日本経済

2022年5月9日

【三橋貴明】財務省もなかなか大変ですなあ

【今週のNewsピックアップ】
財政破綻論・緊縮財政派のバリエーション
https://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12740880640.html

財務省の個人向け国債販売の「怪」
https://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12741054355.html

経済評論家の塚崎公義が、
実に面白い「緊縮論」を唱えていました。

何でも、日本は少子化で人手不足が深刻化し、
増税しても不況にならないそうです。

というわけで、
増税で「国の借金」を返済すれば、
破綻しない(笑)。

塚崎のレトリックが面白いのは、
「財政破綻」については否定している点です。

その上で、財政破綻しない理由について、
「少子化で増税できるから」と、
結局は緊縮論を唱えているわけですね。

財務省としては、
日本が財政破綻しようがしまいが、
財政破綻論者がどうなろうが、
どうでもいい話でしょう。

財務省が望むのは、あくまで「緊縮財政」です。
緊縮が推進できるのであれば、
財政破綻論については
否定しても構わないわけですね。

さて、その財務省ですが、
コロナ禍で対面販売が困難になり、
個人向け国債の販売に苦労しています。

財務省は2003年、
「販売先を機関投資家以外にも広め、
安定的に国債を消化する」という目的(?)で
個人向け国債の販売を始めました。

矢野康治・財務事務次官が
「日本は財政破綻する」と叫んでいる反対側で、
財務省は、
「元本割れしないことや0.05%の最低金利保証がある」
ことを「魅力」「売り」として、
国債を個人に販売しているのでございます。
なかなか、大変ですね。

この矛盾あるいは不整合も面白いのですが、
それ以上に興味深いのは、
「日本国民は銀行預金という貨幣で、
個人向け国債を買う」という点です。

1997年のデフレ化以降、
日本国内の経済主体で、
貨幣(銀行預金)を国民に供給しているのは、
政府の国債発行です。

【金融機関、非金融法人企業、
一般政府、家計、海外の資金過不足(兆円)】

http://mtdata.jp/data_78.html#shikinkabusoku

図の通り、デフレ化した日本では、
非金融法人企業は常に
資金過剰が続いています。

つまりは、「お金を借りる」よりも
「お金を返す」方が多くなっている。
(=銀行預金という貨幣を消している)

銀行預金は、
1. 企業(あるいは家計)が
銀行からお金を借りる
2.政府が国債を発行し、支出する
ことでしか創出されません。

現在の日本は、1が機能していない。
というわけで、海外部門を除くと、
政府の国債発行と支出
(要は財政赤字、図の資金不足)のみが、
新たな銀行預金を創出しているのです。

つまりは、財務省は国債発行で国民に
銀行預金が供給されているにもかかわらず、
「安定的な国債消化のために、
国民に銀行預金で国債を買ってもらう」と、
個人向け国債を販売しているのです。

安定的に国債を消化するために、
国民の銀行預金で買ってもらおう。
その銀行預金は、国債発行により
供給されたんですけどね。
というわけです。何が何だか。

要するに、貨幣のプール論なのですが、
そもそも国債は「日銀当座預金」で
売買されており、
「安定的な消化」云々は日本銀行、
あるいは「マクロ経済政策」の問題です。

それにもかかわらず、
「国民の預金で国債を買ってもらう」ことを
目的に個人向け国債を販売しているわけで、
結局のところ財務官僚は「貨幣の因果関係」を
理解していないとしか思えないのです。

「銀行預金⇒国債発行」ではなく、
「国債発行⇒銀行預金」が
正しい因果関係なわけですが、
改めて貨幣のプール論という
「人類の勘違い」は根深いことが、
財務省の個人向け国債販売からもわかります。

◆「財政破綻論の嘘 
99%の日本人を貧乏にした
国家的詐欺のカラクリ
(経営科学出版)」が刊行になりました。
https://in.38news.jp/38zase_af

◆「歴史教科書が教えてくれない日本建国の謎 
闇に葬られた日本人のルーツを解き明かす!
(経営科学出版)」が刊行になりました。
https://in.38news.jp/38NIKE1_980_AF

