日本経済

2021年10月3日

【三橋貴明】固定費補償と減価償却費

【近況】
間もなく、岸田文雄氏が
第百代内閣総理大臣に就任します
(ちなみに、その後、すぐに選挙なので、
歴代で最も任期が短い内閣になります)。

その後は、
総選挙を舞台に各政党が「コロナ対策」の政策を
競い合うことになります。

その際に、
事業者の「固定費の補償」を訴えるであろう
政党があります(国民民主党など)。

また、岸田新総理も「固定費の支援」を
総裁選挙における政策に掲げていました
(「補償」ではない)。

ここで留意しなければならないのは、
企業(特に製造業)には、どう足掻いても
削減ができない「固定費」があるという点です。

すなわち、減価償却費です。
企業Aが100億円の工場を建設し、
十年で償却(実際はもっと長い)するとします。

その場合、毎年、10億円の減価償却費を
必ず費用として計上しなければなりません。

減価償却費とは、
「100億円で工場を建設したとして、
十年は使うだろう。ならば、毎年の費用は
100億円ではなく、10億円とするべきだ」
という考え方に基づいています。

減価償却費は、
「今年は売り上げが足りないので、
使わない(=費用として計上しない)」
といったことは不可能です。

つまりは、人件費よりも「固い」固定費なのです。

人件費は、従業員を削減すれば減りますが、
減価償却費は不可能です。

というわけで、
固定費補償の議論をする際には、
是非とも「減価償却費の補償」についても
俎上に載せて欲しいのでございます。

◆「日本をダメにした
財務省と経団連の欺瞞(小学館)」
が刊行になりました。
https://amzn.to/38q1LPW

◆「自民党の消滅(ベストセラーズ)」
(書籍版)が刊行になりました。
https://amzn.to/3dEIFqS

◆週刊実話 連載
「三橋貴明の『マスコミに騙されるな!』」 
第435回 「野党の変貌」

◆メルマガ 週刊三橋貴明 Vol646
固定費補償と粗利補償
http://www.mag2.com/m/P0007991.html

コロナ対策としての「固定費の補償」。
固定費の補償と、
自民党の「日本の未来を考える勉強会」が
提言していた「粗利補償」とは、何が違うのか?

損益計算書を学べば理解できます。

◆メディア出演

三橋TV、続々公開中です。

お金とは「国家の意志」そのものだ!
[三橋TV第448回] 日置道隆・ 三橋貴明・高家望愛
https://youtu.be/KVGN_zY2bmA

岸田総理大臣、
貨幣観を正し、大宰相となれ!
[三橋TV第449回] 三橋貴明・高家望愛
https://youtu.be/0xU66QF8N-o

国民民主党の重点政策を絶賛する
日銀保有国債の永久国債化!
[三橋TV第450回]三橋貴明・高家望愛
https://youtu.be/QKX2GNLz3n8

特別コンテンツ配信中。

シンガーsayaの3分間エコノミクス
【第3回 付加価値】
https://youtu.be/8LbUFWtyRmM

土曜の夜には 第八曲 
ノーベルブライト「ツキミソウ」
https://youtu.be/r99juAOB9Hs

【速報】
岸田政権誕生で日本は変わるのか?
~新総理の大転換を阻む2つの敵
https://youtu.be/T3ibXePeOgo

【9分で総括】
自民党総裁選(藤井聡)
https://youtu.be/0hr2GCaBKkM

9月27日 チャンネル桜
「Front Japan 桜」
に出演しました。

【Front Japan 桜】
与野党で経済政策大転換
『令和ピボット』が始まった!(他)
https://youtu.be/_xT0a5ONbd0

【ch桜・別館】
これなら繰り返し視れる!
sayaの解説で正しいエコノミクスへ
[桜R3/9/27] https://youtu.be/qgbaOxRDi0w

【RE:明るい経済教室 #40】
雇用を蝕む取り合わせ、
株主資本主義と消費税の禍
[R3/10/1] https://youtu.be/754_iaKHs4Y

【討論】
岸田新総裁誕生と衆議院選突入
[桜R3/9/29] https://youtu.be/1igkO4bp9wQ

森永康平のビズアップチャンネル
に出演しました。

【第14回】
積極財政でデフレ脱却を実現せよ!
https://youtu.be/1W14DVrx4k0

【第15回】
日本経済はまだ成長できる!希望の経済学
https://youtu.be/27n7lbWX1Bo

◆三橋経済塾

10月16日 
三橋経済塾第十期第十回対面講義の
お申込受付を開始致しました。
https://members10.mitsuhashi-keizaijuku.jp/?p=1602

ゲスト講師は
一般社団法人「経済学101」所属
翻訳者・経済研究家 望月慎先生です。

三橋経済塾第十期の入塾お申込は以下から。
https://members10.mitsuhashi-keizaijuku.jp/

◆チャンネルAJER 
今週の更新はありません。

関連記事

日本経済

【三橋貴明】近づく"完全雇用”

日本経済

【三橋貴明】民間議員の跳梁跋扈

日本経済

【三橋貴明】財政拡大に転じる中国

日本経済

【施 光恒】英語化は虚弱化?

