日本経済

2019年12月29日

【三橋貴明】貨幣とは「貸借関係」である。

From 三橋貴明

【近況】

三橋経済塾第九期を開講しました。
https://members9.mitsuhashi-keizaijuku.jp/

是非、ご入塾くださいませ。

第九期は、二回目の試みとして、
対面講義を全国主要都市でも開催いたします。
開催地は、

東京(1月)⇒京都(2月)⇒東京(3月)
⇒仙台(4月)⇒東京(5月)⇒札幌(6月)
⇒那覇(7月)⇒東京(8月)⇒名古屋(9月)
⇒大阪(10月)⇒福岡(11月)⇒東京(12月)

となっております。

無論、対面講義を受けられない方が、
インターネットで受講可能なのは例年通りです。

ゲスト講師を毎回お呼びするのも変わらず、
1月は竹村公太郎先生
(日本水フォーラム事務局長)、
2月が藤井聡先生(京都大学大学院教授)
です。

また、予習編として経世史論で好評を博した
「MMTポリティクス~現代貨幣理論~」
の第一回~第三回が視聴可能となっております。

ご入塾頂いた方は、是非、
受講前にご覧ください。
「経済」「貨幣」「財政」の何たるかが
理解できます。

2019年は、
まさに「MMT(現代貨幣理論)」が
アメリカから到来し、同時に消費税が
増税され、アベショックが始まり、
希望と絶望が混在した一年となりました。

貨幣とは何なのか?
すべてはこの疑問に行き着く。

正解は、債務と債権の記録です。

政府は国債発行(政府の負債)と支出により、
国民の銀行預金という貨幣を増やす。

日本銀行は政府の借用証書(国債)と
引き換えに、日銀当座預金という
「日銀の負債」となる貨幣を増やす。

市中銀行が日銀当座預金を引き出す形で、
日銀から現金紙幣という「日銀の負債」
となる貨幣が発行され、社会に流通していく。

市中銀行は、借り手の借用証書と引き換えに、
銀行預金という「銀行の負債」となる
貨幣を増やす。

企業や個人は、自らの負債となる
「約束手形」「小切手」という貨幣を増やす。

日本で流通している貨幣の中で、
「誰の負債でもない貨幣」は、硬貨のみです。
貨幣とは原則、債務と債権の記録。
つまりは「貸借関係」なのです。

ということは、負債が返済され、
貸借関係が解消された際には、
貨幣が消滅します。

この基本を国民の多数派が理解しない限り、
緊縮財政は続き、全ての日本の問題は
解決しない。
それどころか、
国家衰退、日本人消滅へとまっしぐら。

というわけで、2020年も引き続き
「貨幣」について情報発信を続け、
緊縮財政打破のために動きますので、
皆様もご支援下さいませ。

◆週刊実話 連載
「三橋貴明の『マスコミに騙されるな!』」
第351回 ブレグジットとスコットランド
なお、週刊実話の連載は、以下で
(二週遅れで)お読み頂くことが可能です。
http://wjn.jp/article/category/4/

◆メルマガ 週刊三橋貴明 Vol553
ギグエコノミーと安全保障
http://www.mag2.com/m/P0007991.html
ギグ・エコノミーは、日本の安全保障を
破壊します。
安全保障とは「何」か、落ち着いて考えて
みれば、誰にでも理解できる話です。

◆メディア出演

三橋TV、続々公開中です。

三橋TV第177回
【日本経済を潰すギグエコ・シェアエコの
 拡大を防げ!】
https://youtu.be/ZCbYqqgaj8c
三橋TV第178回
【あまりにもショッキングな
 戦後検閲の実態!】
https://youtu.be/4AICrdZy19A
三橋TV第179回
【元祖「邪馬台国はどこにあったのか?」
 を解説して頂いたよ】
https://youtu.be/06iCDVAh0FQ

12月25日(水) チャンネル桜
「Front Japan 桜」に出演しました。
【Front Japan 桜】製造業の復権こそ
成長戦略の目玉! / 安倍総理、正しい日本の
少子化対策を![桜R1/12/25] https://youtu.be/h2ifN1XkGMA

◆三橋経済塾

三橋経済塾第九期の入塾申込受付を
開始しました。
https://members9.mitsuhashi-keizaijuku.jp

三橋経済塾第九期第一回講義の申込受付を
開始しました。
https://members9.mitsuhashi-keizaijuku.jp/?p=906
一月の会場は東京で、ゲスト講師は
竹村公太郎先生です。

◆チャンネルAJER 
『MMTとナショナリズム(前半)』三橋貴明
AJER2019.12.24
https://youtu.be/qC51yajui4Q

関連記事

日本経済

【三橋貴明】嘘だらけの緊急経済対策

日本経済

【青木泰樹】国債発行は将来世代の負担ではない

日本経済

【角谷快彦】寓話で学ぶ信用貨幣論

日本経済

【三橋貴明】国債は政府が発行する貨幣である

日本経済

【三橋貴明】MMTが提供してくれる「正確な理解」

【三橋貴明】貨幣とは「貸借関係」である。への1件のコメント

  1. 大和魂 より

    貨幣と国際社会の関係は、切っても切り離されません。それが、フランスのブルボン王朝にしろロシアのロマノフ王朝にしろ滅亡させられましたからね。しかし、我が国も実質的には差ほど変わらない厳しい状況の真っ只中。つまり、安倍政権の存続は我が国の滅亡を意味している訳ですから、我が国の長期政権は、やらせてはならないのです。だから、安倍政権の退陣を求める訳です。ましてやお金の為に経済成長しても実は中身がないわけですよ。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント



メルマガ会員登録はこちら

最新記事

  1. 政治

    【三橋貴明】プライマリーバランス黒字化目標を破棄せよ

  2. 政治

    【三橋貴明】骨太の方針2020を巡る闘争

  3. 日本経済

    【藤井聡】川辺川ダムが「予定通り」作られていれば、球磨...

  4. コラム

    【竹村公太郎】忠実な仲間―ロボット大好き日本人―

  5. 政治

    【小浜逸郎】コロナ全体主義をいつまで続ける気か

  6. 政治

    【室伏謙一】無関心と無気力感が蔓延し始めている今こそシ...

  7. 政治

    【三橋貴明】竹中平蔵パソナ会長のワクワクビジネス

  8. 政治

    【三橋貴明】日本をダメにした財務省と経団連の欺瞞

  9. 日本経済

    【藤井聡】小池知事は「感染抑止」でなく「経済壊滅」を導...

  10. 政治

    【三橋貴明】政治的中間組織のバランス

MORE

タグクラウド