アーカイブス

2012年12月5日

【東田剛】官僚の反逆

FROM 東田剛

11月28日、日本経済研究センターと
米ブルッキングス研究所がこんなシンポジウムを開催しました。

http://www.nikkei.com/article/DGXNASGM2806N_Y2A121C1FF1000/

この中で、ブルッキングス研究所のソリース氏が

「TPPに日本が参加しなければ米国は大きなダメージを受け、
TPP全体の成功もおぼつかなくなる」と指摘し、

「日本の参加は、日米同盟にとって極めて重要だ」

と強調したのだそうです。

TPPに日本が参加しないと米国は大きなダメージって、
それって、米国企業が日本の市場を獲れなくなるってことでしょ。

だって、米国は輸出を拡大して自国の雇用を増やすと、
オバマ大統領は演説してましたから。

日本が入らないと「TPP全体の成功もおぼつかなくなる」って・・・。

やっぱり、TPPのターゲットは日本だったんですね。

「日本の参加は、日米同盟にとって極めて重要だ」って、
これって、安保を盾にした脅し?

こう言うと、「それは陰謀論だ」「TPPお化けだ」って
批判する識者ぶった連中がいるけれど、
もちろん陰謀でもお化けでも、ありません。

「陰謀」ってのは隠れてやるもんです。

「お化け」は夜に出るもんです。

ところが、オバマもブルッキングス研究所も、
日本市場を喰いたいって、白昼堂々、言っているんです。

このシンポジウムでは、元外務次官の谷内正太郎氏が

「アジアの成長の活力を取り込み、
アジア回帰を進めるオバマ政権の(日本への)関心を
確保するためにもTPPは必要だ」

と表明したのだそうです。

オバマ政権の日本への関心って、
もちろん輸出先として、ってことですよ。

さらに谷内氏は、

「TPP推進では、野田首相と
自民党の安倍晋三総裁もそう違いはない」

という認識を示したのだそうです。

そういえば、アメリカ様が
TPPを選挙の争点にするなって言ってましたね。

「野田首相も安倍総裁もTPP推進でそう違いがないので、
争点になってません。民主党が負けても、
TPP反対は民意ではありませんよね。そうですよね。」

ってことね。

ブルッキングス研究所と言えば、そのホームページに、
「貿易政策でどうやって日本を改革するか」
と題された論文があります。

英語なので読むのが面倒な方は、
とりあえず、著者名だけご確認下さい。

有名なあの官僚の方です。

http://www.brookings.edu/research/articles/2002/07/10japan-munakata

この方は、
「韓国の1997年金融危機後の抜本的経済改革の経験から、
日本は多くを学ぶことができる」
と述べています。

IMFの外圧による韓国の構造改革を、手本とすべきだというのですね。

では、外圧で改革された韓国は、どう変わったのか、
データで見てみましょう。

1.株式市場での外国人の比率:

1997年末 約15% → 2004年初め 40%超

2.絶対貧困層(所得が最低生計費よりも低い層):
1996年 3.1% → 2003年 10%超

3.実質可処分所得の増加率:

個人部門約6%、企業部門約4.8%(1990〜97年)

個人部門約0.8%、企業部門約60%(2000〜04年)

これが外圧による改革の実態です。

それなのに、谷内氏も、TPPは国内改革の機会だと言うのです。

http://www.nippon.com/ja/currents/d00009/

この中で、こんなことも書いています。

「東日本大震災では、世界約160カ国が
日本への支援を申し出てくれたが、これが何を意味するのかといえば、
戦後の日本が第2次世界大戦の痛手から国家を再建し、
かつ、国際社会に大きな貢献をしたことに対する
世界各国の感謝の気持ちの表れであっただろう。

(中略)世界各国は、日本が分岐点に立っていることを
認識しているゆえに、「日本がんばれ」と
言っているのではないかと思う。
こうした声援に応えるためにも、
日本は積極的にTPPに参加すべきである。」

各国の被災地への支援に応えるために、日本はTPPに参加すべきなんだって〜。

この人、外務次官だったんだって〜。

これで外務次官がつとまるなら、
俺、AKB48のセンターとれますね。

いや〜、霞ヶ関の官僚って、優秀なんですね〜。

日本の未来は明るいわ。

PS
なぜ、官僚たちは外圧を使って日本を
変えようとしたがるのか?

