アジア

2018年10月23日

【三橋貴明】帝国対民主国家の最終戦争が始まる 中編

From 三橋貴明@ブログ

本日はチャンネル桜
「Front Japan 桜」に出演します。

http://www.ch-sakura.jp/programs/program-info.html?id=1651

三橋TV第5回
【黒田日銀総裁の嘘
~日銀が発行した360兆円の行方】

https://youtu.be/Muah8GfTOLE

ビジネス社から。

「帝国対民主国家の最終戦争が始まる 」
が刊行になりました。

本書は、「文明」の始まりから
歴史を振り返り、中華人民共和国
(というより中国共産党)
と日本、欧米などの民主国家が、

「決して相いれない」

ことを解き明かし、すでに米中の
「灰色の戦争」が始まっている中、
日本国がいかに動くべきなのかを
解説した一冊になります。

とう小平の改革開放以降、
中共は巧みに「グローバリズム」を利用し、
国力を強化してきました。

ナヴァロ教授がWSJに寄稿したように、
中国は、

●知的財産権の侵害
国内市場へのアクセスを交換条件とした外国企業に対する技術移転強要
●高い関税障壁(中国の自動車関税はアメリカの十倍)
●外国企業に厄介な事業免許要件や出資比率規制を課す
●国有企業や中国政府が資金支援する企業に土地や資本を助成
●国内企業に対する無数の輸出補助金や寛大な税制優遇措置
●為替介入による人民元の為替レート調整
●政府系ファンドの活用

といった、極めて
「非グローバリズム」的な手法を
自らは駆使しつつ、相手国には
「グローバリズム」を要求する
というアンフェアなことを
続けてきました。

なぜ、この種のアンフェアな
「チャイナ・グローバリズム」が、
中国のWTO加盟以降も続けられたのか
については、本書で解説しています。

さて、我が国のことです。

『【主張】安倍首相の訪中
米中新冷戦踏まえた対応を
2018.10.22 05:00
https://www.sankei.com/column/news/181022/clm1810220001-n1.html

