アジア

2016年3月20日

[三橋実況中継]ベトナムで学んだこと

From 三橋貴明

———————————————

【PR】

1000兆円を超える借金をした犯人は一体誰か?
そして、一体誰がそんな大金を貸しているのか?

その答えはこちら
http://www.keieikagakupub.com/sp/38DEBT/index_mag2.php

———————————————

【近況】

無事、ベトナムから帰国いたしました。

行きも帰りも単行本の原稿を書いていたため、あっという間という印象でございました。実際には、片道4時間半かかるのですが。
外国に行くと、むしろ「日本」のことが色々と見えてきます。例えば、ベトナムのハノイは相変わらずバイクで溢れ返っていますが、日本が同じような状況になったことは過去に一度もありません。

理由は、我が国が戦前から鉄道大国であり、東京都(当時は東京府東京市)など大都市部の住民であっても「鉄道」と「徒歩」での移動が基本だったためです。

もちろん、東京圏はバイク氾濫がない代わりに、満員電車という弊害が発生しています。東京圏は公共交通機関の投資により人口が過剰になり、東京一極集中の解消が課題になっています。

ところで、ハノイのサービス業はベトナム最大の都市であるホーチミン市にサービスを提供することができません。理由は、ハノイ−ホーチミン間のインフラが脆弱極まりないためです。

ハノイから製品をホーチミンに輸送すると、下手をすると「四日」かかるときすらあるそうです。
というわけで、ハノイ−ホーチミン間に新幹線が整備されると、両市がおよそ6時間で結ばれます。現状と比べると、「市場が一体化」したと表現しても構わないほどの状況になるのです。

もちろん高速道路も再整備(あるにはあるのですが・・・)し、両市の物流が滞らないように資する必要があります。
すると、ハノイのサービス業がホーチミンの顧客にサービスを供給することが可能になります。逆もまた、真なりです。

日本にしても、新幹線「網」や高速道路「網」を整備することで、人口集中を回避しつつ、サービスの市場を統一することが可能になるのです。

というわけで、ベトナムで交通インフラの重要性を再認識してきた三橋貴明でした。

◆3月19日、三橋経済塾第五期第三回講義が開催されました。
第三回のゲスト講師はこのタイミングで青木泰樹先生! インターネットからは一週間ほどで視聴可能となります。
三橋経済塾のコンテンツを視聴するには、事前にご入塾が必要です。
http://www.mitsuhashi-keizaijuku.jp/

◆一般参加可能な講演会のお知らせ

2016年4月10日(日)12時から 日台親善シンポジウム「台湾の対中経済政策を考える」
https://f35992faa456ac63f123cd71b3.doorkeeper.jp/events/38914

◆徳間書店から「日本「新」社会主義宣言: 「構造改革」をやめれば再び高度経済成長がもたらされる」が刊行になりました。
http://www.amazon.co.jp/dp/419864022X/

◆PHP研究所から「生産性を高めるために私がしていること、考えていること」が刊行になりました。
http://www.amazon.co.jp/dp/4569827969/

◆週刊アサヒ芸能 連載「三橋貴明の列島丸わかり報告書」第六十一回「自ら関税自主権を捨て、属国化に進んでいるのが、現在の日本だ」
http://www.asagei.com/

◆週刊実話 連載「三橋貴明の『マスコミに騙されるな!』」第167回「長期金利マイナス0.1%!」
なお、週刊実話の連載は、以下で(二週遅れで)お読み頂くことが可能です。
http://wjn.jp/article/category/4/

◆Klug連載 三橋貴明の「経済ニュースにはもうだまされない」 第349回 ラストチャンス
http://www.gci-klug.jp/mitsuhashi/2016/03/15/025433.php

◆有料メルマガ 週刊三橋貴明 〜新世紀のビッグブラザーへ〜 週刊三橋貴明 Vol356 サービス業と人口集中
http://www.mag2.com/m/P0007991.html
なぜ、東京圏が世界最大の経済規模に膨れ上がったのか、その秘密を解き明かします。

◆メディア出演

3月23日(水) 6時から文化放送「おはよう寺ちゃん活動中」に出演します。
http://www.joqr.co.jp/tera/

◆三橋経済塾

三橋経済塾第五期 第三回講義は3月19日に開催。ゲスト講師は青木泰樹先生でした。
http://members5.mitsuhashi-keizaijuku.jp/?p=1472

◆チャンネルAJER
『高度成長期を知ろう1』三橋貴明 AJER2016.3.15
https://youtu.be/DoOeeMOAMNQ

ーーー発行者よりーーー

国の借金1000兆円を超えた!!と騒がれているが
「誰が」「誰に」借金をしているのか、、、
マスコミはそれを伝えているだろうか?
日本国民はそれを知っているだろうか?

国の借金問題の真実を知りたいなら
こちらをクリック↓↓
http://www.keieikagakupub.com/sp/38DEBT/index_mag2.php

関連記事

アジア

【三橋貴明】北海道新幹線の開業効果

アジア

[三橋実況中継]指標の定義

アジア

[三橋実況中継]全国民が豊かになる 最強の地方創生

アジア

[三橋実況中継]マクロ問題解決能力

アジア

[三橋実況中継]需要から目を背けている

[三橋実況中継]ベトナムで学んだことへの1件のコメント

  1. 學天測 より

    世界だろうが国土だろうが地域だろうが、企業だろうが家庭だろうが個人の体でであろうが、組織活動のサイクルを早くする基幹的な場所から手を付けていく事が大事ですねw情報通信網、航空路線、高速鉄道、高速道路がんばりましょう。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

まだデータがありません。

累計ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】大阪都構想:知っていてほしい7つの事実

  2. 2

    2

    【藤井聡】「公明党・大阪市議団が日本を破壊する」というリスク...

  3. 3

    3

    【藤井聡】「橋下入閣」は、日本に巨大被害をもたらします。

  4. 4

    4

    【三橋貴明】人間の屑たち

  5. 5

    5

    【藤井聡】「日本が再び、被爆国となる」という、今そこに在る危...

最新記事

  1. 日本経済

    【島倉原】緊縮財政が招いた製造業の綻び

  2. 政治

    【佐藤健志】天高く総崩れの秋

  3. 日本経済

    【藤井聡】クルマを捨ててこそ地方は甦る

  4. 日本経済

    【三橋貴明】財務省が日本を滅ぼす」刊行間近!

  5. 日本経済

    【三橋貴明】道州制

  6. 日本経済

    【青木泰樹】国債発行は将来世代の負担ではない

  7. 日本経済

    【施光恒】国民経済を重視したエコノミストの迫力

  8. 日本経済

    【小浜逸郎】日本からはもうノーベル賞受賞者は出ない?

  9. 日本経済

    【佐藤健志】感情的貨幣論と風水的財政政策

  10. アジア

    【藤井聡】「日本が再び、被爆国となる」という、今そこに...

MORE

タグクラウド