アーカイブス

2013年12月7日

【浅野久美】世界が見守る運命の抽選会

From 浅野久美@チャンネル桜キャスター_http://www.ch-sakura.jp/

————————————————————

●開講迫る 三橋経済塾2014
http://members.mitsuhashi-keizaijuku.jp/

※99%を不幸にする経済学の正体について学びます。

※月刊三橋会員は、三橋経済塾に特別価格で入会できます。
http://keieikagakupub.com/lp/mitsuhashi/38NEWS_video.php?ts=sidebar

————————————————————

『いやはや今年も速かったねえ』・・・たいていのオトナはこの時期になると一度は口にしますが、じゃこれを年末に10回言ったら10歳老いているってことじゃないですか。ああ恐ろしい。でも、それでも言わずにはいられないくらい年々速くなっていると感じるのが真っ当に生きているオトナというものです。

受験英語に出やすい言葉として「光陰矢の如し」TIME FLIES LIKE AN ARROW はたしか上位ランクだったような気がしますが、その意味を実感する気配も必要もなかったティーンの頃が、何故かとても懐かしい今日この頃(同窓会が多いのも理由の一つかな)。あの頃は怖いものなんて何一つなかったですからねえ・・・まあ、今もあまりないですけど。

思えばあんなに日本中が燃えたロンドンオリンピックでさえ、あれって昨年の夏・・ん、一昨年だったっけ? と確認し合うような具合。じゃ、北京オリンピックの口パクはその4年前か(そういえば張芸謀監督は子だくさんで罰金とか・・・ぷっ)、アテネとシドニーはどっちが先?・・・などと、記憶も益々ゆるゆるに。しかも4年_4で・・うきゃあ16年!なんて、オトナ同士は驚嘆の声を大げさにアゲながら、老化の傷を舐め合うわけですね。 時間の目盛りを数年単位で一区切りにすると、さらにひどく人生の刻みが加速しそうです。

何故大人になると時間の流れが速く感じられるのか・・・これには経験値の高さなどから新鮮な発見が少なくなり、時間の進みが平坦になるため・・など諸説あるそうですが、中でも、心拍数に関係がある、という研究がとても興味深いです。
大人になると心拍数が少なくなるので、時間が先に行ってしまうというのです。というわけで、運動して心拍を上げると、実際に時間の流れが遅く感じられるそうですよ。身体にもよいので、みなさんもしばし時計を隠して試してみませんか。
ま、でも無理して不整脈になってしまったら、それは緩急あり過ぎですね。

オリンピックは毎回命がけで観ていますが(命がけと言っても、連日眠らずにヘトヘト・・という程度の命がけですけど)、個人的にはワールドカップの4年刻みの方が、記憶が鮮明な分、振り返ると数倍速いし、現地観戦にしてもテレビ観戦にしてもさらに命がけだったりするのですよ。

ちなみにこのメルマガ、土曜日にアップされるということは、すでに2014年ワールドカップブラジル大会の組み合わせが数時間前に決まっているんですねえ。
我が日本代表のお相手はもちろんですが、あの強豪国たちがどの組に入るか・・・死の組で潰し合ってしまえ〜(最初から白熱して欲しいのです)などとあれこれ考えると、本日6日(明けて7日)深夜の抽選会、今からもう心拍数が上がっているせいか時間がなかなか過ぎません

で、試合でもないのにとても大切なこのお祭り、家でこぢんまり観るわけにはいかない、ということで、また仲間が集まって、スポーツバーやら誰かの家やらで盛り上がるのが、サッカーファンやフリークやツーやおたくたちの素っ頓狂なところなんですね。
しかも毎回12月に行われるのでちょうど忘年会シーズン。こういうチャンスを飲み会にして、それぞれがオリジナルや受け売りのノーガキを垂れ合うわけなのです。
こういう、何も産まないけど無責任で楽しい討論闘論倒論が、恐らく今夜、世界中で繰り広げられるはずですね。

