アーカイブス

2012年7月31日

【藤井聡】新自由主義者のウソ話

FROM 藤井聡@京都大学

前回、

「最近,圧倒的な力を持っていた新古典派経済学が
どれほどの害悪を与えたかは,簡単には記せないほどである.」
〜『なにがケインズを復活させたのか?』より〜

というロバート・スキデルスキーの言葉をご紹介しましたが、
今回はこのスキデルスキーが言う
「新古典派経済学がどれほどの害悪を与えたか」について、
お話したいと思います。

簡単なおさらいですが、「新古典派経済学」の考え方というのは、
簡単にいって、規制の無い自由な「市場」で、
いろんなものを売買すれば、
モノをつくる人も買う人も皆ハッピーになる!という話なのですが、
これがまぁ、滅茶苦茶なとめどないウソ話なのです。

こんなものがウソ話であるのは、
「欲しいモノは何でも盗んでもいい自由」とか、
「むかつく奴はスグに殺してもいい自由」なんてモノが認められたら、
皆メチャ不幸になるのは、どんなアホでもバカでも分かるだろう、
というだけのことで、簡単に証明できてしまうわけです(笑)。

が、ここではそんなアホバカウソ話を
「正しい!!」なんて皆が熱狂的に信じちゃうと、
どんなことが起こるのか…について、少し考えてみましょう。

まず、新古典派経済学の考え方が正しいとしたら、
兎に角、いろんな市場取引されていないものを
市場取引化していけば良い、ということになります。

が、市場取引してはいけない、
と「社会的」に決められているものなんて、
いくらでもあるのです。

典型的なのは「人間」です。

ペットならいざ知らず、
子供や親や兄弟を売り買いしてはならない、
というのは、もう常識中の常識ですよね。

が、昔は、売買していたのです。
アメリカの奴隷売買なんてのがその典型です。

しかし、それは、南北戦争という政治的闘争をへて、
人間は「売買してはいけないもの」になったのです。

そんなものを許していたら、
奴隷の人達の不満は止めどなく大きくなって、
社会が不安定化して、
結果、長期的に考えれば富裕層も不幸になってしまうからです
(それにそもそも人を売って良い自由が認められてたら、
私たちはいつ何時売り飛ばされてしまうか…..
についてびくびくしながら
生きて行かなきゃならなくなりますよね)。

選挙の「票」だってそうです。

昔は、世界中どこだってそんなものは
平気で「売り買い」されていたわけですし、
未だに平気で売買されているような
発展途上国もあったりします。
が、様々な政治闘争を経て、多くの国で、
選挙の票は、売買してはいけないものになったのです。

なぜかというと、票を売買していたら、
とにかく「金持ち」が権力をとめどなく握って言ってしまって、
「正義」なんて無視されて、
「弱い人達の安寧有る暮らし」なんてものも
潰されていくこと必定だからです。
だから、皆の幸福のためには、票は売買しちゃだめで、
あくまでも「言論戦」で票を獲得していかなきゃぁだめだよね、
となったわけです。

。。。ということで、
昔は、結構おおらかに何でもかんでも
「市場」で売買されていたのですが、
そんなことやってちゃ、結局社会がメチャメチャになって、
皆が不幸になっちゃうじゃないか!ということで、
様々な血で血を洗う「政治闘争」をへて、
市場が徐々に小さくされてきたのでした。

で、そもそも市場というのは、
「カネのモノを言う世界」であって、
「金持ちが好き勝手できる世界」。

ですから、市場が小さくなる、ということは、
「カネだけじゃどうにもならなくしていく」ことであって
「金持ちが好き勝手できないようにしていく」
ということなのです。

…….が、新自由主義者は、兎に角
「自由な市場を拡大すりゃぁそれでいいんだよぉぉ!!
ファッキューーー!!!!」なる、
パンクロッカーのごとき中指つきたて
技をかましながら絶叫して、
市場を拡大していったわけです。

