アーカイブス

2015年5月15日

【柴山桂太】「大阪市民」の権利とは?:失ったものは戻らない

From 柴山桂太@京都大学准教授

——————————————————-

●●三橋貴明が実践する経済ニュースを読む技術とは?
http://keieikagakupub.com/lp/mitsuhashi/38NEWS_CN_mag_3m.php?ts=hp

——————————————————-

大阪市の住民投票が近づいてきました。すでに多くの論者が指摘しているように、今回の住民投票はあくまでも「特別区設置協定書」の是非を問うものであり、賛成多数となったからといっていきなり「大阪都」になるわけではありません。

今回決まるのは、これまで大阪市に認められてきた税限と財源の仕組みが、まったく新しい制度のもとに作りなおされる、ということだけです。大阪市は政令指定都市でなくなり、五つの特別区に分割再編されます。このことの是非についてはいろいろな論評がありますが、市が特別区に「格下げ」されるのは間違いないところです。政令指定都市ではなくなるわけですから、これは当たり前のことと言えます。

他にも、特別区の設置に初期費用(六〇〇億円以上)がかかるのも確かです。また、特別区になれば大阪府および区間の「財政調整」が必要になりますが、具体的にどのようなルールに基づいてそれが行われるのかは、協定書を読むかぎりはまだ決まっていないようです。新制度の移行に伴う未知の部分は他にもありますが、政令指定都市を解体した前例がない以上、これは避けられないことでしょう。問題は、この「社会実験」のコストを上回るだけのメリットなり利益が、本当にあるのかどうかということです。

大阪府の権限を強めることのメリットは、橋下市長がテレビCMなどで盛んに宣伝してきました。逆に今回の構想の危険性についても、多数の指摘が行われています。
http://satoshi-fujii.com/scholarviews/

最終的には住民の判断ですので、あとは有権者が判断すればよいことですが、気になる点を二つほど。

まず、反対派は「対案を出せ」という推進派の物言いです。今回の住民投票は、行政が提案した改革案を受け入れるか、拒否するかを問うものであって、対案や代替案を検討するものではありません。住民投票とはそのようなものでしょう。ここで参考になるのは、政治哲学者のマイケル・オークショットの次の言葉です(『政治における合理主義』)。

「改革による利益と損失は、後者が確実に生ずるものであるのに対し、前者はその可能性があるに過ぎない。したがって、提案されている変化が全体として有益なものと期待して良い、ということを示す挙証責任は、変革を唱えようとする側にある。」

変革が有益だということを示す「挙証責任」は推進派が負うべきである。これはどんな改革についても言えることで、今回も例外ではありません。

また、推進論の中には「(やってダメなら)法律を作って元に戻せばいい」というものがありますが、これは無理筋の議論です。元に戻すということは、特別区を政令市にふたたび「格上げ」するということですが、今のところそういう法律はありません。例えば以下の記事。
http://www.sankei.com/west/news/150512/wst1505120025-n1.html

「現行法令上、政令市になるには「市」であることが前提で、「特別区が市に戻るための規定はない」(総務省担当者)という。政令市になるには「人口100万人以上」「既存の政令市と同程度の行政能力を持つ」などの条件を満たす必要があり、現実的にその“権利”を手にすることができるのは中核市だ。」

それに、大阪市が解体されるということは、大阪市の復活を決める「主体」がなくなってしまうことです。仮に復活を決める投票が法律上可能だったとしても、もうその時には、「大阪市民」は権利上、存在していません。

従って今回の投票は、「ダメでも元に戻せる」という可能性が排除された選択肢を、住民に突きつけるものです。その事実を十二分に踏まえた上で、投票に望まれるべきでしょう。

PS
「する必要のない一発勝負をしてはいけない」という考えにご賛同いただける方は、
こちらをクリック!
http://www.keieikagakupub.com/sp/CPK_38NEWS_C_D_1980/index_sv.php

関連記事

アーカイブス

【三橋貴明】「生産性」を悪者扱いするなかれ

アーカイブス

【上島嘉郎】なぜ抗議しないのか

アーカイブス

【三橋貴明】緊縮財政という扇の要

アーカイブス

【三橋貴明】お金とインフレに関する社会的な誤解

アーカイブス

【藤井聡】「高圧経済」が日本を救う

【柴山桂太】「大阪市民」の権利とは?:失ったものは戻らないへの1件のコメント

  1. メイ より

     柴山先生の仰る通りだと思います。 学者さんの名簿に柴山先生のお名前がありましたね。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

最新記事

  1. 政治

    日本経済

    【室伏謙一】通常国会はコロナ対応国会ではなくコロナ・シ...

  2. コラム

    【竹村公太郎】なぜ日本人は小さいモノを愛するか-未来文...

  3. 政治

    日本経済

    【三橋貴明】緊縮財政の転換なしに、コロナ禍の収束はない

  4. 政治

    日本経済

    【三橋貴明】キッチンでも分かる「生産性向上」の本質

  5. 政治

    日本経済

    【藤井聡】「感染者数」抑止から「重症者数」抑止へと目標...

  6. 政治

    日本経済

    【三橋貴明】大東亜戦争とコロナ禍

  7. 政治

    日本経済

    【三橋貴明】繰り返される異様な政策と認識共同体

  8. 政治

    【施 光恒】なぜトランプ大統領は「知識人」に嫌われるの...

  9. アメリカ

    政治

    【小浜逸郎】米大統領選は民主主義の死をもたらした?

  10. 政治

    日本経済

    【藤井聡】緊急事態宣言の正しい出し方 ~今こそ、『感染...

MORE

タグクラウド