今大会、私は現地に行くかどうかは未定ですが、何せブラジルは日本から見たら地球の裏側。4年に一度の観戦、とは言ってもただごとではありません。相手国と日程と会場が決まっているグループリーグだけでも日本戦は3回。突破して決勝トーナメントに上がり、さらに勝ったら(もちろん勝って欲しいのですが)、その試合を見届けずしてオメオメと帰れるのか・・・という悩ましい展開も。
上に上がっていくほど世界の強豪との一発勝負が観られるわけで、これは現場で応援することを想像するだけでも胸が躍ります。
しかし、まずは初戦、緊張感でカタくなりがちな代表選手たちを少しでもリラックスさせるためには、より大きなニッポンコールでの後押しが必要ですからね(イタいですか。大体みんなこういう目線です)。

日本代表が仮に準決勝や決勝に行かれるチームなら、最初からその頃の試合を狙う手もありですが、冷静に考えて今はまだまだ・・・このあたりは複雑ですよね(TSTという日本追っかけのチケットが当たった友達もいます・・羨ましい)。

ドイツのように、安全で節約滞在可能な国はとても楽でした(もちろん日韓大会も)。
高速鉄道での移動もスムーズなので、2006年の大会では、ドイツ各地で10試合観戦という、人生稀に見る大変幸せな時間を過ごしました(ごめんなさい、自慢です)が、観戦チケット以外は、かなり安く上がりましたっけ。

とはいえ、今回はベスト8は狙って欲しい(お相手次第では奇跡のベスト4もありなのかなあ)・・ということで、突破することを前提にすると、3週間以上は滞在が必要?・・・いやいや、このために4年間頑張って来たとはいえ、だいぶ厳しくなります(今年は海外に一度も行かず貯金)。
そして当然、日本戦だけでなく、本大会に行くからには他国同士の試合もいくつか観ないでは帰れません。しかし、リーグでの通過順位によっても、相手国と日程と試合の都市が変わってくるのですね。つまり、直前まで全然予定が立てられない、さあ大変。
ということで、今夜はとりあえず宝くじを買ってからスポーツバーに行く事にしましょう。

前回2010年は南アフリカ大会でした。バックパック旅行のような気楽な行動の出来る国ではなく、世界で有数の危険な国と言われるかの地では、行動も制約される上、何をするにもお金がかかりました。
私は日本対デンマーク戦、スペイン対チリ戦だけを観て帰る予定だったのですが、デンマーク戦での日本代表のあまりに美しい勝ち方を目の前にして、昂揚感はマックスに。当然次も参戦したくなります。当然です。

数日後に行われる決勝トーナメントのパラグアイ戦・・・でも、ここは最果ての地・・帰りの飛行機は変更が効かないチケットで破棄するしかない、さらにかかる時間とお金も倍になる・・・そう、ここで帰ってどうするの、絶対に悔いが残るはず・・・で、結局、地の果て南アに残ったわけです。
つまり、こういう場面では『この際だから』という、恐ろしい脳内のインフレを起こすわけですね(笑)。あとは、練習と称してブブゼラを吹き過ぎて、頭が酸欠状態になっていたせいもあるかもしれません。

結局、パラグアイ戦ではラストで駒野が外してPK負けはしましたが、スタジアムで観て本当によかったと思います。でもあれ、勝っていたら次の試合ではベスト8。それも観たかったな。
(しかし、あの時の、胸が潰れるようなやるせない気持ちは、来年ブラジルで決勝トーナメント一勝するまでレアのままです)

そういえば、試合の合間にビクトリアフォールを観光して来たという日本人が、ジンバブエの紙幣(たしか1000000000ジンバブエドル)を見せてくれました。私はこの時に、『超インフレ』でも『すっごいインフレ』でも『ハンパネーインフレ』でもなく、『ハイパーインフレ』という言葉があることを知りました。

ブラジルは、さらにオリンピックも控えていますからね。特需で活気の溢れる国になっていくのでしょうか。サッカー大国なのに、ワールドカップに反対するデモが頻発しているとか。失業率は少しずつ良くなっているとは聞きますが、治安は相当悪そうですね。

ま、何れにしても、ファンは今夜の抽選から本格的にワールドカップモードに入ります
天の配剤は如何に。まずは突破することが優先です。強豪ばかりのグループは、試合は楽しめるけど絶対に避けたいところ(でも、ちょっと観たいのも本音)。あとは北と南で気候差もかなり大きいブラジルでは、試合の開催都市も大きく影響されますね。

