政治

2016年2月5日

【三橋貴明】TPPという主権喪失(中編)~平成の売国

FROM 三橋貴明 http://keieikagakupub.com/38news/

———————————————

【耳寄り情報】

「日本が国債破綻しない24の理由 ~国の借金問題という<嘘>はなぜ生まれたか?」
http://www.keieikagakupub.com/sp/38DEBT/index_mag2.php

『三橋さんは過激な発言をする人だと思っていましたが、、、、、』
http://www.keieikagakupub.com/sp/38DEBT/index_mag2.php

———————————————

ニュージーランドでTPPの署名が行われました。

『TPP 12か国が協定署名 各国が国内手続き急ぐ
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160204/k10010396771000.html
日本やアメリカなど12か国が参加したTPP=環太平洋パートナーシップ協定の署名式がニュージーランドで行われました。各国は、早期発効に向けて議会の承認を求めるなど国内手続きを急ぐことにしています。

TPP=環太平洋パートナーシップ協定の署名式は、日本時間の4日朝、協定文書の取りまとめ役を務めたニュージーランドのオークランドで行われました。日本の高鳥内閣府副大臣をはじめ閣僚らは、ニュージーランドのキー首相の立ち会いのもと文書に署名し、12人全員の署名が終わると同席した交渉担当者らから拍手と歓声が上がりました。(後略)』

ちなみに、高鳥修一副大臣は、2011年5月11日のご自身のブログ「TPPについて(平成の売国) 」において、
「私はTPPについて国家主権の放棄であり、平成の「開国」どころか平成の「売国」だと考えている。政治家の中にもいろんな考えや判断があるけれど、TPP問題は日本を守る断固とした決意のある「保守政治家」か否かのリトマス試験紙みたいなものだ」
と書いていらっしゃいます。リトマス試験紙は、高取議員を「日本を守る断固とした決意のある保守政治家」ではないと、判断したようですね。
 
さて、TPPの関税問題(物品の市場アクセス)に対する他国の姿勢ですが、最も典型的な「工業製品」について書いておきます。

2015年10月20に内閣官房から公開された「TPP関税交渉の結果」によると、工業製品に関する各国の関税「即時」撤廃率は以下の通りとなっています。(単位は%)

 日本 99.1
 アメリカ 67.4
 カナダ 68.4
 ニュージーランド 98.0
 オーストラリア 94.2
 ブルネイ 96.4
 チリ 98.9
 マレーシア 77.3
 メキシコ 94.6
 ペルー 98.2
 シンガポール 100
 ベトナム 72.1

吃驚する方が多いでしょうが、実は工業製品の関税即時撤廃率が最も低いのが「アメリカ」なのです。逆に、日本の即時撤廃率はシンガポールに次いで高くなっていますが、我が国はそもそも工業製品についてほとんど関税をかけていません。即時撤廃率とはいっても、TPP発効後に日本が関税を改めて撤廃する分野は、工業用アルコールや繊維製品など、極一部に限られています。

また、同じく2015年10月に経済産業が公表した「TPP協定における工業製品関税(経済産業省関連分)に関する大筋合意結果」によると、アメリカは日本からの輸入が多い自動車分野において、乗用車(現行2.5%の関税率)は15年目に削減開始、25年目で撤廃。バス(同2%)は10年目に撤廃。トラック(同25%)は29年間、関税を維持した上で、30年目に撤廃。キャブシャシ(同4%)は15年目に削減開始、25年目に撤廃となっています。 

アメリカが自国の自動車市場について、競合である日本製品から「保護する」姿勢を見せているのは明らかです。

ご存じ、アメリカはUAW(全米自動車労組)が大きな政治力を持っている以上、当然でしょう。特に、アメリカ政府は利幅が大きいSUV(スポーツ・ユーティリティ・ビークル)を「なぜか」含むトラックの関税について、可能な限り高く、長期間維持しようとするわけです。SUVはビッグスリーの命綱であるため、簡単に関税が撤廃されるはずがないと予想していたわけですが、やはりそうなりました。

また、自動車部品については、ギアボックス(同2.5%)などについては即時関税が撤廃されるものの、車体(同2.5〜4%)は6年目、タイヤ(同3.4〜4%)は10年目。電気自動車用リチウムイオン電池(同3.4%)については、15年目に撤廃となっています。

日本の対米輸出を財別にみると「自動車」が26%(2014年)を占め、財別シェアでトップです。そもそも、関税率25%トラックを除き、アメリカの自動車関連の関税率は総じて低いのです。「低い関税」の撤廃時期が、乗用車は15年目以降、関税率が高いトラックは30年目以降となっていることになります。

【TPP参加予定国に対する日本の輸出(2014年)】
http://members3.jcom.home.ne.jp/takaaki.mitsuhashi/data_52.html#TPP

図の通り、TPP参加予定国に対する日本の輸出を国別にみると、約60%がアメリカであり、圧倒的なシェアを占めています。TPPが発効したとしても、日本の対米輸出が短期で増えるなどということはあり得ません。

逆に、我が国は医療、金融、公共調達、知的財産権等の構造改革を強制され、聖域だったはずの農産品についても、七年後に「関税撤廃へ向けた再協議」という話になってしまったわけです。一体全体、何のための「TPP」なのですか。
我が国の各種安全保障の弱体化と引き換えに、アメリカを中心(日本も含みます)とするグローバル投資家、グローバル企業の「利益を最大化する」こと以外に、何か目的があるとでも言うのでしょうか。

