アーカイブス

2012年9月11日

【藤井聡】「維新八策」で上がるのは・・・

FROM 藤井聡@京都大学

今、大阪の橋下市長、国政を狙う、ということで、
維新の会で維新八策なる「綱領」(?)が掲げられました。

拝見しますと、
TPPの推進やら、
ベーシックインカムやら、
超構造改革を含意するようなグレートリセット等々…..

本連載でずっと取り上げております、
新古典派経済学、新自由主義のイデオロギーを、
スポンジでタップンタップンに
吸い込んだような内容でした。

それを見ながらゲッソリとした気分になっていたのですが、
そんな重たい気分を引き摺りながら、
あまり気乗りしないままに(苦笑)
大阪のとある街に訪れた時のことです。

その時、駅から半時間タクシーを使ったのですが、
大阪の街、ということで、

「僕、ヨソから来たんでちょっと分からないんですが
維新の会、って言うんですか、あのほれ、橋下さんって、
こっちでは人気あるんですか?」

なぞと、軽いフィールドリサーチをかましてみました。

(#タクシー・ヒアリングっていうのは、
社会科学系の研究者が、その土地々々の実態を
リサーチするのによく使うチョー簡易な、
でも結構信頼性のある研究上の手口、として有名なものです 笑)

すると、

「あぁ、そらぁ人気ですわぁ。
僕だけちごて、みんな応援してますわぁ」

とのこと。「なんでですの?」と伺ったところ

「何かほれ、既得権益と関係ないから、
自由に改革できるっちゅうのがええんですわぁ」

とのこと。
なので、

「へぇ、そうなんですかぁ。
ちなみに橋下さんって、どんなこと、しはったんですか?」

と聞くと、

「知事の頃って、財政をえらい改善しはったんですよぉ」

なぞとおっしゃったのですが、

データをみれば、全くそういう形跡はなく、
むしろ(粉飾的な側面を差し引けば 笑)、
悪化してる….というのを、

「そんなん、読んだ様な気ぃしますなぁ…
よぉわからんのですけどぉ」

なぞとメチャクチャ丁寧に(笑)説明したところ、

「へぇ、そうなんですかぁ」

とのことのことだったのですが、
やっぱ、ドライバーさん、
橋下さんのご支持には揺るぎがない(!)ご様子。

で、

「でもまぁ、僕ちょっとよぉ知らんのですけど、
何か他にええことしはったんですよねぇ?」

だの

「でもまぁ、なんか、
ええ政策、今、なんか、ゆうてはるんですよねぇ」

だのと、一生懸命、橋下さんが良い側面の具体的な内容を
聞きだそうとしたんですが…..
結局、何も教えてくれず、
挙げ句に、

「まぁ、よぉしらんのですわぁ ハハハ」

とのこと。

「はぁぁぁぁぁ?
なんじゃぁそりゃぁぁぁぁ??」

なぞと、心の中で独りごちながら、
当方としては、これはもう、
これ以上お聞きしても何も出てこない….
ということで、そこでインタビューを打ち切り、

「道州制ってしってはります?」

なぞと、一番のメジャーどころの施策名を
こちらから切り出したところ、

「なんか聞ぃたことありますけど、
いやぁ、よぉ知りませんなぁ….何なんでしょ?」

とのこと。

ついては致し方なく、
おおよその概要をさくっとご説明差し上げ、

「まぁ、大阪ですから、
関西の田舎の奈良とか和歌山とかから、
いろいろとヒトやらカネやら、
結構、巻き上げられると思いますから、
得できると思いまっせぇ、へへへへ」

なぞとお伝えすると、何となくうれしそうなご様子。

でも、

「まぁその代わり、僕、奈良生まれなんですけど、
奈良なんか、鹿くらいしかおらんよぉになりますわぁ、
ハハハハ」

なぞと、自虐的なギャグをかましたところ、
何となく、気まずそうにされていました。

……

ということで、このドライバーさん、

「何かよぉしらんけど、
とにかく、橋下さんのこと、
好きなんですわぁぁぁぁ!!!」

的な精神をお持ちのご様子が、
しみじみと分かった次第です。

で、当方のこれまでの「タクシーヒアリング」の経験から言って、
これが平均的な大阪の人々の感触なのだろう….
と半ば確信した次第です。

……..いやぁ、スゴイですねぇ…….
有権者がこんな体たらくの中で
なんだか分からないうちに人気者になって、
知事になったり市長になったり、

挙げ句に、こんな感じで国政が動かされて、
ニッポンが新古典派経済学的な方向で、
グッチョングッチョンにされるんだなぁ、
なんてことが、ありありと理解できた30分間でした。

……はぁ、脱力脱力……

では、また来週!

