アーカイブス

2012年9月26日

【東田剛】「自民党叩き」は会社の方針?

FROM 東田剛

1993年、非自民七会派による細川政権が成立し、自民党は下野しました。
この細川政権が、小選挙区制を柱とする政治改革を行い、
今日まで続く日本の凋落のきっかけを作りました。

当時のテレビ朝日の報道局長の椿貞良は、日本民間放送連盟の会合で

「小沢一郎氏のけじめをことさらに追及する必要はない。
今は自民党政権の存続を絶対に阻止して、なんでもよいから
反自民の連立政権を成立させる手助けになるような報道を
しようではないかとの方針で局内をまとめた」

という趣旨の発言を行いました。
産経新聞がこれをスクープした結果、椿は、国会に証人喚問され、
偏向報道を行った事実を認めました。

しかし、朝日はまったく反省しませんでした。

2003年には、衆院選直前の「ニュースステーション」において、
「民主党の菅直人の政権構想を過度に好意的に報道した」として、
テレビ朝日は自民党の抗議を受けました。当時、抗議を行った
自民党幹事長こそ、安倍晋三氏にほかなりません。

なお、2004年の参院選の選挙報道でも、テレビ朝日は自民党から
抗議を受けています。

2005年1月12日、朝日新聞は、安倍晋三(当時内閣官房副長官)
・中川昭一両議員がNHK番組の編集についてNHK上層部に
圧力をかけたという報道を行い、NHKから抗議を受けました。

この件は、朝日新聞が設けた第三者機関「NHK報道委員会」
が朝日新聞の取材が不十分であったと指摘し、
朝日新聞もこれを認めました。

安倍内閣が成立すると、朝日は執拗な安倍叩きを続けました。
2007年に安倍総理が健康上の理由で退陣を表明すると、
朝日新聞は記事の中で、コラムニスト石原壮一郎の談として、
「アベする」という流行語があると紹介し、この流行語が
捏造ではないかと問題になりました。

小川榮太郎著『約束の日:安倍晋三試論』には、政治評論家の
三宅久之と朝日新聞主筆(当時は論説主幹)の若宮啓文との
こんなやりとりが紹介されます。

三宅「朝日は安倍というといたずらに叩くけど、いいところは
きちんと認めるような報道はできないものなのか」

若宮「できません」

三宅「何故だ」

若宮「社是だからです」

ここまでくると、もはやストーカーです。

朝日に限りません。2008年の麻生叩きは、全マスコミの社是でした。
2009年の衆院選では、政権交代が社是になりました。1993年の椿事件が
かわいく見えるほどの偏向報道でした。みんなで偏向すれば、
偏向ではないとでも思っているのでしょうか。

『約束の日』には、「安倍の葬式はうちで出す」という
安倍内閣当時の朝日幹部の言葉が出てきます。実際、マスコミは、
2009年、中川昭一元財務相の葬式を出すことに成功しました。

しかし、マスコミの社是にしたがって成立した悲願の民主党政権は、
当のマスコミでもかばいきれないほど、無惨な結果をもたらしました。

マスコミの幹部たちは、反省しているでしょうか。
いいえ、むしろ、自民党を逆恨みして、
いっそう激しいストーカー行為を繰り返すでしょう。
なぜなら、それが「社是」だからです。

今日は、自民党総裁選です。

PS
もしあなたが「本質」を学びたいなら、
薄っぺらい新聞の社説よりも、
こちらが参考になるはずです。
http://amzn.to/TbD1P2

関連記事

アーカイブス

【三橋貴明】デフレ脱却、積極的財政政策で

アーカイブス

【青木泰樹】泣きっ面に蜂。

アーカイブス

【施 光恒】「リカちゃん人形」と「いただきます」

アーカイブス

【三橋貴明】無限の需要

アーカイブス

【宍戸駿太郎】 消費税10%値上げは延期せよ ―津波は第2波以後が怖い!

【東田剛】「自民党叩き」は会社の方針?への1件のコメント

  1. 高月 瞭 より

    20年前から若手社員にアサヒの反対することをやれば成功するぞと説教していました。社会人として世界の動きを見ればアサヒをはじめとするマスメディアの主張には矛盾することばかりでした。現役引退15年を迎えますがテレビのニュースは見ない、新聞は産経のみ但し田村記者を除く経済記事は読まないことにしています。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

週間ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】デフレの原因ここにあり 〜福田氏「醜聞」騒動が示す...

  2. 2

    2

    【三橋貴明】移民問題の「目的」

  3. 3

    3

    【三橋貴明】文明の生態史観と乙嫁語り

  4. 4

    4

    【竹村公太郎】水の分かち合いの奇跡

  5. 5

    5

    【藤井聡】「財政規準」(クライテリオン)の歪みが導く「危機」...

  6. 6

    6

    【小浜逸郎】福沢諭吉は完璧な表券主義者だった(その2)

  7. 7

    7

    【藤井聡】いよいよ、「プライマリー・バランス」を巡る攻防が本...

  8. 8

    8

    【三橋貴明】日本国民の問題

  9. 9

    9

    【小浜逸郎】福沢諭吉は完璧な表券主義者だった(その1)

  10. 10

    10

    【三橋貴明】「文明の生態史観」の再評価を

MORE

月間ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】いよいよ、「プライマリー・バランス」を巡る攻防が本...

  2. 2

    2

    【小浜逸郎】財務省VS総理官邸

  3. 3

    3

    【三橋貴明】続 2018年6月 日本国の運命が決定する

  4. 4

    4

    【小浜逸郎】国家的事業か法的正義か

  5. 5

    5

    【藤井聡】デフレの原因ここにあり 〜福田氏「醜聞」騒動が示す...

MORE

最新記事

  1. 日本経済

    【小浜逸郎】福沢諭吉は完璧な表券主義者だった(その3)

  2. 欧州

    【三橋貴明】マクロン大統領の「民主主義」

  3. アジア

    【三橋貴明】後戻り不可能な非核化

  4. 日本経済

    【藤井聡】デフレの原因ここにあり 〜福田氏「醜聞」騒動...

  5. 日本経済

    【小浜逸郎】福沢諭吉は完璧な表券主義者だった(その2)

  6. 日本経済

    【三橋貴明】移民問題の「目的」

  7. アジア

    未分類

    【三橋貴明】文明の生態史観と乙嫁語り

  8. コラム

    【竹村公太郎】水の分かち合いの奇跡

  9. 日本経済

    【三橋貴明】安倍"移民受入"内閣

  10. 日本経済

    【小浜逸郎】福沢諭吉は完璧な表券主義者だった(その1)

MORE

タグクラウド