歴史

2021年5月16日

【三橋貴明】ナチス・ドイツは「帝国主義」だった

【近況】
最近、最も衝撃を受けた
書籍というか「主張」は、ヨラム・ハゾニーの
「ナショナリズムの美徳」において、
https://amzn.to/3ti5oAl
「ナチス・ドイツは帝国主義であり、
他国の国民の主権を奪い取り、
人々を虐殺、虐待していったにもかかわらず、
なぜか戦後に「悪いのはドイツの
ナショナリズム(国民主義)」ということにされ、
ナショナリズムが否定されるようになった」
という論説を読んだことです。
確かに・・・・。

国民主義とは、
ネイション・ステイツ(国民国家)の
中核の考え方です。
ネイション・ステイツとは、
民族的な話ではなく、歴史、文化、伝統、
言語、宗教、価値観、慣習などを
同一とする「人間」の共同体です。

真っ当なネイション・ステイツの
「国民」は、「他国の侵略」やら
「異なるネイション・ステイツを支配下に置く」
といったことに興味を持ちません。

いかなる高邁な理想があろうとも、
「何で、自分の共同体と関係ない国々を
支配するために、戦わなければならないんだ」
というのは、人間の素直な感情だと信じます。

そもそも、言葉も通じない人たちが、
自分と何の関係があるの? という話です。

それに対し、「帝国」は違います。
帝国は、特定の血統(いわゆる「皇帝」)により、
異なるネイション・ステイツが
「統合されるべき」と考える。

あるいは、特定の血統や思想の下で、
異なるステイツは一つになるべきと考える
(EUが、これに該当します)。

さらには、
特定のネイション・ステイツにより、
異なるステイツが支配されるべきと
考える(これが、いわゆる「帝国主義」です)。

歴史的、伝統的なステイツの「国境」を
否定し、国民の主権を制限しようと
するのが帝国主義なのです。

古代からユーラシアに幾つも登場した帝国も、
欧米諸国の帝国主義も、
EUに代表される「国際協定」も、
歴史・伝統的なステイツの国民の
主権を制限するという点で、
何ら変わりはないのです。

そういう意味で、大東亜戦争敗北前の
「大日本帝国」は、確かに「帝国」でした。

そして、ナチス・ドイツの思想は、
東方生存圏が典型ですが、
まさに「帝国的」でした。

何しろ、既存の
ネイション・ステイツを無視し、
ドイツ「民族」の生存権を東方に
拡大しようという発想なのです。

ナチスの「帝国主義」に立ち向かったのは、
各国のナショナリズムでした。
「あの」スターリンですら、
ナチスと戦うために、
「ロシア民族のナショナリズム」を
鼓舞せざるを得なかった。
(だからこそ、スターリンは独ソ戦を
「大ロシア戦争」と呼んだのです)

それにもかかわらず、戦争が終結すると、
「悪」はドイツの帝国主義ではなく、
「ドイツのナショナリズム」に
されてしまった。

いや、
本当にドイツのナショナリズムが
強かったならば、「東方の伝統的な
ステイツを破壊しろ」とはならんでしょう。

これは、重大な歴史の誤謬だと思います。
つまりは、ナチスの帝国主義により
世界を悲劇が見舞ったにもかかわらず、
それに立ち向かったナショナリズムが
「悪」とされ、戦後、グローバリズムという
新たな帝国主義が勃興する
種が撒かれてしまったわけです。

この問題は、歴史的にあまりにも
重要であるため、今後も引き続き、
取り上げていきたいと思います、。

◆「日本をダメにした財務省と経団連の
欺瞞(小学館)」が刊行になりました。
https://amzn.to/38q1LPW

◆「自民党の消滅(ベストセラーズ)」
(書籍版)が刊行になりました。
https://amzn.to/3dEIFqS

◆週刊実話 連載
「三橋貴明の『マスコミに騙されるな!』」
第417回 崩壊した財政破綻論

◆メルマガ 週刊三橋貴明 Vol625
レバノンの「経済」破綻
http://www.mag2.com/m/P0007991.html
2020年3月に財政破綻
(ドル建て国債のデフォルト)に陥ったレバノンは、
現在「経済破綻」の段階に至っています。
レバノンの事例を知れば、真の
「破綻」が何を意味するのかが
理解できるのです。

◆メディア出演

三橋TV、続々公開中です。

公務員は減らし、デジタル化投資も怠った日本国
どこの後進国だよ!
[三橋TV第388回] 三橋貴明・高家望愛
https://youtu.be/qWInAG8BADs

立派な人物。財政破綻論という「常識」を
転換した田原総一朗氏の瞬間
[三橋TV第389回] 三橋貴明・高家望愛
https://youtu.be/3wdVwWPrxgw

日本史上最大のピンチ! 最悪にヤバイ!
日本企業を中国資本に売り渡す銀行法改正
[三橋TV第390回] 三橋貴明・高家望愛
https://youtu.be/rJmWHSbvmwg

