日本経済

2018年4月22日

【三橋貴明】マニアックな話

From 三橋貴明

【近況】

先日のチャンネル桜、

【経済討論】財務省主導の経済でいいのか?日本[桜H30/4/14]
https://youtu.be/s8y0fk90-OQ
【Front Japan 桜】人を安く買い叩きたい人々
https://youtu.be/ws-FNZFYgks

といった番組でも話しましたが、
「真実」を説明するためには、
時間が必要です。

とはいえ、精々が30分程度で
いいのですが、それでもやはり、

「そもそも経済とは何なのか
(=所得創出のプロセス)」

「政府の税収は、国民の所得
(=GDP)と相関関係にある」

「財政健全化の定義は、グローバルに
政府の負債対GDP比率の引き下げ」

「人手不足への対応は、生産性向上」

といった「真実」は、説明するのに
時間がかかってしまうのです。

それに対し、

「国の借金で破綻する」
「すべての女性が輝く社会づくり」

といった「改革」のスローガンは、
ワンフレーズです。

これは「人類の病」でも
あるわけですが、真実の
「長い時間がかかる」説明よりも、
ワンフレーズのスローガン
(しかも「嘘」)の方が力を持ちます。

文革時代の中国では、「造反有理」
というスローガン一つで、
何千万人も死にました。

というわけで、三橋は「経世済民」
のためにワンフレーズを強調しつつ、
同時に「長い時間がかかる真実の説明」
をも発信するように心がけています。

特に、「長い時間」を必要とする説明は、
経済学の問題点です。

経済学は多数の「前提」あるいは
「設定」をベースにした学問で、
現実に適用することはできません。

それにも関わらず、経済学が
現実に力を持っていること。

これこそが、「人類」の経済が
これほどまでの混乱している
主因なのです。
(もちろん、故意に「経済学」
を強調する勢力がいる
ためではありますが)

本日は、特に「経済学」に
対抗した「真実」を中心に
書き進めているメルマガ、

【週刊三橋貴明 ~新世紀のビッグブラザーへ~ 】
http://www.mag2.com/m/P0007991.html

を、ご紹介したいと思います。

内容は、本当にマニアック
なのですが、「経済学」という
マニア的な学問への
アンチテーゼを提示する以上、
こちらもマニアックに
ならざるを得ないのです。

最近のコンテンツでいえば、

週刊三橋貴明 Vol465 家計貯蓄率と財政
週刊三橋貴明 Vol464 なぜ銀行は「預金を集める」のか?(後編)
週刊三橋貴明 Vol463 なぜ銀行は「預金を集める」のか?(前編)

タイトルだけでも、かなり
マニアックではございますが、
ここまで細かい「真実」を
書いているメルマガは、

【週刊三橋貴明
~新世紀のビッグブラザーへ~ 】

だと確信しています。

是非、ご一読を。

◆彩図社から「日本を破壊する種子法廃止とグローバリズム 」が刊行になりました。
http://amzn.to/2tXqPNH

◆週刊実話 連載「三橋貴明の『マスコミに騙されるな!』」 第268「ヒトを「安く買い叩く」ために」
なお、週刊実話の連載は、以下で(二週遅れで)お読み頂くことが可能です。
http://wjn.jp/article/category/4/

◆メルマガ 週刊三橋貴明 Vol465 家計貯蓄率と財政
http://www.mag2.com/m/P0007991.html
家計貯蓄率が下がると、政府が国債を「ファイナンス」できなくなり、破綻する!
といったデマが蔓延っていましたが、現実はどうだったでしょうか?

