日本経済

2021年10月25日

【三橋貴明】変わらないよりはマシでしょう?

【今週のNewsピックアップ】

積極財政への転換と「バラマキ」の定義
https://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12705362170.html

矢野論文の“あまりにもヤバい”問題の本質
https://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12705569687.html

NHKの世論調査が話題になっています。
https://www.nhk.or.jp/senkyo/shijiritsu/

設問の中に、なぜか
「財務省事務次官の主張をどう思うか?」
があり、
『財務省の矢野事務次官は、月刊誌で、
   新型コロナの経済対策にまつわる政策論争を
 「バラマキ合戦」と批判し、
 「このままでは国家財政が
  破たんする可能性がある」と訴えました。
 この主張をどう思うか聞きました。
 「そう思う」が45%、
 「そうは思わない」が41%でした。』

という結果になったのです。

そもそも、
なぜNHKがこの設問を入れたのかも謎ですが、
結果も驚きです。

何と、「そうは思わない」が四割を超えるとは。

財政破綻論の嘘が、
それほど広がっているのでしょうか。

三橋は長年、緊縮財政と戦い、
敗れ続けてきましたので、
穿った見方をしてしまいます。

「それほど広がっているのか?」という
疑問を持ちつつ、
それでも2019年と比べると、
圧倒的に「積極財政」への理解が
広がったのは確かでしょう。

実際、
高市早苗・自民党政調会長、
玉木雄一郎・国民民主党代表、
山本太郎・れいわ新選組代表など、
有力政治家に、
「自国通貨建て国債は財政破綻しない」
という、当たり前の認識が広まりつつあります。

とはいえ、矢野次官の寄稿をきっかけに、
各メディアで「財政破綻」を
煽る記事が次々に出てきています。

そんな中、経団連の十倉雅和会長が、
「財政規律は堅持しなければいけないが、
 今は財政出動が求められている局面だと思う」
と、積極財政を容認。
(経済同友会の桜田会長は
 矢野に賛成していましたが)

あるいは、デービッド・アトキンソンが、
「日本はプライマリーバランス黒字化を
 公約として掲げてきましたが、
 残念ながらこの公約は、
 当分の間、凍結せざるをえません。」
と、PB黒字化目標凍結を主張し始めました。

もちろん、アトキンソンは例により
「PGS(生産的政府支出)」を主張しており、
積極財政派になったわけではありません。

とはいえ、
PB黒字化目標凍結にまで踏み込むとは、
驚きです。

また、野村総研の
木内登英エグゼクティブ・エコノミストが、
「国債がすべて建設国債であれば、
 将来の人も負担すべきであり何の問題もない」
と、いきなり建設国債を擁護。

以前は、
「赤字国債と建設国債との違いは本質的でない」と、
建設国債についても否定していたのですが。

少しずつ、少しずつ、
財政破綻論の嘘が拡大しつつあります。

これまで、緊縮財政を主張していた人が、
いきなり「ごめんなさい、間違っていました」
とやる可能性はほとんどありません。

レトリックを少しずつずらしながら、
「過去の自分は間違っていない」風に
積極財政を主張し始めるのでしょう。

それで、構わないと思うのです。
変わらないよりは。

◆「日本をダメにした財務省と
  経団連の欺瞞(小学館)」が
  刊行になりました。
https://amzn.to/38q1LPW

◆「自民党の消滅(ベストセラーズ)」
 (書籍版)が刊行になりました。
https://amzn.to/3dEIFqS

◆週刊実話 
連載「三橋貴明の『マスコミに騙されるな!』」 
第438回「矢野康治・財務事務次官の大罪」

◆メルマガ 週刊三橋貴明
Vol649 GDPに対する罰金
http://www.mag2.com/m/P0007991.html

消費税とは、
実際には「消費にかかる税金」ではなく、
付加価値税です。
そして、付加価値の合計がGDPです。
つまり、消費税とは・・・?

