日本経済

2022年6月12日

【三橋貴明】フードロスと食料安全保障

【近況】
三橋は子育てや健康のためという理由で、
自炊が多いのですが、購入した食材を
100%使い切ることはできません。

それなりに余らせ、ディスポーザーで処分する、
いわゆる「フードロス」が出てしまうのですが、
実は「食料安全保障」を考えたとき、
フードロスは望ましいのです。

などと書くと、
「そんな、もったいない!」と
反発する日本人が少なくないのでしょうが、
安全保障とは「平時の余裕」です。

日本のフードロスがゼロになると、
農家は「需要ぎりぎりの生産」しか
していないことになります。

天候不順や、外国からの輸入が滞ると、
途端に食料危機です。

別に、農業に限らず、医療やエネルギー、
防災、防衛、防犯、物流などなど、
「平時の余裕」こそが非常事態発生時に
国民を救うのです。

もっとも、政府として
「フードロスを推奨する」などとは、
さすがにできないでしょうから、
余剰農産物は「政府が買い上げる
(その後、処分する)」が正解になります。

安全保障の胆は、供給能力の維持です。
日本国民がJIT(ジャストインタイム)
方式の食材購入しかしなかった場合、
食料の供給能力は確実に減ります。

無論、企業(特に製造業)の経営戦略としては、
JITは正当化されます。

何しろ、それこそが「利益」を
最大化につながるのです。

とはいえ、安全保障は「利益追求」と
対立する構造になっています。

三橋が食材を余らせたということは、
三橋の損です。
何しろ、購入したものを消費しなかった。
ディスポーザーに消えた食材から、
三橋は何の効用も得ていない。

とはいえ、その分、多く生産し、
所得を得ることができた農家は
「助かっている」のです。
結果、食料の供給能力が維持される。

別に、フードロスを増やそう、
と言っているわけではありません。
とはいえ、
安全保障とはいかなるものなのか。

フードロスについて「もったいない」といった
感傷論を排除して真剣に考えると、
その本質が理解できるわけです。

◆「財政破綻論の嘘 
99%の日本人を貧乏にした
国家的詐欺のカラクリ(経営科学出版)」
が刊行になりました。
https://in.38news.jp/38zase_blog

◆「歴史教科書が教えてくれない日本建国の謎
闇に葬られた日本人のルーツを解き明かす!
(経営科学出版)」が刊行になりました。
https://in.38news.jp/38NIKE1_980_BLOG

◆週刊実話 連載
「三橋貴明の『マスコミに騙されるな!』」 
第469 電力インフラの崩壊

◆メルマガ 週刊三橋貴明 Vol684
政府の債務超過は民間の純資産
http://www.mag2.com/m/P0007991.html
銀行預金は借り入れにより創出され、
返済により消える貨幣です。
長期的に「純増」が保障される
貨幣とは何なのか? 
実は、国家に一つしかないという話です。

◆メディア出演

三橋TV、続々公開中です。

東アジアでアメリカのために
代理戦争をする国は「どこ」なのか?
[三橋TV第556回]三橋貴明・高家望愛
https://youtu.be/pCNq_ZW-pis

水道橋博士登場!なぜ出馬を決意?
大阪の松井市長に「何」をされたのか
[三橋TV第557回] 水道橋博士・三橋貴明・高家望愛
https://youtu.be/yAstd2kJkUc

さあ、具体的な政策を議論しよう
財務省問題は?安全保障は?
[三橋TV第558回] 水道橋博士・三橋貴明・高家望愛
https://youtu.be/mjv5fEGWL3U

特別コンテンツ配信中。

シンガーsayaの3分間エコノミクス
【第39回 公共投資】
https://youtu.be/FBUC9-CFvdw

【募集開始!】
水道橋博士の『私的安全保障会議』
https://youtu.be/hYVESyuQD7c

自民党内の権力闘争
暴力事件を起こした財務官僚の正体とは?
(三橋貴明)
https://youtu.be/lRMWTcVrCzQ

◆三橋経済塾

三橋経済塾第十一期第六回対面講義の
お申込受付を開始致しました。
https://members11.mitsuhashi-keizaijuku.jp/?p=1843
ゲスト講師は施光恒先生です。

