アーカイブス

2014年12月17日

【佐藤健志】ふたつの祖国、ひとつの愛

From 佐藤健志@評論家、作家

——————————————————-

●『月刊三橋』12月号のテーマは「2015年の世界と日本はどうなる?」
世界はデフレ破局へと向かうのか? なぜ、マスコミの経済予測は信じてはいけないのか?

もし、あなたが、世界を正確に知り、嘘情報の被害に遭いたくないなら、、、

http://www.keieikagakupub.com/sp/CPK_38NEWS_C_D_1980/index_sv2.php

——————————————————-

酒井充子(さかい・あつこ)監督のドキュメンタリー映画「ふたつの祖国、ひとつの愛〜イ・ジュンソプの妻」が、12月13日より、東京の「ポレポレ東中野」で公開されています。
以後、全国で順次ロードショーの予定。

新聞記者出身の酒井さん、2000年から映画の制作・宣伝にたずさわるようになり、2009年、「台湾人生」で監督デビューを果たしました。
これもドキュメンタリー。
20世紀の台湾は、日本の植民地統治に始まり、国民党政府による長期の戒厳令、そして民主化と、さまざまな変化をくぐり抜けました。
それを生きてきた人々の経験と思いを、正面からとらえた秀作です。

みなさん高齢ですが、印象的なのは日本への思い入れの深さ。
明治天皇御製の和歌を暗唱し、二宮尊徳の教えを賞賛する人もいれば、「男に生まれていたら絶対、特攻隊に志願していた」なる旨を言い切った人もいるくらいです。
ただし戦後のわが国が、戦時中、日本のために戦った台湾人にたいして、補償はおろか感謝もしていないことには、少なからず不満も抱いている。

メッセージを正面切って打ち出すのではなく、事実をしてみずから語らせるのが酒井さんの作風。
ドキュメンタリーの王道です。
とはいえ「台湾人生」のメッセージを私なりにまとめるなら、
「親日とか反日といった二分法では割り切れない歴史を、われわれはアジアと共有している」
となるでしょう。

新作「ふたつの祖国、ひとつの愛」からも、同じメッセージが伝わってきます。
サブタイトルにある「イ・ジュンソプ」とは、日本統治下の朝鮮半島で1916年に生まれた画家。

生前は不遇で、1956年、39歳の若さで世を去ります。
しかし1970年代から、作品集や評伝が刊行されたり、生涯が映画化されたりと評価が高まってゆく。
今では彼を記念する美術館も建てられ、「韓国の国民的画家」と呼ばれています。
アジアの芸術家として、ニューヨーク近代美術館に初めて作品が収蔵された人物でもあるとか。

しかるにイ・ジュンソプさんの妻は、山本方子(まさこ)さんという日本人。
90歳を越えて、今でもお元気です。

酒井監督、現在の方子さんをとらえつつ、ジュンソプさんとの夫婦生活を描き出してゆく。
ジュンソプさん、東京の文化学院に留学していたことがあり、そこで方子さんと知り合いました。
こうして恋仲になるのですが、ちょうど戦時中。

1943年、展覧会を開くためにソウルへ向かったジュンソプさんは、戦況悪化のせいで、日本に戻れなくなります。
すると方子さんは1945年、連絡船が撃沈される危険を覚悟で朝鮮半島に渡り、現地で結婚。
イ・ナムドクという朝鮮名も持つようになります。

子どもも生まれ、しばらくは幸せだったものの、1950年に朝鮮戦争が勃発したせいで、一家は避難民生活を余儀なくされる。
方子さんは子どものことを考えて、日本の実家に身を寄せることにしました。
ところがジュンソプさんは同行できない。
日本と韓国の間に国交がなかったせいです。

1953年、ジュンソプさんが一週間だけ日本に滞在したのを別とすれば、そのあと夫婦をつないだのは手紙だけ。
200通以上のやりとりがあったと言われます。

ジュンソプさんが亡くなったあとも、方子さんは再婚せず、一人で子どもを育て上げました。
今でも左手には、ジュンソプさんとの結婚指輪がはめられているのです。
ちなみに方子さん、息子の泰成(やすなり)さんと同居していますが、泰成さんの仕事は額装の制作・販売。
父親の影響が感じられます。