特別コンテンツ、配信。

ダイジェスト【公共事業潰し】
道路特定財源が潰された
本当のワケ(三橋貴明X大石久和)
https://youtu.be/Wfgu0SjjTZ0

チャンネル桜に出演しました。

【Front Japan 桜】
国難対策の責任とリスクを
民間に押し付ける政府(他)
https://youtu.be/irfBvoybq-c

【ch桜・別館】
GWはどうやってお過ごしに?[桜R3/5/10] https://youtu.be/6wHlHccOc1E

【RE:明るい経済教室 #29】
日銀当座預金の役割
~準備資産から決済手段への変質[桜R3/5/13] https://youtu.be/2lVJP0e87zM

【討論】世界制覇へ?
中国経済の強大化[桜R3/5/14] https://youtu.be/7F4I6dI0K_s

◆三橋経済塾

三橋経済塾第十期の入塾お申込は以下から。
https://members10.mitsuhashi-keizaijuku.jp/

◆チャンネルAJER 

【新番組】
「安藤裕と三橋貴明の日本経済論 第一話」
(前半)三橋貴明 AJER2020.5.5
https://youtu.be/MRWR7Deodgc

関連記事

歴史

【施 光恒】意地でも続ける?「観光立国」と「クルーズ船観光」

歴史

[三橋実況中継] 意外に大きな国である日本

歴史

【藤井聡】<拡散希望>Q&A「増税やむなし」と言われたら、こう言い返せ―10の想定問答(中編)

歴史

【藤井聡】日本の再デフレ化を防ぐために、「5%への消費減税」を見据えた大型経済対策を

歴史

【三橋貴明】自民党の消滅(前編)

【三橋貴明】ナチス・ドイツは「帝国主義」だったへの5件のコメント

  1. 大和魂 より

    前回の指摘を解りやすく具体的に、お伝えすると欧州の歴史に欠かせない各々の王室の人間と、その配下の下臣の位置づけの実態が、日本での政官財の要人の位置づけに当て嵌まる訳です。

    そして、欧州の王室の歴史では全てが【バランス・オブ・パワー】で繋がっているから、要するに自分たちの保身を担保した諜報活動で、彼らは存在しているから、日本の似非ビジネス保守界隈とも類似した連中と大差ない部類なんですね!

    ちなみに、この構図は台湾とか中国の実態ともリンクしているのとイスラエルとパレスチナとイランなどの関係ともリンクしているから現状の国際社会の出来事もチャールズ・チャップリンの人生とも同じくヤラセの猿芝居だと認識できることになるのです。

    しかし、ことドイツに限れば国際社会のスポンサー的存在のロートシルト一族の出身地でもあり、歴史的にも三十年戦争などで培われた民族なのですが、湾岸戦争による当時のコール首相の声明からも、現在のアンゲラ・メルケル首相の立場と背後に見え隠れしている勢力が認識できるコレですよコレが欧州の実態なのです!!

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  2. 通りすがり より

    ヒトラーの時代、ゲルマン民族の優性政策がありました。

    さて、日本民族は?

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  3. 通りすがり より

    ナチス フルトベングラー
    とか、
    ナチス ワーグナー
    検索して見てください。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  4. たかゆき より

    主義 と ism

    グローバリズム は 共産主義

    万国の 奴隷 もとい 労働者よ
    団結 せよ・・

    グローバリズムは 素敵な 波
    この波に 乗らずに なんとする

    てか、、

    ベトコンの 砲撃にもメゲズに
    ワルキューレの騎行を 大音響で奏でながら

    波に 乗ってた アメ公の大尉
    『地獄の黙示録』

    パンデミックは BIG WAVE

    この 波を 逃して なるものか

    だべ ♪

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  5. コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

最新記事

  1. 政治

    日本経済

    【藤井聡】日本再生のためには『プライマリーバランス規律...

  2. 政治

    日本経済

    【藤井聡】政治家・河野太郎氏を客観的に評価する:緊縮・...

  3. 政治

    日本経済

    【室伏謙一】自民党総裁選―大手メディアの「河野推し」に...

  4. 日本経済

    【三橋貴明】日本の潜在成長率を高める第一歩

  5. 日本経済

    【三橋貴明】「財政出動への競争」への王道

  6. コラム

    【竹村公太郎】江戸湾、東京湾の謎―利根川の地下水の奇跡...

  7. 政治

    日本経済

    【小浜逸郎】ワクチンによる世界制覇 その2

  8. 政治

    日本経済

    【藤井聡】我々は今、多少の思想信条の相違を超えて「経済...

  9. 日本経済

    【三橋貴明】財政出動への競争「高市 対 岸田」(後編)

  10. 日本経済

    【三橋貴明】財政出動への競争「高市 対 岸田」(前編)

MORE

タグクラウド