◆チャンネルAJER 

3月22日が教えてくれた電力危機の現実
(前半)三橋貴明 AJER2022.6.7
https://youtu.be/Kj2TDpukxi4

関連記事

日本経済

【藤井聡】自己チューな人が増える理由

日本経済

【三橋貴明】裸の個人

日本経済

〔三橋実況中継〕チャンネル桜の特番に出ます

日本経済

【三橋貴明】過激化する難民排斥デモとドイツの恐怖

日本経済

[三橋実況中継] 途轍もないクライマックスシーン

【三橋貴明】フードロスと食料安全保障への4件のコメント

  1. Mド より

    80年代 あのMドは売れる前に商品を保温棚にズラリ並べて、30分後に売れ残りは全てゴミ箱に棄てていた。
    もったいないとそれを勝手にお持ち帰りするアルバイト店員は即クビになった。マニュアルでガンジガラメの外資ファストフードはどこもそうだったし、バーガーは発泡スチロールの容器に入れられ過剰包装は当たりまえだった。今でも元祖米国では平気でポイポイ棄てているのだろう、資源無き貧乏国日本 学校給食で脱脂粉乳を飲みコッペパンにマーガリンと肉なし薄いカレーシチューで小学校を終えた世代としてはアメリカ方式には違和感しか感じなかったし、老人になってそんな時代が再び来ようとは思いもしませんでした。
    政治屋の怠慢の一言に尽きる、
    とくに21世紀になってからの政権与党の公金着服専横傲慢さにはハラワタが煮え繰り返るし、貧乏時代にワザと後戻りさせて 自分たちは天上人の積もりで税金を好き放題に使い込む売国奴が歴代最長政権だった等とは絶対許せない。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

      1. さすが品川在住富裕層 三橋氏 より

        デイスポーザーが着いた住居てのは東京ならではですね、
        私ら田舎者は生ゴミ ビニール袋別入れで、燃えるゴミの日出しですよ。
        ゴミもシューターで落とすのでしょ。

        返信

        コメントに返信する

        メールアドレスが公開されることはありません。
        * が付いている欄は必須項目です

  2. うたか より

    夏と冬に「電力ひっ迫」7年ぶり節電要請 “罰則付き”も検討へ
    >中でも重要なのが、太陽光による発電量が減り始める「午後5時~8時」の時間帯です。

    思いっきり太陽光発電普及のせいで停電危機ってことじゃないか、しかしこういうことはなるべく隠して報道すると思っていたから意外だ

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  3. より

    日本人の「余った食品を捨てるのはもったいない」という感情を否定するのはもったいないので、「食料安全保障」の観点と「余った食品の再利用」を話せば多くの日本人は納得してくれると思う。
    公的事業としてコンビニやスーパーに「バクテリア分解タイプの生ゴミ処理機」を設置し、生ゴミ生分解して「堆肥」を作成したり「土化」する政策がいいと思う。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

最新記事

  1. 日本経済

    【三橋貴明】高市政調会長、いや、お前は何を言っているん...

  2. 日本経済

    【三橋貴明】「君たちはまだ長いトンネルの中」がシン・ウ...

  3. 政治

    日本経済

    【藤井聡】『プライマリー・バランス亡国論』こそ、参院選...

  4. 政治

    日本経済

    【室伏謙一】緊縮か積極財政かの方向性を決定づける参院選...

  5. 日本経済

    【三橋貴明】大転換

  6. 日本経済

    【三橋貴明】君たちはまだ長いトンネルの中

  7. 政治

    日本経済

    【藤井聡】「ウクライナ」からの教訓~来たるべき“有事”...

  8. 日本経済

    【三橋貴明】国民の敵

  9. 政治

    日本経済

    【藤井聡】 『プライマリーバランス亡国論』が、今、時代...

  10. 日本経済

    【三橋貴明】フードロスと食料安全保障

MORE

タグクラウド