■「一帯一路」への協力は危うい

習近平国家主席の中国は、
自由で開かれた国際秩序の
護持者では決してない。

軍事力や経済力を振りかざして、
国際ルールを顧みずに自国に都合の良い
秩序を作ろうとしている。

「力による現状変更」を
目指す国の典型である。

安倍晋三首相は25日から
中国を訪問するが、
この冷徹な認識を踏まえ、
外交を展開してほしい。

形ばかりの友好のかけ声に惑わされ、
習政権の巨大経済圏構想
「一帯一路」への協力に
突き進むのは危うい。

日本の国益と国際社会の
平和と繁栄を損なうからだ。

≪秩序を乱す国と認識を≫

国際会議への出席を除く
日本の首相の訪中は、
平成23年12月の野田佳彦首相(当時)
以来、約7年ぶりとなる。

安倍首相は習氏や
李克強首相と会談する。

首相は11日、中国共産党の
宋濤中央対外連絡部長との会談で
「日中関係は順調に進展している」
と述べ、訪中で両国関係を
発展させる意向を示した。

宋氏は

「中日関係は正常な
軌道に戻りつつある」

と応じた。

23日は、日中平和友好条約の
発効から40年の節目だ。

両政府は友好ムードを
高めようとしているが、
果たして両国関係の実態を
反映しているのだろうか。

国同士の本当の友好とは、
首脳や閣僚が相互訪問し、
笑顔で握手して協力を
唱えるだけでは成り立たない。

安易に習政権に迎合することは
2つの点で問題がある。

第1は、米中両国の対立が
「新冷戦」とも呼ばれる深刻な
局面に入った点である。

中国は2001年の
世界貿易機関(WTO)加盟後、
自由貿易の恩恵を享受して
急成長を遂げた。

だが、補助金で国有企業を優遇したり、
海外の知的財産を不当に
奪ったりしてきた。

米国は中国が軍事にもつながる
先端技術を盗んできたと
批判している。

個人・企業の情報を自国で
囲い込むデジタル保護主義も問題だ。

既存の国際秩序を根底から
覆しかねない脅威となっている。

(後略)』

珍しく、新聞にわたくしも
「正論」と認めざるを得ない
論評が載っていました。

後略部で、産経は、

『日本では「米中新冷戦」や
中国の対日圧力の現実を
顧みない友好ムードが出ている。』

と、書いていますが、
まさにこれが問題なのです。

歴史的に、中国は「民主化」
など不可能です。

そして、新たな「帝国」たる
中国共産党がアンフェアな
グローバリズムを続け、国力を増強し、
ついに覇権国(アメリカ)までをも
脅かすに至っている。

それに対し、アメリカのみならず
欧州においても「問題である」
という認識が共有され、
具体的な対処(要は「規制強化」)が
始まっている。

それにも関わらず、我が国は呑気に
「日中友好!」などとやっている。

パラダイムが大きく変わりつつある
にも関わらず、それに気が付かない。

あるいは、気が付いても対処できない。

現在の中共を支援することは、
それこそ「人類に対する罪」
であるにも関わらず、その現実が見えず、

「ビジネスチャンス来たこれっ!
カネ、カネ、カネ!」

とやっている経済界。

相も変らぬ媚中路線で
首相の訪中をセッティング
してしまう官僚たち。

冗談抜きで、日本国存亡の
危機が訪れていると確信します。

この状況を打開するためには、
まずは「現実」を知る必要があります。

そして、現実は「現在」と「歴史」で
構成されているのです。

というわけで、日本の
「現在」と「歴史」を解き明かした。

「帝国対民主国家の最終戦争が始まる 」が、
本日、刊行になりました。

日本は中国との「灰色の戦争」に、
正面から向き合わなければなりません。

日中友好などと、お花畑な寝言を
言っていられる贅沢な時代は
終わったのです。

関連記事

アジア

【三橋貴明】安倍総理の訪中と乱れる言葉

アジア

【三橋貴明】我が国の近代の歴史はグローバリズムとの戦いだった

アジア

【三橋貴明】EUの罪

アジア

【小浜逸郎】水道民営化を阻止せよ

アジア

【小浜逸郎】98%の絶望と2%の希望(その1)

【三橋貴明】帝国対民主国家の最終戦争が始まる 中編への2件のコメント

  1. たかゆき より

    相容れぬ モノ

    支那をここまで のさばらせたモノたちは、、

    日本 欧米では?

    核しかもたない乞食国家を豊かにしたら 

    盗賊の本性を現す。。

    支那の連中は有史以来 なんも変わってません

    いっそ

    春秋戦国 五胡十六国の時代に戻っていただき

    自国内でのみ その本領を発揮してもらいたい

    と 願う今日この頃でございます ♪

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

  2. たけちゃん より

    大体、パンダのレンタル代 年間一億円ボッタクル国だもの。
    最も、ODA もパンダ代もずっと貢ぎ続けた隣のアホ国家もアホ国家だが、、、、、

    返信

    コメントに返信する

    メールアドレスが公開されることはありません。
    * が付いている欄は必須項目です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

名前

メールアドレス

ウェブサイト

コメント

メルマガ会員登録はこちら

週間ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】ケルトン教授来日! そのお気持ちに応えるためにも「...

  2. 2

    2

    MMT(現代貨幣理論)とは、「現代社会の実態に即した、貨幣に...

  3. 3

    3

    【三橋貴明】MMT週間が始まる

  4. 4

    4

    【三橋貴明】MMTが提供してくれる「正確な理解」

  5. 5

    5

    【三橋貴明】数字は残酷で素晴らしい

  6. 6

    6

    【三橋貴明】ステファニー・ケルトン教授の出演

  7. 7

    7

    【saya】TBS〝音楽の日〟〜歌は世につれ、世は歌につれ〜

  8. 8

    8

    【三橋貴明】ケルトン教授の「おカネのプール論」

  9. 9

    9

    【藤井聡】政府与党の「増税」断行で、日本の「先進国からの脱落...

  10. 10

    10

    【藤井聡】「プライマリー・バランス目標は国際公約だから撤廃で...

MORE

月間ランキング

  1. 1

    1

    【藤井聡】ケルトン教授来日! そのお気持ちに応えるためにも「...

  2. 2

    2

    【藤井聡】政府与党の「増税」断行で、日本の「先進国からの脱落...

  3. 3

    3

    【三橋貴明】ステファニー・ケルトン教授の出演

  4. 4

    4

    MMT(現代貨幣理論)とは、「現代社会の実態に即した、貨幣に...

  5. 5

    5

    【藤井聡】「事を荒立てず、仲良くしようとする」だけの、情けな...

MORE

最新記事

  1. 日本経済

    【三橋貴明】MMTが提供してくれる「正確な理解」

  2. 日本経済

    【三橋貴明】ケルトン教授の「おカネのプール論」

  3. 日本経済

    【藤井聡】ケルトン教授来日! そのお気持ちに応えるため...

  4. 未分類

    【saya】TBS〝音楽の日〟〜歌は世につれ、世は歌に...

  5. 日本経済

    【三橋貴明】数字は残酷で素晴らしい

  6. 日本経済

    【三橋貴明】MMT週間が始まる

  7. 未分類

    【竹村公太郎】不思議な日本共同体(その3)情報共有の日...

  8. 政治

    【小浜逸郎】熊さん、増税に大いに憤慨

  9. 日本経済

    【藤井聡】政府与党の「増税」断行で、日本の「先進国から...

  10. 政治

    日本経済

    【室伏謙一】その場しのぎの御都合主義の説明の先にある外...

MORE

タグクラウド