日本経済

2018年4月7日

【三橋貴明】デフレ脱却、積極的財政政策で

From 三橋貴明@ブログ

本日はチャンネル桜「Front Japan 桜」に出演します。
http://www.ch-sakura.jp/programs/program-info.html?id=1651

藤井聡先生が「毎日21世紀フォーラム」で講演され、記事になっています。

『毎日21世紀フォーラムから 第170回例会
プライマリーバランス亡国論
京都大大学院教授 藤井聡氏

https://mainichi.jp/articles/20180404/ddf/008/040/010000c

デフレ脱却、積極的財政政策で
京都大大学院教授
(公共政策論・都市社会工学)
藤井聡氏 (中略)

2012年12月に発足した
安倍晋三政権は、経済政策では
デフレ脱却を掲げてきました。

アベノミクスと呼ばれる経済政策は、

大胆な金融緩和
▽機動的な財政政策
▽民間投資を促す成長戦略

--の「三本の矢」からなります。

このうち、現在まで強く
打ち出されてきたのが、2%の
物価上昇を目指す金融緩和です。

一方、財政政策は発足当初こそ
13兆円もの補正予算が
実施されましたが、翌年から
補正予算額は縮小されました。

その背景には、予算編成権という
強力な権限を持ち、財政健全化を
重視する財務省などの緊縮財政派の
反対があったと思います。

しかし私は、緊縮財政の帰結として、
デフレ脱却が果たせていない
のだと考えています。

なぜなら、デフレ脱却には
財政政策こそが必要不可欠で、
金融緩和はそれをサポートする
補助的なものであることは、
学術的にも明白だからです。

今日はその理由を話したいと思います。(後略)』

藤井先生は、なぜPB目標がまずいのか、
デフレに与える影響について分析され、
デフレ対策として、

「増税せず税率を現行のまま据え置いて、
10兆~20兆円規模の大型の
補正予算を2~3年続けて、
デフレから完全に脱却する」

ことを提言されています。

その上で、

「PBの改善は、無理やり
目指してはいけない。
無理をすれば、それは
かえって悪化する」

と、結ばれているわけですが、
この辺りの「誤謬」が
一般国民に理解されず、
緊縮財政派を駆逐できない
最大の理由だと思うため、
本日は改めて解説。

普通というか「家計」
「企業」で考えれば、

「収入を増やし、支出を削れば儲かる!」

わけです。

企業や家計は「引き算」なのです。

それに対し、国民経済あるいは
財政は「足し算」になります。

政府と国民(及び外国)が、
消費、投資としてモノやサービスを
支出(購入)する。

すると、所得が生まれる。

すなわち、消費+投資=所得
の総計になります。

要はGDPですが、我々は税金を
所得から支払います。

結果、所得の総計(GDP)と
政府の租税収入は強い
相関関係になります。

デフレーションとは、消費投資
としての支出が足りない
「総需要不足」という経済現象です。

消費税増税でデフレが悪化し、
消費や投資の「足し算」が減ると、
所得の総計も減ります。

すると、政府の租税収入まで
減ってしまうのです。

増税しても、税収が減る。

いや
「増税したことにより、
却って税収が減る」
が起きえるのが、国民経済
であり、財政なのです。

デフレで租税収入が減ると、
結局は赤字国債(特例公債)で
穴埋めせざるを得ず、

「国の借金で破綻する!
PB黒字化待ったなし!」

といった感じで緊縮路線が
強化されてしまうわけです。

藤井先生が書かれている通り、

『財務省は赤字国債の発行額を
減らしたいから増税したはずです。
ですが皮肉にも、その増税のせいで、
赤字国債発行額が拡大して
しまったのです。

実際、97年の増税で一気に
年間約20兆円も
拡大してしまったのです。』

というのが事実なのです。

とにもかくにも、デフレから
脱却しなければなりません。

そのためには、総需要不足を
埋めるために消費税増税を延期、
凍結、できれば「消費税減税」
を実施し、政府の支出を
拡大しなければならないのです。

「デフレ脱却、積極的財政政策で」
が国民に正しく理解されない限り、
我が国に繁栄の未来はありません。

関連記事

日本経済

【三橋貴明】日本の未来を考える勉強会の提言書 前編

日本経済

【三橋貴明】移民受入政策の本命がやって来る

日本経済

【藤井聡】「プライマリー・バランス亡国論」を日本に警告する英フィナンシャル・タイムズ紙

日本経済

【小浜逸郎】安倍政権20の愚策(その2)

日本経済

【三橋貴明】悪の帝王も救世主も存在しない(前編)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

週間ランキング

  1. 1

    1

    MMT(現代貨幣理論)とは、「現代社会の実態に即した、貨幣に...

  2. 2

    2

    【三橋貴明】令和の政策ピボット 賛同者数1万人突破

  3. 3

    3

    【三橋貴明】MMTと令和の政策ピボット

  4. 4

    4

    優れた民間人のほうが主流派経済学者などよりずっとマシ

  5. 5

    5

    【藤井聡】維新はW選で勝ったが「クアドラプル選」で負けた。 ...

  6. 6

    6

    【三橋貴明】令和の政策ピボット(前編)

  7. 7

    7

    【藤井聡】「令和ピボット運動」とは何か? ~それぞれの立場で...

  8. 8

    8

    【施 光恒】情報技術と「引っ越さなくていい社会」

  9. 9

    9

    【三橋貴明】秋篠宮殿下はなぜ「皇嗣殿下」なのか?

  10. 10

    10

    【藤井聡】「統計のウソ」に騙されるな ~「維新政治10年で大...

MORE

月間ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】「統計のウソ」に騙されるな ~「維新政治10年で大...

  2. 2

    2

    【藤井聡】維新はW選で勝ったが「クアドラプル選」で負けた。 ...

  3. 3

    3

    【藤井聡】「令和ピボット運動」とは何か? ~それぞれの立場で...

  4. 4

    4

    MMT(現代貨幣理論)とは、「現代社会の実態に即した、貨幣に...

  5. 5

    5

    【三橋貴明】令和の政策ピボット 賛同者数1万人突破

MORE

最新記事

  1. 政治

    日本経済

    優れた民間人のほうが主流派経済学者などよりずっとマシ

  2. 日本経済

    MMT(現代貨幣理論)とは、「現代社会の実態に即した、...

  3. 日本経済

    【三橋貴明】MMTと令和の政策ピボット

  4. 政治

    日本経済

    【三橋貴明】令和の政策ピボット 賛同者数1万人突破

  5. 日本経済

    【施 光恒】情報技術と「引っ越さなくていい社会」

  6. 政治

    未分類

    【藤井聡】維新はW選で勝ったが「クアドラプル選」で負け...

  7. 日本経済

    【三橋貴明】令和の政策ピボット(後編)

  8. 日本経済

    未分類

    【三橋貴明】令和の政策ピボット(前編)

  9. 日本経済

    【小浜逸郎】「令和の政策ピボット」にご賛同ください!

  10. 政治

    日本経済

    未分類

    【藤井聡】「令和ピボット運動」とは何か? ~それぞれの...

MORE

タグクラウド