…….そうなると、要するに、
「金持ちが好き勝手出来る世界」がどんどん拡がっていって
「正義」や「倫理」や「社会の安寧」や「皆の幸福」が
どんどん蔑ろにされていったわけです。

そんな状況が世界で一番過激に推進してしまったのが…….
アメリカであり、ウォール街なわけです。

さながら、
アナーキー・イン・ザ・WS (Wall Street!)な世界が、
今まさに拡がってきちゃったわけです。

で何ともおぞましいことに、
アメリカを年がら年中崇拝しつづけてる
馬鹿な日本のインテリ共が、
「おれたちも、イン・ザ・JPでアナーキーやっちゃおうぜ!!」
なるノリで中指つきたて技をかましつづけている….
というのが、我が国の恐ろしい状況なんですね(笑)。

まぁ、もちろんそれが、
TPPとかになっちゃってるわけです。

あぁ、恐ろしい恐ろしい、くわばらくわばら…….

ということで、この続きはまた来週!

京都大学 藤井聡
http://www.facebook.com/Prof.Satoshi.FUJII?ref=ts

PS
なぜ、経済学者は世間知らずなのか?
http://amzn.to/M27kl5

関連記事

アーカイブス

【三橋貴明】人が大切にされる社会

アーカイブス

【藤井聡】「経済財政」を巡る議論の現状をご報告します。

アーカイブス

【青木泰樹】泣きっ面に蜂。

アーカイブス

[三橋実況中継]増収・減益

アーカイブス

【青木泰樹】完全失業率

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

週間ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】政府与党の「増税」断行で、日本の「先進国からの脱落...

  2. 2

    2

    【三橋貴明】MMT週間が始まる

  3. 3

    3

    【三橋貴明】数字は残酷で素晴らしい

  4. 4

    4

    【三橋貴明】史上最悪の緊縮政権

  5. 5

    5

    【室伏謙一】その場しのぎの御都合主義の説明の先にある外交の破...

  6. 6

    6

    【小浜逸郎】熊さん、増税に大いに憤慨

  7. 7

    7

    【竹村公太郎】不思議な日本共同体(その3)情報共有の日本共同...

  8. 8

    8

    【三橋貴明】ステファニー・ケルトン教授の出演

  9. 9

    9

    【施 光恒】外国人労働者受け入れは誰の利益なのか?

  10. 10

    10

    【藤井聡】政府の「増税対策」なるものは、完璧なる「焼け石に水...

MORE

月間ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】政府与党の「増税」断行で、日本の「先進国からの脱落...

  2. 2

    2

    【藤井聡】「事を荒立てず、仲良くしようとする」だけの、情けな...

  3. 3

    3

    【三橋貴明】ステファニー・ケルトン教授の出演

  4. 4

    4

    【三橋貴明】思想の対立

  5. 5

    5

    【藤井聡】政府の「増税対策」なるものは、完璧なる「焼け石に水...

MORE

最新記事

  1. 未分類

    【saya】TBS〝音楽の日〟〜歌は世につれ、世は歌に...

  2. 日本経済

    【三橋貴明】数字は残酷で素晴らしい

  3. 日本経済

    【三橋貴明】MMT週間が始まる

  4. 未分類

    【竹村公太郎】不思議な日本共同体(その3)情報共有の日...

  5. 政治

    【小浜逸郎】熊さん、増税に大いに憤慨

  6. 日本経済

    【藤井聡】政府与党の「増税」断行で、日本の「先進国から...

  7. 政治

    日本経済

    【室伏謙一】その場しのぎの御都合主義の説明の先にある外...

  8. 日本経済

    【三橋貴明】史上最悪の緊縮政権

  9. 日本経済

    【三橋貴明】社会科学からのアプローチ

  10. 政治

    日本経済

    【施 光恒】外国人労働者受け入れは誰の利益なのか?

MORE

タグクラウド