◆メディア出演

三橋TV、続々公開中です。

岸田政権「格差縮小」をお題目に
財務省の増税路線に向かう気か!?
[三橋TV第457回] 三橋貴明・高家望愛
https://youtu.be/SMERY4O5p7Y

現場の悲鳴を聴こう 
緊縮財政がいかに
インフラ整備を阻んでいるのか
[三橋TV第458回] 三宅隆介・三橋貴明・高家望愛
https://youtu.be/MJbWkOQXGRY

病床は公共財! 
緊縮財政に破壊された
地方医療の凄まじい現実
[三橋TV第459回] 三宅隆介・三橋貴明・高家望愛
https://youtu.be/jPfu8rdtESs

特別コンテンツ配信中。

国民民主党の経済政策が完璧すぎる!
与野党全て見習うべき
玉木代表に緊急インタビュー
https://youtu.be/X1mo2Qzgp_Y

シンガーsayaの3分間エコノミクス
【第6回 政府最終消費支出】
https://youtu.be/bzCwC1h4A4g

日本史最大の謎の1つ
「なぜ日本の古都は奈良から始まったのか?」
~全ての歴史家が解けなかった謎に迫る
https://youtu.be/O2mxVbq-amU

【ダイジェスト】
竹中平蔵が政界進出した理由と
仕込まれたプロパカンダとは?(三橋貴明)
https://youtu.be/7o2nXbIhyxY

土曜の夜には 第十二曲目 
リチャード・クレイダーマン
「渚のアデリーヌ」
https://youtu.be/lG6LVWZmBDI

◆三橋経済塾

10月16日開催 
三橋経済塾第十期 第十回対面講義
(表示はこちら)を配信致しました。
是非ご視聴下さいませ。
https://members10.mitsuhashi-keizaijuku.jp/?p=1608

ゲスト講師は一般社団法人
「経済学101」所属翻訳者・経済研究家 
望月慎先生でした。
インターネット受講の皆様、
お待たせいたしました。

三橋経済塾第十期の入塾お申込は以下から。
https://members10.mitsuhashi-keizaijuku.jp/

◆チャンネルAJER 
今週の更新はありません。

関連記事

日本経済

【三橋経済塾通信】脱・新自由主義

日本経済

【東田剛】絶滅への道

日本経済

【施 光恒】言葉と国の力

日本経済

【三橋貴明】シンガーsayaの3分間エコノミクス

日本経済

【藤井聡】「強靱化」せにゃぁ、マジで激ヤバです。

【三橋貴明】変わらないよりはマシでしょう?への6件のコメント

  1. とすくん より

    長年三橋言論に触れている私にしてみれば逆に45%もの人がまだ、そんなトンデモ説を信じているのかと驚きです。しかしよくよく廻りを見渡せば確かにそういう人たちも見受けられます。年配者とか仕事の話は納得できることを宣うのに政治の話題になるととたんに幼稚な話になってしまいます。「やっぱり将来の人たちは大変やな…」「総裁選は河野太郎が良かったと思うで」「維新はなんやかんや言うて大阪財政を黒字化した…」等々…これ、みんなアラウンド70の発言です(笑)

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  2. この世は既にあの世 より

    本来、私の主張は「戦後レジームからの脱却をし独立国家になること」だった。

    ダンス佐藤氏の「PB破棄などの政策論は一番上部の小手先だけの議論であり、そこが正しいからと言ってそうはならない、変えねばならぬのは一番下の土台部分」という話がしっくり来る。

    そう考えると高市や自民党の一番上部に乗っかってる小手先だけの議論に右往左往してはいけないとなる。

    安倍は何故「戦後レジームからの脱却を言わなくなったのか?」

    仮に高市が総理だったとして結果を出さなかったする。そして数年後また自民党議員の誰かが選挙前に一番上部の政策論でいいことを言う。そしたらまた「正しい正しい」と言って応援するのか?

    それはあり得ない話しです。

    やはり無意識的な下部構造の転換。戦後の総括が必要ですね。

    違和感があるのは、「防衛費を増やせば安全になる」というもの、戦う気も無いのにどうしてそう言える?

    また誰も土建仕事をやらないのに「予算を増やせば安全になりGDPが増える」という意見。

    そしてマクロ経済学で「財政出動を増やせばGDPが指標が増え、国民が市場原理で豊かになる」というもの。

    どれも一番上の小手先の議論だがしっくり来ない。

    何故なら日本人は一番下部、土台になる部分に蓋をし続けているからである。

    かと言ってネトウヨになればいいと言うわけではない。また水島みたいに米国を崇拝すればいいと言うわけでもないし、中国を敵対視すればいいわけではない。神話にすりなりはしない。精神論、根性論に立ち返ればいいというわけでもない。