いよいよ今夜、しかも、あのジダンやカフーがドロワーになるそう。 カフーはいちばん好きだったサイドバックの選手です、感激!
ああ、なんだか落ち着きません。今日は喋っていないと病気になりそうなもので。
ほんと、長々とすみませんでした。

というわけで、来年はかなり心拍数が上がる年になりそうです。ってことは、少しはゆっくりと過ぎて行く一年になるのでしょうか。
世間は色々と厳しいニュースが溢れる状況なのに、今回は脳天気な自慢話ばかりですみませんでした。
ではでは、今年もあと僅かです。適度に心拍数を上げて、お元気でよい師走を!

PS
なぜ、韓国社会は崩壊してしまったのか?
なぜ韓国の自殺率は世界一高く、レイプと放火が多発しているのか?
無料Videoを公開中
http://keieikagakupub.com/lp/mitsuhashi/38NEWS_video.php?ts=sidebar

関連記事

アーカイブス

【藤井聡】大阪都構想(3):公権力者の「詭弁」がもたらす「言論封殺」

アーカイブス

【上島嘉郎】安倍談話に望むこと(その九)

アーカイブス

【青木泰樹】教科書経済学と現実のズレ

アーカイブス

【三橋貴明】【文庫化】コレキヨの恋文

アーカイブス

【藤井聡】「公明党・大阪市議団が日本を破壊する」というリスクについて

【浅野久美】世界が見守る運命の抽選会への1件のコメント

  1. 益田 浩史 より

    いつも楽しく拝読しています。今回の浅野久美さん@チャンネル桜キャスターのサッカー関連は特に面白かったです。日本代表の進化も勿論ですが、国内世論の声の豹変ぶりや、中村俊輔選手から本田圭佑選手への世代交代など、得るものが沢山あった大会だったと思います。基本的にスポーツ好きということもあり、鶴田正平さんの記事も大好きなのですが、これからもスポーツ絡みでご執筆いただければ有難いです(もし少数意見の場合は無視してください…)。これからも頑張ってください。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

週間ランキング

  1. 1

    1

    【三橋貴明】2018年 戦争へ向かう世界(前編)

  2. 2

    2

    【藤井聡】元経済学会会長と元日銀副総裁による「フェイクレポー...

  3. 3

    3

    【施光恒】伝統の意義と謙虚さ

  4. 4

    4

    【小浜逸郎】歴史用語削減に断固反対する

  5. 5

    5

    【三橋貴明】存在しない問題

  6. 6

    6

    【佐藤健志】「痩せ太り」の経済、デフレ型の幸福

  7. 7

    7

    【青木泰樹】濫用される経済論理

  8. 8

    8

    【三橋貴明】ルンバと議会制民主主義は似ている

  9. 9

    9

    【藤井聡】「賃上げ」のための7つの対策

  10. 10

    10

    【藤井聡】日本経済は3年以内に「どん底」に落ちる ~日本経済...

MORE

累計ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】大阪都構想:知っていてほしい7つの事実

  2. 2

    2

    【藤井聡】「公明党・大阪市議団が日本を破壊する」というリスク...

  3. 3

    3

    【藤井聡】「橋下入閣」は、日本に巨大被害をもたらします。

  4. 4

    4

    【藤井聡】「日本が再び、被爆国となる」という、今そこに在る危...

  5. 5

    5

    【三橋貴明】人間の屑たち

最新記事

  1. アジア

    【佐藤健志】慰安婦問題と日馬富士引退

  2. 日本経済

    【藤井聡】「賃上げ」のための7つの対策

  3. 日本経済

    【三橋貴明】存在しない問題

  4. 日本経済

    未分類

    【三橋貴明】経済学の効用

  5. 日本経済

    【青木泰樹】濫用される経済論理

  6. メディア

    【施光恒】伝統の意義と謙虚さ

  7. 政治

    【小浜逸郎】歴史用語削減に断固反対する

  8. 日本経済

    【佐藤健志】「痩せ太り」の経済、デフレ型の幸福

  9. 日本経済

    【藤井聡】元経済学会会長と元日銀副総裁による「フェイク...

  10. 日本経済

    【三橋貴明】2018年 戦争へ向かう世界

MORE

タグクラウド