なぜ、そう考えるに至ったのか?

そのカラクリを知りたいなら、こちらをクリック!

http://amzn.to/UPCohv

日本を国力低下の危機に陥れる
官僚たちの反逆を許すな!

PPS
TPP問題については、中野剛志さんの評論集
『反官反民:中野剛志評論集』の中で詳しく解説されています。
『TPP亡国論』出版以後の最新情報が収められています。
より詳しく知りたい方は、こちらをクリック
http://amzn.to/TbD1P2

関連記事

アーカイブス

【佐藤健志】〈一億総活躍〉は何を意味するか

アーカイブス

【藤井聡】「アベノミクスの好循環」を加速する「構造政策」を!

アーカイブス

【島倉原】奇妙な世界に

アーカイブス

【三橋貴明】グローバリズム対民主主義

アーカイブス

【三橋貴明】脱原発派の「後ろ」

【東田剛】官僚の反逆への3件のコメント

  1. 坂下隆行 より

    この記事書いた日経の記者(考えて書いてないのかも知れないけれど)も、途中でオカシイことに気が付かないのかなぁ?甚だ不思議・・・どういう環境で生活していたらこんなコトになるのかしら宗像女史にしても谷内元外務次官もこの記事書いた人も・・・ワテのちっぽけなオツムじゃ理解できないwwwa?でも、某大阪市長も参議院と市長の二足のワラジ履く気満々ですし、大島・・・じゃなかった中n・・・じゃなかった東田さんも二足のワラジでセンターも是非狙ってみて下さい!www

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  2. 米谷隆 より

    宗像さんも谷内さんも、てめえの生活が安泰だから他はどうでもいいんでしょうね。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  3. ミクタ13 より

    インターネットは便利ですね。今や英語を日本語に翻訳してくれるとは。ご丁寧に漢字までも間違えずに翻訳されていますよ。「宗像直子」と。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

週間ランキング

  1. 1

    1

    【三橋貴明】2018年 戦争へ向かう世界(前編)

  2. 2

    2

    【施光恒】伝統の意義と謙虚さ

  3. 3

    3

    【藤井聡】元経済学会会長と元日銀副総裁による「フェイクレポー...

  4. 4

    4

    【小浜逸郎】歴史用語削減に断固反対する

  5. 5

    5

    【藤井聡】「賃上げ」のための7つの対策

  6. 6

    6

    【三橋貴明】存在しない問題

  7. 7

    7

    【青木泰樹】濫用される経済論理

  8. 8

    8

    【三橋貴明】ルンバと議会制民主主義は似ている

  9. 9

    9

    【三橋貴明】経済学の効用

  10. 10

    10

    【三橋貴明】2018年 戦争へ向かう世界

MORE

累計ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】大阪都構想:知っていてほしい7つの事実

  2. 2

    2

    【藤井聡】「公明党・大阪市議団が日本を破壊する」というリスク...

  3. 3

    3

    【藤井聡】「橋下入閣」は、日本に巨大被害をもたらします。

  4. 4

    4

    【藤井聡】「日本が再び、被爆国となる」という、今そこに在る危...

  5. 5

    5

    【三橋貴明】人間の屑たち

最新記事

  1. 日本経済

    【島倉原】危うい「業績回復」の構図

  2. アジア

    【佐藤健志】慰安婦問題と日馬富士引退

  3. 日本経済

    【藤井聡】「賃上げ」のための7つの対策

  4. 日本経済

    【三橋貴明】存在しない問題

  5. 日本経済

    未分類

    【三橋貴明】経済学の効用

  6. 日本経済

    【青木泰樹】濫用される経済論理

  7. メディア

    【施光恒】伝統の意義と謙虚さ

  8. 政治

    【小浜逸郎】歴史用語削減に断固反対する

  9. 日本経済

    【佐藤健志】「痩せ太り」の経済、デフレ型の幸福

  10. 日本経済

    【藤井聡】元経済学会会長と元日銀副総裁による「フェイク...

MORE

タグクラウド