アーカイブス

2012年9月3日

【三橋貴明】維新の会の本質

FROM 三橋貴明@新宿のオフィス

【今週のNewsピックアップ】

号砲
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-11341421936.html

レント・シーキング
http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-11342220202.html

参議院で野田総理の問責決議案が通過し、国会が事実上、終了しました。

すでに政局の焦点は、民主党の代表選挙と自民党の総裁選挙に移ってきています。

民主党代表選は10日告示、21日投開票で、野田総理はすでに
出馬する意向を表明しています。とはいえ、民主党内では
「野田総理で選挙に勝てるのか」という反発が強く、
投票日まで混乱が続くことになるでしょう
(どちらにせよ、民主党は総選挙で負けることになるでしょうが)。

自民党の総裁選挙は、14日告示、26日投開票の予定になっています。
すでに一部の自民党政治家が出馬表明しています。わたくしが個人的に
「出馬して欲しい」と願っていた方も、出馬の可能性が出てきており、
大変うれしく存じます(確定ではありません。念のため)。

両党の党首決定選挙が終了次第、政局は「解散総選挙」へと
雪崩れ込んでいく可能性が高いです。結果的に、大阪の橋本市長率いる
「維新の会」が注目の的となっています。

その維新の会が「維新八策」の全容をリリースしました。維新八策の
「6.経済政策・雇用政策・税制〜未来への希望の再構築〜」を見ると、
見事なまでに新自由主義的、新古典派的、グローバリズム的な政策一色です。

グレート・リセット、規制緩和、競争力強化、既得権益の打破、自由貿易、
グローバリズム、TPP参加、社会保障のバウチャー化、ベーシックインカム。
ミルトン・フリードマンが称賛してくれそうな政策のオンパレードです。

上記の政策は、基本的には「全て」サプライサイド政策です。
すなわち、供給能力を(現在の日本では)不要に高め、デフレギャップを
拡大する政策ばかりなのです。

竹中平蔵氏は、維新の会(というか橋本市長)について、

「大阪の政治は重要で、橋下さんの人気というのは革命の一環だ」

と絶賛し(「革命」ですか・・・)、維新八策についても「竹中氏が
維新ブレーンとして八策策定」という報道が流れています。確かに、
竹中氏が好むサプライサイド政策ばかりが並んでいますので、
報道の信ぴょう性は高いと思います。

維新の会は、教育、安全保障などについては、いわゆる「保守的」な
政策を訴えています。この種の保守的な政策で保守層の心をつかみ、
新自由主義的な政策を打っていくというのが、韓国(李明博)や
フランス(サルコジ)、そして日本(小泉純一郎)などで実施された
毎度のパターンです。

ある意味で「典型的」であり、分かりやすことは分かりやすいのですが、
マスコミは上記のような「本質」を報道することはないでしょう。
ならば、どうすればいいのか。

次の総選挙はマスコミが維新の会をバックアップすることは
わかり切っており、そんな中において正しいデフレ対策を実現する
政党、政治家を選べるか。日本国の運命を変えるときが、刻一刻と
迫ってきています。

 

PS
三橋の新刊『日本経済を殺した真犯人は誰だ?!』が9月14日に発売開始。
こちらの本質にご関心のある方にお勧めの1册。
http://amzn.to/PTjz9a

関連記事

アーカイブス

[三橋実況中継]世界で最も発展した国家、日本国へ

アーカイブス

【三橋貴明】技術革命で世界最強となる日本

アーカイブス

【小浜逸郎】結婚が危ない!

アーカイブス

[号外]供給制約の定義は何なのか?(後編)

アーカイブス

【三橋貴明】本当のおカネの話

【三橋貴明】維新の会の本質への2件のコメント

  1. 産経応援 より

    この種の保守的な政策で保守層の心をつかみ、新自由主義的な政策を打っていく毎度のパターン。仰る通りですよね そう言った意味では藩侯の軒先と資金を使い最後は母屋を乗っ取った長崎グラバー邸塾出身の維新の志士たちと同じなのかも。竹中の指導ということは ウオール街の主導ということですね。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  2. 炉偽 井出央 より

    昨今は〇〇維新の会、波及(政治的ブーム、流行も媒体によって造られてしまうのか。洗脳戦略?)との報道もありますが・・・・。それも気になる昨今なのですが。 最近三橋さんの”チャンネルAJER”を観ていて気づいたのですが、たまたまモンサントの遺伝子組み換えのyoutubeサイト(文字起し機能onのまま)を観た後、気になったことがありました。表示される文字が滅茶苦茶(音声を拾っているとしても何か変です)です。他の人のサイトも見ましたが、滅茶苦茶でした。 維新の話題からは外れましたが、異真を感じざるをえなかったのでコメントにて失礼させていただきました。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

週間ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】<号外速報>「内需冷え込み」による輸入急落が無けれ...

  2. 2

    2

    【藤井聡】「令和ピボットニュース」にご登録ください!

  3. 3

    3

    【三橋貴明】「MMTポリティクス」

  4. 4

    4

    MMT(現代貨幣理論)とは、「現代社会の実態に即した、貨幣に...

  5. 5

    5

    【藤井聡】「財政悪化」を導く消費増税が生み出すのは、「害のみ...

  6. 6

    6

    【三橋貴明】財務省への宣戦布告

  7. 7

    7

    【角谷快彦】介護職員の待遇改善とCCRC(前編)

  8. 8

    8

    【三橋貴明】財務省にとっての痛恨の一撃

  9. 9

    9

    【小浜逸郎】なぜ経済問題は敬遠されるのか

  10. 10

    10

    【藤井聡】『消費税増税の「リスク」に関する有識者会議」を開催...

MORE

月間ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】<号外速報>「内需冷え込み」による輸入急落が無けれ...

  2. 2

    2

    【藤井聡】財務省が紹介した「有識者のMMT批判」の「間違い」...

  3. 3

    3

    【藤井聡】『消費税増税の「リスク」に関する有識者会議」を開催...

  4. 4

    4

    MMT(現代貨幣理論)とは、「現代社会の実態に即した、貨幣に...

  5. 5

    5

    【藤井聡】政府の支出拡大が財政を健全化することを「数学的に証...

MORE

最新記事

  1. 未分類

    【角谷快彦】介護職員の待遇改善とCCRC(後編)

  2. 日本経済

    【藤井聡】「財政悪化」を導く消費増税が生み出すのは、「...

  3. 未分類

    【角谷快彦】介護職員の待遇改善とCCRC(前編)

  4. 日本経済

    【藤井聡】<号外速報>「内需冷え込み」による輸入急落が...

  5. 日本経済

    【三橋貴明】財務省への宣戦布告

  6. 日本経済

    【三橋貴明】「MMTポリティクス」

  7. 日本経済

    【藤井聡】「令和ピボットニュース」にご登録ください!

  8. 日本経済

    【小浜逸郎】なぜ経済問題は敬遠されるのか

  9. 政治

    日本経済

    【室伏謙一】政策評価は緊縮財政推進ためのものか?

  10. 日本経済

    【三橋貴明】財務省にとっての痛恨の一撃

MORE

タグクラウド