消費することになるわけです。

 現実問題として、中国の漁民が尖閣諸島で「漁」をしようとしても、ビジネスとしてペイするはずがありません。
 結局、漁船だろうが何だろうが、尖閣諸島に訪れる中国船は「領海侵犯」自体が目的なのです。つまりは、侵略行為です。

 冗談でも何でもなく、次の中国が打ってくる手は、「尖閣諸島への緊急避難」の可能性があります。一万人は大げさでも、例えば100名の中国の漁民(に扮した海上民兵)が尖閣諸島に「難を避ける」と上陸したとき、我が国はいかなる対処ができるのでしょうか。

 いわゆる「グレーゾーン」問題ですが、もはや中国民兵の「尖閣上陸」は、空想上の出来事ではなく、目の前にある危機としてとらえるべきでしょう。

 尖閣諸島に「緊急避難」した海上民兵たちは、小屋を作り、そこに定住しようとします。日本が対応に戸惑っているうちに、建物はコンクリート製に代わり、中国漁船用の岸壁が造られ、ふと気が付いたときには中国の実効支配下に陥ってしまう。
 フィリピンがミスチーフ礁でやられたのが、まさに↑これです。
 もっとも、何度も書いていますが、尖閣諸島の問題に対しては、日本側としては「解決策」があります。自衛隊などの公務員を常駐させることです。

 2012年の衆院選で、自民党は「尖閣への公務員常駐」を公約に掲げましたが、政権を取って以降は「放置」状態になってしまいました。

 もちろん、実際に日本が尖閣諸島に自衛隊を常駐させると、中国側から物凄い反発を受け、中国国内では反日デモが相次ぐことになるでしょう。とはいえ、「中国の反発」のリスク(どうせ、一時的なものです)の方が、将来的に尖閣を実効支配に置かれ、軍事衝突に突入せざるを得ないリスクよりもはるかに小さくて済みます。

 現在の日本は、尖閣諸島において「短期的な小さなリスク」を恐れ、長期的に取り返しがつかないレベルのリスクを負う道を突き進んでいるように見えるのです。

 尖閣諸島に、公務員を常駐させ、長期的で危険度が高いリスクを回避しなければなりません。

ーーー発行者よりーーー

2016年7月12日、
南シナ海に対する中国の領有権主張や人工島の建設などが国際法に反するとして、
フィリピンが中国を相手に提訴した裁判で、オランダのハーグにある常設仲裁裁判所は、
中国の主張に法的根拠がないとの判断を示した。

これに対して、中国は強く反発し、強硬な姿勢を崩していない。

また、8月6日には、日本の尖閣諸島周辺に中国の漁船約230隻が侵入し、
同日、中国の爆撃機が南シナ海を飛行するなど、挑発的な行為を続けている。

この先、中国の国際的立場はどうなっていくのか。それによって、日中関係はどうなるのか。

三橋貴明が、まずは現状を冷静に分析し、日本の強みと中国の弱点を炙り出し、日本が取るべき道を探っていく。

月刊三橋最新号
「日中冷戦〜誰が日本を追い詰めたのか?」
http://www.keieikagakupub.com/sp/CPK_38NEWS_C_D_1980/index_mag.php

関連記事

アジア

【小浜逸郎】静かな侵略

アジア

【三橋貴明】チャイナ・グローバリズムの脅威(前編)

アジア

【三橋貴明】中国不要論 前編(「日本の男たち」が格好いい)

アジア

【小浜逸郎】日本人よ、外国人観光客誘致などに浮かれるな

アジア

【三橋貴明】新環境と「There are no alternatives!」

【三橋貴明】尖閣諸島のリスクへの5件のコメント

  1. きらきら より

    その通りだと思います。今、ヘイトスピーチ規制法のせいで、中国の脅威について発言しようにも、逮捕されるのが怖くて、非常に発言しにくい状態です。この法案ができてから、竹島、尖閣と問題が起きており、タイミング的に絶妙すぎ、怖いものがあります。最後に、足を引っ張るなと言われても、西田昌司だけは絶対にゆるさない。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  2. あまき より