◆メディア出演

4月20日(金) チャンネル桜「Front Japan 桜」に出演しました。
【Front Japan 桜】人を安く買い叩きたい人々 / 赤く染まるマレーシア~92歳のマハティールさんが立ち上がった背景 [桜H30/4/20]
https://youtu.be/ws-FNZFYgks
http://www.nicovideo.jp/watch/so33079936

◆三橋経済塾

4月21日(土) 三橋経済塾第七期・第四回対面講義を開催いたしました。
http://members7.mitsuhashi-keizaijuku.jp/?page_id=8
ゲスト講師は中野剛志先生(評論家)。
私の講義のタイトルは「人口と経済成長~ヒトを安く買い叩きたい人々~」でした。
インターネット受講の皆様は、しばらくお待ちください

◆チャンネルAJER  更新しました。
『韓国の易姓革命①』三橋貴明 AJER2018.4.17
https://youtu.be/9OfVgrlU24k

関連記事

日本経済

【三橋貴明】問題は経済

日本経済

【島倉原】グローバル化とガラパコス化

日本経済

【三橋貴明】安倍"移民受入"内閣

日本経済

【小浜逸郎】日本人よ、外国人観光客誘致などに浮かれるな

日本経済

【三橋貴明】「ヒトの移動の自由」の行く末

【三橋貴明】マニアックな話への2件のコメント

  1. たかゆき より

    one phraze plus one

    「国の借金で破綻する」@財務省
    で、、官僚の天下り先企業が潤う

    「すべての女性が輝く社会づくり」@総理
    で、、彼の財布が重くなる

    ちなみに 経済学は心理学と同じく
    文学の範疇に属す@たかゆき

    ノーベル経済学賞という もう一つの
    ノーベル文学賞を 造り出した
    山師たちの 手腕は お見事 

    そして 世界中の 文学少年少女たちは
    彼等の 紡ぎだす phrazeに 
    悪酔いさせられるので ございます ♪

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  2. 反孫・フォード より

    >人を安く買い叩きたい人々

     ふと思いました。金融(ビックバン?)主導経済(吸収合併)になってからは、“日本企業を安く買い叩きたい企業”の侵入をも膿み出してきてしまったのではないか?と。
    そんな企業が政府と協同し異民族人力性向上を膿み出してしまった。
    日本人(身体)を安く買い叩きたい人々(異脳)が幅を効かせ過ぎてしまったのでしょうか?。
     失礼しました。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

週間ランキング

  1. 1

    1

    【saya】日本屈指のブラジルタウン大泉町の現状を見よ

  2. 2

    2

    【藤井聡】政府の消費増税対策は、残念ながら「全く不十分」であ...

  3. 3

    3

    【三橋貴明】歴史に蔓延る嘘

  4. 4

    4

    【三橋貴明】国内外の「嘘」という問題について

  5. 5

    5

    【三橋貴明】日本には政府の投資計画が必要

  6. 6

    6

    【三橋貴明】結論が決まった世界

  7. 7

    7

    【藤井聡】安倍内閣は、「コンクリートから人へ」継続内閣である...

  8. 8

    8

    【藤井聡】「10%消費増税」が日本を滅ぼすメカニズム ~京都...

  9. 9

    9

    【竹村公太郎】海面上昇は本当か?

  10. 10

    10

    【三橋貴明】政府の統計操作の三大手法

MORE

月間ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】安倍内閣は、「コンクリートから人へ」継続内閣である...

  2. 2

    2

    【saya】日本屈指のブラジルタウン大泉町の現状を見よ

  3. 3

    3

    【藤井聡】新しい御代をお迎えする2019年、最大の争点は「消...

  4. 4

    4

    【小浜逸郎】急激な格差社会化が進んだ平成時代

  5. 5

    5

    【藤井聡】「トリプル」リーマンショック・リスク~「年末株価の...

MORE

最新記事

  1. 日本経済

    【三橋貴明】日本には政府の投資計画が必要

  2. 政治

    日本経済

    【三橋貴明】歴史に蔓延る嘘

  3. 政治

    日本経済

    【三橋貴明】国内外の「嘘」という問題について

  4. 日本経済

    【三橋貴明】結論が決まった世界

  5. 日本経済

    【藤井聡】政府の消費増税対策は、残念ながら「全く不十分...

  6. 政治

    【saya】日本屈指のブラジルタウン大泉町の現状を見よ

  7. 政治

    日本経済

    【三橋貴明】政府の統計操作の三大手法

  8. 政治

    日本経済

    【三橋貴明】政府が食の安全を守らないならば

  9. 未分類

    【竹村公太郎】海面上昇は本当か?

  10. メディア

    政治

    未分類

    【上島嘉郎】西郷隆盛が語る「国の本体」

MORE

タグクラウド