日本にとって、最大のメリットは(無理矢理探すと)、アメリカのトラック(SUV含む)の関税撤廃ですが、30年後のことです。それまで、25%の関税はガッチリと維持されます。30年後には、日本の構造改革は完了していることでしょう。

今後、TPP「批准」に向けた国会議論が本格化するのでしょうが、この手の具体論に基づき、議論が交わされることを切に願います。

明日は、最も深刻な「投資」について書きます。

「主権喪失であるTPPに反対する!」に、ご賛同下さる方は、↓このリンクをクリックを!
http://www.keieikagakupub.com/sp/CPK_38NEWS_C_D_1980/index_sv.php

※いま月刊三橋に申し込めば、最新号「日本の逆襲〜少子高齢化で日本経済は大復活する!」に加えて
2/11に公開の「TPP大検証〜日本を貧困化させる新たなる不平等条約なのか?」も聞くことができます。

ーーー発行者よりーーー

「日本が国債破綻しない24の理由 ~国の借金問題という<嘘>はなぜ生まれたか?」
http://www.keieikagakupub.com/sp/38DEBT/index_mag2.php

『三橋さんは過激な発言をする人だと思っていましたが…』
 By 服部

“私は今年退職をして、世間から離れて行く様に感じていました。
そんな時、月刊三橋をインターネットで見つけ、三橋先生の
ご意見を聞くようになり、世の流れに戻る感じがしました。

月刊三橋を聞き始めて3か月になります。
最初は過激な発言をする人だなあと思って聞いていましたが、
今回の国債破綻しない24の理由を聞いて、
今まで何回も聞いていた内容が、私のように頭の悪い者でも
やっと理解出来るようになりました。有り難うございます。

これからの日本の為にも益々頑張って頂きたいと思います。”

服部さんが、国の借金問題について
理解できた秘密とは・・・▼▼
http://www.keieikagakupub.com/sp/38DEBT/index_mag2.php

関連記事

政治

【三橋貴明】TPPという主権喪失(後編)~主権喪失の危機

政治

【施光恒】TPP──米国やカナダから学ぶべきでは?

政治

【三橋貴明】崔順実逮捕、ブレグジット、そしてTPP

政治

【三橋貴明】TPPという主権喪失(前編)

政治

【三橋貴明】農業の市場開放で第一の標的は日本だ

【三橋貴明】TPPという主権喪失(中編)~平成の売国への1件のコメント

  1. 米米 より

    いよいよTPP署名してしまった〜。中韓製品を排除する枠組みを作って脱中韓を促進する効果もあるんだろうけど、やっぱりマイナス面が大きすぎるよなあ、農業対策もウルグアイラウンドの時は農業関係の組織・業者が潤ったが、肝心の農家の所得向上に役立たずだったし、今回も農業はさらに厳しくなるんだろうなあ。

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

週間ランキング

  1. 1

    1

    【小浜逸郎】水道民営化に見る安倍政権の正体

  2. 2

    2

    【藤井聡】「消費増税を凍結せよ」運動は、日本の「黄色いベスト...

  3. 3

    3

    【三橋貴明】水を売った日本政府

  4. 4

    4

    【三橋貴明】水を売り飛ばした日本政府

  5. 5

    5

    【藤井聡】「リーマンショック級」の経済下落 ~2019年には...

  6. 6

    6

    【三橋貴明】第二国土軸の建設を

  7. 7

    7

    【saya】70年ぶり漁業法の抜本改正 理由は“あー、まあ、...

  8. 8

    8

    【 小浜逸郎】みぎひだりで政治を判断する時代の終わり

  9. 9

    9

    【三橋貴明】次なる覇権国

  10. 10

    10

    【小浜逸郎】水道民営化を阻止せよ

MORE

月間ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】日本はもはや「完全なバカ」なのか? 〜『消費増税を...

  2. 2

    2

    【小浜逸郎】水道民営化に見る安倍政権の正体

  3. 3

    3

    【藤井聡】壊れかけた日本 今一番大切なのは、当たり前のことを...

  4. 4

    4

    【藤井聡】「リーマンショック級」の経済下落 ~2019年には...

  5. 5

    5

    【藤井聡】「消費増税と緊縮」で日本経済は最悪「ミャンマー級」...

MORE

最新記事

  1. 政治

    未分類

    【 小浜逸郎】みぎひだりで政治を判断する時代の終わり

  2. 日本経済

    【藤井聡】「消費増税を凍結せよ」運動は、日本の「黄色い...

  3. 日本経済

    【三橋貴明】水を売り飛ばした日本政府

  4. 日本経済

    【三橋貴明】第二国土軸の建設を

  5. 政治

    日本経済

    【三橋貴明】水を売った日本政府

  6. 日本経済

    【藤井聡】「リーマンショック級」の経済下落 ~2019...

  7. 未分類

    【saya】70年ぶり漁業法の抜本改正 理由は“あー、...

  8. 政治

    欧州

    【三橋貴明】次なる覇権国

  9. 未分類

    【三橋貴明】厳冬期を迎える北海道にて

  10. 政治

    【上島嘉郎】ミャンマーに見た多民族国家の困難

MORE

タグクラウド