日本経済

2018年10月15日

【三橋貴明】三橋TV始動(後編)

From 三橋貴明

【今週のNewsピックアップ】
官も民も等しく良くもあり、ダメでもある
https://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12411080767.html
「命もカネ次第」の国
https://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12411312934.html

日本の問題が厄介なのは、

「規制緩和や自由貿易
(モノ、サービス、カネ、ヒトの
国境を越えた移動の自由化)
で自分の利益を最大化したい」

レントシーカー(グローバリスト)と、
頑なに緊縮財政を貫く財務省の
利害が一致しているという点です。

まあ、緊縮財政も、規制緩和も、自由貿易も、
「政府を小さくする」という発想が
共通しているわけですが。

政府の役割を最小化する。

そのために、
緊縮財政、規制緩和、自由貿易
が推進される。

グローバリズムは常に
トリニティ(三位一体)です。

例えば、財務省が「財政」を理由に、
高額医薬品について医療保険の適用を
取りやめるとします。
(その方向に動いています)

すると、国民は不安に思います。

「高額医薬品を使えば命が助かるけど、
保険適用されなくなってしまった。
どうしよう・・・・」

というわけで、医療保険分野における
規制緩和が進み、さらには自由貿易。

太平洋の向こう側から、

「ご心配いりません。
我が社の医療保険サービスに
ご加入ください」

と、「あの」悪名高き保険会社の連中が、
大挙して日本市場に押し寄せるわけです。

結果、日本国民の所得が
「あの(しつこいけど)」悪名高き
アメリカの医療保険会社の懐に
流れ込んでいくことになります。

ちなみに、ガン保険の
トップアメリカンファミリー生命保険
(以下、アフラック)の利益の
8割は日本市場です。

橋本政権の時代に保険分野の
「規制緩和」「自由貿易」が進み、
日本のがん保険の市場は
アフラックのドル箱と化したのです。

挙句の果てに、かんぽ生命の
ガン保険の販売が政治的に止められ、
アフラック
(アメリカンファミリー生命保険会社)
の代理店に落ちぶれる有様。

「儲ける」「自分の利益を最大化する」
ためには、そこまでやってくるのですよ、
「トリニティ」は。

さて、緊縮財政が継続される以上、
公共投資や防衛力強化、
教育充実、科学技術投資であっても
「選択と集中」というコンセプトが
前提となってしまっています。

特に、科学技術で「選択と集中」
などとやった日には、
日本の科学技術力は
凋落する一方です。

現実、凋落していっています。

そもそも、いかなる分野を
選択すれば「正しいのか」など、
人間が事前に予測できるはずが
ありません。

特に、科学技術分野は
その傾向が顕著です。

緊縮財政で予算切りつめ。

であるならば、選択と集中
(厳密には、選択した分野に
小さくなった予算を
つぎ込むだけなのですが)
するしかない。

などとバカげたことを継続し、
早二十年。

日本はすっかり
「科学技術劣等国」と
化してしまいました。

現在、ノーベル賞を
受賞されている皆様は、
三十年前、日本が「選択と集中」を
始める前の業績を
評価されているのです。

このままでは、十年後くらいから、
日本人のノーベル賞受賞者は
ゼロになるでしょう。

間違いありません。

結局のところ、財務省主導の
緊縮財政路線を打破しない限り、
我が国の「繁栄の未来」は
あり得ないのです。

もっとも、財務省の緊縮路線を
打ち砕くためには、
「経済」について国民が
「完璧」に理解しなければ
なりません。

というわけで、
一日本国民としてできることは
やろうと考え、
映像で分かりやすく
経済を理解して頂く
「三橋TV」を始動しました。

三橋TV 第1回 【安倍政権は嘘つき内閣である】
https://youtu.be/NG4M12vQJ6w
三橋TV 第2回 【消費税はなぜ国民に残酷なのか?】
https://youtu.be/2irWBZasRZw
三橋TV 第3回 【消費増税で日本国民が貧乏になるカラクリ】
https://youtu.be/GDPIcQl5pNY

関連記事

日本経済

【施 光恒】移民推進派のフェイク報道と『西洋の自死』

日本経済

【saya】竹中平蔵氏の最先端都市スーパーシティ~企業が国家を経営する日

日本経済

【小浜逸郎】安倍政権20の愚策(その3)

日本経済

【平松禎史】「霧につつまれたハリネズミのつぶやき」:第丗三話

日本経済

【施 光恒】「外需依存という罠」

【三橋貴明】三橋TV始動(後編)への4件のコメント

  1. コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  2. Komiyet より

    三橋TVはいいですね。

    経済に興味をもって、それをきっかけに洗脳されていた自分に気がつく。

    癌で死ぬのが一番楽に死ねるのに、

    医療や宗教に縋り、苦しんで死ぬ。

    保身を考えるから不安になる。

    大脳で考えるから、保身や結果に拘る。

    遺伝子が喜ぶことをすればいいのになって思う。

    迷ったら日本人のDNAに聞けばいい。

    死ぬ時に、医者に頼るから、死ねなくなる。

    金のある不幸と、金のない不幸しかないのに、

    なんで生に拘るのか、俺にはわからん。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  3. たかゆき より

    始末の極意

    落語にありますね、、

    大店の主人がリストラを繰り返し 最後は

    自分も不要と自殺する オチ

    緊縮財政 小さな政府素敵じゃあないですか

    最後は 政府なんて不要と 大臣も役人もいなくなる ♪

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  4. あまき より

    自民党の新綱領に明記してありますからね。
    「小さな政府」を目指すのだと。
    恐らくこの党はサッチャリズムの功罪を検証していない。
    だから移民拡大のような周回遅れを平気で進める。

    来年10月からの消費税増税10%決定。
    「財務省の陰謀と闘う安倍さんは増税に反対」
    伝聞だけで学生に説き、読者に説いて来た諸先生方。
    知的誠実性をお持ちなら、そっと恥じてほしい。

    財務省について個人的な心配。アジア開銀のこと。
    最近メディアを通じてシナが日本のODAに感謝し始めた。
    新疆ウイグル弾圧、たとえば再教育センター。
    建設に財務省窓口の開銀のお金が使われているとか。
    増税しておいてまさかそんな真似はしてないでしょうね。

    安倍外交で日中大接近。財界大歓迎。でも。
    返しのついた針を仕組まれてはいないでしょうね。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

まだデータがありません。

まだデータがありません。

最新記事

  1. 日本経済

    【三橋貴明】最も少子化を推進した内閣総理大臣

  2. 日本経済

    【三橋貴明】電力は生命維持装置

  3. 日本経済

    【竹村公太郎】不思議な日本共同体(その5)東京の消費を...

  4. 未分類

    【施 光恒】公開シンポジウムのお知らせ(中野剛志氏来る...

  5. 政治

    【藤井聡】保守の、保守による、保守のための「安倍晋三総...

  6. 日本経済

    【三橋貴明】裏切りの国民

  7. 未分類

    【三橋貴明】日本人はどこから来たのか?

  8. 政治

    【小浜逸郎】リベラリズムの退廃

  9. 日本経済

    【藤井聡】さぁ、今から「減税運動」を始めよう!

  10. 政治

    【室伏謙一】過剰な「観光依存脳」が地域を、地域経済を破...

MORE

タグクラウド