政治

2016年5月22日

[三橋実況中継]伊勢志摩サミット

From 三橋貴明

———————————————

【PR】

熊本地震では避難、復興の拠点となるべき公共施設等の被害も目立った。

民間住宅も含め、大きな被害を受けた建物の多くは、新たな耐震基準が適用された1981年以前に建てられた建物だった。これまで「危険だ」と何度も議論になってきたにもかかわらず、こうした旧耐震基準の建物の多くで、耐震化が先送りされてきた。その最大の理由は「財政問題」である。

「そもそも日本に財政問題などない」と語る三橋貴明が、日本の防災安全保障、さらには国土強靭化とは何かについて詳細に解説する。
http://www.keieikagakupub.com/sp/CPK_38NEWS_C_D_1980/index_mag.php

———————————————

いよいよ、伊勢志摩サミットが始まります。

安倍政権は、消費増税を見送るのか。サミット参加諸国の協調、非協調に関わらず、大規模財政出動に踏み出せるのか。そして、問題のプライマリーバランス黒字化目標は破棄、あるいは有耶無耶にできるのか。

無論、最善なのは、

「消費税増税の凍結+十兆円を超す追加的財政出動の複数年継続+PB目標の破棄」
です。逆に、最悪のケースは、

「消費税増税強行+財政出動なし+PB目標継続」
ですが、実際には「最善」と「最悪」の間のどこかになるでしょう。どこまで「最善」に近づけるのか。

消費税増税については、産経新聞や日経新聞などで、「安倍首相、消費時増税を見送りへ」と報じられ、既成事実化が行われてきましたが、昨日、「アベノミクスを成功させる会」が、
「消費税増税強行+十兆円を超す追加的財政出動の複数年継続」(PB目標については記述無し)
という提言書を提出したため、不透明な状況に戻ってしまいました。

「日本国民が豊かになる日本」
を取り戻すためにも、安倍総理の適切な判断を望みます。

◆三橋経済塾第五期 第五回講義をアップ致しました。インターネット受講の皆様、お待たせいたしました。
http://members5.mitsuhashi-keizaijuku.jp/?p=1571
第五回のゲスト講師は中野剛志先生でした。三橋経済塾講義受講には、事前に入塾手続きが必要です。
http://www.mitsuhashi-keizaijuku.jp/

◆日本文芸社「全国民が豊かになる 最強の地方創生」予約開始になりました。
http://www.amazon.co.jp/dp/4537261463/

◆来週5月16日から20日にかけ、夕刊フジで「断末魔の中韓経済」を短期集中連載しました。
【断末魔の中韓経済】習主席VS李首相、経済政策めぐり“内紛”勃発 中国経済“大失速”
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20160517/frn1605171140001-n1.htm
【断末魔の中韓経済】若年層失業率12・5% 韓国で「良質な雇用」を手に入れる機会はついえた
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20160518/dms1605181140004-n1.htm
【断末魔の中韓経済】明らかに習近平路線に逆らう動きも 中国は政治闘争の季節に突入
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20160519/frn1605191140001-n1.htm

◆週刊アサヒ芸能 連載「三橋貴明の列島丸わかり報告書」第六十九回「財務省の省是が「財政均衡」となった理由は、アメリカ経済学にあった」
http://www.asagei.com/

◆週刊実話 連載「三橋貴明の『マスコミに騙されるな!』」 第175回「財政破綻論のデマゴギー」
なお、週刊実話の連載は、以下で(二週遅れで)お読み頂くことが可能です。
http://wjn.jp/article/category/4/

◆Klug連載 三橋貴明の「経済ニュースにはもうだまされない」 第358回 世界を変える伊勢志摩サミット
http://klug-fx.jp/mitsuhashi/2016/05/17/025815.php

◆有料メルマガ 週刊三橋貴明 〜新世紀のビッグブラザーへ〜 週刊三橋貴明 Vol365 期待インフレ率の真実
http://www.mag2.com/m/P0007991.html
今回は、期待インフレ率として「設定」されているブレイクイーブンインフレ率(BEI)について取り上げます。
BEIを期待インフレ率としてしまうと、実質金利が奇妙な話になってしまうのです。

◆メディア出演

5月25日(水) 6時から文化放送「おはよう寺ちゃん活動中」に出演します。
http://www.joqr.co.jp/tera/

◆三橋経済塾
5月14日(土)開催の三橋経済塾第五期 第五回講義をアップ致しました。インターネット受講の皆様、お待たせいたしました。
http://members5.mitsuhashi-keizaijuku.jp/?p=1571
ゲスト講師は中野先生! 

