政治

2019年11月11日

【三橋貴明】正当な政策を、正統に実現する

From 三橋貴明

【今週のNewsピックアップ】

次の単行本「自民党の消滅(仮)」では、
権利、自由、人権、といった言葉を
根底から解き明かし、民主制、
そして日本の「未来」について考えています。

誤解している、あるいは理解していない
日本国民がほとんどでしょうが、
我々人間は、生まれながらにして
特定の、固有の、普遍的な何らかの
権利を持っているわけではありません。

何しろ、権利とは、

「自分には○○の権利がある」

と主張したところで、
生まれようがないのです。

極端な話をすると、

「自分には他人を殺す権利がある」

と叫んだところで、
社会が認めることはありません。
つまりは、権利とは自分「以外」の
共同体である社会が認めてくれて、
初めて存在し得ます。

そして、我々に権利があることを
「認めてくれる」社会について、
国民主権国家である日本の国民は、
影響力を行使することができます。
すなわち、投票という形を通して。

もちろん、
有権者として一票を投じたところで、
何しろ7000万人を超す
有権者がいるのです。
自分の思い通りの政策が実現する可能性は、
限りなくゼロに近いでしょう。

投票しても、自分の政治的な意思は
反映されない可能性がある。

何しろ、民主制とは最終的には
「多数決」で決めるルールになっています。
自らの主張が多数派を占めない限り、
現実化することはありません。

もっとも、
民主制とはチャーチルに言わせれば、

「結局のところ、民主政治は
 最悪の政治体制と言える。
 これまで試されてきた、
 他の全ての政治体制を除けば、だが」

でございます。
最悪ではありますが、
他の政体よりはマシなのです。
何しろ、論理的には「為政者」を
引きずりおろすことが可能です。

安倍総理が気に入らないならば、
選挙で落とせばいい。

もちろん、総理は選挙に強いですが、
少なくとも
「選挙で落選させることが不可能」
というわけではありません。

これが、絶対王政や貴族制の場合、
選挙で為政者を交代させることは無理です。
それこそ、フランス革命のごとく、
革命で既存の権力を叩き潰し、
国王と王妃の首を切るしかないのです。

安倍総理を引きずり下ろしたいならば、
総理の選挙区で「反安倍」の多数派を
形成すればいい。
もちろん、簡単な話ではありませんが、
少なくとも「不可能」ではない。

革命によらずとも、
為政者を交代させることができる
「民主制」は、確かにチャーチルの言う通り
「最悪」ではあるのですが、
「為政者を交代させられない」政体よりは
はるかにマシです。

それにも関わらず、

「安倍は間違っている
 (間違っていますが)。
 間違っている安倍を潰せない
 日本の民主制も間違っている」

と妙なことを言う人が少なくないのですが、
具体的に何をしたいのでしょうか。
テロでも起こしますか?
暗殺でもしますか?
いずれも、犯罪ですが。

犯罪に頼らず、政権や政策を「多数派」を
形成する「だけ」で変更することができる
民主制。
実は、日本の民主制は「他の政体」に
比べれば、はるかに国民に優しく、
親切というのが現実なのでございます。

というわけで、
今後の「令和の政策ピボット」は、
いかなる形を採るかは分かりませんが、
間違った「安倍政治」をピボット(転換)
するために、正しい政治を主張する勢力が
「多数派」になるように努めて参ります。

誰が、語っているか。
など、もはやどうでもいいです。

何を、語っているのか。
語っている言葉が、正しいのか、否か。

正しい言葉であっても、
多数派を形成できず、少数派意見として
無視された場合、それは民主制的には
むしろ「正統」である。
民主制における正統とは、
多数派のことなのです。

この現実を目の前に、我々一人一人が、
いかにして
「正当な政策を、正統に実現する」か
について、真剣に考えなければならない
時代なのです。

◆12月21日(土)に
「令和の政策ピボットは実現可能なのか?」
が開催されますが、
https://in.38news.jp/38P191221_SC_PIVOT
「反・緊縮財政」「反・グローバリズム」
「反・構造改革」という令和の政策ピボットの
スローガンにご賛同下さる多くの
言論人の皆さま(左右問わず)に、
ゲストとしてご参加頂きます。

