日本経済

未分類

2019年2月17日

【三橋貴明】手じまいに入った日本銀行

From 三橋貴明

【近況】

近況といえば、日本銀行の
マネタリーベース(以下、MB)が増えていません。

【日本のマネタリーベースと
マネーストック(左軸、億円)と貨幣乗数(右軸、倍)】
http://mtdata.jp/data_62.html#kaheijousuu

月ベースの末日MB残高増加率を
各年平均で見ると、

13年が3.29%、14年が2.75%、
15年が2.19%、16年が1.76%、
17年が0.9%、18年が0.4%。

最近は、MB残高を前月末よりも
減らす月が増えて参りました。

日本銀行は明らかに量的緩和の
「手じまい」に入っていますが、
理由はもちろん、

「購入可能な国債が金融市場から消える」

わたくしが以前から警告していた
「日銀のXデイ」が近づいているためです。

さすがの日銀も、
黒田東彦元・財務官が日銀総裁に就任して以降、

すでに370兆円(!)
ものMBを増やしてさえ、

我が国がデフレから脱却できないとは
想像だにしていなかったのでしょう。

もちろん、
我々は日銀がインフレ目標を設定し、
MBを拡大したところで、

政府が緊縮財政を維持する限り、
インフレにはならないと主張し続けてきましたが、
自分たちの予測が当たったところで、
別に嬉しくはありません。

マネーストックをMBで割った「貨幣乗数」も、
何と2倍という前代未聞の水準に落ち込んでいます。

貨幣乗数は昨年4月以降、
2倍で「固定」されています。

日銀は、貨幣乗数について
2倍を割り込ませないことを
決意しているように見えます。

別に、貨幣乗数が
2倍を割り込んだところで、
現状に変化(良い変化も、悪い変化も)
があるわけではないですが、

とりあえずの「閾値」のつもりなのかも知れません。

ちなみに、
直近の長期金利(十年物国債金利)は
▲0.021%と、マイナスの領域に舞い戻っています。

このままでは、
最終的に日銀が量的緩和の
「継続不可能」を宣言せざるを得ない、
日銀Xデイがやってくることになります。
(間違いなく、超円高、株価暴落になるでしょう)

解決策は簡単で、
政府が国債を発行すればいいのです。
ところが、安倍政権は相変わらずの緊縮財政。

政府が緊縮路線を改め、
国債を増発し、有効需要(GDPになる支出)を拡大する。
そうすることで、量的緩和が担保できます。

正しい道は、あまりにも明らかなのです。

それにも関わらず、
政府は国債増発に乗り出そうともしない。

ほとんどの野党にしても、財政拡大は口にしない。
新しい政党が必要です。

◆【一般参加可能な講演会のお知らせ】
衆議院議員あんどう裕・第一回日本の未来を考えるセミナー
http://mtdata.jp/data_62.html#ando
2019年3月9日(土) 15:00-
会場:ベルサール東京日本橋
パネリスト:藤井聡、三橋貴明、室伏謙一
※三名共に懇親会に出席します。是非、ご来場ください。

◆時局 2019年 03月号 に、
連載「三橋貴明の経世論 第24回 政府が国債発行で借りるおカネ」が掲載されました。
https://amzn.to/2T0RyEs

◆週刊実話 連載「三橋貴明の『マスコミに騙されるな!』」
第308回 「いざなぎ超え景気拡大」の真実
なお、週刊実話の連載は、以下で(二週遅れで)お読み頂くことが可能です。
http://wjn.jp/article/category/4/

◆メルマガ 週刊三橋貴明 Vol508 銀行預金とGDP(後編)
http://www.mag2.com/m/P0007991.html
マネーストックが増えたとしても、
GDPが成長するとは限らない。
日本にとって「正しい政策」は一つしかないことをご理解ください。

◆メディア出演

三橋TV、続々リリースされています。

三橋TV第51回【イメージではなくデータで】
https://youtu.be/b1Agvto1oXc
三橋TV第52回【野党が珍しく仕事をした件】
https://youtu.be/I3BcUnPXLko
三橋TV第53回【大ネタ!消された景気後退!】
https://youtu.be/VG1ivZ4PJFg

