日本経済

2018年3月8日

【三橋貴明】南北首脳会談開催決定を受け

From 三橋貴明@ブログ

韓国大統領府は、昨日(3月6日)、
文在寅大統領が4月末に、
北朝鮮の金正恩委員長と板門店で
首脳会談を開催することで
合意したと発表しました。

『韓国と北朝鮮、4月末に首脳会談 「米と対話用意」表明
https://www.asahi.com/articles/ASL366QCVL36UHBI03B.html

韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領と
北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)
朝鮮労働党委員長が4月末、
南北軍事境界線上にある板門店の
韓国側施設「平和の家」で南北首脳会談を行う。

正恩氏と5日に会談した韓国大統領府の
鄭義溶(チョンウィヨン)国家安保室長が
6日夜に合意内容を発表した。

韓国側の説明によれば、北朝鮮は
非核化の意思を表明し、対話が続く間は
核実験や弾道ミサイルの試射を行わないとした。

実現すれば、南北首脳会談は2000年6月、
07年10月に続いて3回目。

正恩氏にとっては初めてだ。(後略)』

金正恩は、今年の元旦の「新年の辞」において、
「昨年、国家核戦力の完成という歴史的大業を成し遂げた」
「核のボタンが私の机の上に置かれている」
と、核「戦力」の保有を宣言すると同時に、
韓国に対しては平昌冬季五輪開催を祝福。

実際に、五輪に「美女軍団」を送り込み、
巧みに南北融和ムードを醸成していきました。

北朝鮮の「国家戦略」は、

1.核武装を果たし、アメリカと対等の立場を獲得。金王朝存続を図る。
2.韓国に親北政権を誕生させ、「連邦国家」というゴールを目指す。

の二つです。

この二つは、金日成、金正日時代から
金正恩へと引き継がれ、
一度も揺らいだことがありません。

昨年5月に、廬武鉉の秘書室長だった
文在寅が韓国大統領の座を射止めた時点で、
今回(首脳会談決定)までのシナリオが
描かれたのでしょう。

すなわち、17年中に核武装を果たし
(厳密には「果たしたことにし」)、
平昌五輪で融和ムードを高め、
南北首脳会談につなげる、です。

日本のマスコミは、南北首脳会談を
「核・ミサイル問題の解決」に結び付けようと
するでしょうが、現実には核・ミサイル開発について
「話し合い」が行われることすらないでしょう。

過去に南北首脳会談は二回行われています。

すなわち、2000年の金大中と金正日、
2007年の廬武鉉と金正日です。

いずれも、北朝鮮の核・ミサイル開発が
問題視されていた時期でしたが、
話題は「統一」に終始しました。

文在寅としては、南北首脳会談終了後に、
「緩やかな連邦制をとることで合意した」
と、共同記者発表をするところまで
持っていきたいのではないかと推測しています。

となると、当然の話として韓国の
「保守派」は猛反発。

韓国は朴槿恵末期同様に、
またもや混乱に陥ることになるでしょう。

韓国が混乱し、日米との協調や連携が
難しくなる中、北朝鮮は淡々と核、
ミサイル開発を進める。とにもかくにも、
北朝鮮が「核放棄」という決断を
下すなど「あり得ない」ことを理解する必要があります。

