アーカイブス

2012年12月3日

【三橋貴明】運命の月

FROM 三橋貴明

【今週のNewsピックアップ】
●運命の月
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-11416415236.html

●続 運命の月
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-11417197900.html

世界の運命を変えることになるであろう、
2012年12月という月が始まりました。

2009年8月30日。

日本国民は間違いをおかしてしまいました。

政策的に全く一致していないにも関わらず、
選挙互助会として一つの党を形成し、
さらには政権運用のノウハウを全く持たず、
加えて社会主義協会が事務局を握るという、
恐るべし政党「民主党」を政権の座につけてしまいました。

鳩山政権が成立し、

「CO2 25%削減を勝手に世界に宣言し、日本経済に冷や水を浴びせる」

「補正予算を3兆円凍結し、デフレ深刻化への口火を切る」

「日米中の正三角形論をぶち上げ、
アメリカの安全保障担当者を凍り付かせる」

「普天間問題についてオバマ大統領に『トラストミー』と言ってのけ、
『腹案がある』と弁解し、結局、何の案も解決策もなかったことが判明する」

と、日本の内政や経済、外交の破壊行為を始め、
同時に「外国人地方参政権」「人権侵害救済法」といった
「日本解体政策」に邁進を始めたのでした。

当時、民主党が衆議院も参議院も過半数を持っていたあの時期こそが、
戦後日本、最大の危機だったと言っても過言ではないでしょう。

当時、わたくしは有楽町で初めて街宣車の上に立ち、
マイクを握り、外国人地方参政権反対の声を上げました。

あの時、わたくし達の心の中にあったもの、
それは「悲痛」であり、「絶望」だったと思います。

完全に絶望に陥りつつも、それでも諦めきれず、
多くの日本国民が「あの時」動き出しました。

あれから三年の歳月が流れ去り、わたくしは12年11月24日、
再び「頑張れ日本!全国行動委員会」のイベントで有楽町に赴き、
街宣車の上でマイクを握りました。

わたくしが有楽町の街に轟き渡るような大声で演説をしていた時、
心の中に宿っていたもの。

それは、あの時、有楽町に集まった方々と同じ思いだと思います。

あの時、わたくし達の心の中にあったもの。それは「希望」でした。

三年前、絶望にさいなまされながらマイクを握ったときと比べ、
情勢は大きく様変わりしました。

とはいえ、これは別に神様が与えてくれた機会ではないと思います。

あの絶望の時期にありながら、決して諦めず、
気力を振り絞って立ち上がった日本国民が大勢いました。

そして、彼ら、彼女らに次々に新たな日本国民が加わり、
政治家が動き、ついに今、「正しい政策」を堂々と述べる総理大臣候補を、
わたくし達は抱いているわけです。

2012年12月という運命の月が来ました。

チャンスはわたくし達の目の前にあります。

後は、このチャンスにわたくし達、
日本国民一人一人がきちんと手を伸ばすのかどうか、
それで全てが決まります。

PS
2013年を占う三橋の最新刊です。
『2013年 大転換する世界 逆襲する日本』(税込1,680円)
三橋の歴史上、最高のペースで売れてます。
http://amzn.to/WI2YJP

関連記事

アーカイブス

[三橋実況中継]かつてのアテネのように

アーカイブス

【小浜逸郎】令和元年6月10日経済罪政諮問会議議事録

アーカイブス

【三橋貴明】総理大臣が勝てない敵

アーカイブス

【東田剛】大リストラの根本原因

アーカイブス

【古谷経衡】日本右傾化論の嘘

【三橋貴明】運命の月への1件のコメント

  1. 近藤欣司 より

     3年前に民主党政権が誕生した時、マニフェストであれもやる、これもやる・・で財源は・・既存の支出を見直し、シャッフルすれば必ず出て来る。であった。結果は見ての通り、収入は無いのに支出ばかり増え、消費税の増税を決定した。いずれ消費税の増税は避けられないものの、デフレ不況の今、そんなことに勢力を使う時期だったかと言いたい。日本のデフレ、円高不況は明らかな政策の失敗であり、消費税論議よりも先にすべきであった。景気が回復すれば、消費税増税論議ももっとスムースに進行した筈である。 さて、今回の衆議院選挙。野田氏が思ったより早く解散総選挙に持ち込んでくれたことは評価したい。民主党政権が1日でも長引けば長引くほど国家の損失が大きかったからだ。しかし、今回の選挙で私が心配するのは、小泉郵政選挙のような、「脱原発」「反TPP]、「反消費税増税」などといった「単一焦点」での選挙が繰り返されないかということだ。民主主義国家における最大の欠点は衆愚政治に堕ち入る事であり、国民の皆様には3年前の反省に立って、今度こそ「戦後政治からの脱却」「世界の中の日本としての国家の在り方」といった広い見地を含めた判断をして頂きたいものである。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

最新記事

  1. 日本経済

    【藤井聡】政府は100兆円の「新規国債」を発行し、国民...

  2. 日本経済

    【三橋貴明】貨幣観を正し、日本国を救おう

  3. 日本経済

    【三橋貴明】これは、本当にまずいことになっている

  4. 日本経済

    【藤井聡】「事業規模」という言葉に騙されるな! コロナ...

  5. 日本経済

    【小浜逸郎】自粛要請するなら損害補償をせよ!

  6. 日本経済

    【室伏謙一】今必要なのは冷静さ、過剰ではない適度な「自...

  7. 日本経済

    【三橋貴明】生き延びるための戦い

  8. 日本経済

    【三橋貴明】疫病恐慌曲線との戦争

  9. 政治

    【平松禎史】「霧につつまれたハリネズミのつぶやき」第六...

  10. コラム

    【施 光恒】カタカナ語氾濫の背後にあるもの

MORE

タグクラウド