2月15日(金) チャンネル桜「Front Japan 桜」に出演しました。

【Front Japan 桜】実質賃金と増税サポーターズ / 不登校支援の2つの柱[桜H31/2/15]
https://youtu.be/TJajKaFyIQ4

◆三橋経済塾

2月16日(土) 第二回講義が開催されました。
https://members8.mitsuhashi-keizaijuku.jp/?page_id=75
ゲスト講師は藤井先生でした。」
インターネット受講の皆さまはしばらくお待ちください。

◆チャンネルAJER

今週の更新はありません。

—発行者より—
総理「政権中にこれを破棄できなければ、日本はオシマイ」

三橋貴明と総理との会談時で明かされた真実。

●総理が、三橋との会食をオープンに
(世に公開)してまで国民に伝えたかった事とは…?

●この会食で明らかになった、
私たちの邪魔をする[3つの敵の正体]とは?

●2020年に訪れるかもしれない
日本の危機的状況とは一体何なのか?

日本が発端となり、
2008年のリーマンショックが再来する?

などなどメディアが決して報道しない
「安倍総理の告白」と「日本経済2020年危機」
について解説した書籍を出版致しました。

こちらから詳しい内容をご覧ください。
https://keieikagakupub.com/38JPEC/1980/

関連記事

日本経済

未分類

【藤井聡】最大のワイズ・スペンディングは「当初予算の拡充」である

日本経済

未分類

【三橋貴明】いわゆるリフレ派の罪

日本経済

未分類

【三橋貴明】「デフレは貨幣現象」で五年間を無駄にした日本

日本経済

未分類

【島倉原】いわゆるリフレ派の功績

日本経済

未分類

【青木泰樹】ヘリマネ追撃!最善のポリシーミックス

【三橋貴明】手じまいに入った日本銀行への2件のコメント

  1. 汎損・フォード より

    >野党にしても財政拡大は口にしない

     今日のNHK日曜討論(脱線注釈ですが超スーパーウルトラ低血圧のワシでも一応は起きているのですントン。)でも出演者の口の動きは、隅から角まで200%財政のTHEにすら頑なに動きませんでした。
    岸田(マスコミ対応の意味としての)外務大臣にしろ長妻Mr.年金Doughnut?にしろ。長妻ミスターは教育無償化(根本は民営化推進のネオリベ系の意味でしょうが)等の問題に触れていてすら財政拡大には触れない。

    しかも司会者から財政再建の質問を振ってあげる始末でした。政治家もマスコミもワシも何もかももう完全にイカレてますントン。治しようがありません。甘利にもぶっ壊しようがありません。既に壊れてしまっていました。

    国家非常事態宣言をすべきはアメリカよりも日本の方が先です。一番乗りです。絶対っ二番じゃ駄目なんですっ!(怒りの蓮舫鉄拳が飛んで来る専門用語)。トランプで決めてる場合ではないのです!
     さようならベアノミクス。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  2. たかゆき より

    『始末の極意』

    という 古典落語で
    緊縮の 解はすでに 提示済み、、

    すなわち 己の死

    桂米朝の 十八番だったとか、、、

    米と朝で 一席設けるようですが
    はたして 始末がつけられる のか
    しらん。。。

    一席の後 お代の 支払いは日本??
    そんな カネが どこにある。。

    ではでは
    おあとが よろしいようで ♪

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

まだデータがありません。

まだデータがありません。

最新記事

  1. 日本経済

    【三橋貴明】アベ・ショックの「その後」

  2. 日本経済

    【三橋貴明】「振込」とは何だろう?

  3. 政治

    日本経済

    【藤井聡】レイ教授、ミッチェル教授のMMTシンポジウム...

  4. 日本経済

    【小浜逸郎】MMTの就業保障プログラム VS ベーシッ...

  5. 日本経済

    【室伏謙一】足して合わせれば良くなるという考え方が日本...

  6. 日本経済

    【三橋貴明】豊かで安全な国家を取り戻すために

  7. 日本経済

    【三橋貴明】我々はなぜ銀行預金を貨幣と認識するのか?

  8. 政治

    【施 光恒】「英語入試改革」で教育現場は大混乱

  9. 政治

    日本経済

    【藤井聡】『ホントに国土は強靱化できるのか』・・・につ...

  10. 日本経済

    【三橋貴明】国民を豊かにする令和の政策大転換

MORE

タグクラウド