ジュンソプさんと方子さんを、これだけ強く結びつけたものは何だったのか?
明確な解釈が打ち出されるわけではありません。

しかし「方子」と「ナムドク」が交錯する手紙の文面や、日本語と韓国語が入り交じる関係者へのインタビュー、さらには自宅で韓国風の料理を食べる方子さんの姿からは、一緒にすごした時間が短くとも、お二人が間違いなく人生を分かち合ったことが伝わってきます。
そしてあらゆる歴史は、個々の人生の積み重ねのうえに成立するのです。

対立や反発が注目されやすい日韓関係ですが、こんな「歴史の共有」もあるのだと再認識させられますね。
よろしければ、ぜひご覧下さい。

関連のURLをまとめておきましょう。
「ふたつの祖国、ひとつの愛」公式サイト
http://u-picc.com/Joongseopswife/index.html

上映館「ポレポレ東中野」公式サイト
http://www.mmjp.or.jp/pole2/

映画予告編
https://www.youtube.com/watch?v=JISS5epxzSc

ではでは♪(^_^)♪

<佐藤健志からのお知らせ>
総選挙が終わっても、いや、終わった後だからこそ、どうぞ!
http://ch.nicovideo.jp/k-chokuron/blomaga/ar682207
または
http://chokumaga.com/author/152/
平松禎史さんの記事(本紙12月14日配信)でも取り上げていただきました。

同時に、まずは戦後史の共有を!
http://amzn.to/1lXtYQM

そして12月20日、日本文化チャンネル桜の「闘論! 倒論! 討論!」(20:00〜23:00)に出ます。
http://www.ch-sakura.jp

PS
なぜ、民間エコノミストの経済予測は信用できないのか?
経済学の「嘘」を見抜いて世界と日本の動きを正確に知りたいなら、、、、
http://www.keieikagakupub.com/sp/CPK_38NEWS_C_D_1980/index_sv2.php

関連記事

アーカイブス

[三橋実況中継] 現場の声

アーカイブス

【佐藤健志】プーチンに告ぐ!(1)

アーカイブス

【三橋貴明】安倍晋三内閣総理大臣との会食

アーカイブス

【佐藤健志】前号記事への疑問に答える

アーカイブス

【佐藤健志】前衛の最大の危機とは

メルマガ会員登録はこちら

週間ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】「財務省設置法」は「憲法13条違反」である。

  2. 2

    2

    【三橋貴明】日本復活の鍵を握るMMT

  3. 3

    3

    【藤井聡】大蔵省から「財務省」に転換した時、平成デフレーショ...

  4. 4

    4

    【三橋貴明】フィリップス曲線の崩壊

  5. 5

    5

    【藤井聡】大阪都構想:知っていてほしい7つの事実

  6. 6

    6

    【saya】我が故郷 横浜が日本から独立 ?!

  7. 7

    7

    【藤井聡】財務省は今、安倍内閣下で増えた「自由に使える血税」...

  8. 8

    8

    【三橋貴明】秋篠宮殿下はなぜ「皇嗣殿下」なのか?

  9. 9

    9

    【上島嘉郎】改めて思う、人が生きて働く意味

  10. 10

    10

    【藤井聡】「アベノミクス」は、結局、やられてなかった。

MORE

月間ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】「アベノミクス」は、結局、やられてなかった。

  2. 2

    2

    【藤井聡】財務省は今、安倍内閣下で増えた「自由に使える血税」...

  3. 3

    3

    【藤井聡】「財務省設置法」は「憲法13条違反」である。

  4. 4

    4

    【三橋貴明】秋篠宮殿下はなぜ「皇嗣殿下」なのか?

  5. 5

    5

    【三橋貴明】二人の教授

MORE

最新記事

  1. 日本経済

    【小浜逸郎】日経記事に見る思考停止のパターン

  2. 日本経済

    【藤井聡】大蔵省から「財務省」に転換した時、平成デフレ...

  3. 日本経済

    【三橋貴明】日本復活の鍵を握るMMT

  4. 日本経済

    【三橋貴明】フィリップス曲線の崩壊

  5. 日本経済

    【藤井聡】「財務省設置法」は「憲法13条違反」である。

  6. 政治

    日本経済

    【saya】我が故郷 横浜が日本から独立 ?!

  7. 日本経済

    【三橋貴明】大平正芳の呪縛

  8. 政治

    【三橋貴明】秋篠宮殿下はなぜ「皇嗣殿下」なのか?

  9. 未分類

    【竹村公太郎】気象の狂暴化に対する方策はあるか?   ...

  10. コラム

    【上島嘉郎】改めて思う、人が生きて働く意味

MORE

タグクラウド