◆【歴史音声コンテンツ 経世史論】
http://keiseiron-kenkyujo.jp/apply/
11月5日から
上島嘉郎先生と三橋貴明の対談
「自虐史観はなぜ始まり、深刻化したのか」
がご視聴頂けます。

◆ビジネス社
「国民を豊かにする令和の政策大転換」
が刊行になりました。
https://amzn.to/2ZadNvr

◆経営科学出版
「知識ゼロから分かるMMT入門」
が刊行になりました。
https://38news.jp/38MMT/MT_TV/

◆週刊実話 連載
「三橋貴明の『マスコミに騙されるな!』」
第344回
医療の「余裕」を削減してはならない
なお、週刊実話の連載は、以下で
(二週遅れで)お読み頂くことが可能です。
http://wjn.jp/

◆メルマガ 週刊三橋貴明 Vol546
デフレーションが起き得ない国
http://www.mag2.com/m/P0007991.html
防災・防衛という「需要」が大きい我が国で、
総需要不足というデフレーションが
続いている。いかに政府が「愚か」かつ
「怠慢」であるかを証明しているのです。

◆メディア出演

三橋TV、続々リリースされています。

三橋TV第159回
【防災投資で国富と「我々の預金」を増やそう!】
https://youtu.be/Z2qwQUvXljo
三橋TV第160回
【安藤裕議員に特別会計、建設業、
 自民党内のMMT理解、政権交代について
 聞いてみた】
https://youtu.be/n5PMaRndREY
三橋TV第161回
【今、日本国民が知らなければならない
 災害、防災の現実】
https://youtu.be/euUnSpSAzLw

11月8日 チャンネル桜
「Front Japan 桜」に出演しました。
【Front Japan 桜】MMT名付け親の
ビル・ミッチェル教授記者会見!
/ 第2回 京都大学MMT国際シンポジウム
を振り返る / ブレグジットから見る
民主制の本質[桜R1/11/8]
https://youtu.be/2Xn3FAOqRPE

◆三橋経済塾

令和元年11月16日(土)
三橋経済塾第八期 第十一回対面講義
申込の受付を開始致しました。
https://members8.mitsuhashi-keizaijuku.jp/?p=752
ゲスト講師は青木泰樹先生(京都大学
レジリエンス実践ユニット・特任教授)
でございます。

◆チャンネルAJER 
今週の更新はありません。

関連記事

【三橋貴明】正当な政策を、正統に実現するへの2件のコメント

  1. たけちゃん より

    三橋先生
    ここ一週間
    先生の見解が変貌したような気がします。
    選挙に行かないバカが多数いるのは最近の話でなく、理解できますが、以前からも仰ているルサンチマン煽るなとの主張は
     事 ここに至ってはクソアベの花見に5千万円以上の公金が使われた公金横領罪に言及されないのは違和感を感じます。
    私的には民主化の為の違法的クーデターは歴史的必然と考えます。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  2. たかゆき より

    地に足のつかない 民主主義

    属国 日本の 民主主義って
    そんなに 素敵 か しら ん。。

    日本の民意など
    占領軍が NO と言ったら 
    それで おしまい。。。

    日本の民主主義 云々は
    占領軍を 国外に 追い出してからに
    しては

    いかが でせうか ♪

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

まだデータがありません。

まだデータがありません。

最新記事

  1. 日本経済

    【小浜逸郎】災害対策、防災対策にMMTを!

  2. 日本経済

    【藤井聡】消費増税に対して「万全を期す」という政府答弁...

  3. 日本経済

    【室伏謙一】公務員叩きは日本の土台の破壊につながる

  4. 政治

    【三橋貴明】正当な政策を、正統に実現する

  5. 政治

    【三橋貴明】日本の民主制と皇統

  6. コラム

    【竹村公太郎】宿命の治水:湿地の日本文明

  7. 政治

    【施 光恒】ビジネスと政治の癒着に厳しい目を

  8. 日本経済

    【藤井聡】「麻生大臣のMMT批判はまるで『喜劇』である...

  9. 日本経済

    【添田勝彦】[特別寄稿]川を見ておもうこと

  10. 日本経済

    【三橋貴明】特別会計とルサンチマン・プロパガンダ

MORE

タグクラウド