日本経済

【三橋貴明】民主主義とナショナリズム

【三橋貴明】固定費補償と減価償却費への3件のコメント

  1. 固定費 より

    個人も 企業も
    ただひたすらに スイッチオン という状態は
    シンドイ かと 、、

    個人としては スリープでさえなく
    スイッチ オフでさえいたい と 思うも
    人として オフは すなわち 死

    なれど 

    企業は 各臓器を オフにすること 可能

    というわけで

    オフになった 臓器への 栄養補給
    「減価償却費の補償」は

    ヒトの場合は普通に 行われます(きっと)

    が、、、

    この国の常識は ぶっ飛んでいるようですから(たぶん)

    補償なくして 死ぬなら それは 寿命
    という こと なので ございませう。。。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  2. 大和魂 より

    皆さんご存知かと思いますが間抜け面したクソ丸出しの自民党の内部事情を一応伝えておきますと、先の自民党総裁選挙での論功行賞として国務大臣に有力視され抜擢される予定の小林鷹之も木原誠二とズブズブで菅政権の内部で社会を歪める為に宗主国を向いて卑劣な暗躍をしていましたよね。

    また私事になりますが野党にいる国民民主に前回の総選挙は投票したのですが、先日の玉木雄一郎の立憲や共産党に向けての発言には、いささか与党や維新の会やホリエモンやひろゆきや大阪のアゴ叩き乞食弁護士と同列の相も変わらず【今だけ、カネだけ、自分たちだけ】の利権まみれで、先述の小林や木原同様にマジで反吐が出るくらいの状況を感じましたので、来月の総選挙では、卑しくて矛盾を肯定する連中以外に投票することに決定しました。

    ところで皆さんに学習して頂くことは、小泉純一郎のバカ倅や石破茂や河野太郎の代わりが低次元の野田聖子や都民ファーストの緑のタヌキや維新の会の関係者なんですわ!!

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  3. この世は既にあの世 より

    俺の車も固定費補償して欲しい。、羊羹欲しい、パンツ欲しくない。

    思い出した。相当前に大勢で温泉旅行行ったんだわ。宴会でコンパニオン呼んでお開きになって風呂でも入るか、ってなって、先輩がおもむろに女湯に入って行ったんだよね。コンパニオンのパンツを盗んで先輩が嗅いでさ、「オェーッ」ってなって、俺の顔にもパンツ押し付けられて俺も「オェーッ」ってなったんよ。

    先輩パンツ返すかと思ったら便所にパンツ流してさ。

    私達はパンツ泥棒でしょうか?

    んで、その後皆んなで男湯入ってさ、「あれ?この露天風呂女湯覗けない?」って話になって、下は20歳から上は何処かの次長の50代まで雁首揃えてさきほどのコンパニオンの裸を見てたわけ。

    犯罪でしょうか?翌朝コンパニオンから「あんた達風呂覗いたろ?」と聞かれてさ、その後酒蔵見学してさ、また「オェーッ」ってなって散々やった。

    飲み放題、食べ放題、覗き放題、ふざけ放題で全部無料。

    もうさ、金のこと考えなくていい世の中ならんかねしかし。

    多くの人々が税金払えなくて生活出来ない言うとるんだよね。年収200万円とか300万円とかだったら半分が税金で取られるわけでしょ。おかしいよな。

    デフレ言うても100均とかユニクロとか昔は無かったんやから潰せばいい。100均やユニクロを高品質高価格にする必要も無い。

    てかね、三橋さん、西部先生が言ってたけど「国民は政治家の顔の良し悪しくらいは分かるけど、Aという政策とBという政策が両立するかしないかなんて分からない」ってが真実で現実やと思う。俺も前からそう思ってる。

    うちの親父なんか東京六大学の一つ出てるけど、郵便局と役所の役割の区別もついてないからね。引っ越せば自動的に郵便物も転送されると思ってる。

    地下鉄の乗り方も知らんし。知ってるのは自分の仕事と飲み屋の場所くらいだよ。

    お袋がいないと自分のパンツが何処にしまってあるかさえ昔から分からないんだから。

    スマホは見栄で持ってるけど使い方知らないし。滅多に鳴らないし。

    政策がどうかなんて分かるはずあらへん。同級生の友達もそう。自民党が保守に見えたり、安倍が極右に見えたりさ、出鱈目ね。

    親父は何十年も毎日穴が空くほど新聞は読んでるんだけどねぇ、なんでかね?新聞には嘘が書いてあるのかなあ?

    経済理論とか国民にインプットだとかそういうのは最初から無理やねん。

    民主主義も無理なんだよ。

    政治家を見て明るそうか暗そうか、勢いがありそうで突破力がありそうか、滑舌がいいか、そういうので決めるわけだから。ダメだったら違う政党へ入れてるだけ。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

最新記事

  1. 日本経済

    【三橋貴明】財務官僚は「この程度」の連中

  2. 日本経済

    【三橋貴明】自民党の公約

  3. 政治

    日本経済

    【藤井聡】総選挙だからこそ、是非、じっくり考えてみて下...

  4. 政治

    日本経済

    【室伏謙一】岸田政権の脱「改革」は意外といい方向に進む...

  5. 日本経済

    【三橋貴明】財務事務次官、矢野康治の暴走

  6. 日本経済

    【三橋貴明】岸田内閣の色が見えてきた

  7. コラム

    【竹村公太郎】人類の奇跡の正倉院-なぜ、奪われなかった...

  8. 政治

    日本経済

    【小浜逸郎】ワクチン戦争の現在

  9. 政治

    日本経済

    【藤井聡】岸田新総理には是非、『財務主導の財政健全化が...

  10. 日本経済

    【三橋貴明】岸田内閣はPB目標をどうするのか

MORE

タグクラウド