◆チャンネルAJER 今週の更新はありません。

ーーー発行者よりーーー

【PR】

熊本地震では避難、復興の拠点となるべき公共施設等の被害も目立った。

民間住宅も含め、大きな被害を受けた建物の多くは、新たな耐震基準が適用された1981年以前に建てられた建物だった。これまで「危険だ」と何度も議論になってきたにもかかわらず、こうした旧耐震基準の建物の多くで、耐震化が先送りされてきた。その最大の理由は「財政問題」である。

「そもそも日本に財政問題などない」と語る三橋貴明が、日本の防災安全保障、さらには国土強靭化とは何かについて詳細に解説する。
http://www.keieikagakupub.com/sp/CPK_38NEWS_C_D_1980/index_mag.php

関連記事

政治

【三橋貴明】安倍政権の「外国人受け入れ拡充」に反対する

政治

【三橋貴明】李下で冠を正した人

政治

【佐藤健志】信頼できる指導者の発言、またはグッバイTPP

政治

【三橋貴明】いざ、大阪へ!

政治

[三橋実況中継]肌で感じる安倍政権の最悪の路線

[三橋実況中継]伊勢志摩サミットへの1件のコメント

  1. ろんどなー より

    すでに民進党が消費増税2年延期を打ち出したので、自民党は景気回復まで5%に戻すくらい言えば良いのに。そうすれば全世帯の可処分所得増で、消費支出はイヤでも増えるでしょう。政府債務の問題は所得の増えない国民の負担を増やす増税より先に、まず「財務省をはじめとする官庁資産」を民間に売却するべき。何もできないのなら、そろそろ省庁改革改造する時期が来ていると思います。そして、もっとエリート官僚の給料を上げて「天下り信仰」から開放し、その代わり国益を損ねるような失策は責任を取らせるべきかと。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

週間ランキング

  1. 1

    1

    【三橋貴明】民主主義国「日本」最悪の問題

  2. 2

    2

    【三橋貴明】おカネとは何なのか?

  3. 3

    3

    【三橋貴明】実質消費の四年連続減少が意味するもの

  4. 4

    4

    【三橋貴明】イタリアの「国の借金」問題

  5. 5

    5

    【上島嘉郎】「移民立国」こそ時代に逆行

  6. 6

    6

    【三橋貴明】人手不足のリスクとチャンス(前編)

  7. 7

    7

    【藤井聡】危機と対峙する保守思想誌、『表現者クライテリオン』...

  8. 8

    8

    【小浜逸郎】技術文明との向き合い方

  9. 9

    9

    【竹村公太郎】西部邁先生の教え

  10. 10

    10

    【三橋貴明】自動運転タクシーと技術大国への道

MORE

累計ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】大阪都構想:知っていてほしい7つの事実

  2. 2

    2

    【藤井聡】「公明党・大阪市議団が日本を破壊する」というリスク...

  3. 3

    3

    【藤井聡】「橋下入閣」は、日本に巨大被害をもたらします。

  4. 4

    4

    【藤井聡】「日本が再び、被爆国となる」という、今そこに在る危...

  5. 5

    5

    【三橋貴明】人間の屑たち

最新記事

  1. 日本経済

    【三橋貴明】自動運転タクシーと技術大国への道

  2. 日本経済

    【上島嘉郎】「移民立国」こそ時代に逆行

  3. 日本経済

    【三橋貴明】人手不足のリスクとチャンス(前編)

  4. 日本経済

    【三橋貴明】実質消費の四年連続減少が意味するもの

  5. 欧州

    【三橋貴明】イタリアの「国の借金」問題

  6. 日本経済

    【三橋貴明】民主主義国「日本」最悪の問題

  7. 日本経済

    【三橋貴明】おカネとは何なのか?

  8. 欧州

    【三橋貴明】移民問題の「国民 対 国民」

  9. 日本経済

    【三橋貴明】またもや「デフレ型」経済成長

  10. コラム

    【小浜逸郎】技術文明との向き合い方

MORE

タグクラウド