報道にある「非核化の意思の表明」とは、具体的には、

「北朝鮮に対する軍事的脅威が解消され、
北朝鮮の体制の安全が保証されれば、
核を保有する理由がない」

というもので、これまでの「立場」と
変わりがないのです。

朝日新聞の記事では、金正恩が
「譲歩した」風にも読み取れてしまいますが、
そういう話ではありません。

北朝鮮は、経済制裁やアメリカの軍事的圧力を、
韓国との「平和外交」で誤魔化しつつ、
核兵器とミサイル開発を続けます。

具体的には、アメリカが北朝鮮の
核保有を認めるまで、です。

そして、アメリカが北朝鮮の
核保有を認めた時点で、我が国は
「事実上」アメリカの核の傘から
外れるという話になります。

同時に、韓国は「北朝鮮の核の傘」に入り、
「核兵器を保有する連邦国家」が
朝鮮半島に誕生するという
悪夢の未来が訪れるわけです。

中国の「覇権国化」もそうですが、
我が国が「泰平の眠り」あるいは
「お花畑的平和主義」から強制的に
覚まされる瞬間が近づいています。

この状況でありながら、政治の世界で、

「プライマリーバランス黒字化を達成するために、
防衛費の大幅な増額はできない」

などとやっているとなると、
我が国に繁栄の未来はありません。

国防という、国家の基本的役割を
果たすためにも、PB黒字化目標は
撤回されなければならないのです。

関連記事

日本経済

【上島嘉郎】憲法論議の前提

日本経済

【三橋貴明】お花畑的平和主義の強制終焉

日本経済

【上島嘉郎】拉致被害者をなぜ救出できない─日本のジレンマ

日本経済

【佐藤健志】慰安婦問題と日馬富士引退

日本経済

【三橋貴明】北朝鮮核保有容認論の危険性

【三橋貴明】南北首脳会談開催決定を受けへの3件のコメント

  1. たかゆき より

    PBは炭になり 国家は灰になる

    それにしても
    戦後70有余念の占領政策はお見事

    大戦中は焼夷弾により
    戦後は 経済戦 歴史戦 情報戦で 日本を焼き尽くす。。。

    そう言えば
    東京大空襲を指揮なさった ルメイ司令官には
    勲一等旭日大綬章が授与されたんでしたっけ?

    歴史戦 経済戦 情報戦で 日本を灰にした
    「日本国司令官」には
    どのような 勲章が授与されるのか しら ん。。。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

      1. 赤城 より

        横から失礼します。

        >それにしても
        戦後70有余念の占領政策はお見事

        大戦中は焼夷弾により
        戦後は 経済戦 歴史戦 情報戦で 日本を焼き尽くす。。。

        日本の敗戦後はアメリカからの見えない攻撃ばかりでなく、シナや朝鮮からも強力な攻撃を受け続けてきた結果でもあります。つまり表面下では質の悪い狡猾な隣国たちがもう何の力も奪われた弱国の腰抜けを70年間よってたかってフルボッコのリンチ状態です。

        返信

        コメントに返信する

        メールアドレスが公開されることはありません。
        * が付いている欄は必須項目です

        1. たかゆき より

          赤城さまの 仰せ通りです。

          第三者ならぬ 第三国
          シナ大陸を 逃げ回っていただけ 
          八路軍の chinやら
          chin属国の korやらが 戦後は

          当事者ツラして 日本を 足蹴
          足蹴にするほうが アホなら
          足蹴にされるほうも マヌケ

          モノには 限度というものが あるでしょうし
          我慢には 限界というものが あるかと。 

          返信

          コメントに返信する

          メールアドレスが公開されることはありません。
          * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

週間ランキング

  1. 1

    1

    MMT(現代貨幣理論)とは、「現代社会の実態に即した、貨幣に...

  2. 2

    2

    【三橋貴明】令和の政策ピボット 賛同者数1万人突破

  3. 3

    3

    【三橋貴明】MMTと令和の政策ピボット

  4. 4

    4

    優れた民間人のほうが主流派経済学者などよりずっとマシ

  5. 5

    5

    【藤井聡】維新はW選で勝ったが「クアドラプル選」で負けた。 ...

  6. 6

    6

    【三橋貴明】令和の政策ピボット(前編)

  7. 7

    7

    【藤井聡】「令和ピボット運動」とは何か? ~それぞれの立場で...

  8. 8

    8

    【施 光恒】情報技術と「引っ越さなくていい社会」

  9. 9

    9

    【三橋貴明】秋篠宮殿下はなぜ「皇嗣殿下」なのか?

  10. 10

    10

    【藤井聡】「統計のウソ」に騙されるな ~「維新政治10年で大...

MORE

月間ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】「統計のウソ」に騙されるな ~「維新政治10年で大...

  2. 2

    2

    【藤井聡】維新はW選で勝ったが「クアドラプル選」で負けた。 ...

  3. 3

    3

    【藤井聡】「令和ピボット運動」とは何か? ~それぞれの立場で...

  4. 4

    4

    MMT(現代貨幣理論)とは、「現代社会の実態に即した、貨幣に...

  5. 5

    5

    【三橋貴明】令和の政策ピボット 賛同者数1万人突破

MORE

最新記事

  1. 政治

    未分類

    歴史コンテンツ「経世史論」

  2. 政治

    日本経済

    優れた民間人のほうが主流派経済学者などよりずっとマシ

  3. 日本経済

    MMT(現代貨幣理論)とは、「現代社会の実態に即した、...

  4. 日本経済

    【三橋貴明】MMTと令和の政策ピボット

  5. 政治

    日本経済

    【三橋貴明】令和の政策ピボット 賛同者数1万人突破

  6. 日本経済

    【施 光恒】情報技術と「引っ越さなくていい社会」

  7. 政治

    未分類

    【藤井聡】維新はW選で勝ったが「クアドラプル選」で負け...

  8. 日本経済

    【三橋貴明】令和の政策ピボット(後編)

  9. 日本経済

    未分類

    【三橋貴明】令和の政策ピボット(前編)

  10. 日本経済

    【小浜逸郎】「令和の政策ピボット」にご賛同ください!

MORE

タグクラウド