 

京都大学 藤井聡
http://www.facebook.com/Prof.Satoshi.FUJII?ref=ts

 

PS
維新の会の新自由主義な気分満載の空気に
危惧を覚えるあなたには、この本が参考になります。
ハデ目な改革はテンションを上げてくれるかもしれませんが、
上がるのは成果ではなく、テンションだけだったりします。
http://amzn.to/P31zqW

関連記事

アーカイブス

【上島嘉郎】めぐみさん拉致から39年

アーカイブス

【藤井聡】10%消費税増税の「凍結」:風は少しずつ、しかし「確実」に変わりつつある。

アーカイブス

【三橋貴明】天国と地獄

アーカイブス

【特別号】都議選直前!小池百合子都知事の内面を歌いあげる

アーカイブス

【施 光恒】日本人の底力

【藤井聡】「維新八策」で上がるのは・・・への4件のコメント

  1. 小林達弥 より

    「でもまぁ、僕ちょっとよぉ知らんのですけど、何か他にええことしはったんですよねぇ?」というコメントがまさに維新の会そのものが実体のないイメージ先行であるということを象徴していますね。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  2. 秋山信二 より

    事業者の交流会で、デフレ時の経済対策のことを(金融緩和と財政出動)中小企業の社長さんにお話したんですが、ほとんど、新自由主義派に犯されています。なかなか、理解されるのには時間がかかるのですね。早く、国民に目覚めて欲しいと思います。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  3. コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  4. 柴田一成 より

    大阪維新は明治維新と真逆な政策ですが、この世界中が困難な時代に力を分散させる目的は日本の破壊なのですか?3年前に日本国民のアホが立証されていますが、更に大阪維新支持する国民が増えアホから恕アホに進化していますね。早く憲法変えないと、日本が消えてしまいそうですね。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

週間ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】吉川洋氏の「地震に備えて消費増税を」論を完全撃破し...

  2. 2

    2

    【三橋貴明】MMTと政府の選択と集中

  3. 3

    3

    【小浜逸郎】令和元年6月10日経済罪政諮問会議議事録

  4. 4

    4

    【三橋貴明】思想の対立

  5. 5

    5

    【室伏謙一】「増税の前にやるべきことがある」、「身を切る改革...

  6. 6

    6

    【藤井聡】近い将来、リーマンショック級の危機が「絶対」起こる

  7. 7

    7

    【三橋貴明】財政民主主義派 対 非・財政民主主義派

  8. 8

    8

    MMT(現代貨幣理論)とは、「現代社会の実態に即した、貨幣に...

  9. 9

    9

    【藤井聡】財務省が紹介した「有識者のMMT批判」の「間違い」...

  10. 10

    10

    【藤井聡】「インフラ・イノベーション」が日本を救う。

MORE

月間ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】近い将来、リーマンショック級の危機が「絶対」起こる

  2. 2

    2

    【藤井聡】<号外速報>「内需冷え込み」による輸入急落が無けれ...

  3. 3

    3

    MMT(現代貨幣理論)とは、「現代社会の実態に即した、貨幣に...

  4. 4

    4

    【藤井聡】吉川洋氏の「地震に備えて消費増税を」論を完全撃破し...

  5. 5

    5

    【藤井聡】「財政悪化」を導く消費増税が生み出すのは、「害のみ...

MORE

最新記事

  1. 日本経済

    【三橋貴明】思想の対立

  2. 日本経済

    【小浜逸郎】令和元年6月10日経済罪政諮問会議議事録

  3. 日本経済

    【藤井聡】吉川洋氏の「地震に備えて消費増税を」論を完全...

  4. 日本経済

    【室伏謙一】「増税の前にやるべきことがある」、「身を切...

  5. 日本経済

    【三橋貴明】MMTと政府の選択と集中

  6. 日本経済

    【三橋貴明】財政民主主義派 対 非・財政民主主義派

  7. 未分類

    【竹村公太郎】不思議な日本共同体(その2)流域封建から...

  8. メディア

    政治

    【施 光恒】天安門事件30年――日中それぞれの国柄を考...

  9. 日本経済

    【藤井聡】「インフラ・イノベーション」が日本を救う。

  10. 日本経済

    【三橋貴明】MMT対主流派経済学

MORE

タグクラウド