    断固支持の安倍政権に尖閣接近を断固拒否されているという滑稽な現状を、政権発足当時より実に多くの人々が指摘し、所管所轄に食ってかかるのはお門違いではと述べていた。ところがこの政治運動家は、運動に参加せず運動を支持せずして安倍さん批判をする輩は口舌の徒であると斬って捨て、あろうことか、自身に対する批判意見を放送で紹介し、こういう類いは削除していると公言して、委員会友の会の入会を訴えデモ参加を訴えた。これでは贖宥状を実演販売しているようなものだ。無知とは物事を知っていると思い込んでいる人を襲う病気であるとチェスタトンは言ったそうだが、自己愛と自己肯定が過ぎるあまり虚心を忘れたワンマン経営者の陳腐な典型を、私はこの傑出した快男児に見出だしたくない。どうか、着々と常駐を命じ、対象船舶の撃沈をしかと命じて(同盟相手国には相手の出方次第では沈めるかもしれないと匂わせるくらいのことは最低でもして)ほしい。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  3. yuu より

    今伊藤貫さんが一時帰国されて西部ゼミナールに出演されてるそうだから様々な話が聞けるのではないかと。 日本が誇るリアリスト伊藤貫さんの情報は大変貴重だし、良識ある日本人なら視聴しないといけないでしょうな。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  4. たけちゃん より

    三橋先生 アメリカ様が一声かけてくれたら支那朝鮮人はビビッちまうから安倍晋三君は左団扇なのでしょう。その証左に防衛相の稲田BBAはジブチに嬉々としてハワイ旅行みたいな格好で行くし、アホ安倍晋三は山梨別荘で寿司友マスゴミと巣鴨プリズン仲間の日本財団笹川某とゴルフ三昧だし、秋国会での売国法案TPP成立に余念がないのでしょう。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  5. たかゆき より

    日本は 独立国か??否、、、被占領国被占領国が 独自の外交や軍事行動が可能か??不可能。。竹島や北方四島のように尖閣諸島も 占領されるとぼくは 確信しております(アメリカの許可なしには 弾一発さえ撃てないでせう)これが 被占領国の現実自国の領土を防衛し取り戻すことすらできませんまずは 悲しい現実を直視することが肝要かと。。。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

週間ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】「10%消費税」が日本経済を破壊する―――そのメカ...

  2. 2

    2

    【小浜逸郎】消費税制度そのものが金融資本主義の歪んだ姿

  3. 3

    3

    【三橋貴明】残酷な消費税を本当に増税するのか

  4. 4

    4

    【三橋貴明】三橋TV始動(前編)

  5. 5

    5

    【三橋貴明】三橋TV始動(後編)

  6. 6

    6

    【上島嘉郎】ごまめの歯軋りでも

  7. 7

    7

    【三橋貴明】消費税のもう一つの「重大な問題」について

  8. 8

    8

    【藤井聡】「消費増税」すれば、「税収」が減ってしまいます。

  9. 9

    9

    【藤井聡】「反緊縮」は「反グローバリズム」と共に進めよ ~第...

  10. 10

    10

    【藤井聡】消費税は、「10%はもうしようがない」と諦めれば、...

MORE

月間ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】10%消費税増税の「凍結」:風は少しずつ、しかし「...

  2. 2

    2

    【藤井聡】「10%消費税」が日本経済を破壊する―――そのメカ...

  3. 3

    3

    【藤井聡】国土強靱化2.0:「財政」でなく「安心」のための防...

  4. 4

    4

    【藤井聡】「反緊縮」は「反グローバリズム」と共に進めよ ~第...

  5. 5

    5

    【藤井聡】消費税は、「10%はもうしようがない」と諦めれば、...

MORE

最新記事

  1. アジア

    【三橋貴明】帝国と民主国家の最終戦争が始まる

  2. 日本経済

    【三橋貴明】食の安全

  3. 日本経済

    【三橋貴明】消費税のもう一つの「重大な問題」について

  4. 政治

    【上島嘉郎】ごまめの歯軋りでも

  5. 日本経済

    【小浜逸郎】消費税制度そのものが金融資本主義の歪んだ姿

  6. 日本経済

    【藤井聡】「10%消費税」が日本経済を破壊する―――そ...

  7. 日本経済

    【三橋貴明】残酷な消費税を本当に増税するのか

  8. 日本経済

    【三橋貴明】三橋TV始動(後編)

  9. 日本経済

    【三橋貴明】三橋TV始動(前編)

  10. 日本経済

    【三橋貴明】官も民も等しく良くもあり、ダメでもある

MORE

タグクラウド