◆週刊実話 連載
「三橋貴明の『マスコミに騙されるな!』」 
第465 防衛費と緊縮財政

◆メルマガ 週刊三橋貴明
Vol679 所得倍増と資産所得倍増
http://www.mag2.com/m/P0007991.html
岸田総理大臣の「資産所得倍増」が
なぜ間違っているのか? 
配当金の原資を知れば理解できます。

◆メディア出演

三橋TV、続々公開中です。

愕然!コロナ禍の最中に
配当金と自社株買いが「史上最大」に!
[三橋TV第541回]三橋貴明・高家望愛
https://youtu.be/RcS_vJyMmCY

祝!食団連設立!
そして、おぞましき政治の現実
[三橋TV第542回]三橋貴明・高家望愛
https://youtu.be/-NzwbrFIoK4

コストプッシュ型インフレと需要不足
二重苦にいかに立ち向かうのか?
[三橋TV第543回]三橋貴明・高家望愛
https://youtu.be/qKLCP_LoxRY

【三橋貴明の緊急提言】勘違いするな!
「コストプッシュ型インフレと消費税増税」
|このままでは日本経済がさらに悪化する
https://youtu.be/ky30O6E8V6k

特別コンテンツ配信中。

シンガーsayaの3分間エコノミクス
【第34回 実質賃金】
https://youtu.be/28rwZ2om5vw

今日のウクライナは明々後日の日本だ
|核シェアを掲げた安倍元総理の真意
【ダイジェスト】
https://youtu.be/1xUv5aWtHYQ

岸田政権が行う事実上の増税(三橋貴明)
https://youtu.be/EpD_rQs_Wbc

財務省と民営化ビジネスの闇
|水道コンセッションを導入した
宮城県の末路【ダイジェスト】
https://youtu.be/_9bBz_uJYTM

天皇の祖先は朝鮮人という大嘘
~最新科学が明らかにした真実とは?
【5月8日(日)23:59までの限定公開】
https://youtu.be/dZWCcKpV4j0

◆三橋経済塾

5月21日 三橋経済塾第十一期
第五回対面講義のお申込受付を
開始致しました。
https://members11.mitsuhashi-keizaijuku.jp/?p=1807

◆チャンネルAJER 
「食団連発足と
コストプッシュ型インフレの正体」
(前半)三橋貴明 AJER2022.5.3
https://www.youtube.com/watch?v=ucv7Aj6_o6g

関連記事

日本経済

【竹村公太郎】恐れる信長―なぜ、比叡山を焼き討ちにしたか―

日本経済

[三橋実況中継]「移民国家日本」を将来世代に受け渡すのか

日本経済

【三橋貴明】R・K・A

日本経済

【室伏謙一】無関心と無気力感が蔓延し始めている今こそショックドクトリンに要注意

日本経済

【藤井聡】「経済財政」を巡る議論の現状をご報告します。

【三橋貴明】財務省もなかなか大変ですなあへの1件のコメント

  1. とすくん より

    財務省はわざと馬鹿なふりをしているんでしょうか?何がしたいのかさっぱり解りません。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

最新記事

  1. 政治

    日本経済

    【藤井聡】 『君達はまだ長いトンネルの中』の予告編がで...

  2. 日本経済

    【三橋貴明】財政法4条が戦争を引き起こす

  3. 日本経済

    【三橋貴明】国家の貨幣供給と民間の借金

  4. 日本経済

    【三橋貴明】値上げしなければならない

  5. コラム

    【竹村公太郎】地形から見る人類の誕生―サバンナ説?アク...

  6. 政治

    日本経済

    【藤井聡】 「岸田総理」的政治でデフレが続く限り、イー...

  7. 政治

    日本経済

    【室伏謙一】国内「移住」促進は地域の破壊につながりうる

  8. 日本経済

    【三橋貴明】財務省もなかなか大変ですなあ

  9. 日本経済

    【三橋貴明】岸田内閣という新自由主義政権

  10. 政治

    日本経済

    【藤井聡】コロナと「ウクライナ」と消費税でボロボロの日...

MORE

タグクラウド