    親中派を一掃したとこれで自民党がよくなるのか?それは無い。

    またコロナ禍でも感じたことだが「データがどうでこうだからこうだ」みたいな話も薄っぺらく感じてしまった。

    昭和は社会主義、平成以降は新自由主義、これでは分配もままならない。

    ひたすら金の話し、一番上部に乗っかってるだけの政策論に固執するから良くならない。

    政治、経済論だけで日本は復活しないし経済は良くはならない。

    社会論、文化論等、様々なものを混ぜ合わせ「自分は何処から来て何処へ向かうのか?」という認識が必要。

    小手先だけの議論ならば買うもの、つまり殆どの人は働いていて供給力はあるので給付金を配ればよい。

    が、現実を見たくない、認めたくない、見る力もない馬鹿が給付金に反対する。それもいいと思います。自民の代わりに維新が伸びそうなので、さらに民からむしりとる事によって解らせるのもアリですね。

    また日本共産党を支持したからと言って日本が中国のような共産主義社会にはならないし、自民の新自由主義は共産主義である。

    安倍様、自民様、中国様、米国様とやって上納金支払っている。

    自分の資産を上納するならまだしも、支持していない他人の懐に手を突っ込んで上納する連中は、すなわちカルト、人間性の質が低い、馬鹿。所詮は米国ポチ、安倍ポチ。犬。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

      1. 拓三 より

        仰る通りで御座います。
        ただ1つだけ言いたい事が御座います。

        私が藤井氏の国土強靭化を支持するのは、土木建築関係だからではありません。私は15才から働いていますが、最初に就いた職は土木建設現場でのいわゆる人夫業です。今は全く違いますが、ただ、今だに30年以上前に携わった建設物の前を通ると嬉しくなるんですよね。「まだ建ってる」とか、人が横にいれば自慢したりするんよ。ただの人夫ですら。

        この気持ちの延長なんよね。愛国心って。

        自分で物を作れば、その物が気になるよね。米を作れば消費者が満足してくれるかな? とか車を作れば問題なく走ってくれるかな? とかなにがしら気になるでしょ。己が作る事により国土、国民になにがしら気になる事が繋がりであり愛国心に繋がるんよ。貨幣も同じ理屈なんやけどね。

        土木建設は経済だけで言ってるんじゃないんよ。
        そこをご理解いただきたく思います。

        返信

        コメントに返信する

        メールアドレスが公開されることはありません。
        * が付いている欄は必須項目です

      1. しんたろう より

        そうですね。
        上澄液だけ取り替えても下水は下水。沈澱した滓が、地べたに近い塵芥が国家の基礎であり、我々の本来。一歩づつ。祖先と子孫に詫び続けなければなりません。

        返信

        コメントに返信する

        メールアドレスが公開されることはありません。
        * が付いている欄は必須項目です

  3. 大和魂 より

    三橋先生の仰るように変わらないとと思うことは、私の親も団塊世代で憎らしい程のポワ~ンとした家畜以下の平和ボケ妄信者で目出度い人なんですが、私は内心では僅かにですが岸田総理に淡い期待を抱いています。

    なぜなら先日のサイトでのコメントでも触れましたように特筆すべき大枠の情報を皆さんにも一つぶち上げますと、被害者面したサイモン何ちゃら団体ありましたよねアレ、実は団体内部の科学者が深く関与してたのが広島と長崎のジェノサイドの爆弾製造してたんですよね。

    ちなみにサイモン何ちゃら団体の具体的な経緯や個人情報も認識しておりますし、つまり国際社会は手段を選ばないのが当たり前でしてマジで嗤うに嗤えないでしょ。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  4. うたか より

    それにしても過去の発言を追求されないのはずるいなあ
    国債がGDP比200%で破綻するて最近聞かなくなったねえ
    消費税増税してもV字回復するから大丈夫とかね

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

最新記事

  1. 政治

    日本経済

    【施 光恒】法務大臣もかぶれている「グローバル化史観」...

  2. 政治

    日本経済

    【藤井聡】「岸田内閣の55.7兆円の経済対策」、前から...

  3. 政治

    日本経済

    【室伏謙一】立憲民主党代表選をどう考えるか?

  4. 日本経済

    【三橋貴明】自民党に財政政策検討本部が設置された

  5. 日本経済

    【三橋貴明】お金は使っても消えないという単純な事実

  6. 政治

    日本経済

    【藤井聡】『なぜ、日本人の9割は金持ちになれないのか』...

  7. 日本経済

    【三橋貴明】墓穴を掘った矢野康治・財務事務次官

  8. 日本経済

    【三橋貴明】縄文文明にはまっている

  9. コラム

    【竹村公太郎】日本の歴史が創った近代日本 ―不思議な京...

  10. 政治

    日本経済

    【藤井聡】岸田内閣「新しい資本主義」を巡る絶望的人事 ...

MORE

タグクラウド