政治

2020年2月3日

【三橋貴明】生命に対する権利

From 三橋貴明

【今週のNewsピックアップ】

カネで国民を選別する日本にしてはならない
https://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12571137139.html
平時と非常時の切り替えができない日本
https://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12571436658.html

国家とは、そもそも何のために
あるのでしょうか。
それは、我々の「権利」を認め、
守るためです。

我々は、何らかの共同体に属して初めて、
権利を「認めてもらう」ことができます。

人間は生まれるだけでは、
何の権利も持っていません。
我々が権利を保有するには、特定の共同体に
属して「認めてもらう」必要があるのです。

ジョン・ロックなどの欧州の思想家は、

「いや、人間は生まれながらにして
 権利を持っている」

と、主張しましたが、その際に
「人間は神が与えてくれた権利
 =自然権を保有している」
という理屈を編み出さなければ
なりませんでした。

権利は「誰か」が認めなければ成立しえない。
国王などの君主に対抗する人民の権利を
「認めている」のは「神」という
レトリックによる、自然権の正当化ですね。

それはともかく、現代を生きる我々は、
国家に属することで権利を認めて
もらっています。
もっとも、国家とは国民の集合体です。

つまりは、我々は国家に属し、さらには
国民同士で互いに権利を認め合い、
守り合う構造になっているのです。

我々が日本国という国家に認めて
もらっている権利の一つが
「生命に対する権利」です。

生命に対する権利とは、生命、自由及び身体の
安全に対する権利のことです。
要するに、安全に、拘束されずに
生きる権利です。

無論、我々は生まれながらにして
「生命に対する権利」を持っている
わけではなく、日本国家という
共同体により認められているのです。

そして、「日本国民」の生命に対する権利が
脅かされているならば、日本国家は無条件で
助けなければならない。

国家とは、単なるNPOです。
つまりは、国家とは国家に属する
我々国民の「意志」そのものなのです。

国民が非常事態発生時に、「同じ国民」の
「生命に対する権利」の危機を、

「自己責任でしょ」

「受益者負担でカネを取れ」

などと切り捨てることは、
「次」の非常事態の際に、我々の権利も
守られないことを意味しています。

だからこそ、三橋は武漢で苦境に陥っている
「同じ日本国民」の救出目的でチャーター便を
飛ばした際に、「料金」を請求しようとした
日本政府を批判したのです。
さらには「自己責任でしょ」「受益者負担でしょ」
などとネットで吐き捨てた、平時と非常時の
切り替えすらできない連中に
激怒したわけでございます。

平時はともかく、非常事態において無条件で
国民の「生命に対する権利」を守ることは、
これは国家の基本中の基本です。

日本国民は、「国家とは何か」について改めて
理解する必要があると、
チャーター機費用問題で
心底から思ったのでございます。

◆週刊実話 連載
「三橋貴明の『マスコミに騙されるな!』」
第355回 狂気のシミュレーション
なお、週刊実話の連載は、以下で
(二週遅れで)お読み頂くことが可能です。
http://wjn.jp/article/category/4/

◆メルマガ 週刊三橋貴明 Vol558
法人税減税という「デフレ化」政策
http://www.mag2.com/m/P0007991.html
二十一世紀に入り、大企業の配当金が
5兆円から26兆円(18年度)に膨れ上がり、
反対側で従業員一人当たり給与が
100万円近くも下がったのはなぜか?
主因の一つが「法人税減税」なのです。

◆メディア出演

三橋TV 続々とアップされています。

三橋TV第189回
【「組織のため」に働く財務官僚が
 「国家」を壊す】
https://youtu.be/nxwp81L5b00
三橋TV第190回
【狂気のシミュレーション
 「そんな無茶な!」で続く】
https://youtu.be/rpKkbq1LhOk
三橋TV第191回
【「国民の皆さん○○して消費拡大して」
 って嘘でしょ?】
https://youtu.be/4nzKs3TwMZo

1月27日(月) チャンネル桜
「Front Japan 桜」に
出演しました。
1/2【Front Japan 桜】なぜ安倍政権は
「デフレ化」政策を続けるのか?
/ 新型コロナウイルスから考える
日本の危機管理[桜R2/1/27] https://youtu.be/488O3kEyCMc
2/2【Front Japan 桜・映画】障がい者と映画、
『ザ・ピーナツバター・ファルコン』
[桜R2/1/27] https://youtu.be/okibp-5WNI4

◆三橋経済塾

三橋経済塾第九期の入塾申込はこちら。
https://members9.mitsuhashi-keizaijuku.jp

三橋経済塾第九期第一回講義を
配信致しました。
https://members9.mitsuhashi-keizaijuku.jp/?p=948
ゲスト講師は竹村公太郎先生でした。
インターネット受講の皆様、
お待たせいたしました。

2月15日(土)三橋経済塾第九期第二回
対面講義申込受付を開始致しました。
https://members9.mitsuhashi-keizaijuku.jp/?p=982
ゲスト講師は藤井聡先生です。

◆チャンネルAJER 
『少子化対策はデフレ対策である(前半)』
三橋貴明 AJER2020.1.28
https://youtu.be/xUFefcG9oao

関連記事

政治

【小浜逸郎】国境の重要性を再認識せよ

【三橋貴明】生命に対する権利への2件のコメント

  1. たかゆき より

    国民の生命財産を 守る

    今回は 民間機で対処可能でしたが

    もし軍用機が必要とされる場合の 対処法

    しっかりと練られているのか しら。。

    核攻撃に対する 

    政府の「万全な対策」を拝見するに つけ

    小生 心配で

    夜も寝られないので ございます。。。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  2. ミッキー安川の様な暴れん坊はいなくなった 2 より

    三橋先生 安倍の暴政はついに自然権まで侵す事態になったのですね。
    ウルトラセブン 第45話 円盤が来た
    ゲスト ミッキー安川 渡辺文雄
    専門家 御用学者の意見にしか耳を貸さない日本人の縮図糞公務員気質ウルトラ警備隊が素人一般人の意見を軽んじあまつさえ無視し宇宙からの侵略者を容易に侵入させてしまうストーリー、
    まさか子供向け番組としての宇宙人侵略が他国からの侵略として50年後に現実になるとは。。。。。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

最新記事

  1. 政治

    【三橋貴明】本物のオオカミがやってき

  2. 政治

    【三橋貴明】「緊縮財政派=草食系」説

  3. コラム

    【平松禎史】「霧につつまれたハリネズミのつぶやき」第七...

  4. コラム

    【小浜逸郎】新型コロナ、10のウソ

  5. 政治

    【室伏謙一】新嘗祭を起点に誤った「当たり前」による支配...

  6. 政治

    【三橋貴明】国民を救うための自由裁量権

  7. 政治

    【三橋貴明】リモート講演のご提供を開始しました

  8. 政治

    【施 光恒】ナショナル派とグローバル派

  9. 日本経済

    【藤井聡】今必要なのは、「公衆免疫」強靱化論です。是非...

  10. 政治

    【三橋貴明】扇の要である緊縮財政

MORE

タグクラウド